ANNIHILATOR - 運命篇
EPISODE137 運命

 ハンサムハウスに無事帰還出来ただけでも僥倖であった。

 ルチャブルに掴まって空を飛んだお陰で難を逃れた形でもある。

 マチエールが転がり込むなり、ユリーカに現状を伝えた。

「ヨハネ君が……敵になった」

 それを即座に読み取ったユリーカは目を伏せる。

「そう、か。ヨハネ君が」

 マチエールは顔を上げて問い質す。

「驚かないの?」

「いつかは、こうなるような気がしていた。ヨハネ君は、正義と悪の両天秤の、限りなく中立な場所にいる。いや、いてくれていた。だからこそ、彼はエスプリと共に戦ってくれたのだろう。しかし、天秤は常に均等ではない。どちらかに転がる事はあり得る、という話だ」

「分かっていて……、じゃあ何で! 何でユリーカは止めなかったのさ。あたしなんて、ずっといても気づかなかったのに……!」

「私が言えば止まるのなら、ヨハネ君はここまでついて来てくれていない」

 その言葉に全てが集約されている気がした。

 マチエールはその場にへたり込む。

 ヨハネは天秤であった。天秤だからこそ、ここまで戦い抜いてくれていた。

 だがそれはいつ悪に転がるか分からない、その危うさがあったのを、自分は見ようともしなかった。

「じゃあどうすれば……。どうすればヨハネ君を止められたの!」

 嘆くマチエールにユリーカは冷たく言いやった。

「知るか。自分で考えろ」

 その言葉にマチエールはユリーカに掴みかかっていた。拳を打ち下ろそうとして、僅かに躊躇する。

 それを目にしてユリーカが声を張る。

「こんなだから! 私達がこんなだから! ヨハネ君は行ってしまったんだろう!」

 マチエールは拳を下ろしていた。自分達がいつまで経っても煮え切らない態度だから、ヨハネは愛想を尽かしてしまったのだ。

 マチエールは機能停止したフレアエクスターミネートスーツのバックルを懐から出す。

 何度起動しようとしても、うんともすんとも言わなかった。

「あたし達はこんなにも無力だった」

「ヨハネ君はそれでも、私達を信じてくれていた。いつかは以前のように、相棒になれると、信じてくれていたんだ。それなのに、私達は……お互いの身勝手で彼を振り回した。この結果は当然だと言える」

 ヨハネはもう戻ってこない。

 その後悔の念が胸を締め付けた。

 コルニが身を翻す。

「どこに行く?」

「アタシ、まだやれるって信じているから。だから、こんな泣き虫と一緒にいたくない」

 冷たくあしらった声音にマチエールは反抗の気力も起きない。

「私も一度、作戦を見直そう。ここは割れているも同然だ。ルイ、お前も来い。別の場所でこれからを考える」

 ユリーカも席を外そうとする。さすがのルイでもうろたえたようであった。

『いや、でもよ……。マチエール一人なんて』

「こいつ自身が、もう一度奮起しない限り、私達は手を貸さない」

 ユリーカとコルニが出て行く。ルイもシステムの足跡も残さずに去っていった。静寂が降り立っていた。

 ハンサムハウスに残されたのは自分一人。

 何も出来ない、自分一人だけ。

「こんな時、どうすればいいんだ……。教えてよ、おやっさん」

 すがったところで、もう死んだ人間に何を望むというのだ。

 その時、テレビが自動的に点灯し、プリズムタワーを映し出した。

『ミアレに住む紳士淑女の諸君。御機嫌よう。俺の名前はアマクサ・テトラ。率いる組織はアドバンスド。死なない兵達だ』

「アマクサ……テトラ。何のつもりで」

 テトラは大仰に手を払い、バックルを腰に装着する。

 瞬間、変身が成されていた。白の姿に黒いマントをなびかせる。

『この姿の名前はエクリプス。貴様らを守ってきたエスプリとは対照的な存在だ。俺はエスプリを倒し、この街の実効支配を宣言する』

 テトラ――エクリプスはそう言いやり、他の仲間にも変身を促した。

 全員がロストイクスパンションスーツで変身し、それぞれのユニゾンを開花させる。

『フレア団でさえも、俺達には敵わない。ミアレ市民の諸君、地獄を楽しむんだな。今日より、支配基盤が大きく変わる。もう街の守り手は死んだ。これから先は暗黒時代の始まりだ』

 ただし、とエクリプスは付け加えた。

『俺達の仲間になる、というのならば話は別だ。軍門に下れ、弱者共よ。そうすれば炎の中に大切な人を失わずに済む』

 無茶苦茶な理論だ。マチエールは覚えず立ち上がり、拳を握り締める。

「……ふざけるな」

『ミアレの人々よ。十三時間くれてやる。その間に、判断を下せ。賢明な判断をした者だけが、明日を生き残れる』

 その言葉を最後に通信は途切れた。マチエールはテレビを殴りつけていた。悔恨が滲み、マチエールは物に当り散らす。

 壁を割り、破砕するだけの力があっても、アドバンスドには敵わない。

「どうすればいいんだ……、あたしは」

「――見ぃつけた」

 その声にマチエールは部屋を跳ねた。ハンサムハウスの扉を蹴破ったのは炎の一撃であった。

「お前は……」

「せっかくもらったファイアのユニゾン。あんたに使うのが一番に相応しいって思ってね」

 ファイアのEスーツを保有するレイが押し入ってくる。数人続いたのはディルファンスのエクステンドスーツ部隊だ。

「こいつ……まだポケモンを持っていやがる」

「ニャスパーか。戦力に数えるまでもない。スナッチ、用意」

 その命令に一人がスナッチフィールドを形成する。

 最悪の事態だ。

〈もこお〉を使えず、なおかつ自分にはEスーツもない。

 レイが歩み寄り、炎の回し蹴りを叩き込もうとする。バック宙をしたマチエールはその一撃は避けたが、続く攻撃をさばき切れなかった。

 炎の拳が鳩尾へと叩き込まれ、部屋の隅まで吹き飛ばされる。

 ユリーカの書斎を突き破り、書類の束が舞い上がった。

 霞む景色の中、マチエールの目の前に転がってきたのはモンスターボールである。

 だが中身のないブランクであった。

 ――こんな時に、助けになるポケモンもいない。

 背筋を踏みつけられ、マチエールは苦悶の声を上げた。

「このままじりじりと焼き尽くしてやる。もう命があっても意味があるまい! この街の守り手、エスプリは、死んだ!」

 足から炎が点火し、マチエールの服飾を焼き焦がそうとする。

 どうせ終わるのならば潔いほうがいいか。

 そんな考えさえも過ぎってしまう。

 ヨハネに捨てられ、コルニとユリーカの助けもない。

 誰も、自分など必要としていないのだ。

 諦めかけたその時、〈もこお〉の思念がレイを締め上げた。

 顔を上げたレイが〈もこお〉を認める。

「ニャスパー風情が、邪魔をするな!」

 炎の砲弾が〈もこお〉を巻き込んでハンサムハウスを焼き尽くそうとする。

 ――堕ちる。

 何もかも。思い出さえも焼け落ちていく。

 レイの蹴りがマチエールの背筋を打ち据え、床を破砕した。

 激痛と朦朧とする意識の中、倒れ伏した〈もこお〉が視界に入る。

〈もこお〉が取り出したのはバックルであった。

 ハッとしてマチエールは自分の懐を探る。

 フレアEスーツのバックルが手にはある。だというのに、〈もこお〉もバックルを保持していた。

「何で……〈もこお〉……」

 その時、切り込んできた意識があった。

〈もこお〉のパワーだ。

 思念が自分に訴えかける。

 その主はヨハネであった。

 ――マチエールさん。僕が信じる正義が死んでいないのなら、あなたは……。

 意識の奔流が脳髄に切り込み、マチエールが仰け反る。

 降り立ったレイが怪訝そうにした。

「もう終わり? それとも、そのニャスパーで戦う? もっとも、スナッチフィールドの中でポケモンを使うなんて自殺行為だけれどね!」

 哄笑を上げるレイにマチエールはよろめきながら立ち上がった。

 その手にあるのはブランクのモンスターボールと、受け取った意思そのものであった。

〈もこお〉の預かっていた意味。

 それを今、心が理解した。

 もう片方の手にバックルがある事に気づき、僅かに色めき立ったが、レイは鼻を鳴らす。

「フレアEスーツは起動しない!」

「……違う。ヨハネ君、ありがとう。本当に、それしか。あたしは、まだ戦える。エスプリは死なない! 正義を信じる心がある限り、何度だって蘇る!」

「戯れ言を! だったらこれを受け止めてみろ!」

 Eスーツ部隊がナイフを振り翳し、全員がハンドルを引く。

『エレメントトラッシュ』の音声が連鎖する中、マチエールはバックルを腰に装着した。

 ベルトが伸長し、待機音声が鳴り響く。

『ロストイクスパンションスーツ。レディ』の音声にレイがたじろいだ。

「何で……ロストイクスパンションスーツは全部、回収したはず……」

「託してくれたんだ。ヨハネ君が。なら、あたしはそれに応じるまで! Eフレーム、コネクト!」

 瞬間、黒い鎧がハンサムハウスを引き裂き、暴風を生じさせた。

「どこから……」

 圧倒されるレイを前に、マチエールは変身を遂げていた。

 黒い鎧に、片目だけの複眼。その手にあるモンスターボールを〈もこお〉へと振り向ける。

〈もこお〉は自らモンスターボールへと入り、突き出された。

「まさか……」

〈もこお〉の入ったモンスターボールをマチエールはバックルに埋め込む。

 瞬間、薄紫色の電磁が跳ね、浮かび上がった光が複眼を染め上げる。

 全身に走った薄紫のラインと、巻き起こった強力な思念の渦がその属性を物語っていた。

「――あたしの名は、エスプリ。サイコユニゾン」



オンドゥル大使 ( 2017/04/29(土) 22:11 )