まっしろな闇 - トレアスにて
Page 30 : 賭博
 陽は完全に山の向こうへと落ちて、辺りは暗闇に包まれている。市街地はまだ賑わっているだろうが、店じまいをしたオーバン家の前は夜の沈黙を保っていた。
 オーバン家の二階の端に明かりが点いている。アランの自室でありクロが寝泊まりしている部屋だ。先日電気が点かなくなっていた点をエリアに指摘され、換えたばかりのところであった。
 ラーナーとアランが帰ってきてから数時間後、夕暮れ時にクロは帰ってきた。それからまた時間は経ち、部屋にはクロとアランの姿がある。
「本当に身体は大丈夫なのかよ」
 床に乱雑に置いてあった本を手に取っては本棚に戻しつつアランはクロに声をかける。
 ああ、とクロは頷く。そしてこれ見よがしに十冊以上の分厚い本を一気に持ち上げてみせ、アランの元へと持っていく。それを見たアランは複雑に顔をしかめ、溜息をついてからその本を棚に戻していく。
 足の踏み場も無かったこの部屋も漸く本来の姿が見え始めているが、部屋全体に埃が撒き上がっていた。窓を開けているものの空気の循環は悪く、部屋にいるだけで鼻がむず痒くなりそうなものであった。
 クロは圧迫した本棚の全貌を見やる。高さは揃っておらず、どれもこれも分厚く背表紙を見るだけで難解だと解り、クロには手に取る気も浮かばない。内容は様々だが根本は大して変わらない。
 アランはガストンを師匠と呼び、彼の元で薬学を学んでいる。
 将来はその道に進みたいと語る。
 一見すれば家族のように親しんでいるオーバン夫婦とアランだが、実際のところ彼等に血の繋がりは殆ど無い。遠い親戚同士の関係である。それをクロは知った時ひどく驚いたものだった。言われてみれば確かに顔に似通ったものはないが、纏う雰囲気が家族といえるそれだったのだ。
 本来医療系の技術を学ぼうと思うなら大きな学校に通うものだがアランには金が無く、今だってアルバイトをしてぎりぎり繋いでいるようなものだ。アルバイトの金は殆ど本などの勉強のために回し、一部はオーバン家に納めている。朝は早く昼間はこの薬屋で働き夜はバイト。間の時間を使って勉強。身体は大丈夫かと尋ねるともう慣れたといつも笑ってみせる。それがアランだった。
 クロは身体をぐっと伸ばすと口を開いた。
「これだけ手伝えば充分だろ。俺はそろそろ行く」
 本棚に入りきらない専門書を床に重ねながら、アランは顔を顰めた。
「本気かよやめとけ。俺は別にどうでもいいけどな途中でガタがきてその隙にボッコボコに殴られたらラナちゃんは泣くぞ。別に今日じゃなくたっていいだろ。俺は別にお前がどうなろうと自業自得だから知ったことじゃねえけどまだ完全に身体が回復したわけじゃねえのにハードなことする必要はねえっていうかハードなことすんじゃねえ馬鹿野郎」
「もうこれ以上ここに長居するわけにはいかない。さっさと出ていく」
「お前なあ」
 呆れた声をあげたアランは持っていた本を机の上に置き、机上に置いたままになっているノートを開き、挟んでいた一枚のメモ用紙を取り出す。それを渋々といったように差し出し、訝しげにクロは受け取る。
「前に行ってた所とは別の場所だ。聞けばあそこは潰れたらしい。適当に詮索してみたらその手に詳しいお客さんが居てな。あっさり教えてくれたよ」
「いつも思うけど」クロは呆れ混じりの息をつく。「上手いよな、そういうの。ただのコーヒーハウスだろ」
「まっ神様が俺に授けてくれた唯一の才能ってやつかねえ。別にそんなん必要ねえんだけど」
「自分で言うな」
 メモ用紙を乱暴にズボンのポケットにしまうと、部屋の角に置いてあるクローゼットを開き中にかけてある黒いニット帽を取り出しそれを被る。
 アランは引き出しを開き小さな箱を取り出すとクロに差し出した。途端クロは露骨に嫌悪感を表情に出す。
「これは嫌いだ」
 ぽつりと呟いて乱暴に取る。渋々机の上に置いてあった伏せてある鏡を立てると、箱を開けると、小さな丸いパックがいくつか入っていて、そのうちの一つを開けるとコンタクトレンズが入っていた。
「さっさとやれ」
 暫し渋っていたところを横からからかい気味に指摘され、意を決したように指で左目を大きく見開き、そこにそっとレンズを乗せるように装着し、目を細めた。鏡に映る瞳は深緑から黒色へと変貌していた。同じ要領で右目にも付けて、鏡を再び伏せるとアランの方を見る。アランは椅子に座りにやけながら見物していた。
「いつ見てもおもしれえなカラコン」
「俺は嫌いだ。邪魔でしかない」
「緑の髪に緑の目なんて珍しすぎて目立つんだから一晩ぐらい我慢しろ」
「分かってる」
 クロが向かおうとしている先は表立って口に出来ない場所だった。加えて、敵を作りやすいクロに嘗て変装を提案したのはアランだった。安直だがそれなりに効果はあるようだった。
 クロは足元に置いていた自分の鞄を背負う。その後先程アランから受け取ったメモを取り出し目的地を再確認する。ここからさほど遠い場所ではない、市街地の端の方にある。少し人通りがありそうだが中心街に比べればなんてこともないだろう。それをまたしまい、今度はベルトに着けているポーチと、二つのモンスターボールを確認する。
「アメモースはちゃんと回収したか」
「ああ。こいつまたコイビトの所へ行ってた。探すのに苦労させられる」
「ポニータも今はボールに入れてるんだろ」
「ああ」
 クロは話しながら二つのボールを手元で遊ぶように投げる。数秒後には飽きたように元の場所に戻した。
「おいクロ」
 半ば怒っているような、或いは気だるそうな声でクロを呼ぶ。
 振り向いたクロの表情は迷惑そうに歪んでいた。
「ラナちゃんにここに残れって言ったんだって? お前馬鹿だな」
 思ってもいなかった話題が飛び出してきてクロは身体を固めた。
 普段は口早に喋るアランだが、溜息を吐くようにゆっくりと話し始める。
「仮に、もし、万が一ラナちゃんがここに残ることがあった時、ヤバい奴が来たら誰がラナちゃんを守れるんだよ。誰も守れねえ。この家にポケモンはいねえしお前みたいに変な力があるわけじゃねえし、ごく普通の一般家庭なんだよ」
 諭すような言い方でアランは話しながら、椅子を立ち上がる。殆ど同じ高さの目線がぶつかった。強く鋭い視線に思わずクロはたじろぐ。
 クロは過去の話を掘り起こされるのは苦手だった。特にこの手の話題は、罪悪感に苛まれ言葉が出なくなる。
 弱みを握るようだがチャンスだとアランは確信した。
「詳しくは話を聞いていないけれどあの子も何か事情があるんだろ」
 黒い視線が上がる。
「先に言っておくがお前と違って厄介者払いをしたいつもりは少しもねえよ。まあお前も本心ではどう思っているか知らねえけど」
 一呼吸を置いて、腰に手を置いた。
「仲直りしてくれ」
「……」
「頼むから、仲直りしてくれ」
 クロを抑え込もうとしているように強く圧力をかける。対してクロは下を虚ろに見つめる。冷たい沈黙が流れ、アランは返事を待つ。しかし一向に重い口が開きそうな気配は現れず、時を刻む時計の音が部屋に異様なまでに鳴り響く。
 どれだけ時間が経っても均衡を保ったままなので、待ちきれなくなったアランは机を拳で叩いて沈黙を突き破った。クロは驚きに肩を震わせた。
「明日の朝、近くで休日にやる市場がある」
 唐突なことにクロは顔を顰めるが、すぐに何を示しているのか理解した。以前自ら赴いたこともある。朝にも関わらず多くの人で賑わい、人混みが苦手なクロは例によらず嫌いな催しだった。
「そこで一度話せ。ラナちゃんにももう話はつけてある。ちゃんと向き合って、今後どうするかは二人で決めろ。勝手にお前が決めていいことじゃない。そんなの当たり前のことだろうが」
 気持ちの高潮を無理矢理押さえつけて静かに怒りを込めているアランをクロはようやく再び見た。
 すぐに返事をすることはまたもできず、暫し熟考する。いや、クロの頭の中は浮遊しているような状態で深く考えてはいなかった。早くこの部屋を飛び出してしまいたかった。
 クロはアランに背を向けた。
「考えとく」
 後ろめたさを含んだ呟きを残して、クロは窓枠に手をかけたかと思うと開かれた窓から外へと飛び出した。
「おいっ」
 アランは血相を変え窓に駆け寄る。
 下を覗き込むと何事もなかったようにクロは着地し、軽く服をはたいている始末だった。アランは胸を撫でおろすが、苦々しげにクロを睨む。クロは一瞬二階を見上げたが、すぐに翻し歩き始めた。
 アランはその場に弱々しくしゃがみ込み窓から夜空を眺める。
 よく目を凝らした時、ふと星が綺麗な夜だと気が付いた。濃厚な暗闇は瞬く光の存在を際立たせる。夜風も穏やかで過ごしやすい気温には、夏が過ぎつつあるどこか侘びしい気配を感じさせた。
 時間は確実に進み、季節は巡っている。当たり前のことだ。
 本当に、当たり前の事だ。


 *


 トレアス市街地までくだり、坂の下の郊外へと抜ける。涼しい風から逃げるように黒い上着のポケットに手を入れて、クロは目的地を見渡す。
 耳に入ってくるのは籠った打撃音。荒々しさの中に混じる歓喜と怒号の叫び。熱狂的な空気がじんじんと伝わってくるようだ。尤も、敏感なクロの耳だから聞こえてくる音なのだけれど。
 少し広めの道に所狭しと並ぶ廃墟のような建物。実際殆ど廃墟だが、その中で声が聞こえてくるのは只一つ、クロは迷わずそこへ歩いていく。目的の建物は見上げれば三階建て程度のものだ。一階の鉄の扉の傍には金髪の柄の悪い男の若者が立っている。近くに寄るほど感じる、鼻につく煙草の匂いが男から発せられており、鋭い目つきでクロを睨みつける。
「おい」
 無視をして平然と横をすり抜けようとしたところ、声をかけられクロは仕方がなく男に目を向ける。クロよりも身長は二十センチ程高いか、傍から見れば大人と子供で、少々滑稽なものだった。
「ここはガキが来るとこじゃねえ」
 典型的な脅し文句とは裏腹にその声に気迫は無く、むしろ気怠そうな雰囲気すら漂わせていた。
「知ってる。だから来た。ちょっと荒稼ぎに」
 動じず、むしろ不敵な笑みを口元に浮かべたクロの顔を男性はじっと見つめると、その後喉の奥で押し殺すように笑い始めた。そして無造作にポケットから煙草を出した。
「お前みたいなのは相手になんねえ。いや、相手にすらしてもらえねえぞ」
「ポケモンさえ持っていれば問題無いはずだ」
「ただのカモだな」
「それはどうかな」
 男は煙草にライターで火をつけて口に啣え、クロに向けて吐き出した。匂いには慣れているが好ましいものではなく、クロは顔を顰めたくなったがそこはぐっと我慢し表情を保つ。
 クロは扉に手をかける。一度引いてみるがどうも逆だったようで、すぐに押す。重たい扉は石の塊のようだ。体重を前にかけると隙間ができ、先程から鼓膜を僅かに掻く歓声が大きくなった。
「さっさと入れガキ」
 言われなくとも。
 男の言葉を流し、室内へと足を踏み入れた。
 扉の向こうは狭く、そして古い。埃が宙を舞っているのか鼻が少しだけ騒ぐのをクロは感じた。
 後ろ手に扉を閉め、声の在りかを探すようにクロは辺りを見回した。ほぼ真っ暗に等しいが窓の外から差し込む月光で辛うじて障害物の所在は感知できる。と、クロは正面二メートルほどの部屋の右端に地下へと続く階段を発見した。
 まっすぐにそこへ向かい階段下を見下ろす。暗くてよく見えない。何段あるかすらも判別できず、自然と息を止めながら探る様に一段一段慎重に降りていく。それは思っていた以上に長い長い階段だった。が、そのうちに漸く地下の間へと辿りつく。階段を降り切った所には扉があり、僅かな隙間から細い光が零れている。そして耳に障る歓声が、目的地であると物語った。
 クロはドアノブをそっと捻る。隙間が大きくなった瞬間防音性の高い扉に守られてた声が増し空気がびりびりと伝わって、酔ったように頭が揺れた。
 そこはこれまでの鬱蒼とした道のりからは想像できないほどの広いフィールドが広がっていた。
 天井の高さは今まで降りてきた階段の段数の多さを納得させる。面積もそこそこな広さで、そこに人がざっと数えて三十人ほど。そしてやはり目についたのは、その部屋の大部分を占める、ポケモンバトルフィールドーーポケモン同士の戦闘だ。今戦っているのは炎を体現したようなブーバーンと全身が眩しい黄色の刺で覆われているサンダース。が、優勢なのはブーバーンで、サンダースは必死に立っているがその足は震えていた。痛みが酷いのだろう、前足からは血が流れている。
「とどめだ、火炎放射!」
 嬉々とした野太い声が響き、その瞬間バトルフィールドにいるブーバーンの口が大きく開くと、次瞬、炎の柱が噴出、轟音を立ててサンダースに突き刺さる。
 クロはその戦いぶりを傍観する。
 サンダースは悲鳴を上げて力強い炎に押されるがままに吹っ飛び、壁に叩きつけられた。サンダースのトレーナーが唖然とする。全身が焼けたサンダースは力無く床に崩れ落ち、そのまま起きあがれなくなった。
「これで九連勝だ!」
「くそっ」
 くっきりと分かれた両者の顔色。
 場に出ていたポケモンがそれぞれボールに戻されると、フィールドの傍に立っている、周りとは一目置いたような小奇麗なスーツに身を包んだ男性が動く。彼の周りにある机の上には金の札が積まれていた。二つに分けていたそれらを一つにまとめる。
 ここは賭博場。ポケモンバトルの違法闘技場だ。
 この国アーレイスを含む世界でポケモンバトルは基本的にスポーツとして扱われている。そして、金銭が関わることは基本的に禁止されている。勿論プロトレーナーが参加する公式大会になれば上位選手に賞金が贈られるが、賭博などもっての外である。今まで同じようなことで検挙され潰れたスタジアムの例は後を絶たないが、無くならないのが実情であり、実際こうして目の前で行われている。
 けれどクロにとってもこれは大切な収入源だった。旅をするのに当然金はかかる。違法の賭博行為はうまくいけば大きな収入を得られる。いちゃもんを付けられることはあれど、実力が物言う世界だというところも分かり易くて良い。クロの目には魅力に映り、ずっとそうして稼ぎながら旅を続けてきた。今更禁止行為に参加するのに後ろめたさなど感じていない。
 ブーバーンの使い手がスーツの男性の元に寄り自分の手に入れた金を目で数え笑っている。その間にクロはちらりと右に視線を流して一番近くにいた小太りの若い男の元に寄る。
 足音に気付いた彼はクロを見た瞬間まずぎょっと目を見開く。
「ここルールとかあるの?」
 構うこと無くクロはさらりと話しかける。
「は?」
「だからここルールはあるの。何匹使うのか、シングルなのかダブルなのか」
 呆気にとられたように男はクロをじっと見つめる。
 クロの苛立ちがつのる。どこに行っても大抵最初はこの反応だ。大人達に混じって臨む小さく細い姿は滑稽で、まず驚かれ馬鹿にされる。その後実力で黙らせる他ないのだけれど、こういう状況になる度に気分は淀む。
「別に無い。バトルする度にその場で決める……お前戦うつもりか?」
「そうじゃなかったらここに来るわけないだろ」
「まじかよ。ははは! おい、ガキが参戦しに来たぜえ!」
 小太りの男は腹から叫んだ。その声は室内に響き渡り、部屋にいる人間の耳に跳び込む。皆クロを見た途端にどよめき、そして笑いが誰かから起こると連鎖するように部屋中に嘲笑の声が満ちた。
 流石にクロは眉をひそめる。
「ガキのくせにポケモン持ってるとは生意気だな。それにここで賭けれるだけ金があるのか? ママはどうした?」
 わざとらしく顔を覗き込んで小馬鹿にする男をクロは不快気に睨み付け、頭痛でも起きそうな居心地の悪い声の中で一つボールを出した。誰かが甲高い口笛を吹いてみせる。歓迎ではないのは承知の上だ。
 クロはフィールドの側に座っているスーツの男の元に向かう。主催であろうスーツの男はクロを不審そうな視線でとらえ、右手をクロに差し出す。何を要求しているかは容易に想像がつく。
 黒い上着のポケットに手を入れて、適当に探り当てた枚数の金をクロは机に叩きつけた。その瞬間スーツの男と、傍にいた先程戦闘を終えたブーバーンのトレーナーは目を疑った。飛び出してきた金額をスーツの男は慌てるように数え、確認した後にクロを見やる。クロの表情は至って平常である。
「オイオイ、無駄に持ってやがんなあ」
 ブーバーンのトレーナーは顔を引き攣らせていた。
「相手しろよ。一対一?」
 クロは口元で笑いながら尋ねる。場の人間がまず耳を疑ったように空気が冷えた直後、野太い歓声に沸いた。
 突然跳びこんできた挑戦者はまだ随分若い少年、迎え撃つは現在九連勝中の男。赤子を捻り潰すようなショーが始まると、誰もがにやにやと身を乗り出した。
「いいや二匹だ。お前が一匹しか持ってないなら話は別だがな」
「問題無い。じゃあ二対二で」
 さらりと流したクロは勝手に自分の立ち位置へと向かう。
 トレーナーの立つ場所にクロはやってきて、深呼吸をした。傍観するようにフィールドを広い視野で捉える。目の前の線で区切られた空間は神聖な場所であるかのように誰もいない。もう間もなく戦闘が始まる。余計なことはもう考えない。心に沸き立ってくるのは興奮、衝動。彼を掻き立てる。
 相手も位置につくと、にやりと笑いボールを投げた。クロはその途端眉間に皺を寄せる。
 ボールから飛び出してきたのはブーバーンではない。白くふさふさとした大量の毛が顔を包み、手は大きな葉の団扇であるダーテングだ。大きな口から威勢のよい叫びを上げ、その瞬間一気に会場のボルテージは上がる。
「ハンデだガキ、先に出してやるよ!」
 ハンデという部分を異様に強調させ、歓声の中でもクロに届くように叫ぶ。
 先程までのクロの興奮はどこかへ消え失せ、代わりに苛立ちが募る。力強く構えるダーテングも見るからによく鍛えられているが、一番の主力はブーバーンだろう。そのうえハンデとまで言われれば、挑発と解っていても腹立たしい。
 クロは先に出していたボールをしまい、別のものを取り出し、上へ放り投げた。中から光が飛び出し出てきたのはアメモースだ。
 アメモースが出現した瞬間、目玉のような触覚に気圧されたのかダーテングは怯む。
 が、当のアメモースは威嚇などするつもりはなく、威嚇どころか戦闘に興味がなさそうに項垂れている。
「アメモース、面倒臭がるな! 今日が終われば暫く戦闘には出さないから」
 恨むような目つきで振り返ってきたアメモースにクロは声をかけた。
 クロのアメモースは戦闘をあまり好まない。好戦的だった時期もあったが今はまるで違う。原因はクロのアメモースの恋人ならぬ恋ポケモンである、トレアスに住む野生のアメモースだ。最初に出会った時に何故か喧嘩になり戦闘になったが意外な強さに負けてしまい、それ以来自信を失ったのか彼女にある種毒されたのか、戦闘を面倒臭がるように避けるようになった。酷い時には戦闘を放棄してどこかへ飛んで行ってしまうこともある。
 アメモースは溜め息をついた。やる気がまるで感じられない。きっと戦闘本番になれば気合も入るだろうという期待を持ちながらもクロは肩を落とす。
 タイプだけを見ればアメモースが優勢だ。しかし、ギャラリーからは虫タイプを持つアメモースには見下したような台詞が飛び出す。もしもこの場に虫ポケモンを好む子供でもいれば、虫を馬鹿にするな! と怒りを叫ぶだろう。
 視線を外に向ければ場外でも賭けが行われているようだ。レートなど見ずとも想像がつく。外野など知ったことではない。クロは目の前の戦闘に集中する。
 審判も兼ねているのだろう、スーツの男性が右手を挙げた。
「ダーテング、猫騙し!」
 相手がそう叫んだのとほぼ同時にダーテングは強く地を蹴るとあっという間にアメモースの元に跳びかかり、二つの葉の団扇を思いっきり叩き合わせた。その瞬間何かが張り裂けるような凄まじい音が弾け、大きな風が起こった。アメモースは咄嗟に対応できず、風圧に耐えかね上空へ吹き飛ばされる。
「触覚を広げろアメモース!」
 クロの命令に、アメモースは目を見開いた。目玉模様の触覚を広げ、空中でバランスをとる。風も和らぎ壁にぶつかるという事態は回避する。
 アメモースは四つの翅を忙しなく羽ばたかせ上空へと舞い上がった。その瞳に強い光が宿る。猫騙しで目が覚め、眠っていた戦闘本能が刺激されたようだ。したり顔でクロは高々と指示を続ける。
「蝶の舞!」
 クロの宣言と共にアメモースは空中で回転する。羽と触覚が風に流れるように揺れ、さながらゆったりと踊っているようだ。そしてその舞は少しずつ速くなっていきながらアメモースは地上へ飛来する。
「騙し討ち!」
 ダーテングは一度手の団扇で大きな風を起こしアメモースの飛翔のバランスを崩す。そして向かってくるアメモースと対峙するように跳び上がった。アメモースの軌道とはずれ、体を捻る。右手を使った裏拳を狙う。
「回転してエアスラッシュ!」
 扇子の風で傾いた体を無理矢理捻り、触覚と翅が大きく羽ばたいた。飛び出すはダーテングの作り出す、広範囲に放射する風とは異なり、細かく鋭い風の刃。それが四方八方に走った。当然ダーテングは避けられずそれを食らう。が、もう既にアメモースに接近していたため、風の刃を振り切るようにアメモースの小さな体を右手の裏で殴った。体重の軽いアメモースは横方向へ真っ直ぐ飛ばされ、壁に激突した。一方のダーテングも地にうまく着地できず転がり落ちる。
 エアスラッシュによって体に切り傷ができたダーテングはよろけながら立ち上がる。ダーテングのトレーナーは眉を顰める。彼の想像よりダメージは大きい。
 アメモースは壁を踏み台に再び飛翔する。まだ充分戦えると見極めた主は、次の指示を繰り出す。
「もう一度蝶の舞だ!」
 空中を乱舞するように飛ぶ。くるくると廻ったり触覚を大きく広げたりしながら、また加速していく。目の錯覚か、アメモースの周りを小さな光の粉が舞っているかのようだ。洗練された美は柄の悪い歓声の中では不釣り合いだが、確実にアメモースの能力は増している。
「痺れ粉!」
 クロは叫んだ。途端アメモースは舞を止め、素早く触覚を一度畳んだ後に花開くように広げた。金色に煌く粉が精製され、空中を飛び回りそれが地上へと粉吹雪のように降り注ぐ。
「返してやれ! 風を起こせ!」
「こっちもだ、銀色の風!」
 トレーナーの指示通り、ダーテングは腕を大きく広げたが直後、渾身の力で扇子を叩く。瞬間、轟音と共に凄まじい風が爆発した。
 負けじとアメモースも痺れ粉を降らせる体勢から一転、触覚と翅を羽ばたかせれば、銀色の輝きを携えた風が巻き起こる。
 両者の作り出した風が激突し、部屋中を巻き込む大きな風がまるで荒れ狂う嵐のように暴れ回った。辺りから悲鳴が飛ぶ。クロは帽子を押さえこみながら、風の撃ち合いに目を凝らす。
 痺れ粉による金色と風の銀色とが交じり合い、それが乱舞する。が、ダーテングの風よりもアメモースによる銀色の風の方が強い。銀の光がそれを物語るように部屋を掻き毟る。
 少し風も落ち着き始めた頃、クロは上空を見上げた。アメモースは大きな風のエネルギーに激しく煽られていたが体勢を保っている。耐久力もあげる蝶の舞の効果が表れていた。
 対するダーテングは風に押され、手を地に付け堪えている。痺れ粉は猛烈な風の合戦に煽られ効果が殆ど薄れてしまったが、銀色の風は効果的に刺さったようだ。
「電光石火!」
 クロが叫んだ瞬間アメモースはまだ暴れている風の中をまっすぐ突き進んだ。そのスピードは目にも留まらない。距離があったにもかかわらず一気に間合いを詰め、ダーテングに激突した。出発点が高い位置であることにスピードが上乗せされ、ダーテングに重く鋭い攻撃が圧し掛かる。その大きな身体がふらりと揺れた。
 音がやんだ。
 あれだけ鳴り響いていた歓声も無い。
 誰も息を呑んで声を発せずにいた。
 アメモースが軽く羽ばたいてダーテングを見下ろす。土煙が漂っている中で、ダーテングは何とか立ちあがろうと震えるが、もう限界であることは誰の目にも明白である。
 そして沈黙の中で、重い石が地上に落とされたような太い音が響いた。
 ダーテングは立つ力すらも失い、その場に伏した。
 予想もしていなかった事態に、周囲は少しずつざわつき始めた。ダーテングのトレーナーは自分の目を疑いしばらく立ち尽くしていた。
 初め嘗めてかかられるのは、ある種、自分が幼いが故のアドバンテージだろう。実力で押し黙らせた、この瞬間はいつ経験しても気分が良くなる。
「早く戻しなよ。使用ポケモンは二匹だろう」
 クロは小さな笑窪を作って言い放った。その言葉で夢から帰ってきたように相手ははっとすると、赤く顔を歪ませてダーテングをボールに戻す。
「調子に乗るな! いけ、ブーバーンッ」
 投げられたボールから再び姿を現したブーバーン。腕の先から炎が飛びだし、その口から吐く息すら燃えている。先程サンダースを落とした破壊力は言うまでも無い。さすがにクロは身を固くする。
 アメモースはブーバーンの全身から発する熱を嫌がるように地上を離れた。
 先程とは一転、不利なのはアメモース。タイプの相性は勿論、アメモースはダーテングとの戦闘で体力を削られている。
「煙幕」
 指を突き出した。ブーバーンは体勢を低くして腕を前に突き出した。砲台のような腕の先からは炎の代わりに黒い煙が噴出した。一瞬でブーバーンは姿を眩まし、数秒後には視界が完全に黒に遮られる。
「アメモース、煙幕を吹き飛ばせ!」
 アメモースの姿すらクロからは全く見えないが、アメモースの耳にはクロの命令が届いた。羽根を素早く羽ばたかせ一気に煙幕を一掃する。
 が、煙幕を払った途端にブーバーンがその中から跳び出してきた。アメモースの起こす風など物ともせず、巨体からは想像できない脅威的なジャンプ力でアメモースまで肉薄した。
 大きなその腕をブーバーンは振りあげた。アメモースは羽ばたきを止め、咄嗟に避けようとし、しかし逃さずその重い腕が振り下ろされる。次の瞬間、僅かに急所はかわしたアメモースだったが大きな触覚は捉えられ、地上へと一気に叩きつけられた。クロは素早く腰に手を回し二つ目のボールを取りだした。
「決めろ大文字!」
「バトンタッチ!」
 二人の声が重なる。アメモースは目を見開くと痺れ、痛む身体を無理矢理動かし飛んだ。クロは開閉スイッチを押した二つのボールを突き出す。片方からは白い光が、もう片方からは赤い光が飛び出した。アメモースは真っ直ぐに赤い光へ飛び込み包まれると、そのスピードのまま白い光に一瞬絡みついた。混じり合った二つの光は再び分かれ、アメモースはボールの中へ。代わりにフィールドに姿を現したのはポニータだ。
 地上に着地したブーバーンは充填を完了させ、片腕から炎が猛烈な勢いで放射された。炎は途中で五つの方向へ分かれ、それは正に大の文字を模した炎。
 ポニータは足に力を入れた。瞬間、身体が震える地響きを伴った大文字がポニータに直撃した。ポニータは炎に包まれ、姿が見えなくなる。しかしクロは慌てる様子も無く冷静に行方を見つめた。
 数秒後、炎が吸い込まれるように急速に消えていく。相手は息を呑んだ。ポニータは攻撃のダメージを全く受けていないのかぴんとしていて、それどころか背中に燃え盛る炎は一層大きくなり輝いているように見える。
「特性貰い火だ」ぼそりと呟いた後、声を張り上げた。「煉獄!」
 ポニータは走り出した、かと思えば一瞬でブーバーンの元に辿りついていた。元々速いが、バトンタッチによってアメモースの蝶の舞の効果が継承され、スピードが上乗せされている。
 反応しきれないブーバーン。ポニータからすればブーバーンの動きは手を取る様に分かった。
 ポニータの背の炎が暴れ、口の中からオレンジ色の炎が飛びだした。それはブーバーンを囲うようにカーブがかかる。炎が一気にブーバーンに跳びかかった。それを払うようにブーバーンは腕を振った。
「そんなものがなんだ! ブーバーン、雷パンチ!」
 ブーバーンの右腕に電気が走った。直後一気に増幅された電気エネルギーを腕に纏い、接近しているポニータに殴りかかった。咄嗟にポニータは顔を横に振り避けた。拳は止まらず地面へと激突しひびが入った。
 クロは表情を僅かに歪ませる。
 電気を装填しているのは右腕だけでは無かった。攻撃の最中に左腕も電気を纏い始め、今、充電が完了する。素早くポニータに振り下ろした。ポニータは今度は落ち着いて後ろに軽く跳んで避ける。しかしブーバーンの攻撃は止まらず、ひたすらポニータは避け、後方へと下がっていく。
 クロは目を凝らし、ブーバーンの様子を見守る。その時、ブーバーンの尾が不自然に鈍く光るのが目に入った。
「アイアンテール!」
 相手の声が響いた。その指示を予期していたようにブーバーンは左のパンチを打った直後流れるように右に身体を捻り、硬化した尻尾を大きく振りかぶる。
「高速移動、左!」
 クロの指示は俊敏だった。そしてそれに応えるポニータは更に素早い。
 尻尾が振られなかった方へポニータは一瞬で駆けるとすぐに静止。丁度ブーバーンも振り返ったその瞬間、ポニータは後ろの足を高く蹴りあげた。鍛えられた力強い後ろ足が捉えたのはブーバーンの顔面。足が減り込み、直後まるで豆が弾かれたかのように巨体が転がっていった。ぎりぎりフィールドの枠で止まるが、その顔は歪んでいる。鼻血が止まらない上目も開けられてはいない。丈夫な足腰に加え、ポニータの蹄はダイヤモンド以上の硬さと言われている、その一撃は想像を絶するものがあるだろう。
「跳び跳ねる!」
 ポニータは前足に力を入れた、かと思えば一気に跳び上がる。天井に迫り、黒く大きな瞳は遙か下の獲物を捉える。
「煙幕!」
 咄嗟の指示にブーバーンは大きく息を吸い込むと、電気エネルギーを引っ込めた腕を伸ばし先から煙幕を噴き出した。あっという間にブーバーンの周りが目眩ましの黒煙で覆われる。
 頂点に達したポニータは十数メートルの高度から煙幕の中へと急降下する。空気を切り裂いていくその速さは瞬く間に地上へと向かう。が、やはり煙幕に跳び込むのは不安か、軌道に僅かにブレがある。
「ブーバーンはまだ動いていない、そのまま行け!」
 クロは助言するように叫ぶと、ポニータは迷いを振り切り底の見えない闇のような煙幕に突っ込む。刹那、強烈な鈍い音が炸裂した。
 煙幕がポニータの軌道に沿って広がるように晴れると同時にポニータはブーバーンから間合いを取る。ブーバーンは相変わらず目を閉じたままその場に膝を付いていた。相手トレーナーは唖然とする。それは周囲の空気も同じであった。
 痛烈な後ろ蹴りや飛び跳ねるの一撃に限らない、煉獄による、地味ではあるが塵の積もるようなダメージの蓄積がボディブローのように効いていた。
 ブーバーンがまだ動こうと震えながら立ち上がる様子を見ると、右手を上げた。
「とどめだ」
「雷パンチで応戦だ!」
「遅い!」
 火馬は高速移動と体当たりを掛け合わせ神速の如き目にも留まらぬ速さで間合いを詰め、ブーバーンが攻撃の準備を始める暇も与えず、激突した。ブーバーンは壁に吹っ飛ばされ、激しい打撃音が部屋中に地均しのように響いた。
 誰もが目を見張る中、そのまま力無く頭をうなだれる。
 気絶した様子をじっくりと見極めたスーツの男性は、腕を上げクロの勝利を宣告した。
 室内に重い沈黙が流れる。
 緊張が解け、ポニータはクロの元に駆け寄った。クロは優しく微笑んで受け入れると、その白い身体をそっと撫でる。そしてその場を離れ、スーツの男性がいる所へと向かう。相手は金をまとめるとクロに差し出した。が、クロはそれを手を振って拒む。
「それ全部もう一回出す」
 途端、周囲がざわつきを取り戻す。明らかに動揺した様子で、それぞれ顔を見合わせている。
「次来いよ。俺に勝てば、この金全部手に入る」
 騒いでいる室内によく通る大きな声でクロは言い放つ。その口元には不敵な笑みが含まれていた。

( 2012/03/16(金) 11:56 )