鳴らない鐘が響く時
42 【0時0分】


 その声はこの街、王都レマルクの隅々まであまねく響きわたった。そして見た。誰もが塔の上を見た。
 その声は眠りかけていた獣たちをも揺さぶり起こした。音に驚いた鳥たちが各所で鳴き声をあげた。
 その声は喧噪に包まれていた王都を一気に静まりかえらせた。
 塔の上層全体が青白く輝いていた。
 セントラル大教会の鐘。
 上層の大鐘楼の鐘。
 王都の人々にとっての誇りであった鐘。
 火事で焼け落ちたはずの、もう聞けないはずだった鐘。
 鳴らない鐘が響いていた。
 その声は王都も越えて、山も越えて、海も越えて、どこまでも、国中に至り届かんばかりだった。
 輝く塔と鐘の声。後にある人はこう記録することとなる。
「それはあたかも、天の月が塔の上に舞い降りたかのようだった。あの瞬間、あの輝きのなかでレマルクの鐘は蘇ったのだ」
 王都の空気は鐘の声に満たされていく。
BACK | INDEX | NEXT

わたぬけ ( 2017/02/12(日) 03:34 )