ANNIHILATOR













小説トップ
鎧龍篇
EPISODE44 自信

 どのチャンネルに替えても同じ事ばかり言っている。

 嫌になってマチエールは不貞寝した。天井を仰ぐと換気扇がゆっくりと回っている。

「……あのクリムガン、強かったな」

 何故、あの強さを周囲に敵意としてばかり振り撒いていたのか。マチエールにはその疑問がついて回った。

 フレア団にそそのかされた? それにしては、クリムガンは何の命令も受けていないように見えた。それこそ自分の意思で。

 マチエールは枕に顔を埋める。

「何だって、あんなに他人を遠ざけて……。クリムガンに、何があったんだろう?」

 対してEアームズを取り付けられていた新たなポケモン、オクタン。あちらも気になった。とはいっても完全に敵意のそれだ。

「オクタン、か。倒すのは難しくないけれど、あのクリムガンが割って入るとなると」

 クリムガンは何故、オクタンと自分を相手取ったのか。あのポケモンの心のうちを知る必要があった。何故、敵意ばかりがあんなに増長して……。

「あれ、マチエールさん。テレビ観ていないんですか?」

 二階から降りてきたヨハネにマチエールは目線を振り向ける。

「……だってさ、あたしを悪く言うヤツしかいないし」

「そりゃ、仕方ないのかな。だって僕ら、宣戦布告したわけでもないし」

 大っぴらに宣戦布告すれば、まだマシなのだろうか。いや、先走り気味の自分でも分かっている。

 そんな事をしたところでフレア団に情報を弄ばれて終わり。

 嫌になるほど経験してきたではないか。このカロスで勝つのには条件が悪過ぎる。

 ――それでも。

 マチエールは骨が浮くほど拳を握り締めた。

 戦って勝たなければならない。たとえ孤独でも、フレア団と徹底抗戦に打って出なければ。

 ヨハネへと顔を振り向けると、彼は弱々しく首を振った。

「……マチエールさんが、エスプリがどれだけ強くても、やっぱり世間は反論するんだよね。何で、助けられた側の報道までこっちを否定するんだろう」

 純粋な疑問であったのだろう。しかしマチエールには直感的に分かっていた。

 あの時、助けた時に感じた視線。畏怖そのものであった。

 こちらの持つ力に慄き、恐怖し、遠ざけようとするだけの眼差し。あんなものを浴び続けるのは真っ平御免だ。

「……エスプリは目立たないほうがよかったのかもね」

 だから、そんな弱気な言葉がついて出た。ヨハネは、えっ、と聞き返す。

「だってマチエールさん、今まではガンガン戦って行こうってスタンスだったんじゃ」

「でもさ、誰にも褒められないんだよ?」

 分かっていたが、ここまでとは。誰かを助けても恐怖しか生まないのでは意味がないのではないか。

 マチエールの胸中に浮かんだ疑問は墨のように広がっていく。黒々とした恐怖。それが心を占めていくかに思われたその時、ヨハネが呟いた。

「でも、エスプリはそれでも負けない。そうじゃないの?」

 ハッとして面を上げる。ヨハネは何でもない事のように口にしていた。

「だって、僕を助けてくれたエスプリは、最高にカッコよかった。きっと、ああいうのを貫き通すのがエスプリの役目なんだと思う。そりゃ、世間からすれば正体不明の仮面の怪人かもしれないけれどさ。僕は知っている。仮面の下にあるのは優しい笑顔だって。だから、僕はこんな酔狂な、探偵業なんて手伝っている」

 振り向けたヨハネの顔を、どうしてだかこの時、直視出来なかった。

 思わず視線を逸らしてしまう。どうして、と感じる前にヨハネにはそう映っていたのだ、と思い知った。

 自分は全てを超越するヒーローであると。

 確かにそうあろうと努力はした。そうあるべきだとも思っている。だが、何かの拍子に揺らいでしまいそうで怖くなる時もある。こんな、仮初めの正義感など意味がないと、何か特別な事でもなく否定されてしまえば、自分の立つ場所は簡単に瓦解してしまいそうだった。

 それをヨハネは何でもない、「カッコいい」と評してくれた。それだけで勇気が出てくる。萎えかけた神経に檄を飛ばすように頬を張った。

「ま、マチエールさん?」

「……ゴメン、ヨハネ君。弱気出ていた、あたし」

 立ち上がったマチエールはコートを羽織り、〈もこお〉を連れ立った。その背中にヨハネが追いすがる。

「どこへ行くのさ」

「情報集めだよ。クリムガンが何であんなに……怖がっていたのかを知らなくっちゃ」

「ユリーカさんの情報待ちは?」

 その言葉にマチエールは直感的に首を横に振る。ここでまだユリーカに頼っていれば対等の相棒では決してない。

「あたしの力だけでも、クリムガンの恐怖心を知らなくっちゃ。そうでないなら、何で探偵業なんて名乗っているのさ」

 その言葉にヨハネはどこかしら安心したようだった。

「……よかった」

「よかった?」

「ああ、いや……。何だかマチエールさん、最近心配性みたいだったから」

 そう映ったのだろうか。マチエールは肩を竦める。

「あいつに馬鹿馬鹿って言われているんだよ? そりゃ相当に馬鹿に見えるんだろうさ」

 無鉄砲でもいい。自分にはそれのほうが性に合っている。〈もこお〉がアタッシュケースを持ち上げる。マチエールはそれを手にハンサムハウスから駆け出した。まずは知る事だ。

 クリムガンの事。そして、フレア団の事も。



オンドゥル大使 ( 2016/11/29(火) 21:55 )