とりあえず、彼女いない歴17年の俺がポケモン女たちと日常を過ごす現実。やっぱり後悔はしていない













小説トップ
第1章 『新たなる生活』
第7話
浮狼
「……問いましょう。貴方が大城戸殿の敵ですか?」


「ちっ! 何だこの女!?」


私の前には男がひとり…顔は黒い覆面で覆われており、服装もライダースーツで固めてある。
いわゆる黒尽くめと言う奴ですが、その男は私に銃を向けていた。
ちなみにここは地下駐車場…私は、聖様の指示で今回ある重要人物を護衛しています。
その人が私に向かってこう叫ぶ。


大城戸
「『井石』(いせき)さん! もうすぐ警備隊も駆け付ける!」
「あまり相手を挑発せずに、何とか話し合うんだ!」

浮狼
「いえ、ここで沈黙させます…大城戸殿は隠れてください、敵はあくまで貴方が狙いの様ですので」

そう、今回私が護衛をする対象は、この大城戸殿です。
聖様の会社を実質動かしてくれている、現社長…しかしそれだけに敵も多い。
聖様から聞きましたが、前社長、会長であった聖様のご両親も、暗殺にあって亡くなったと聞く。
聖様の会社は。想像以上に大きな敵と戦っているのでしょう…


暗殺者
「クソッ死ね!」

浮狼
「!!」


私は右手から弱めにビームソードを放ち、銃弾を目の前で蒸発させる。
一瞬の事ですので、傍目には何が起こったかも解らない速度でしょう。
私はその後一気に踏み込み、敵の側まで駆ける。
こういう時、自分の鈍足さを呪いますね…もっとも、その分私が優れている部分も当然あるのですが。


暗殺者
「くっ!?」

浮狼
「とりあえず、これは無力化させてもらう!」


私はバキベキ!と音をたてて、敵の銃を握り潰した。
それを見て敵は腰を抜かす。
私はすかさず敵の腕を取り、コンクリートの床に投げ付けた。
男は呻き声をあげ、一時的な呼吸困難に陥る。
そして、この後すぐにこの施設の警備隊が駆け込んで来た…これで、ひとまず安心ですね。


警備隊
「ご協力感謝します!」

浮狼
「…す、すみません、私は英語は」


警備隊の方に感謝されているとは思うのですが、知らない言語で話されていた為、私はついあたふたしてしまう。
すると、歩み寄ってきた大城戸さんが微笑みながら英語でこう話してくれる。


大城戸
「後はそちらにお任せします」
「こちらの女性は私のボディーガードで、井石 浮狼さんと言う方です」


大城戸さんが私の名前を言って私を紹介する様なポーズを取る。
私はすぐに察し、警備隊の方たちに一礼した。
すると、警備隊の方たちも私たちに敬礼して何かを言っている…大城戸殿はそれを通訳してくれた。


大城戸
「ご協力、感謝します…だそうです」

浮狼
「あ、はいっ! こちらこそ、お勤めご苦労様です!」


私も同じ敬礼をし、そう言ってみるが大城戸さんはクスクス笑っていた。
な、何かおかしかったのでしょうか?


大城戸
「ふふふ、井石さんは素直な方だ…成る程、聖君が推してくれた理由も解ります」



………………………



そう、それは5月4日の休日の時の事。
私は白那様の城の庭園で、聖様と会っていました。


浮狼
「護衛…ですか?」


「はい、近々うちの会社の社長がこっちに来るんですけど、浮狼さんにその人を護衛してほしいんです」

浮狼
「分かりました、聖様の命とあらば断る理由はありません」
「それで、私はどうすれば?」


聖様はポケットから封筒を私に渡す、それにはチケットが入っていた。



「そのチケットで駅前から高速バスに乗れます」
「それに乗って今度は空港まで行ってください、そしたら明日の昼には社長の大城戸さんと会えるはずですから」
「それと、これも…」

浮狼
「ああ、携帯電話ですね…」


私はいわゆるスマートフォンという機械を渡された。
使い方は解りませんが、とりあえずそれは聖様がレクチャーしてくれる様です。
とりあえず、私は一通りの操作を覚える。



「とまぁ、そんな感じです」

浮狼
「成る程、とりあえず覚えました…そして、この画像が大城戸 行成(ゆきなり)殿ですね?」


聖様は頷き、私はその方の姿を目に焼き付ける。
その方はやや老けた方で、非常に温和な顔をしていた。
しかし頭髪などは艶やかで、まだまだ健康さは感じられる。


浮狼
「分かりました、それでは今からすぐに準備致します」


「はい、ここに着替えもありますので、これを着て行ってください」


そう言って聖様が渡した紙袋には、いわゆるスーツが入っていた。
藍色のスーツで白のネクタイも付いていますね。
ネクタイは首元に引っ掻けるだけの簡単装着タイプだ。
成る程、これなら私ひとりでも着けられる。
流石は聖様、ちゃんと私を気遣ってくださるのですね。
私はその服を持ってすぐに自室(?)に向かった。
ちなみに自室と言うより、あれはテントですが…
私は城の外の大庭園の一角に専用テントを張っており、そこで生活している。
なので、基本的にはそこが自室という扱いになるのです。
私はテント内で手早く着替え、一緒に入っていた革靴に履き替える。
とりあえず、これで着替えは完了…後は駅前のバス停ですね。
おっと、外出用の薬も飲まないと…今回は泊まりとなるからケースごと持っておきましょうか。



………………………




「それじゃ、よろしくお願いします! 何かあればいつでも連絡をください!」

浮狼
「はい、ここまでありがとうございます…必ず私が大城戸殿をお守りしましょう!」


私は聖様に見送られ、高速バスに乗った。
行き先は空港…到着は夜になりますね。
聖様から空港近くのビジネスホテルも予約してもらっていますし、まずはそこで待機です…
私は少し車内で仮眠を取る事にした。
わざわざ私を護衛と送るからには、相当な何かが暗躍していると踏むべき。
少なくとも人の護衛では安心出来ないと言う事なのですから…
私は冷静に状況を予測する。ここはあくまで戦場ではない、人間が平和に暮らす世界だ。
だが、そんな平和な世界でも暗躍する者はいる。
私は、そんな魔の手から必ず大城戸殿を守ってみせましょう!



………………………



大城戸
「貴方が、井石 浮狼さんですね?」

浮狼
「はい、大城戸 行成殿とお見受け致します」
「今回、聖様の命により派遣されました…どうぞよろしくお願いします」


私は頭を下げて礼をする…大城戸殿はそれを見て朗らかに笑い、手を差し出した。
私はすぐに察し、自分も右手を差し出して握手する。
大城戸殿の手はとても優しく、そして温かかった…


大城戸
「それでは、これから別の機に乗り換えます」
「まだ少し時間もありますし、先に昼食でもいかがですか?」

浮狼
「はい、ご同行致します…しかし、他の護衛はいないのですか?」


見ると、私と大城戸殿以外の関係者はいない様だった。
仮にも大会社の社長が、単身で動いているのでしょうか?


大城戸
「今回の遠征は、主に南米のまだ開拓があまり進んでいない地域に行きます」
「そこの住民たちは警戒心も強く、あまりぞろぞろと物騒な護衛を連れるのはあまりしたくないのです」

浮狼
「成る程、それであえて女性かつ、ひとりでも護衛可能な私が選ばれたと…」


大城戸殿はコクリと頷く。
そして、この提案は聖様からなされたとの事。
大城戸殿がひとりで行かれるのを危惧なされたのですね…
私たちは歩きながらいくつか会話をした。
そして、昼食を取る為に空港のレストランに入る事に。


大城戸
「聖君は、ご両親の死が心にあるのでしょう…」
「今回の件も、私はひとりで大丈夫と言いましたが、聖君がどうしてもダメだ、と強く言いました」

浮狼
「それは、大城戸殿が聖様に信頼されている証拠でしょう」

大城戸
「それもあるでしょうが、今回の遠征は少しキナ臭いのもあります」
「過去に謎の爆発事故で無くなられた前社長と前会長…」
「その時は、護衛も付けずに行った結果です」
「聖君にとっては、相当不安なのかもしれません…」


私は聖様の心中を察した。
聖様はご両親の死に何かを感じているのですね。
そして、今回も似た様な状況で何かが起これば、それは間違いなく何かの組織が暗躍している可能性が高い…
聖様のご両親は謎の飛行機爆発で亡くなられた…もし同じ事が起これば私でも危険でしょう。
それでも聖様があえて送ったと言う事は、それだけ私を信頼されているという事。
ならば、私は聖様の信頼に答えましょう!
私はそう決心し、やがて昼食を終えて大城戸殿と共に日本を旅立った。
ちなみにパスポートはいつの間にか用意してあったらしく、スーツのポケットに入っている。
どうやって用意出来たのかは解りませんが、恐らくは偽造なのでしょう。



………………………



そして、私たちは南米の空港に辿り着いたのですが、そこの地下駐車場で突然襲われて今に至る…と。


大城戸
「どうやら、ただの個人での犯行だったみたいですね」

浮狼
「本当にそうでしょうか? むしろ、私には何か計画的な動きを感じます」
「本当に暗殺する気なら、狙撃した方が確実」
「なのに今回の暗殺者はどう見ても素人だった」
「それもひとりで動かすなど、あまりに失敗前提の画策」
「だとすれば、これはつまり私たちに安心をさせる為の餌だった可能性が高いでしょう」


私は大城戸さんにそう言って警戒を促す。
もしこれで私たちが安心しきっていれば、警戒を解いた所を狙われるでしょう。
ですが、逆にそれすらも前提で作戦が進行しているのであれば、これは相当危険な相手と踏むべきです。


大城戸
「これも、前社長が引きずる呪いか…」

浮狼
「…呪い、ですか?」


大城戸殿は小さく頷く…そして、そこから語られたのは前社長である聖様の父君の話だった。


大城戸
「前社長の准一さんは、まさしく天才でした」
「時代の寵児であり、若くしての成功者」
「ですが、当然その裏では数々の恨みや妬みも、准一さんは背負ってしまった…」
「あの事件は…いわばその末路」
「いつの時代も、ああいった天才は早く死んでしまう…まさに、呪われていたかのごとく」

浮狼
「ですが、准一殿は1度も弱音は吐かなかったのでは?」


私の問いに大城戸殿は頷く…ならば、准一殿は呪われた等とは自分で思うまい。
きっと後悔もしていない…だからこそ、聖様に遺書を残していたのだ。
きっと、死ぬ予感があったのでしょう…本当に偶然でないならば。
私は半ば確信する…あの飛行機爆発から今に至るまで、この会社を恨む組織が必ずいると。
そして、聖様はそれを許していないのだ…だからこそ私は派遣された、聖様に信頼されて。
ならば、私は全力を尽くす。
この一連の事件、必ず大城戸殿を守り通した上で聖様の為に暴いてみせる!!



………………………



それから数日、私は大城戸殿と共に様々な地域を訪れた。
未だ電気もまともに通らぬ南米の地で、私たちは色んな機械を民に見せていた。
民はそんな未知の技術に直接触れ、笑ったり驚いたりしている。
大城戸殿はそんな民を見てただ嬉しそうに笑っていた…


浮狼
(そうだ、私もこんな風に笑いたかった…王としてでなく、ただの村娘として)


もちろん、今の私は王ではない。
今はただのラランテスであり、井石 浮狼と言う町娘だ。
私は大城戸殿の仕事を見て頬笑む…そうだ、私も今は笑っても良いのです。
無理に片意地を張る必要は無い。
あくまで、私は何かあった時の為の存在なのだから。



………………………



浮狼
(移動は小型のジェット機ですか…もし、これが爆発するのでしたら私たちは生きて帰れない)


私は機内をくまなく調べ、何も無いか確認する。
あくまで私に爆弾を察知する能力は無い。
ですが、私は草タイプでありながら現実においては虫であるカマキリがモデル。
よって、嗅覚は虫並みに良い…本来虫は触角で数キロ先の臭いすら嗅ぎ分けますが、私には触覚の他にも普通に人間の鼻がある。
本物の虫には流石に大きく劣りますが、それでも並の嗅覚ではありません。
少なくとも、火薬の臭いならすぐにでも解るはず。


浮狼
(とはいえ、火薬を使わない電気仕掛けの爆発物だと厄介ですね)


そうなると、発見は難しい。
そもそも、爆発物があるなら隠すのが基本だ。
下手をすればシートの中に仕込んであるかもしれない。
最新技術を駆使すれば、どこを疑っても有り得てしまうのだ…


浮狼
(ダメか、見付からない…それとも、本当に何も無いのか?)


杞憂であればそれで良い…だが、私は何かあると思うのだ…
しかし、時間はもう無い…これ以上出発を遅らせるわけにはいかない。


大城戸
「それでは、行きましょう…これが最後ですので、もうすぐ帰れますよ」

浮狼
「…解りました、では」


ドォンッ!!と、突如爆発。
私はすぐに大城戸殿を抱え機内のガラスを破って外に出た。
するとそこには、まさかの光景が広がっている。


隊長
「警告する! 今のは威嚇だ!! 大城戸 行成! 今すぐ投降しろ!!」


突然、日本語での警告…私たちの前にいたのは軍隊だった、それも一個小隊に相当する数。
全員が銃を構えており、一部バズーカ兵もいる。
先程の爆音はあのバズーカか!
流石に機内では逆に嗅ぎ取れなかった…まさか、ここまで堂々と仕掛けて来るとは!


浮狼
「大城戸殿、心当たりは?」

大城戸
「この地域の軍隊ではない…あれは恐らく私設軍隊ですね」
「巧く偽装している様ですが、恐らくは外からの差し金でしょう」
「外人であるはずなのに、隊長の日本語もやけに流暢です、地元の人間からしたら気持ち悪い位でしょうね」


成る程、つまり体よく現地の軍に罪を擦り付けるつもりか…外道め!
私は隊長を睨んで威圧するが相手は動じない…むしろ圧倒的戦力差にせせら笑っている。
私は怒りを抑えるも状況は芳しくない…戦って勝つ自信はあるが、それは正体をバラすのと同義。
流石にここでソーラーブレードを使えば一掃は出来る。
しかし、それでは大城戸殿に正体をバラすと言う事…それは避けなければならない。
あくまで私は、腕っぷしが強いだけのボディーガードでなくてはならないのですから。


隊長
「大城戸 行成! 貴様には不正輸出疑惑がかかっている!! 大人しくすれば危害は加えない!」

浮狼
「危害は加えない…だと?」

大城戸
「表向きな声明でしょう、実際にはどうなるか想像もつきませんね」
「ですが、従わないわけにはいきません…流石に井石さんでも軍隊相手には勝てないでしょう」
「貴女が死ねば聖君は悲しみます…ここは堪えてください」


私は怒りに震える…戦って勝つのは簡単だ、だが大城戸殿は何も知らない。
私でも肉弾戦だけであれに勝つのは無理だろう…
だが、だから大城戸殿が生け贄になると…? それを許せと言うのか…!?
私は、結論を出した…ここで大城戸殿を失ってはならない。
大城戸殿が暗殺されれば、聖様はきっと悲しむ!


浮狼
「大城戸殿、お許しを!」


私は大城戸殿の耳の裏を叩き、即座に気絶させる。
それを見た司令官は驚いた顔をした。
そして、直後に私は両腕を横凪ぎにその場から振るう。
既にチャージは終えている…この暑い南米の日差しは、私の力となる!


浮狼
「我が剣閃、その身に刻め!! ソーラァァァッ! ブレェェェェェドッ!!」


私は剣閃で小隊を真横に両断する。
そして、辛うじて生きていた隊長に向かって私はすぐに駆け寄った。
隊長は腰を抜かし、顔を青くして座り込んでいる…もはや恐れるには値しない!


浮狼
「まずは、問いましょう…貴方は誰の命令でここに来た!?」

隊長
「し、知らん! 俺は何も知らん!!」


私は、隊長の足の指を靴の先端ごと切り飛ばす。
隊長は絶叫し、その場で転がり回った。
私は無感情に更に言葉を放つ。


浮狼
「悪いですが、時間が惜しい…次は腕を切りますが、まだ何も知らないと言いますか?」

隊長
「ロケット! ロケットコーポレーションからの派遣だ!!」
「ほら、言ったぞ助けてくれ!!」

浮狼
「分かりました、では少し眠っていてもらいます」


私はあっさり吐いた隊長を大城戸殿と同様の方法で気絶させる。
そして、私はスマホを取り、聖様に連絡を取った。



『ロケットコーポレーション…確か、うちの会社が出来る前のトップ企業だったか』

浮狼
「では、確定と思って良いですね?」


『でしょうね、これはお手柄ですよ!』

浮狼
「いえ、相手の運が無かっただけでしょう…私の力を理解出来ていなかった」
「とりあえず、白那様に連絡を取って棗様と一緒に、こちらに来てもらえる様頼めますか?」


私はそう言って聖様にこの場所の座標を教えた。
今はGPSと言う物があって便利ですね…今は携帯電話さえあればすぐにでも地球のどこにいるかが解る。
私は少し安心してそれを胸ポケットに仕舞い、少し待った。
そして、数分後…



………………………



白那
「やぁ、派手にやったみたいだね〜」

浮狼
「申し訳ありません、大城戸殿を守るにはこうするしか…」


私は白那様に頭を下げて謝る。
白那様は軽く息を吐き、死体と武装を全て別の空間に跳ばした。
血が付いた地面も削り取り、少々違和感はあるものの、見た目にはほぼ全く問題の無い状態になる。
そして、ついでにバズーカを撃ち込まれた小型機も転送してもらいました。
これで、この場にはこの隊長だけが残される事となる。



「…で、この気絶してる男はどうするの?」

浮狼
「その男は捨て置いて構いません…むしろ泳がせます」
「聖様のご両親だけでは飽きたらず、大城戸殿まで狙ったロケットコーポレーション…断じて許すわけにはいきません!」


私は強い怒りを込めて言う。
白那様は少し驚いた顔をし、私にこう言った。


白那
「…やっぱり変わったね、10年前はそんなに荒々しく無かったのに」

浮狼
「私は地獄を見て来ました…変わりもします」
「ですが、聖様をお慕いしているのは変わりません」
「聖様は、ご両親の顔も覚えていない…それでもご両親を殺した事件はきっと辛かったはず」
「私は、それを救いたいのです…」


「…良いんじゃない? 貴女がそうしたいなら」


白那様も何も言わず頷く。
そして、私は白那様に頼んで大城戸殿を南米の空港に転移させてもらった。
その際に棗様に頼んで大城戸殿の記憶を少しだけ消してもらう。
せめて、あの軍隊の事だけでも忘れてくれれば…と私は思ったのだ。



………………………



大城戸
「そうですか、そんなに眠っていたのですね私は」

浮狼
「はい、ですのでそのまま私がここまで背負ってきました」
「荷物もここにあります」


私たちは空港の待合所にいる、ここで大城戸殿の目覚めを待っていたのだ。
大城戸殿は私の話を信じ、何も疑わずに納得してくれた。
私は荷物を大城戸殿に渡し、ここで別れる事に。
大城戸殿はこれからニューヨークに、私は日本に…護衛としての仕事は、これで終わりです。



………………………



浮狼
「それでは、お元気で」

大城戸
「今回は助かりました…井石さん、聖君によろしく伝えてください」


私は頷き、礼をして大城戸殿を見送った。
さて、次は…本命の方に向かいましょうか。


白那
「移動し始めたみたいだね」


私は白那様の携帯電話を見る。
そこには私の携帯電話がある場所の座標が示されていた。
私は携帯電話をあの隊長のポケットに突っ込んでおいたのだ。
そして、それが発信しているGPSを白那様の携帯電話で追跡している。
どうやら、空輸で運ばれている様ですね…行き先はどこでしょうか?



「…そもそも、ロケットコーポレーションって、日本の企業だそうよ」
「…ここの所、何やっても第2位の成績が定着してて、周りからの評判はイマイチみたいね」
「…要はマサラITエンジニアリングが相当目の上のたんこぶって訳ね」

浮狼
「やはり動機は十分ですか…」

白那
「わざわざ2度も社長を殺そうとしたんだ…相当な恨みだろうね」


そう、まさしく恨み妬みの感情でしょう。
そして、それを決して許してはならない…これは計画的な犯罪。
組織に隠れ、安全地帯で邪魔物を排除すると言う、極めて非人道的な計画。
私はそれを許さない…が、まずは首謀者を暴かなければなりません。
恐らくはトップの誰かが…とは思うのですが。


白那
「とりあえず、1度日本に帰ろう」
「流石に南米からとなると日本まで搬送されたら時間がかかるし」
「途中で始末されるにしても、対処の為にまずは作戦を練ろう」


私は頷き、白那様の能力で日本に帰還する。
あれから5日経った…時差もあるからすぐに切り替えなければ。
とりあえず、私たちはまず作戦を練る事にした。



………………………



白那
「で、どうするつもりだい?」

浮狼
「まずは首謀者を確かめたいですね…せめて言だけでも取れれば」


「…どっちにしても、まだ移動中ね」
「…それが止まらない限りは仕掛け様も無いけど、案外もう始末されてるんじゃない?」


その可能性は高いですね…しかし、そうならば携帯電話も始末されている可能性は高い。
まだ座標が表示されていると言う事は、携帯電話が無事と言う事…
あらかじめ全ての履歴と登録は消してありますし、発見されても足がつく前には白那様の能力で回収も出来る。


白那
「もし、実際に首謀者を始末するとして、どうやるつもり?」

浮狼
「それに関しては非常にシンプルな方法で可能です」
「白那様、1度誰もいなさそうな採石場に転移させてもらえますか?」


白那さんは?を浮かべるも、すぐに移動してくれる。
そして私は周囲を確認し、先程白那様が転移させた軍隊のアサルトライフルをひとつ、ここに転送してもらった。
私はまず、それの使い方を覚えなければならない。
とりあえず、白那様にお尋ねして私は使い方を教わった。


白那
「それは、そう…そう構えて、指をトリガーにかける」
「そして、ロックを外して引き金を引けば発射だよ…反動に気を付けてね」


私は採石場で試射し、感触を確かめた。
よし、撃つのは簡単だ…後は命中させるだけ。


浮狼
「白那様、私が発砲した弾を任意の座標に送り込めますか?」

白那
「…成る程、まさしく暗殺だね」
「でも、相手が止まってないと正確には当たらないかもしれないよ?」


「…だったら、私が未来視である程度場所を予測するわ」
「…少なくともどの建物にいるか解れば、その近くからなら私が位置を教えられる」
「…お母さんにはテレパシーで合図を送るわ」


私たちは頷く、作戦は決まった。
後は首謀者を突き止めるだけ…私たちは1度その場を離れて休む事にする。
そして、携帯電話の移動が止まるのを待った…



………………………



白那
「…止まったね」


「…場所は予想通り日本ね」

浮狼
「という事は、行き先はロケットコーポレーションの本社?」


私たちはそこから更に転移で近くに移動し、携帯電話を監視する。
あるのはどこかの平地だ…空港ではない?


浮狼
「白那様、後は直接追跡しましょう…私の携帯電話を」


白那様は一瞬で私の携帯電話を手元に転移させる。
私はそれを受け取り、そして白那様たちと着陸場へ転移した。



………………………




「ご苦労だったな…で、どうなった?」

男B
「それが、担当した部隊の隊長が意味の解らない事を言うんです」
「ビームだの、スーツの女だの、完全に錯乱してて話になりません」
「まず失敗したと思うべきでしょう…そもそもひとりでやるのが間違いだと思うんですけど…」


まず、降りて来た若いスーツの男に、やや中年のスーツ男が話しかける。
そして若い男は何とか説明するも、中年の男は?を浮かべていた。


中年の男
「とりあえず、直接話を聞こうか…」

若い男
「分かりました、こちらです」


そう言って中年の男は若い男と一緒に機内に入る。
私たちは見えない位置で声だけを聞いていた。
白那様の能力で、声だけを転送してもらっているので直接近付く必要も無い。


隊長
『俺は聞いていないぞあんな化け物がいるなんて!?』
『もうロケットコーポレーションはこれで終わりだ…!』
『これはマサラの呪いだ!!』

中年の男
「まぁ、落ち着きたまえ、君は疲れているんだ」
「そもそも何故君はひとりでやろうとしたんだ? 計画では一個小隊でやる予定だったろう?」


錯乱する隊長に対して中年の男は問いただす。
隊長は弱々しい声で呟く様に言った…


隊長
「ひとり…何でだ? 俺の部下の死体があったろう!?」
「大量の血飛沫と共に、俺の部下は一瞬で両断されたんだ!!」

若い男
「だから、そこにはアンタ以外誰もいなかったよ…」
「マサラの社長も今頃は空港でニューヨークだし、本当に何してたのやら…」
「そもそも、本当にそこに社長はいたのか?」


もはや、何を言っても信じられはしない。
わざわざ全部消しておいたのですから、証拠も何も無い。
つまりこれは隊長の世迷言にしか聞こえないのです。


中年の男
「やれやれ、まさか失敗とはな…仕方あるまい、彼の始末は任せる」
「私は社長に報告してくる…次のプランが必要だと」

隊長
「待て! 待ってくれ!! 俺は嘘は言っていない!!」
「本当にいたんだ、化け…」


ブシュッ!と、くぐもった音が聞こえる。
そして、直後に何かが落ちる音。どうやら、殺された様ですね。


白那
「サイレンサーだね…またあっさりと人ひとり始末するもんだね」

浮狼
「逆にやりやすいでしょう…こちらも気兼ねなく力を振るえます」
「これでターゲットは恐らく二択」


「…あの中年の男か、社長ね」


私たちは頷き合い、中年の男を追跡する。
中年の男は車に乗り移動し始めた。
私は再び携帯電話を転送してもらい、GPSで車の移動先を見極める。



………………………



そして、辿り着いたのはまさに高層ビルだった。
私たちは、ここで中年の男の行方を追跡する。
だが、私たちは普通にはここから入れない…なので、ここは棗様に手伝ってもらう。



「…エレベーターで上に上ってるわね、屋上に転移した方が良いかも」


私たちはすぐに屋上に転移する。
どうやらヘリポートになっている様で、1台のヘリコプターが止まっていた。



「…止まったわね、歩き始めた」
「…恐らく社長室ね、さぁ…どっちが首謀者なのか? それとも両方?」

白那
「声を転送する」

中年の男
『社長、ご報告にあがりました』

社長
『で? やったのか?』


社長の太い声が鳴り響いた。
その声はあっさりと言い放ち、この時点で私は確信に似た思いを感じる。


中年の男
『いえ、失敗です…ターゲットは今頃ニューヨークだそうです』

社長
『馬鹿者!! 何故このチャンスを取り逃した!?』
『ああ、忌ま忌ましい! 魔更の奴め…ワシを嘲笑っておるのか!?』
『許さん許さん許さん!! 貴様の会社をワシは許さん!!』
『必ず末代まで呪ってくれる…必ずだ!!』


浮狼
「もう良いでしょう、棗様はここでフォローをお願いします…私と白那様は採石場に」


「…分かったわ、任せておいて」


私は猛る怒りを抑え、白那様と採石場に転移する。
そして、私は置いてあったアサルトライフルを無言で構えた。


浮狼
(もはや慈悲は無い! 聖様のご両親だけでなく、大城戸殿や、あまつさえ聖様すら呪うと言った外道め!!)
(その腐った命…聖様の剣である、この浮狼が貰い受ける!!)


私は白那様の合図を待つ…そして、白那様が手を上げて合図を送った瞬間、私は容赦なく引き金を引いた。


ダァァァンッ……ダァァンッ……ダァン……


採石場にライフルの発射音が鳴り響く。
その後、チャリーン!と薬莢が地面に落ち、私は目を瞑って銃を降ろした。


白那
『どう?』


『…バッチリヒット、脳ミソ直撃ね』
『…中年の男が慌てふためいてるわ、すぐに弾丸を回収して』


白那様は無言で親指を立て、成功を示唆した。
私はふぅ…と息を吐く。
そして、私は銃と薬莢を転移させて貰い、証拠を隠滅する。
後は棗様と使った弾丸も回収し、私たちはそのまま家に帰還した…



………………………




「…そうですか、大城戸さんが無事で良かった」
「ありがとうございます浮狼さん、危険な目に合わせてしまって、本当にすみません」


聖様は私に頭を下げて謝った。
私はそれを見てあたふたしてしまい、両手を振ってこう言う。


浮狼
「どうかお気になさらず! 私は聖様の為なら、この命惜しくはありません…」
「無論、私は聖様の剣…決して簡単には死にはしませんので!」


「はは…流石浮狼さんですね」
「浮狼さん、何か欲しい物とかはありますか?」
「良かったら、報酬ついでに何かプレゼントしようかと思うんですけど…」


私はそう言われ、考えてしまった…そして、とりあえずパッと思い付いたのが…


浮狼
「あの…キスとか、構いませんか?」


「キ、キス…ですか?」


私は、はい!と強く答える…これは、私の小さなワガママだ。
無論、聖様程の方であれば、キスのひとつやふたつ、もう誰とでもやっているのでしょう。
ですが、私はまだしてもらっていない…年齢的には結構上なのもありますが、白那様もなさっている事ですし、私とて女だ…愛する方のキスは受けたい。



「分かりました、じゃあ…良いですか?」

浮狼
「はい、いつでも」


聖様は私の首に手を回し、そっと引き寄せて唇を重ねる。
聖様の唇は温かかった、私は目を瞑って至高の時間を感じる。
これが、愛する方とのキス…私は今、とても幸せです。
体が紅潮するのを感じる…たった数秒間ですが、私は幸福感に溢れていた…



「…どう、でした?」

浮狼
「はい…幸せです」


私は思わず泣いてしまい、そのまま聖様の胸に体を預ける。
聖様は無言で背中に手を回し、優しく抱き締めてくれた。
私は、結局暗殺の事は言えなかった…かける情けは無い相手だったとはいえ、これは私の独断で、聖様が望まれたわけではない。
ただ、せめてあの呪いを絶ちたかった…
聖様にすら毒牙にかけようとしたあの外道を、私はどうしても許せなかったのです…
私は聖様の胸で声に出さず涙を流す。
こんなに辛いのは初めてだったかもしれない…愛する聖様に、真実を隠さなければならないと言う現実。
その現実は私の心に突き刺さり、真実を知らぬ聖様はただ、優しく私を抱き締めてくださったのだ、…










『とりあえず、彼女いない歴17年の俺がポケモン女たちと日常を過ごす現実。やっぱり後悔はしていない』



第7話 『渦巻く悪意、魔更を恨む呪い』


To be continued…

Yuki ( 2019/04/21(日) 12:19 )