ポケモン不思議のダンジョン〜光と影〜
第一章〜冒険の刻む時〜
青海の岸辺
ザーと岸辺に寄る波。そして引いていく波。
この二つの波は、それぞれ違うのだろうか?
否、波は波であり、繋がっている限り一つ。

?「・・・」

波打つ岸辺に横たわる生物、ポケモン。

?「・・・」

そして夕日を照らし、夕日に照らされる海。

?「・・・」

----おーーーい!こっちこっち!----

誰かを呼ぶ声、その声の主は・・・?

*


「こっちこっち!」

「ま、待ってよ〜」

まったく・・・エレンはツタージャの癖に足遅いんだから・・・

この二匹は幼馴染のアスナとエレン。一日に二回、この浜辺に来ている。

「わ〜・・・今日も夕焼けがきれいだね!」

「ぜえ・・・ぜえ・・・そ、そんなこと言ってる場合じゃ・・・」

「そ、そんなこととは何よ!まるでいつも同じこと言ってるみたいじゃないの!」

・・・実際そのとおりなのだが。

「じゃあ、今日もいつもの寄り道に・・・あれ?誰か倒れてるよ?」

「え?どれどれ?」

*


「え?どれどれ?」

アスナが見る先には傷だらけになって倒れているピカチュウ。

「うわあ・・・これが死体か・・・」

「いやのんきなこと言ってる場合じゃないって!早く運ばないと!」

「いやもう死んでるんじゃない?放っておこうよ」

「・・・そのうちアスナはギルドのみんなに捕らえられそう。」

言い合ってる内に死体(仮)は動き出した。細めにして回りを見渡し立ち上がる。
そして口を開く。

?「・・・あ〜ここね。最悪なパターンだ。」

「あ、あの〜・・・だ、大丈夫ですか?」

?「ん?ああ、ぎりぎり大丈夫だ・・・で、この海岸は?」

「ここは青海の岸辺、そこにダンジョンがあるでしょ?そこの名前から総称して呼ぶことになったの。」

?「へ〜・・・ダンジョンね・・・」

ピカチュウはしばらく考え事をしているようだが、その後ダンジョンの方へ向かっていった。

「え?!ちょ、どこいくですか?!」

?「決まってるだろ。ダンジョンだ。三年のブランクを埋めないとな」

「何言ってるか知らないけど、傷だらけの状態じゃ絶対無理だよ!」

?「は〜・・・まあ黙ってろって。じゃあな♪」

「え?!あ?!ちょっと?!」

「無茶苦茶・・・」



BACK | INDEX | NEXT

■筆者メッセージ
ついに始まりました。
ナレーターの文章が非常に短い・・・頑張りたいですかね。
それとあらすじの時点で拍手が2回も・・・ありがとうございます!制作意欲に変換します!
次回はおそらくダンジョン編でしょう。でしょう。
ではお楽しみに(・ω・)
スーパーファミコン ( 2015/07/15(水) 19:41 )