NEMESIS














小説トップ
泡沫の章
第二話「若者のすべて」

 草むらが揺れる。息を詰まらせて見つめていると、茶色い翼を広げてポケモンが飛び出した。

 ポッポと呼ばれるポケモンだ。距離は五メートル。草むらを挟んでいるので向こうはこちらに気づいた様子はない。ポッポは短い足でゆっくりと着地すると何度か身体を揺らしてから特徴的な声を発して歩き出した。

 喉の奥でくぐもったような声だ。そう感じながらユキナリは鉛筆を立ててポッポの大きさを目視では測る。ポッポの動きが変わらないうちにスケッチブックに当たりをつけ、まずは骨格と動きをイメージする。頭の中で組み上げた動きと現実の動きの齟齬を出来るだけ少なくする。これは削り取る、という作業に似ている。

 現実の動きは得てして頭の中で描くよりも豊かで、どう行動するのか読めない。だから頭の中で固定化する。幾つかある動きの選択肢を削って、最適化してキャンバスに落とし込む。ユキナリは乾いた唇を舐めて、「動くなよ」と呟いた。スケッチブックに描かれていくポッポの姿が輪郭を帯び、あともう少しで生き生きとした稜線が描き出される、と思われたその時である。

「あー! やっぱりここにいた!」

 無遠慮な声にポッポが驚いたのか、飛び去っていった。ユキナリが名残惜しそうにそれを眺めていると後ろから蹴りが飛んだ。よろめいて草むらへと顔を突っ込む。紫色のねずみポケモン、コラッタが慌しく二、三匹駆けていく。ユキナリは自分を蹴った相手を振り返った。

「何するんだよ」

 視線の先にいたのは少女だ。茶髪をポニーテールにして結っており、強気な吊り目が印象的だった。腰に手をあて高圧的に口を開く。

「何するって、あんたこそ何してんのよ。ユキナリ」

「僕はいつも通りスケッチだよ。そっちこそ何? ナツキ」

 幼馴染の名前を口にすると、ナツキは唇をへの字にした。

「またスケッチ? あんた今日は平日よ」

 その言葉に、「心外だな」とユキナリはスケッチブックについた土を払う。

「休日と平日の違いくらいは分かっているつもりだけど」

「だったら!」とナツキがユキナリの耳を引っ張った。

「スクールにきちんと通いなさいよ!」

「痛い! 痛いって! 暴力反対!」

 ユキナリはナツキの手から逃れながらふぅとため息を漏らす。

「スクールって言ったって、ニシノモリ博士の個人塾じゃないか。都会のスクールとは違うんだよ」

「あんた、本当に馬鹿ねぇ」

 やれやれとでも言うかのようにナツキは首を振る。ユキナリは少しばかりむっとした。

「何が馬鹿だって言うのさ」

「ニシノモリ博士はポケモンの権威よ。その博士が、わざわざこんなド田舎、マサラタウンまで来て個人塾を開いてくださっているのは何のため?」

「自分の権威をひけらかすためだろ」

 ユキナリが冷淡に告げるとナツキは、「違う!」と喚いた。

「ニシノモリ博士は都会と田舎の学力格差に憂いていらっしゃるのよ。だから、こんなド田舎の町で個人塾を開いてくださっているの。なのに、あんたは今日も行かないで」

「僕が行こうが行くまいが勝手だろ」

 ユキナリは額から両端に垂らした前髪を払った。スケッチブックを脇に挟み、立ち上がる。

「ナツキはどうしてそんなにニシノモリ博士を信用してるのさ。そんなに偉いのかな」

「当たり前じゃない」

 常識だと言わんばかりのナツキの声音に、「どうだか」とユキナリは視線を流した。

「トレーナーズスクールなんて、この国に都合のいい兵隊を作るための口実だよ。都会だけならまだしも、そんな赤紙をこんな田舎まで発布するようになったって事は、カントーは相当やばいって事なんじゃないかな」

「またお得意の戦争批判?」

 ナツキの言い草に、「お得意の、っての、僕は嫌いだな」と口にする。

「だって戦争なんて、真っ平御免さ。カントーは戦力の拡充のためにポケモントレーナーを育成する土壌を作ろうとしている。イッシュだかシンオウだかが攻めてくるのは分かっていても、僕は兵隊なんて嫌だね」

「でも戦える力を蓄えるのは、悪い事じゃないわ」

 ナツキの言葉にユキナリはため息を漏らす。「何でそうなるかな……」と呟きながらスケッチブックを捲った。ナツキが覗き込んでくる。

「見るなよ」

「見てもいいじゃない。それにしても」

 ナツキは含み笑いを漏らす。

「何だよ」

「ポッポとコラッタばっかり」

 ナツキの指摘はもっともだった。スケッチブックにはポッポとコラッタのデッサンばかり描かれている。

「仕方がないだろ。一番道路には出ないんだから」

「それで画家志望とは、随分と嘗めた判断だと思うけど」

 ナツキの苦言にユキナリは顔をしかめる。確かにポッポとコラッタばかり描いているのでは絵も上達しない。

「僕の勝手だ」

「一生、マサラタウンで過ごすつもり?」

 挑発めいたその発言に、「何が言いたいんだよ」とユキナリは食いかかる。

「あたし達はさ、ポケモンさえ持っていればどこにでも行けるんだよ。若者には無限大の旅が約束されているってニシノモリ博士も言っているし」

「またニシノモリ博士か」

 ユキナリはうんざりした様子で口にする。

「好きになれない」

「でも、ポケモンの権威よ。あたしの相棒もニシノモリ博士に貰ったし」

 ナツキは腰のホルスターに拳大のボールを留めていた。上部に開閉スイッチがあり、一緒にマイナスドライバーを手にしている。マイナスドライバーでスイッチを緩め、押し込む事で開閉する装置。ポケモンを封じ込めておく道具、モンスターボールだった。

「相棒、ね。ポケモンのほうはどう思っているのか分からないけれど」

 含んだ言い回しをするとナツキはむくれた。

「何よ。あたしとストライクの関係を侮辱しようっての?」

「別に。ただ、そう素直に別の種族が相棒だの家族だのになれるのかって話だよ」

「あんただってポケモンをスケッチしているじゃない。本当はポケモンに興味があるんじゃないの?」

 ナツキの言葉にユキナリは顔を背けた。

「興味なんてない。ただ、デッサンの対象を人間にだけ絞っていても上手くならないから描いているだけだ。他意はないよ」

「本当かしら」とナツキは納得していない様子だ。ユキナリはその場から立ち去ろうとする。その背中をナツキが呼び止めた。

「ちょっと。どこ行くの」

「帰るんだよ。小うるさいのが近くにいるとデッサンに集中出来ない」

 ユキナリの言葉にナツキは、「悪かったわね!」と大声を出した。またポッポが飛び去っていく。それを眺めながらナツキへと胡乱そうな眼差しを向けた。ばつが悪そうに一瞬だけ視線を逸らしたが、真っ直ぐにユキナリを見つめる。

「どうして自分のポケモンを持たないの?」

「興味がない」

「ポッポでもコラッタでも、近くに置けばいいじゃない。そうするとポケモンと一緒にいる人生がいかに豊かなのかが分かるわ」

「それも、ニシノモリ博士の受け売り?」

 ユキナリが茶化すとナツキは、「本当の事よ」と少しだけ語気を強めた。

「モンスターボールならスクールに通っていれば貰えるし、学費だってかからない。慈善事業でやってくださっているのよ」

 その言葉にユキナリは肩を竦める。

「随分とご執心で。それほど信頼の厚い大人なのかな、ニシノモリ博士は」

「……博士を馬鹿にしないで」

 ナツキが目に見えて怒りを滲ませた口調で歩み寄った。ユキナリは、「馬鹿になんてしてないよ」と返す。

「ただ、そう簡単に大人を信用するもんじゃないって思っているだけさ。右か左か、どっちに傾いているのか知らないけれど、大人なんて子供を体よく利用しようとしか思っていない」

 ナツキがぐんと近づいた。振り返ると胸倉を掴み上げられた。ユキナリが落ち着いた眼差しを向ける。対してナツキの瞳には怒りの色がありありと映っていた。

「あんた、そうやって斜に構えて、何でもやる前から否定して……!」

「何でもじゃない。僕は、戦いたくないだけだ。ナツキ達のやっているポケモンバトルだって、僕は好きになれないな」

 ニシノモリ博士が構える研究施設兼スクールでよく同い年程度の子供達がポケモン同士を競わせているのを目にする。ポケモンバトル、といい、競技人口は年々上昇していると言う。しかし、それとて争いだ。戦争の準備に遊びの要素が追加されただけに過ぎない。

「戦いたくないってのが、現実から逃げているんだって気づかないの?」

「どっちが。ポケモンバトルなんかで目を眩まされるほうが、僕は御免だね」

 ナツキの手を振り払い、ユキナリは踵を返す。その背中へとナツキの大声が突き刺さった。

「オーキドの名前が泣くわよ!」

 立ち止まり、ユキナリは舌打ちを漏らす。しかし挑発には乗らず、帰路についた。

















 額縁に飾られているのはマサラタウンで受賞した絵画コンクールのものだった。しかし、どれもめざましい活躍とは言えない。マサラタウンはカントー地方の南端部にある小さな田舎町だからだ。こんな町でいくら有名になっても画家になれるとは限らない。所詮、井の中の蛙。ポッポとコラッタしか描いていない事を指摘されて、何も間違いではないとユキナリは感じる。

 それらの額縁に混じって、一回り大きな肖像画が飾られていた。その肖像画の下には「オーキド・マサラ」という名前が刻まれている。ユキナリは自室に飾られている賞状の中に混じっている異物へと声をかけた。

「……あんたの名前が、僕の人生を縛っているんだよ。何でポケモンの権威なんかなんだ。僕の祖先は」

 オーキド・マサラはポケモントレーナーとして活躍した人物だ。ここマサラタウンの出身であり、元々は「マッシロタウン」という名前は彼の功績にちなんで改名させられた。オーキドの血筋を引くユキナリにはいつもこの重責がついて回った。オーキドの子孫なのだからきっと強いのだろう。ポケモンを操る天性のセンスがあるに違いない。いつだって注目されるのはユキナリの名前ではなく、それに付随する「オーキド」の名前だ。

 ユキナリ自身、これは呪縛だと考えていた。血の呪縛。決して逃れられないもの。絵画コンクールでいくら好成績を収めてもそれはユキナリの功績というよりもオーキドの名がもたらした恩恵と取られる。それがユキナリにとっては不快だった。このマサラタウンにおいてオーキドの名は絶対だ。だから、ユキナリ自身の能力というよりも贔屓されていると取られる事のほうが多かった。

 ならばマサラタウンを出ればいい、とナツキは簡単に言う。マサラタウンを出るには一人暮らしをする決意が必要だ。画家の能力だけで生きるには自分の力が至っていない事は誰よりも自分がよく知っている。だからと言って他の大多数のようにポケモントレーナーになって身を立てるかと言えばそうでもない。

 ユキナリはベッドに寝転がった。鼻筋を掻きながら、「どうせなら、無名でよかったのに」と呟く。

 何も持たないのならばよかった。権力の笠を着ていると言われる事もなければ、自分の実力だけなので諦めもついたろう。下手に有名なのが性質の悪い事だ。ユキナリはベッドの上で丸まった。ナツキは明日もスクールに来いと言うだろうか。その度に喧嘩紛いの言い合いを交わし、捨て台詞を吐かれるのは気分のいいものではない。一回くらいはニシノモリ博士のスクールに通うべきかと思うのだが、そうなってくるとまたオーキドの名前が邪魔になる。妬む人間もいるだろう。

 ユキナリはため息を漏らす。この鬱憤を晴らす方法がないものか、と考えた。スケッチブックを取り出し、今まで描いて来たポケモンや人物画を見直した。そうしていると少しだけ穏やかな気分になれる。時には静物画も描いており、コンクールに出した作品の習作もあった。いつか、もっと多くの人にこの絵が評価される時がくるのだろうか。オーキドの名前など関係なしに。自分という個人を見てくれる人がいるのだろうか。

 その時、階下から自分の名前を呼ぶ母親の声が聞こえた。ユキナリが降りていくと母親はテレビの前で手を振っていた。白黒のテレビに表示されているのは短いが克明な文章だった。

「チャンピオン、崩御」と読めた。

「まさか、王が亡くなるなんてねぇ」

 母親の声にユキナリはそう言えばチャンピオンの名も知らない事を思い出す。父親が新聞紙を片手にテレビに見入っている。ユキナリは訊いてみた。

「チャンピオンって、そんなに大変な事なの?」

「そりゃ、大変だとも。何せ、チャンピオンが入れ替わる事なく死ぬなんてそうそうないからな」

 父親の声にそういうものか、とテレビに視線を移す。映し出されるチャンピオンの偉業はどれも現実から遊離していた。何度防衛しただの、外交関係に力を入れていただの、現状のカントーのパワーバランスを築いた人物だの褒め称えられている。いつだって死んだ人間が誰よりも偉いのだ。

「チャンピオンが死んだって事は、どうなるの?」

 母親に尋ねると、「新しいチャンピオンが就くのだろうね」と答えられた。父親に、「お隠れになられた、と言いなさい」とたしなめられる。どれほどチャンピオンが偉いのか分からないが、言葉に気をつけなければならないほどなのだろうか、と疑問に思う。

「新チャンピオンは誰なのさ」

「政治家から繰り上がりかしら」

「いや、今の役人じゃ不甲斐ないだろう。何か、新しい人じゃないのか」

 父母の会話にもついていけず、ユキナリは、「もう寝るよ」と自室に篭った。天井を眺めながら、チャンピオンという存在はまさしく雲の上の存在なのだろうな、と思いを馳せる。

 寝返りを打ってオーキド・マサラの肖像画を視界に入れた。

「あんたとどっちが偉いんだろうね」

 フッと自嘲の笑みを浮かべてユキナリは眠りについた。



オンドゥル大使 ( 2014/11/01(土) 21:06 )