まっしろな闇











小説トップ
道中にて
Page 64 : 遺志
 暗闇の中で、感覚がおぼろげに帰ってくる。それを自覚した直後、転がりこむように痛みが体の中を突き抜ける。顔が歪み、閉じた瞼をゆっくりと開いた。まず入ってきたのは光だ。眩しい昼間の光を嫌うように反射的に視界は細くなる。鼻腔をくすぐるのは草の匂い。頭部後ろに固い感触。眠気に似た怠惰と、押し付けられているような頭痛では、体を動かそうという気になれなかった。思考も霧で四方八方塞がれているようにはっきりとしない。明順応が利いてきたところで何度か瞬きを繰り返す。ゆっくりと腹を膨らますように呼吸をしてみた。息ができる。一つ一つを確かめていく。静寂の中で耳をすませてみた。直上の木の葉が擦れる音がした。肌を撫でる風が心地良かった。
 ここはどこだろう。
 漸く疑問が浮かんできた。
 思考は重く回転していく。
 僅かに体を動かすと、肌が露呈している部分が草に擦られるのが分かった。草原に寝転がっているのだった。
 と、体に細い何かが乗っかって、圧迫感が突如襲ってくる。小さな呻き声を漏らしたら、視界の端っこから赤い目をした黒い何かが顔を覗かせる。元々大きな瞳は更に丸くなっていて、穴が空いてしまうのではないかと思うくらいに釘づけになっている。冴えていない脳ではすぐに識別をすることができなかったけれど、やがてブラッキーであることに気が付いた。
「……」
 名前を呼ぼうとして、しかしうまく声が出ない。まるで喉の奥が痺れているようで、肺だけが震撼する。反射的にいくつかの咳払いが虚空に弾けた。
「ラーナー!」
 直後、慌てた声は彼女の近くにて。
「クロ、ラーナーが起きた!」
 まだ幼い男子の声。聞き覚えがある。
 狭くて焦点がうまく合わせられない視界の中で、ブラッキーとエーフィと圭が揃って不安げな顔を見せていた。
 ラーナーの死角で、クロは立ち竦む。隣に立つポニータに一瞬目配せした後、胸の中は弛緩していった。


 *


 目覚めてからも暫く気怠さに勝てず起きあがれなかったが、圭に肩を借りながら、ラーナーは漸く隣の大きな幹に背中を預け座り込んだ。それでもまだ感覚が不透明で寝起きのような状態だった。エーフィとブラッキーがまるで両隣から離れようとせずじんわりとした気恥ずかしさがあったが、弱った身体には嬉しいものだ。少しずつ精力を取り戻してきて、喉の違和感も数分前に比べれば随分薄くなっていた。
「……あ、あー」
 試しにに声を出してみると、風邪で喉が潰れている掠れ声だったが、緊張が続いていたその場の雰囲気が、一気に緩む。
「良かった……なんもなさそうだな」
 圭が安堵の表情で声をかける。
「頭が痛いけど……記憶が曖昧で」
「覚えてないのか?」
 記憶の引き出しを開けようとするときんと脳裏に痛みが走る。それに耐えながら一つ一つ順を追って思い出していく。
 今どうしてここにいるのか。倒れていたのは何故か。何があったのか。瞼を閉じる。
 白い町並みと、青い風景。
 青い、蒼い、空と、湖。身を寄せていた町――キリの面している湖だ。探していた。飛んでいた。銀色の鳥ポケモンに乗って。そして叫んでいた。
 瞬間、ぱっと彼女の中で大きく閃く。
「クラリスは!?」
 大きな声は出ず、悲痛を押し殺したような口調になった。まっすぐに見つめられた圭だったが、彼は逃げるようにその目を逸らし、代わりに少し離れたところで見守っていたクロに視線を移した。すぐにラーナーも追いかける。注目されたクロは無表情だった。いや、被っている帽子で感情に影が差しているようにも窺える。
 ゆっくりとラーナーの傍まで来ると、その場に座り込んだ。
「クラリスどころじゃなかった。ここはもうキリから距離がある。あそこは、もう居続けるべき場所じゃなかった」
 淡々と彼は言う。
 しかし記憶が途切れているとはいえ最後の印象に強く残っているキリから既に離れているなど、ラーナーは俄には信じ難かった。眠りから覚めたような感覚なのだから無理もない。
「もう戻るつもりは無い」
 とどめを刺すように言い放つと、ラーナーは顔を歪ませる。何か言いたげに唇を開いたが、問いただすような元気は失われていた。
 素直になりきれないものの彼女が呑み込んだと見たクロは、再び口を開いた。
「あの時……あんたはエアームドに乗ってクラリスを探しに行った。そこは覚えているか」
「うん」
「その後、電撃を受けたことは」
 ラーナーは黙り込み、記憶を改めて掘り返す。最後の景色は非常に曖昧で、殆ど残っていない。断絶されたように突然途切れている。
 黙り込んだ様子を確認してから、クロは続けた。
「電撃を食らったんだよ。すごい風に押されてバランスを崩されて、その直後に」
「……風に、電撃」
 確認して飲み込むように復唱する。
「風はあの家の罠だと思ってる。家を守る、近付く者を追い払うための。ただ電撃は遠目でもはっきりと動きがわかった、あんたを狙う殺意があった」
「やばかったんだぜ、本気で」
 二人の神妙な顔つきに、ラーナーは押し黙った。
 彼等の脳裏には今もその光景が強く焼き付いている。柔らかな朝日が照らす穏やかな湖の上で、紫紺に煌めく強風に煽られバランスを失った直後、横方向に走った稲妻の衝動の軌跡。火花を撒き散らしながら迷うことなくラーナー達に槍の如く突き刺さり、嫌な音が聞こえたような気がした。収まった頃に僅かにか細く昇る灰色の煙。焼けて、糸が切れたように堕ちる人間。その後彼自身の理性すら飛んでしまいそうになるほどの、喉が張り裂けるような怒号に似た叫び。色濃く残っている。まるで深く抉られて出来た傷のように。
 しかし、ラーナーはその話がまるで遠い別の人の話に思われた。当人であるが、目立った異常は喉が少々おかしいことくらいだ。
「でも、体はなんともない。まだ怠いけど」
「丸一日以上寝ていればそれは怠いだろうな」
 一日。あの朝から一日経っている。と、いうことは。ラーナーは息を止める。
 クラリスの誕生日だ。
 そして、季節の変わり目と変わり目。夏が終わり、秋がやってきたという日。季節が確かに廻った日。
「……クラリス……」
 静かに彼女の名前を呟くしかできなかった。
 届くか届かないかを考えず、必死に叫んだ努力はあっけなく水泡に帰した。離すまいと伸ばした手は叩かれた。
 クロは項垂れる感情を察することができたが、心をあえて鬼にする。
「クラリスはどうしようもなかった。俺達じゃ何もできない。あの家は、力が強すぎる。……それより、まずはあんたの話をしていいか」
 急くような口調だった。ラーナーはほぼ放心状態で、大人しく彼の誘導に従う他無かったのだった。落胆しながら頷くと、クロは話を再開させた。
「結果としてあんたは助かった。けど、それはおかしい。体に火傷の一つも残ってない、後遺症もない。……死んでいたって、おかしくなかったはずなんだ」
「……え」
 悪寒が走ってラーナーは咄嗟に自分の腕に視線をやる。そこには、いつも通りの肌があるだけ。外傷はまったく見当たらない。
 もう一度不審な目でクロを見る。呑み込めないラーナーは、流れてくる話がまるで別世界のことのよう。しかし、クロの鋭い話し方が、真剣な瞳の強さが、嘘を語っているようには到底見えなかった。
「死んでた?」
 信じきれずラーナーが恐る恐る尋ねると、クロはゆっくりと頷いた。
「多分、奴等だ」
「狙われてたんだよ」
 圭が悔しげに顔を歪める。無意識的に地面に置いている刀を握る力が強くなり、金属が掠れる音がした。冷たい殺気はそれだけじゃない。エーフィやブラッキーもそうだ。特に、ブラッキーは顔を強く歪め、砕けてしまうのではないかと思うくらいに歯を強く食いしばっていた。
 草原の上に似つかぬ息の詰まる沈黙に一層強い寒気が走る。
「……黒の団?」
「他にいない」
 クロのか細い溜息が、高まった緊張の中を滑っていく。
「明らかな殺意があった、出力源もあった。多分、ポケモンによるものだ。俺達が手を出せないところを狙ったんだ」
「湖に叩きつけられるのは、エーフィのサイコキネシスのおかげで回避したんだ。でも、その時ラーナーが無事だったかはわかんなかった。その時には気を失ってただろ」
「何も覚えてない」
 ラーナーは収縮していく心をなんとか保ちながら、声を絞り出す。時間が経って、彼等の言葉が重なるにつれて現実感が浸食してくる。自覚はなくとも、当人であるという事実が、全身が凍りつくような感覚と共に纏わりついてくる。
「でも」
 クロが流れを途切る。ラーナーはふと視線を上げた。
「問題は……いや、全部問題だけど、その直後、あんたから光が出て」
「……光?」
 反射的にラーナーは聞き返していた。
「そう、光。エアームドとかエーフィとか、全部巻き込んでしまうような、強くて……真っ白い光だった。太陽みたいに眩しすぎるものじゃなくて、優しい光」
「何が起こったの?」
「それがはっきり解ればいいけど……でも、ちょっと心当たりがあったから、勝手だったけど鞄を探らせてもらった」
「えっ」
 思わず声をあげる。旅に向けて最小限の荷物に抑えているとはいえ、鞄の中身を見られるのに強い抵抗感をあげるのは当然の反応だ。しかし、事情が事情であるがゆえに安易に怒りをぶつけることもできず、なんと返答したらいいのか解らない。
「……ごめん」
 申し訳なかったのか、クロは素直に謝罪の弁を述べた。先に謝られては手の打ちようもない。ラーナーは結局何も言えず、仕方なく諦めの道を進んでいく。
「いいよ。それで、何か分かったの」
「もしかしたら、これが関連するかもしれない」
 そう言って、彼は上着のポケットを探り、青いハンカチにくるまれたそれを取り出す。ラーナーは一杯の興味と一抹の恐怖が混濁した中で、前へ体を寄せる。クロもそれに気が付いてもう一歩分ラーナーに近づく。すぐ正面まで来たその時、彼は硝子製品でも扱うような丁寧で慎重な手際でハンカチを開く。
 視界にはっきりと入った瞬間、予想もしていなかった中身にラーナーは自分の目を疑った。
「それ、お母さんの……」
「そう、ニノのブレスレットだ」
 クロに自分の身元を隠すためときつく言われ、ウォルタを出て以来ずっと鞄にしまい隠しこんでいた、白い小さな石が一列に紡がれたブレスレット。他ならぬラーナーの母、ニノ・クレアライトの形見の品である。
「あの光はきっと……いや、間違いなくニノの光だ」
「お母さんの?」
「ああ」
 淡々と肯定するクロだが、ますますラーナーは前も後ろも分からぬ混乱へと引き込まれていく。
「どういうこと? お母さんはもういないのに」
「そう、いない……だからそこが引っかかるけど」
 間違いなくとはいったものの、完全なる確定事項ではないようだ。
 しかし、ラーナーは突然降りてきた自身の親に纏わる手掛かりに、戸惑いと興奮を隠せなかった。知りたい。ただ知りたい。知らなかった母親のこと。知るべきだろう母親のこと。断片が顔を出している。目の前にある。
「俺が、ニノに命を助けてもらったっていう話は、したことあったっけ」
 慌ててラーナーは更に別の記憶の引き出しを探ることになる。しかし、聞き覚えはあった。確か、リコリスで圭から聞いた話だ。クロ本人からではないが、知っていることには変わりない。頷くと、そうか、とクロは呟いた。
「ニノは……このブレスレットを使って、治癒能力を使うことができたんだよ」
「……治癒?」
 突然出てきた特殊な事象。突拍子もない。クロもクラリスもそう。ラーナーはまだ知らないが、圭も該当する。
 普通でない、異様を自分の母も持ち合わせていたことにラーナーは驚きを隠せない。そんな話は微塵も聞いたことがないのだ。世話になった叔父叔母夫婦からも、知り合いからも、誰も話題の欠片すら見せていない。
「そう、驚くのも無理はないと思うけど」
 クロは自分の右腕に手を当てる。その袖の下には、赤々と黒々と膨らみ弾けた火傷の跡が隠されていることを、ラーナーは既に知っている。
「俺も一番世話になったときは殆ど気を失っていた……この火傷は、そのときのものだ。時間がなかったのか、大部分の表面の火傷を治しきることはできなかったようだけど……破裂した内蔵や、顔とかどうしても露出する部分は治してくれた。多分、その気になれば全部完治させることができたと思う。何度か見たことあるけど、それぐらい強い力なんだ。まるで、白い光が吸収していくみたいに、治していく。その光と、あんたを包んだ光はまったく同じだった」
 クロは視線を落とす。
「あの時ニノが助けなかったら、俺も死んでいた」
「……でも、お母さんがいなくても、それはできる?」
「そこが最大の問題だ。けど、もしかしたら、ブレスレットにニノは何らかの方法で力を残していたのかもしれない。……きっとニノは分かっていたんだ。いつか、あんたやあんたの弟が命を狙われることを。……自分が死んだ後も、守れるように」
「……」
「これはただの憶測だけど。本当のことは、ニノが死んでいる今、分かりようがない」
 クロは自分の記憶と目撃を照らし合わせ、確固たる証拠がない中でそう言い切った。強い意志が込められた深緑の瞳から、ラーナーは目が離せない。
 不透明でモノクロだった母親の背中が、突然柔らかな光を帯びていくようにラーナーには感じられた。今まで縋りながらも中身が見えない人形のようだった親の形が、確かな肉として象られていくようだった。喉が渇いていく。脈は煌々と打たれる。
 その中で、ニノの手持ちであったブラッキーは口は強く縛ったまま、静かに瞼を閉じた。一番彼女の傍で長く居たブラッキーが何を考えているのか、何を思い出しているのか、それはこの場にいる者には誰にも解らない。
「あんたは、エーフィが間に合おうと間に合わないだろうと、あの電撃でかなり危険な状態になってた。でも……助けられたんだ」
「お母さんに」
 クロは頷いた。そして、ゆっくりとその手元のブレスレットを差し出した。ラーナーは周囲に目を配らせられる範囲内の者たちに視線をやった。誰もがラーナーを囲み、彼女を見つめている。冷たい真剣さが漂いながらも、矛盾するように温かに見守っている。
 無言に背中を押されたラーナーは、鉛のように感じられる自らの重たい腕を上げて、恐る恐るブレスレットを手に取った。
 完全に彼女の手に戻されたとき、ラーナーは改めてそのブレスレットを見つめる。白色透明の石は普段より幾分弾けるように輝いている。物は語らず、その存在で静かに主張をしているかのようだった。
 それでもセルドは救えなかった。
 咄嗟にラーナーに浮かびあがった。あの時、ブレスレットをしたままセルドに近付いたはずなのに、彼は救われなかった。何故か。わからない。けど、今、彼女は助けられた。クロの憶測が正しいというのなら、救われたのだ、記憶にも殆ど残っていない母親に。まるで天秤にかけられたようだった。その一線の差は、丁度生死の境目に立っているように危うく、どちらに傾いても文句の一つも通じない。
 隣のエーフィとブラッキーが更に其々の自らの体を寄せてくる。両者から伝わる生きた温もりに包まれながら、弟に対する悔しさを含んだ複雑な感情が、ラーナーの中で強く瞬いた。

( 2013/09/25(水) 21:50 )