ポケットモンスターHEXA NOAH











小説トップ
使徒の呼び声
第六章 四節「アネ゛デパミ゛」
「リザードンじゃねぇ。……てめぇ! 一体何者だ!」

 ポケモンでないのならば人が化けているのだと思ったのだ。しかし、リザードンらしきそれは小首を傾げた。

(何者だ、か)

 どこか諦観したような声が響く。その根源が目の前のリザードンもどきだと判じたリョウは、「喋れるのか……」と驚愕した。

(訊かれたから答えただけなのだが、どうやら予想外だったらしい)

 リョウは一旦耳を塞ぐ。今の声は感知野を震わせたものではない。現実に、リザードンもどきが喋っている。口を動かしている節はないが、顔を上げて意思表示をしているのは分かった。

「リョウ。このリザードン……みたいなのは感知野で喋っているんじゃない。現実に、ボク達の鼓膜を震わせている」

「ああ。しかしだとすれば、喋れるポケモンか……」

 あり得ない話ではないが、このような姿形のポケモンは見た事がない。言葉による意思疎通が可能となれば伝説クラスだが、目の前のそれがその域に達しているとは到底思えなかった。

(私は、君達の目からしてみれば、恐らくはリザードンの形を取っているのだろう)

 相手の言葉にリョウ達は顔を見合わせた。

「俺達の目からしてみれば、だと?」

(私に固定化した姿はない。だが、この世界に生を受けるに当たって、順当なものを配置されたというべきか)

 リザードンもどきの発する言葉には何かしら諦観めいたものがある。まるで自分の事を客観視しているようだ。

「お前は、何者だ?」

 敵か、という意味も含んだつもりだったが、リザードンもどきは答えた。

(私の名はアネ゛デパミ゛)

 その声は何かの不純物を含んだかのように聞き取りづらかった。本来、濁点のつくはずのない言葉に無理やり音を当て嵌めたようだ。

「何だって? アネ……」

(アネ゛デパミ゛だ。もっとも、この名前さえ、私を象る一つの事柄でしかない)

 リョウは身構える。

「ポケモンなのか?」

 その問いにアネ゛デパミ゛は応じた。

(私にその問いを答える術はない。だが、トレーナーならば私の存在を知覚した事があるはずだ)

「お前を、知覚だと……」

 ルイへと視線を流す。ルイは額を押さえていた。

「どうした、ルイ」

「何でもない。ちょっと気分が悪いだけ……」

 ルイは青ざめた顔でアネ゛デパミ゛を眺める。リョウは睨む目を向けた。

「何しやがった!」

(何も)

 アネ゛デパミ゛は落ち着いた様子で応じる。

(ただその娘、我々と、とても近い場所にいるようだ)

「近いだって? 何でお前とルイが」

 そこに至ってリョウは気づく。今、この存在は何と言った?

「……我々、だと」

 ぴちゃり、と水音が聞こえた。リョウは振り返る。ポケモンセンターの回復受付の陰に何かが隠れていた。ぬぅっと長い尻尾を揺らす。反射的にリョウはリーフィアに指示を飛ばす。

「リーフィア!」

 額の葉っぱの刃を突き上げてリーフィアがその影を切り裂いた。今まさに物陰から飛び出そうとしていたそれはリーフィアによって寸断された。リョウはアネ゛デパミ゛を気にしながらそちらへと注意を向ける。受付の陰に回らなければ、それが完全に死んだのか分からなかった。

 鼓動が早鐘を打つ。一体、自分は何を殺したのか。

 そこにいたのは白い生物だった。全身が湿っており、水かきがついている事から水棲生物であると思われたが、後ろ足の丸みと長い尻尾からリョウはあるポケモンを推測した。

「これは、ミュウか……?」

 あり得ない。こんな所にいるはずのないポケモンだった。図鑑ナンバー151。幻のポケモン、全ての技を覚えるポケモンの祖と呼ばれている存在である。それがどうしてポケモンセンターの回復受付の物陰に潜んでいたのか。しかし、そのミュウには奇妙な部分があった。青く澄んでいるはずの瞳が赤く濁っており、それも複眼のような形状をしているのである。

 リョウは一目で、このミュウがアネ゛デパミ゛と同じ、ミュウもどきである事を確信した。

 ――しかし、何故?

 リョウは考える。ポケモンもどきがどうして周囲に現れるようになったのか。そもそもこの現象は今のグレンタウンの現状に関係があるのか。

 ミュウもどきは声を出さない。ゴブッと血を吐いたかと思うと動かなくなった。胴を寸断したのだから当然とはいえ、その死に様は奇妙だった。

(ミュウか)

 アネ゛デパミ゛が声を発する。リョウは振り返り、「我々と、言ったな」と念を押した。アネ゛デパミ゛は頷く。

「こういうのが、まだいるってのか。それとも、これがお前らの攻撃か」

 リョウの声にルイは額を押さえ、「まただ」と呟いた。「何がだ」と心配そうな声を出す。

「また、気配が拡散した。どうなっているの? まるで、ヨハネが複数いるみたいな」

 今もまた増え続けているのだとルイは主張する。しかし、ヨハネは単独犯のはずだ。突然に手先が増える事などあり得ない。

(感じている気配ならば、我々だろう)

 アネ゛デパミ゛の言葉にリョウは、「どういう意味だ」と問い返す。アネ゛デパミ゛は、(簡単な事だ)と肩を竦めた。

(今、この街のネットワーク隅々まで我々が占領している。昨夜、私がネットの海から引き上げられた際、それは実行された。ノアズアークプログラム。そのプレリュードと言ったところか)

 リョウはミュウもどきの死骸を見やる。このミュウもどきがどういう経緯で生まれたのか。どうしてこの場所にいたのかをアネ゛デパミ゛に詰問しようとしたが無駄だろう。今は一つでも多くの情報を手に入れる事だった。

「お前は、ポケモンなのか、人間なのか?」

 その質問にアネ゛デパミ゛は少しばかり逡巡の間を浮かべてから、(瑣末なものだ)と答えた。

「何だと……」

(瑣末だと、そう言ったのだ。ポケモンと人間の境界などどこにある? 境目を設けなければこの身体はどこまでもいける。能力に上限はない。私はこの身体に生を受けた事を、幸福だと感じているのだよ)

「幸福……」

 ルイが熱に浮かされたように繰り返す。リョウは語気を強めた。

「嘗めた事を。大体、どっちつかずの存在が幸福なんて」

(いけないかね?)

 他の言葉を許さぬ言い回しにリョウは閉口する。この感覚は、かつて感じた事があった。

 どこだ、と記憶を手繰る。すると、ある一言が思い出された。

「……瑣末なものだ、か。かつて俺にそんな事を言った奴を一人だけ知っている。いけすかねぇ化けの皮剥がしてとっとと出てきたらどうだ? ――キシベ」

 その名前にルイが目を見開いた。アネ゛デパミ゛は口角を吊り上げて嗤った。無理やりに人間の嘲りをポケモンに適応したようだった。


オンドゥル大使 ( 2014/10/13(月) 21:37 )