まっしろな闇











小説トップ
トレアスにて
Page 24 : 目覚め
 ボロボロのカーテンの隙間から差し込んでくる太陽の光。電気がついていない部屋に明かりをもたらしている。
 鉛筆で黒く書き殴りがされている紙が床中に散らばって、更に衣服といった生活用品なども加わって部屋の中は混沌としていた。足の踏み場も無い、とは正にこの部屋のことを言うのだろう。が、かろうじて人の通った跡のような物がどけられた場所もある。まるで獣道のようだ。
 窓の傍にて、古く小柄な扇風機が危なげな機械音と共に稼働していた。風が送られている先は低く小さなベッド。詳しくはその中の人へ向かって。
 ベッドの上、クロはゆっくりと瞼をひらいた。
 彼の目の前に広がるのは木の低い天井。一瞬戸惑ったがクロにとっては見覚えのある景色だった。何度も見た天井だ。だから彼がいる場所も、少し頭を整理して考えてみればすぐに理解した。
 起き上がろうと思い身体を動かそうとしたが突き刺さるような激痛が全身を麻痺させる。どうにも動けそうにない。額に浮き上がっている汗を拭くことすらできない。指先なら動くが腕を上げることは叶わなかった。
 動くこともできなければ体の回復をじっと待つしか選択肢は残されていない。もう一度瞳を閉じて眠りに戻ろうとしたが、眠れるような気がしなかった。全身が怠さで包まれているが、眠気はどうも吹き飛んでしまったらしい。それでも無理矢理に寝ようと暗闇の中に自分を落とす。
 その時、ドアが軋みながら開く音が響き、クロは目を開けて視線をそちらに向ける。
 予想した通りの人物だった。ドアを開いた男の子はクロが目を覚ましていることに気付き、目を丸くした。黒い短髪、濃い青の半そでのパーカーに白いプリントTシャツ、それにジーンズを穿いている。ドアに立つ相手はにやりと不敵な笑みを見せて、床に散乱した物の隙間を縫うようにベッドに近付いていく。途中で持っていた本を机の上に置いて、クロの傍らに立つ。
「よぉ起きたか。今回こそはまじで死ぬんじゃないかなって思った」
 両手を腰に当てて笑いを含みながら彼は言う。それに応えるようにクロはぎこちない笑みを浮かべた。
「そんな簡単に死ぬか」
「目ぇ覚ましたから言える台詞だよなあ。お前今回どんだけ寝てたか分かってんのか分かってないだろ二週間だよ二週間。最高記録を一気に塗りつぶしたんだよ。なげえよ長すぎるよこっちの身にもなってみろ。いっそ死んでくれた方がましだぜ。いや死んじゃだめだな、折角の稼ぎ相手が消える」
「二週間、か」
「そうだ二週間だ! その間飯がいらなかったのに今日からはお前の分が必要なのか……くっそ面倒くせえな。まあ今日はまだそんな食えねえか。二週間も寝た寝坊野郎に食わせる飯なんざ大してないぞ」
「……今日はやけに喋るな、アラン」
 呆れたように言うクロに、相手――アランは眉を潜める。
「そうか? いつも通りのつもりだけどな」
 大きく溜息をついてアランは小さな窓に歩み寄りカーテンを一気に開け放つ。途端に部屋が眩しい光で照らされて、クロは目を細める。光に照らされ細かい埃がちらちらと光る。いつも同じ景色を見ている。一体いつから掃除をしていないのか、想像もつかない。
 アランは固い窓に手をかける。油でもさした方がよいのではと薦めたくなるほど手こずっていたものの、開けると僅かながら空気が循環し始める。二階の部屋であるが故に景色は高く、日当たりも悪くない。それなのにこの散らかり具合なものだから、勿体なさを感じずにはいられない。
「で、お前に聞きたいことは山ほどあるんだ、もう、本当に――お前、なんで女の子とちゃっかり旅なんかしてんだ!」
 言いながらクロの頭の上にアランは顔を近付けた。一種の怒りにも近い形相で、クロは思わず顔を引きつらせる。
「なんだ、突然」
「しかもあれだ、なんつうの、お前と一緒に来るくらいだからどんなどんな偏屈爆弾かと思えば普通にいい子だし、あんだけ人嫌いしておきながら女の子と……二人きりで旅とか……信じられねぇ今でもまだ信じられねぇ」
「勘違いしてる。二人きりじゃない、ポニータがいる」
「ポニータがなんだって言うんだポケモンじゃん! くっそおなんだろうなこの敗北感っていうのか、くそ。で、なんでだ、どういう経緯でそういう関係になったんだ!」
 ますます顔つきが険しくなっていくアランから目を逸らす。ただでさえ布団の中は蒸れているのに暑苦しさが増す。加えてだんだんと頭を捻じるような頭痛が響いてくる。寝起きで優れない体調に追い打ちをかけるアランに対して完璧に嫌気がさしていた。
「色々あったんだよ。色々」
 面倒臭さがこれでもかと滲み出た返答だが、アランが納得した表情を浮かべるはずもなく。
「そんな簡潔なことですまされるようなことじゃないだろ! 基本的に人嫌いのお前がどういう風の吹きまわしだよ!」
「分かった。そのうち話すから、今は静かにさせてくれ」
 体が動かないというのは不便なものだ。万全な状態ならば即座に拳の一つでも腹に食らわせてやれるというのに。
 ただ、それを聞いて少し落ち着いたのか諦めたのか、アランは深い溜息をついて体勢をぐんと伸ばした。数秒の間を置いてまあいいやと肩を落とし、身を翻すと部屋を出ていこうと歩み出す。その途中で足を止め、クロを振り返った。
「早く動けるようになれよ。ラナちゃんが相当心配してんだ。お前知らないから言うけどな、あの子も大変だったんだ。三日間くらい風邪で寝込むわ足は痛めてるわ痛々しいにもほどがあったんだよ。それでもずっとお前のこと心配してたんだ」
「……」
「心配させんじゃねえよ」
 最後に吐き捨てるとアランはそそくさと部屋を出ていき、勢いよくドアを閉める。
 ようやく静かになってクロは息をついた。アランのせいで痛んでいた頭もようやく正常の状態へと戻っていく。目を閉じて静寂の世界に浸かり、外からやってくる微風の音に耳を傾けた。そうして身動きの取れない体にペースを合わせるように心を落ち着かせようとする。
 何もできずそのまま数分時間を弄んだ後にクロはぱっと瞼を開く。耳に入ってきたのは、廊下から何かが近づいてくる音。人間の足音よりも硬く、重い。二度ノックの音が部屋に響き、ゆっくりとドアは開く。クロは目を丸くした。部屋に入ってきたのはポニータだ。
「ポニータ……家の中に入ってきちゃだめだって前から言われてたろ」
 そう言いながらも満更でもなさそうな表情をクロは浮かべていた。
 ポニータは部屋に足を踏み入れると再び鼻を使ってドアを殆ど閉める。床にある物を出来るだけ踏まないよう慎重にクロの元にやってくる。人間でも物を踏まずに通ることは困難を極めるだろうこの部屋で、なんと器用な足さばきだろうか。細めた目の睫毛は相変わらず長く、安堵しているように見えた。
 身体に燃えている優しい炎が風に揺れる。その頭を撫でてやりたいクロだったが痛みに堪えることはできない。
「今回は許してもらえたってやつか。アランの奴、なんだかんだいってあいつも心遣いはあるんだよな」
 いや、分かっている。あいつは、心底に、底抜けに、いい奴なのだ。
 ポニータは顔を近付ける。
「あいつ、風邪ひいたって本当か。足も痛めたって」
 その言葉に少し間を置いてからそっとポニータは頷いた。それに深い溜息をつくクロ。
「俺が寝てる間に随分と色々あったみたいだな。といっても俺もまだ動けない状態なんだ。身体が痛んで手も満足に動かせない。もっと保つと思ったけど、予想外に黒の団と会ったせいだ。危ないことは分かってたのに火閃を使いすぎた」
 力無くクロは笑う。それから急に顔を淋しげに曇らせる。
「自分の身体だっていうのに暴れ馬でうまくいかなくて、馬鹿みたいだ」
 口元で息を吐くように呟いた。
 しばらく声を発さず静かな空間になる。
 ポニータは足を運んで窓の傍にやってきた。部屋から下をそっと見下ろす。ポニータの目に入ってきたのはラーナーの姿だ。家の前の狭い道路の掃き掃除を行っているようである。小さな竹箒を持っていた。服装はウォルタを出た時のものではなく、青と白のボーダーのTシャツにジーンズを着ていた。少しサイズが大きいようだがラフで涼しげな格好だ。黙々と掃除に取り組むラーナーは、まだクロが目を覚ましたという事を知らない。アランは彼女にそのことを話していないのだ。
「漸く……」呟いたクロの言葉にポニータは振り向いた。「眠くなってきた。ちょっと、寝るよ」
 既に声はほとんど眠りに落ちていて、一分もしないうちに部屋に彼の寝息が小さく浮かび始めた。ポニータと話すことで安寧を得たのだろうか。先程まで気が張ったように眠気が訪れなかったというのに、幕引きは実に呆気ないものだ。一方のポニータも安堵の表情を浮かべて音を立てないようにそっとドアに近付いた。あらかじめ数センチ開けておいたドアの隙間に鼻を入れるとそれを引いて、部屋を後にする。残念ながら部屋から出ていく時にポニータはドアを自分で閉める事ができない。
 が、ドアは閉められた。傍で待機していたアランによって。
 アランはクロの様子をちらりと覗いた後にドアを閉めて、ポニータに向かって微笑む。
「悪いなポニータ。やっぱさあ、クロを落ち着かせるのはお前が一番いいって思ったんだよな」
 言いながら木造の廊下を歩くアラン。ポニータはその横について歩幅を合わせる。と、途中でアランは足を止めた。
「ラナちゃんにはもうちょっとしてから言おうと思うんだ。そりゃあ今すぐにでも教えてやりたいけど、あいつまだ動けないじゃん。動けるようになってから会わせてやらないと、下手になんかあったらクロが困るし。どこまでラナちゃんが解ってるのか知らないけどさ」
 アランは途中で言葉を区切ると大きく声も入れて溜息をついた。
「くそ、あいつはこれだけ俺が気ぃ使ってるってことも知らないんだろうな。腹立つほんと腹立つ」
 ポニータは少し喉を鳴らして笑う。アランはそう言うが、クロは気付いているのだから。
 アランは腕を頭の後ろで組んで低い天井を見つめる。廊下にある窓は開け放たれて、外から少し強い風がやってきた。
「ほんとに、腹立つよなあ」
 言葉を噛みしめるようにアランは言う。その後思いっきり伸びをして再び歩き出し、クロのいる部屋から遠ざかっていった。

( 2012/03/16(金) 11:55 )