ANNIHILATOR













小説トップ
最終篇
EPISODE150 二人

「何? ここまで来たら、もうやるっきゃない。あたしに、何をさせようって言うの?」

 先ほどから先導するコルニに声を投げても返事はない。自分を呼び出しておいて、コルニは何か言わんとして躊躇っているようであった。

 自分にはそんな無駄な時間もない。

 ミュウツーを倒し、この街に平和を――。

 そう感じた瞬間に、顔面へと拳が飛んできた。

「何を……する」

 受け止めたマチエールの声音には既に戦闘神経が研ぎ澄まされている。

 コルニは瞬時に足払いを遂行しようとする。

 それを跳躍し、マチエールの蹴りがコルニの頭部を叩きのめそうとした。

 肘で受けられ、コルニが一気に肉迫する。マチエールも拳を振り翳していた。

 お互いの拳が交差し、クロスカウンターが弾け飛ぶ。

「どういう……つもりだ。シャラシティのコルニ!」

「戦いの前に、いくらか覚悟を問い質したくってね。そんなんで、アタシも倒せずに!」

 放たれた回し蹴りをいなして、マチエールはコルニへとローキックを放つ。

 浮かび上がったコルニが踵落としを決めようとした。それを頭上で受け切って、マチエールは反撃に転じる。

 独楽のように回転し、すぐさまナイフのように鋭い拳の応酬が放たれた。

 コルニはそれらを紙一重で回避し、縫うようにアッパーを放つ。

 汗が弾け、瞬間的に避け切った神経が昂る。

「何のつもりだ」

「だから、覚悟さ。覚悟のために、アタシ達は戦っている!」

「もう、戦う必要なんてないはずだ!」

「あるんだよ、それが。アタシの戦いは終わった。もう、復讐の矛先もない。でも、あんたはさ、この街を守るなんてお題目を掲げたスーパーヒーローのつもりなんでしょ? だったら、勝ってみなよ!」

 コルニの攻撃は本気だ。

 本気で自分を潰しにきている。このような相手に中途半端な手加減は無意味。

 懐へと潜り込んで、マチエールは殴りかかろうとした。

 その軌跡を読み切ったコルニは攻撃の射線を潜り抜けて、逆にマチエールの堅牢な守りを解除しようとする。

 お互いに拳が跳ね上がり、汗が跳ねた。

 戦闘神経が研ぎ澄まされていく。

 その必要はないのに、相手を殺す事に全神経を傾けざるを得ない。

 そうしなければ、こちらがやられるからだ。

 コルニの拳を受け止める。こちらの拳も、コルニが受け止めた。

 お互いに譲らぬ姿勢の中、コルニが出し抜けに声にしていた。

「アタシには分かる。ミュウツーと、相打ちになってもいいって、あんた思ってる」

 心の中を不意に読まれてマチエールの力が緩んだ。その際に接近と共に掌底が叩き込まれる。

 肺の中の空気が全て吐き出された。

 無酸素状態に陥った視界がブラックアウトするのと、コルニの蹴りが顔面をたたき上げるのはほぼ同時。

 直感的に、マチエールは腕を交差させて防御していた。

 後退した形のマチエールへと、コルニは言葉を投げる。

「あのさ、それって本当に、この街のため? それが本当に、この先の、未来のためなんだって思ってる?」

 ようやく戻ってきた意識点がその言葉を知覚し、息も絶え絶えにマチエールは応じていた。

「……そうに、決まっている。そうじゃなかったら……あたしは」

「そうだね。あんた、犬死にだね」

 ハッとした瞬間、コルニが再び接近していた。マチエールは舌打ち混じりに飛び退る。

 コルニの稲妻のような蹴りが路面を打ち砕いていた。

 通常ならば即死のレベルだ。

「何で、お前、あたしに付き纏う……。もう復讐は終わったんだろ!」

 だというのに自分の道を阻む理由が分からない。

 コルニは少し考える仕草をして中空を見やった。

「そうだよねぇ。アタシ、もうこの街にいる意味もないわけなんだけれどさ。ヨハネの事が好きになっちゃったんだ。だから、アタシはここにいる。だって好きな奴のためにやれる事をやるのは当然だから」

「好きな、ヤツ……」

「あんたいないの? 好きな人」

 マチエールは歯噛みする。いるに決まっているではないか。

「あたしは、この街の人々が好き。どれだけ汚れたって、おやっさんの愛したこの街の、ミアレの人達を裏切れない。だって、未来が、輝いているんだから……」

「それが見えているのに、何であんた、まだ迷っているの?」

 ――迷う?

 呆然としたその瞬間、コルニが踵を上げて肉迫していた。

 あまりの速度に反応出来ない。

 マチエールは肩口からコルニの踵落としをまともに食らってしまった。

 着弾点から焼けるような痛みが走る。それでも、マチエールは最後の一線を踏ん張った。

「……へぇ、受け止められるんだ?」

 咄嗟の反応か、習い性の身体か。

 マチエールは踵落としの足を両腕で縛り上げていた。

 お互いの間接が軋む。

「誰が大事だとか、誰が好きだとか、正直あたしには分からない。漠然と、この街の人を愛するんじゃ、駄目なの? あたしは、間違っているの?」

「誰に聞いているんだか」

 コルニが掴み取られた足を軸にして跳躍する。

 もう片方の足による蹴りで終わりにするつもりであった。

 マチエールはそれこそ、判断でも何でもない。

 これは本能が巻き起こした奇跡であった。

 マチエールはそのまま、足を掴んだまま姿勢を崩す。

 蹴りを撃とうとしたコルニが身体の軸をずらした。

「攻撃点を、ぶれさせて……」

 マチエールが吼える。

 もつれるようにコルニと共に倒れ込み、その身体へととどめの一撃を見舞おうとする。

 振り上げた拳に力を注ぎ込んで、マチエールは拳を打ち込んだ。

 路面が吹き飛び、粉塵が舞い上がる。

 放った拳はコルニの顔のすぐ脇を捉えていた。

「あたしは……戦う」

 それが答えであった。コルニはフッと笑みを浮かべる。

「答え、自分で出せるじゃん」

 立ち上がったマチエールは覚えずよろめいた。それをコルニが補助する。

「一人で立っていようだとか、一人だけで最後の頂にいようだとか、そういう事考えるなって事。どうせ、一蓮托生なんだ。もっと他人を信用しなよ」

 その一言が胸に沁みる。

 自分は今まで、他人を信じているようで、誰も信じていなかった。

 だが、今は違う。

 支えてくれる人がいる。

 ユリーカに、コルニ。〈もこお〉、オーキド、それに――ヨハネ。

 彼らを裏切る事など出来るものか。

「あたし、やるよ。最後の最後だ。踏ん切りがついた。すまない、コルニ」

「いいよ。アタシも何度か挫けそうになったけれど、その度に救われてきたクチだ」

 気安い笑みに、もう敵ではないのだとマチエールは拳を突き出した。

 コツン、と拳同士が触れ合った。



オンドゥル大使 ( 2017/05/24(水) 22:05 )