ANNIHILATOR













小説トップ
鎧龍篇
EPISODE51 回帰

「おい、バカ。今回はヨハネ君のファインプレーがあったからいいものの、危うい綱渡りをまたもして……。Eスーツは! 私が管理しているからと言ってすぐに直るものじゃないんだよ!」

 帰るなりユリーカの怒声が飛んだ。マチエールは、いやぁ、と後頭部を掻く。

「それほどでも」

「褒めてない! ヨハネ君もヨハネ君だ。クリムガン捕獲など、一歩間違えれば死んでいたぞ」

 自分にも忠告が向けられる。しかし、ヨハネはぼんやりとしていた。

 それを察知したユリーカが声を低くする。

「……ヨハネ君?」

「あっ、すいませんでした、ユリーカさん。今、ちょっとぼうっとしていて……」

「人の説教の間にぼんやりするなんて! 君はいつから偉くなったつもりだ?」

 怒り心頭のユリーカにヨハネは言いやった。

「でも、クリムガンが勝手に入ったんです。僕のボールを使って」

「それもマチエールより聞いたがな。そうそう信じられないんだよ。ポケモンの側からボールに入るのを許諾するなんて。まぁ、いい。過ぎた事はいい」

 ユリーカは手を払いヨハネを指差した。

「それよりも、だ。クリムガンの使用権利、ヨハネ君にあるが、いいんだな? マチエール」

 確認の声にマチエールは首肯する。

「だってヨハネ君のポケモンだし」

「でも、エスプリの戦闘に、クリムガンがいるだけで違うんじゃ……」

「人のポケモンまで頼りにしないよ。まぁ、助けに入ってくれるのは嬉しいけれどさ。クリムガンは君を主人に認めたんだ。だったら、それに誇りを持つといい」

 ユリーカは我慢ならないのか爪を噛んで貧乏ゆすりをする。

「わけの分からん事になったな、全く。おやはヨハネ君でいい、という事か? マチエール。ドラゴンユニゾンは、贔屓目に見ても驚異的だぞ? ファイアより優れた攻撃性能と、ウォーターを凌駕する防御性能がある」

「いいって。赤と青をあたしがもっとうまく使えばいい話じゃん。人のポケモンを頼っているんじゃ、まだまだだよ」

「その意見には同意だが、ヨハネ君もそれで?」

 納得を、と言われれば困惑してしまうが、クリムガンは確かに自分のポケモンであった。それだけは確かだ。

「おやは僕、です。だから、僕のポケモンに、なるのかなぁ」

 ユリーカは盛大なため息をついた。

「そんなんでやっていけるのか? まぁ、たまに数値を取らせてくれよ、ヨハネ君。そうじゃないと実戦でいきなり使うなんてのはやめて欲しいからな」

 それに関しては了承する。ルイにボールを渡し、解析を頼んだ。同時に回復もしてくれるはずだ。

『ヨハネさんのポケモン、二体に増えましたね』

 弾んだ声を出すルイにヨハネは愛想笑いを浮かべる。

 本当に自分が持っていていいのだろうか、という不安を他所にマチエールは手を振った。

「そんなんでいいなら、あたしは抜けるよー」

「ああ、待て、待てって。今回、オクタンアームズを回収して分かった事が幾つか」

 その言葉にマチエールは立ち止まる。ヨハネも身体を強張らせた。

「何が、分かりましたか?」

「ルイ」

 ユリーカが仰ぐとルイは幾つかの数値と図表を投影させる。

『まず、Eアームズには過度の同調が必要だという事。これは前回確認されたココロモリアームズの時よりも強固になっています。つまり、同調率が上がっており、対象としてはより厄介になっているという事です』

「強く、なっているのか……」

「戦ってみて思った事ではあったけれどね。数値上でもそうか」

 マチエールの言葉は何よりも重い。ルイは言葉を継ぐ。

『もう一つが、絶えずデータが移送されている事ですね。転送先が、今までのような一部ではなく、海外のサーバーを転々としているので、特定出来ない事と、何よりも足跡を消すシステムが使われている事です』

 ルイの口からその詳細が語られるとは思っていなかった。足跡を消すシステム、といえばルイそのものではないか。

 疑念が深まる中、ルイは三つ目の項目を口にする。

『三つ目が、拡張武器としてのEアームズとしての品質が上がっている事。というよりも、前回解析したココロモリより、一世代上を行っている事です』

「一世代……」

 そんなにか、と絶句するヨハネにユリーカはコンソールのキーを叩いた。

「約一世代だが、通常十年かかる技術が用いられていると思っていい。それをたった数日の間に遂げてみせた。連中の中に生え抜きの奴がいる。そいつが」

「Eアームズをけしかけている」

 言葉尻を継いだマチエールにユリーカは首肯する。

「そいつを倒せば、Eアームズの量産は止まる、と思っていいんですか?」

 ヨハネの疑問にユリーカは腕を組んだ。

「止まれば御の字、止まらなくともこれ以上の技術躍進はない。そいつが、根源だ」

「あたしは戦う。ミアレの涙を、見たくないからね」

 部屋を出て行ったマチエールの背中を、ヨハネはしばらく眺めていた。

「何を思っている?」

「いや……何か、変じゃなかったですか?」

「アイツはいつだって変じゃないか」

「そういう話じゃなくって。ミアレの、街の涙を見たくない、ってのは、僕も分かりますよ。自分達の街を壊す連中を黙っていられないのも。でも、どこか思い詰めているって言うか、その、根源の奴を倒せばいいって分かったのに、どこか乗り気じゃないって言うか」

「たった一人の巨悪にカロスが踊らされている、という事も現実的じゃないと分かっているのさ。バカだがそういうところでは変に生真面目だ」

 ユリーカの言う根源をヨハネは問い質した。

「その、根源の人間は、分かっているんですか?」

「……いや、それはまだ」

 どうしてだろうか。ユリーカもどこか、結論を先延ばしにしているようであった。しかしそれ以上に追及する言葉を持たない。

「そう、ですか。僕に出来る事があれば、何だってします。そうと決めたんですから」

 クリムガンがボールに収まった時の事を思い返す。

 あのクリムガンも自分の旅路を終わらせてまで託してくれた。その志がある。

 だから託された思いは無駄にしてはならない。たとえ、自身の身の破滅に繋がろうとも、思いを繋げる事だけが無力な自分に出来る事なのだ。

「何だって、か。ヨハネ君、覚えておくといい。時に自分の身を投げる事が、正義に繋がらない事もある。マチエールもそうだ。あれの行動は美しく見えるが、それはどこか歪んだものにさえ映る。正義のため、大義のために戦った人間が、最後に手にするのが本当に望んだ景色だとは限らないのだからな」

 それは自分の経験則からか。

 ユリーカはその言葉を潮にしてコンソールに向き合う。

 返す言葉もなく、ヨハネは部屋を出ていた。

 自分のためでなく、誰かのために。

 それは美徳ではないのか。誰かのために命を投げられるほどの勇気はない。それを正義だと判じて戦い抜くだけの度胸もない。

「でも……それを支える事くらいは出来たって、いいじゃないか」

 呟いた声は誰にも聞き止められる事はなかった。















 街並みは変わらず流れ続ける。

 ミアレの表舞台は人混みでごった返していた。

 その中を歩くと、他人が自分のようで、自分が他人のようで――と自我が薄れ行くのを感じる。

 この街のために戦ってきた。そのつもりであった。

 しかし、街を真に泣かせるものは何なのか。信念が揺らいだわけではない。

 ただ、思い直しただけだ。

「……おやっさん。おやっさんは、どうして、一人で戦い抜けたんだ。あの日、あたしを助け出してくれた手は、どうして……」

「お困りのようですね」

 不意に背中にかけられた声にマチエールはハッとする。気配を感じ取れなかったのは雑多な思念に身を委ねていたせいか。

 人混みの中に、唐突に浮いて現れたのは灰色のコートを纏った男である。目深に被った帽子のせいで顔は窺えない。

「誰だ……?」

「敵ではございません。しかし、貴女は迷っておられるように見える。そういう人を放っておけない、ちょっとした正義感だと思っていただいて結構」

「正義感……」

 困惑していると相手はボールを差し出した。

 その中に入っているポケモンが透けて見える。

 何かが、そのポケモンより放たれた。

 その瞬間、全ての見え方が変わっていた。

 周囲は炎で囲まれており、マチエールはどこにも逃れられない。

「どうなって……」

 そこで言葉を切ったのは、炎を背に揺らめく人影が、見知った人物だったからだ。

「おやっさん……。本当に、ハンサムのおやっさんなの?」

 帽子の鍔を上げた男の相貌はあの日、自分を救い出してくれた恩人の姿であった。

「さぁ、行くぞ、マチエール。探偵の時間だ」





第五章了


オンドゥル大使 ( 2016/12/04(日) 23:09 )