まっしろな闇 - キリにて
Page 51 : わだかまり
 駅から徒歩で五分、少し古い喫茶店を見つけ、彼等はそこに入り昼食をとっていた。圭は最初こそ水一口すら飲もうという素振りすら見せない状態だったが、時間をかけ落ち着いてきた頃に、サラダを口にする余裕はできていた。顔色も本来の健康的な赤味を取り戻しつつある。
 キリはやはりポケモン、中でも鳥ポケモンの存在が大きいのだろう。店内でも小さな鳥ポケモンが主人の傍で食事をとっている姿が伺える。その雰囲気に背中を押されるように、ラーナーもエーフィとブラッキーを外に出し自身の隣の空いている部分に座らせ、昼食を食べさせていた。固形のポケモンフーズに、新鮮な生野菜や湖でとれた魚介類をペースト状に潰したものが添えられ、夢中になって頬張っている様子を見れば美味しく味わっているだろうことが窺える。
 店内の一番端の目立たない席にて、サンドイッチを食べながらクロは話を始める。
「今からどうするかだけど」
 ラーナーや圭がクロに視線を集中させる。
 クロは懐から一つモンスターボールを取り出し、机の中心に置く。中に入っているのは、先のホクシアでの戦闘による怪我を療養しているポニータだ。ザングースに深く抉られた傷でポニータは立つことも出来ないでいた。
「ポニータの足の治療をちゃんとしてやりたいから、ポケモンの病院を探す。ここで降りるつもりは無かったけど、鳥ポケモンと関連の強いキリなら施設が充実してると思う」
「そうだね、それが最優先だと思う」
 ラーナーはすぐに同意した。圭も深く頷く。
 クロと違ってポニータは病院で適切な治療を受けていない。軽傷ならクロの持ち合わせている応急処置の道具で手当てできるのだが、凶暴化したザングースによる怪我はとても軽いものとは言い難く、深々と肉まで見えるような傷はあまりに痛々しい。しかし、リコリスに十分な病院は無く、ホクシアでも騒ぎの当事者であるクロ達が居座り続けるのは困難だった。クロはホクシアの中心街から少し離れた小さな診療所にて手当を受けたが、ポニータに関してはポケモンは専門外だと突っぱねられる始末であった。
「病院を見つけた後はどうするの?」
「情報収集」
 クロは端的に即答する。
「どうやんだよ、要は」
 圭が気怠そうに尋ねると、クロは肩を落とす。
「基本は情報屋をしらみ潰し。一発目で有力な情報が入ればいいけど、稀だ。ただこれは慣れが必要だしお金もかかる。俺一人でやる」
「じゃあ俺とラーナーはどうすんだよ。ポニータのお守か?」
 体調の悪さから機嫌も損なっている圭は苦々しく最後に付け加える。苛立ちは彼の声色に明白に映っていたが、気まずい雰囲気に流されることはない。クロは考え込むように数秒置いた後に、その口は再度開く。
「今日泊まる場所を探す、とか」
 考え抜いて出た答えは至極真っ当なものであり、圭もラーナーも納得するように小さな声を漏らした。宿は確かに重要だ。トレアスやリコリスのように宿を提供する人物が居る町の方が、根無し草の彼等には希有なのだ。
 でも、と圭は切り出す。
「それどうやったら調べられるんだ?」
「観光情報を提供してくれる場所はどこにでもある。けど、辺鄙なところでかつボロそうなら大体安い。地図はそこらにあるし」
「……おう」
 圧力でもかけられたように圭は萎縮する。それを見てクロはまた何かを考えるように顔を顰めた。
「……じゃあいい、俺がやる」
「やるよ!」
 ラーナーが跳び出すように慌てて声をあげる。全体に落ち着いた雰囲気の店内にその声はよく通り、クロや圭が驚いたのは勿論、周りの人々も思わず顔を彼等に向ける。すぐにその状況を察してラーナーは頬を瞬時に赤くした。
「ごめん」
 咄嗟に俯いたラーナーの顔を隣にいたエーフィが不思議そうに覗き込む。透き通った紫紺の瞳に見つめられ、ラーナーは慌てて逃げるようにはっと顔を上げた。そして目の前にいる呆れ顔のクロと視線がぶつかる。
「いいけど……情報集めるときについでに俺が聞く。だからいい」
「そんなの、クロばかりに押し付けてるみたい」
 ぼそりぼそりと口元で呟くが、耳の良いクロははっきりと受けとめた。
「何を今更」表情を変えずに言う。「元々俺一人で旅を続けてたんだ。分担するほどのことでもない」
「ああもういいじゃん。分担する必要が無いなら俺ら全員で行きゃいい話だろ。どうせ三人ぽっちだし」
 圭は早口で二人の間を取り持つと、氷水を一気に喉に流し込む。きんと冷えた水が巡り気分も爽快に向かったのか、軽やかな息を吐いて背筋を伸ばす。
 圭の様子を見て熱を帯びかけたクロとラーナーの二人もそれぞれ手元の水を飲み、気分を落ち着かせる。興味が無さそうに、食事を早々と終えたブラッキーは喉の奥深くまで見えてしまいそうな程の大きな欠伸をした。
「暇だぞ」
 クロは釘を刺すようにぽつりと呟く。
「上等だ」
 クロの醸し出す圧力に負けないように正面から睨みつけるような態度で圭は切り返す。
 数秒間沈黙の勝負が続いた後、敗北したかのように諦めの籠った深い溜息をついたのはクロの方だった。圭から意識を逸らし正面に座るラーナーの顔に目を配る。
「圭はともかく、あんたには来てほしくないんだけどな」
 ラーナーは眉間に皺を寄せた。
「どういうこと?」
 怪訝な声音にクロは目を逸らし肩を落とす。最後の一つとなった彼の分のサンドイッチを頬張り、考える時間を稼ぐようにゆっくりと噛み続け、呑み込む。
「面倒臭いし、こっち側にあまり踏み込むべきじゃない」
 低いトーンで、発言の間も言葉を選択しているかのようにゆっくりと言い放った。
 こっち側、というのは抽象的でぼやかした単語ではあるが、ラーナーにはなんとなく伝わった。情報屋など一般人が普通に生活していれば関わるものではない。そういったものを含めた、所謂裏社会界隈のことを指すのだろう。それに面倒臭いとはっきりと言われたことにラーナーは面食らい、少なからず衝撃を覚えた。返そうにも言葉が少しも頭に浮かんでこない。
 訪れた緊張を見兼ねた圭は静かに息をつき、口を挟んだ。
「クロって、案外過保護だな」
「はあ?」
 眉を顰めるクロに、圭は肩を竦めてみせた。
「だってそうだろ。何をそんなに心配してるんだ」
「心配? あんまり踏み入れても危ないだろ」
「団のことか? そのためにクロがいるんだろ。あんまり仲間外れにするのも良くないんじゃねえの」
「お前な……そういう脳天気な考えが良くないだろ。全然解ってない」
「ラーナーだって遅かれ早かれ色々知ることになるだろうさ」
「それは、そうかもしれないけど」
「何かあっても何とかなるよ」
 クロは耐えきれないように浅い溜息をついた。
「お気楽すぎる」
「ははは」
 圭は苦々しく笑った。と、ふと思い出したように圭は身を乗り出す。
「そう、ずっと思ってたんだよ、なんでそうもラーナーを拒むんだ? 人嫌いだからで済ませるなら、なんで旅を一緒にするって決めたのか、不思議だったんだ」
 圭の裏表の無い、素直な疑問や考えがクロを真正面から突き刺していく。透いたオレンジの瞳は離さない。クロは息を呑みこむ。まずいと、瞬間に彼の中を焦燥が駆け抜けた。圧され会話の主導権を握られた中で、ざわり、彼の中で影のような陽炎が揺らめく。追って、刃物のような鋭い衝動が湧き上がってきたのに自身で気付く。抑えるように、深呼吸。けれど適切な言葉は出てこなかった。
「……別にそんなことどうだっていいだろ。もう元気そうじゃないか、なら行くぞ」
 選択したのは、掴まれながらもするりと水が抜けるような逃亡だった。
 クロはその場を立ち、廊下側で隣に座っている圭を軽く押して早く出ろと急かす。食事を終えたとはいえ唐突だったために、慌ててラーナーは手元の水を一気に飲み干した。


 *


 会計を済ませて喫茶店を出ると、強い日差しが差し込んできてクロは目を細めた。残暑厳しい昨今、店内はエアコンが強めにかかっていたために、外と中の温度差に体が萎えてしまいそうだった。
 支払の際に圭が横から顔を出してポケモンの病院を尋ねたところ、カウンターに立った五十代程の男性店員は、ここからそう遠くない場所にある病院を、簡単な道順と共に教えてくれた。彼自身の頭にも小さなサイズのぺラップが乗っかっていて、そのぺラップがいつもお世話になっているという。店を出てみれば喫茶店のシンボルマークはぺラップの独特な音符型の頭をアレンジしたようなものにも見え、恐らくあの親切な男性はこの店のオーナーなのだろうとクロはぼんやり考える。
 ふと思い出したようにポケギアを取り出したが画面には特に変化は無く、彼は一人深い溜息をつく。後に圭が出てきたのに気付くと隠すように元の位置に戻す。ラーナーはまだ店内にいるようだ。エーフィとブラッキーをボールに入れるのを忘れていて、しかもその二匹に他のポケモンが寄ってきて手間取っているようだった。
 圭は自然な流れでクロの隣に立つ。しかし、先程の件で二人の間には緊張した空気が流れていて重い沈黙の時間が訪れる。先程啖呵を切った本人である圭も気まずさに口が重くなる。胸の中に深い靄がかかっているのはお互い同じだった。
「……あー!!」
 息苦しさに耐えきれず先に息継ぎをして緊張の糸を切ったのは圭だった。突如出てきた大声に当然クロは驚き圭を振り返る。
「なんだよ突然」
「やっぱお前めんどくせえ」
「それはどうも」
 冷ややかな返答をすると圭は息詰まったが、すぐに立て直す。
「理由をはっきり言ってくれ。リコリスでも思ったんだ、肝心なところは抜かす。お前だけじゃない、まあラーナーも同じだ。そんなとこで似るな! 同じ屋根の下みたいなもんだろ。相手も相手、黒の団だ。俺達の中でわだかまり作っててどうする……うっ」
 シンバルを叩いたような声を一気に放出した後、圭は口を押える。まだ乗り物酔いが残っているようだ。締まらない台詞にクロは肩を落とし、同時に小さな安堵が彼の背中をそっと撫でる。
「大丈夫か」
「……おう。これくらいどうってことねえよ」
 圭は手を離し大きく息を吸った。
「あのさ」無意識に、腰に携えた刀に手を添えていた。「昔、俺達はタッグ組んでたわけだ。だから俺をまず誘ったんだろ」
「……」
 クロは流されるように頷いた。目の前の少年は雰囲気を和らげるためか、固い表情を一変させて白い歯を見せた。
「な。そういうよしみだ。いつでも話は聞いてやるよ」
「なんで上から目線」
 そんなつもりねえよ、と圭は唇を尖らせる。
「はっきりしないのも嫌だからさ。ま、とりあえずさっきの質問は置いてやる」
「それはどうも」
 ひらりとクロは躱した。
 目線を上げると、小さな灰色の鳥ポケモンの群が示し合わせたような美しい隊列を成して、遠くの青空を羽ばたいていた。強い日差しを象徴する青い空は色濃い夏の色を残している。
 本当に、気持ちが前向きで真っ直ぐな奴になったとクロは思った。目を引く明るい容姿に違わぬ中身になったと。その言葉は曇天を切り裂く矢のようだ。だからといって、圭の素直な言葉を素直に飲み込むことはできなかった。腹の底で、積もった灰のような感情が蜷局を巻いている。
 からんと乾いた音が背後で鳴り、扉が閉まる。疲れた顔のラーナーも外に出てきたのを確認する。ふうと息をついて気怠そうにパーカーのポケットに手を入れ、ラーナーと圭を交互に見やった。
「行こう」


 *


 眩しい太陽を反射した白いシャツに空色のスカート。落ち着いたトーンの赤いリボンのセーラー服を身に着けて、そのリボンとほぼ同じ色合いのショルダーバッグを提げて、彼女は出来る限りの全力で白いキリの町を疾走していた。綺麗に切り揃えられた黒髪のポニーテールが激しく揺れる。鼓動はどんどん高鳴る。自然と笑みが零れている。彼女の横を低空飛行で滑るのは、黒を基調とした羽毛にきりっとした大きな瞳、小柄な体のスバメ。
 ようやくだ。
 彼女は心の中で叫んだ。ふっと隣のスバメに目をやった。その視線にすぐ黒鳥は気が付き、少し不安そうな視線を泳がせながらも小さく高い声をあげる。動揺が見え隠れしているスバメの安心させようと、彼女はにシャツに負けないくらい白い歯を見せる。
 ようやく――私は自由!
 更にダッシュをかけた。きりっと開いた瞳が彼女の前に広がる景色を貫く。

( 2013/02/21(木) 01:00 )