まっしろな闇











小説トップ
バハロにて
Page 22 : 激動
 林に入る付近でポニータは木の陰に隠れてクロと金髪の少年の様子を見つめていた。
 その背中の上で不思議そうに同じく覗きこむラーナー。逃げろと言われたがポニータが足を止めてしまったのだ。理由がラーナーには分からなかったが、主人が気になるのは手持ちとしての習性なのだろうか。
 遠くからでも耳に入ってきた金属音の後、しばらく戦いが止まったように見える。
「ポニータ」
 遂に出てきた言葉にポニータは後ろを振り返る。少し不安そうなラーナーの表情。
 彼女の紐を握る力が強くなる。視線をクロに向ける。しかしうまくラーナーの目には映らない。距離が遠すぎるのだ。
 風が流れてくる。火閃の炎が消えているのが分かった。クロの傍に金髪の少年がいる。会話をしているだろうか、しかし何も聞こえてはこない。
 服装を見ると、まるで正反対だ。陽に当たり白く浮かび上がる上着を羽織ったクロと黒い上着を羽織った金髪の少年。あの黒い上着を見るだけで、記憶が甦ってくる。けれど混乱している彼女がいた。あの時自分に刃を向けた不気味な笑みを浮かべた男と、幼く憎めない笑顔をした少年。同じ黒の団だ。解っていても、親しげに明るい笑顔を振りまく無邪気な姿には、どうしても悪を感じることができないでいた。
 笹波白。沸々と彼女の頭に浮かぶ。
 あの夜、ウォルタでの出来事の時にも男はクロを見てそう言った。そしてクロは告げた、笹波白は死んだと。
 クロと笹波白がよく似ているのだろうか。真相は解らない。知らないことが多い。彼女を置いてきぼりにして全てが走り去っていくようだった。


 *


 クロは一つ大きな息を吐き、足に力を入れてみる。確かに感じる地面の固さを確認して、その場を後ろに離れる。
 金髪の少年は少し淋しげな顔をして、それにクロは眉をひそめた。同時に胸の奥が揺れる。笹波白を求める気持ちが純粋なものであることを、なんとなく察しつつあった。
 火閃は一度袋の中に戻し、ナイフを右手に持ち替える。細い呼吸をして精神を集中させる。耳鳴りがひどいがそれも遠くなっていく。
 いつでも跳び出せる、隙を与えてはいけない、そう心に言い聞かせる。
「白さん、僕は」
「笹波白じゃないって何度言ったら分かるんだ。ものわかりが悪い奴だな」
 金髪の少年は唇を少し噛む。
「あいつは死んだよ。とっくの昔に」
「あなたは白さんが死んだところを見たというんですか」
 金髪の少年は深緑の瞳を改めて見て表情を歪ませる。吸いこまれそうなくらいにまっすぐな視線、緑の奥に潜んだ歪んだ色。
 ずっと追ってきた人じゃなければ誰だというのか。金髪の少年の心臓は大きく鼓動を打っている。
「そうとも、言えるかもしれない」
 呟いたような声は少し笑っているようにも聞こえる。
 金髪の少年は言葉を探したが絶句したまま、握っていた拳の力を少し緩めた。生温かい風が横に流れていく。
「僕は、僕は……白さんとずっと会いたかったんです。ようやく願いが叶ったと思ったんです。あなたを見て絶対白さんだって。今でも信じられない。白さんが死ぬなんて、あの人が死ぬなんて、そんなこと信じない」
「人は死ぬものだ」
 静かに滑らせた言葉。
 金髪の少年とは裏腹に、クロの心は穏やかな海のように落ち着いている。
「曲がりなりにも笹波白も人間だったんだ」
 そう言い切った時、金髪の少年は身を震わせた。浅い眠りから突如目がはっきりと覚めたような衝撃が少年を叩く。
 その瞬間の隙をクロは逃さなかった。顔を引き締めて一気に接近しようと足に力を入れた。
 が、それは叶わなかった。踏み切る直前、冷たい気配を遠くに感じた。
 まだ遠いが確実にこちらに向かっている。高いところだ、空を飛んでいる。
 その気配に金髪の少年も気付いた。そして同時にそれが何なのかを唐突に理解した。
 雲が西の方角からどんどん空を覆い尽くしていく。ゆっくりと時間をかけて辺りが少しずつ薄らと暗くなっていた。
 クロの脳裏に危険信号が閃いた。早くこの場を離れなければ。そう思ったのと足が動いたのはほぼ同時。金髪の少年は急接近してきたクロに対応しようとしたが、間に合わない。近づいてくる気配に気を取られすぎたのだ。クロのナイフが振られる。せめて急所だけは避けようと金髪の少年は咄嗟に身体を後ろに反らせる。
 しかし、その瞬間にクロの体内で燃え上がるような痛みが彼を一蹴した。次瞬、頭のてっぺんから足の先までそれは駆ける。
 一気に頭が熱くなる。雪崩れるように込み上げてくるものを抑えきれずに口から吐き出した。せめてもと手で口を抑えたが、指の隙間から落ちる。薄らとした草原に落ちたのは異様に鮮やかな赤い液体。
 クロは掌を離す。温かな血がべっとりとへばりついて、垂れる。口の周りについた赤を拭くところまで彼は頭が回らない。
 意識があっという間に遠退いていく。
 内蔵された炎が体内を浸食していくようだった。あるいは雷鳴のような衝撃のようでもある。頭が割れんばかりにただ痛い。狂うような熱感が思考を阻害し動けなくなる。ナイフが彼の足元に落ちた。少しでも痛みを抑えようと左手で額を押さえるが意味は無い。
 途端にふつ、と何かがクロの中で切れた。
 足の感覚が無くなる。
 その場に崩れ落ちる。
 一部始終を見守った金髪の少年は絶句し動けなかった。先程火閃を収めた時も様子が変だったが、今度は訳が違う。卒倒したクロは辛うじてか細い呼吸をして、震えていた。顔が随分と赤い。
 白さん、とせめて呼ぼうとした金髪の少年だが、後ろから走ってくる音に振り向いた。
 ポニータとラーナーだ。その姿に金髪の少年は驚く。確かに林の中に消えていった筈なのに戻ってきた。
 ポニータは険しい形相だった。ラーナーも突然走りだしたポニータに戸惑いを隠せなかったが、倒れたクロの姿をはっきりと捉えると息を止めた。傍にやってくるとすぐに降りる。少し高さがあったおかげで足に痺れが走ったが堪える。
 目の前の状況を呑みこめなかった。少し手を差し伸べて途中で止める。血の匂いがした。頭の中がぐるりと回り、倒れ込んだセルドの姿が甦った。
 恐る恐る右手をクロの額につける。熱い。凄まじい高熱に、すぐに手を引いてしまう。そしてその掌にはクロから噴き出している汗が付着する。
 ラーナーの冷えた手に反応するように薄らと深緑の瞳が覗いた。完全に意識を手放したわけではないようだ。ポニータが顔を覗きこませ声をあげる。それに応える余裕などクロには無い。
「クロ、どうしたの。すごい熱」
 返事は無い。息だけが震えている。
「あなたがやったの?」
 疑いの目を金髪の少年に向けると、すぐさま金髪の少年は慌てて首を振った。
「違いますっでもさっきもこれに近いことがあって」
「さっきも? そんな突然にこんなことって……ポニータは分かっててずっとクロを見てたの?」
 ポニータは頷いて応える。
「そんな……どうしよう、病院? バハロに病院ってあるの?」
 明らかに狼狽しながらラーナーは呟く。
 クロは力無い手を動かしてポニータの足を指先で叩く。それに気付いたポニータはクロを見る。クロとポニータの視線が絡み合う。
 ポニータは空を仰ぎ遠くに耳を傾ける。遠くにある気配。
 金髪の少年は立ち竦む。手が震えているのが分かった。近づいてくるのは恐らくは彼の知った人。自分にとっては仲間であるが、タイミングは彼にとっても良いとは言えなかった。
 ポニータは足を畳むとラーナーに視線だけを向けてクロを鼻でさす。
 その仕草に首を傾けたラーナーだったが、突然に浮かんできた。クロを乗せる、と伝えたいのかもしれない。
 ラーナーは腕をクロの身体の下に入れると力を入れて持ち上げようとしたが、立ち上がる力も失ったクロは重く、少しばかり体格で負けている身で抱え上げるのは困難であった。
 が、不意に軽くなり、ラーナーは視線を上げた。金髪の少年が、ラーナーの隣にしゃがみ込んで一緒にクロを持ち上げたのだ。
 ポニータの背にクロを乗せると、クロの血がラーナーの素肌に少しついたことなど気にも留めず、ラーナーは金髪の少年を驚きの表情で見る。少年は僅かにはにかんでみせた。
「あなたは本当に黒の団の人なの?」
 思わずラーナーから零れ落ちてきた言葉に、金髪の少年は力無く笑った。
「そうですね。でも僕は、白さんは僕の恩人ですから」
 目を丸くするラーナー。空はいつの間にか厚い雲が大部分を占めている。
「この人は白さんと密接につながっている。本当は僕はこの人が白さんじゃないかって思ってますけどね。ただ、どうであれこの人には生きていてほしいんです」
 ラーナーはその言葉に息を止めた。強い風が髪を揺らす。光を反射する、綺麗な金色をしていた。
 最初はその服装のおかげで恐怖を感じた相手だが、もうラーナーにはその感情は残っていない。寧ろ淡い信頼すら寄せている。
「行ってください。もうすぐ僕の仲間がやってきます、その前に。その様子なら、ポニータはどこに行くべきか、きっと分かっていますから」
 力強い言葉に励まされるようだった。ラーナーは深く頷く。そしてポニータに乗ろうと身体を構える。
 その時、金髪の少年ははっと思い出したように顔を上げる。
「あと、白さんが起きたら伝えてくれますか?」
 クロに向けた言葉だろうとラーナーは解釈して一つ頷いた。
「ありがとうございます。……ブレット・クラークが今“疾風”です、と」
 その言葉の意味が理解することはできなかったが、ラーナーは少年の発言を心の中で繰り返す。
 ポニータは空に視線をやった。金髪の少年もはっとして上を見上げる。合わせてラーナーも顔をあげる。
 雲の下、ピジョットがこちらに向かっていた。その背中には人が乗っている。黒い衣装は黒の団の印だった。茶色の少し長めの髪の少年。クロやラーナーと同じくらいか、少し年上くらいの風貌である。
 ピジョットは軌道を変え、急降下してくる。ラーナー達の方へ向かっている。ラーナーは身体が震えあがった。ポニータが鳴いた。
「はやく行ってください!」
 あらん限りに叫ぶ金色の少年の声。ポニータがラーナーの身体をつつくと、ラーナーは急いでポニータに乗る。
 二人分の体重を乗せたポニータだが力を入れて立ち上がる。
 ラーナーはクロの後ろに乗って体勢を直す。後ろから抱えるように彼を支えた。クロの意識は今度こそ飛んでいた。胸の中で細い呼吸だけをしている。ポニータは走り出した。方向はバハロとは反対側の方。林を背に走る。
 ピジョットの空気を切る音。明らかにポニータ達を狙っていた。
 金髪の少年は歯を食いしばる。ピジョットの動きをよく見て足に力を入れ、その場を跳ぶ。ピジョットは大分地上近くまで下降していた。右腕を振る金髪の少年。ピジョットは目を丸くする。それは背中に乗っている人間も同じ。
 空中でピジョットを捉えた金髪の少年は眼にも止まらぬスピードでピジョットの首の付近を腕で殴る。それで体勢を崩すピジョット。そこで金髪の少年は止まらずに更に身体をねじり、胴体を深く蹴りつけた。
 突然の味方の攻撃に、ピジョットは地面に叩きつけられる。乗っていた少年は咄嗟に跳んで離れ、軽やかに地面に足を下ろした。
 驚きと憎々しさが混ざりあった表情で、金髪の少年を見つめたのはウォルタで金髪の少年と共にいたバジルだった。
「疾風、何のつもりだ!」
 よろめくピジョットを横目に、金髪の少年は地面に降り立つ。
「お前、自分が何をしたのか分かっているのか」
「分かっています」
 即答する金髪の少年の言葉は冷めている。
 遠くに消えていくポニータの駆ける音。気配が遠くなっていくのを金髪の少年は確認する。それでいい。そのまま逃げ切って、誰の手も届かないところへ。
「奴は笹波白と、この前取り逃がしたラーナー・クレアライトだ。どういうつもりだ?」
 低い声は怒りがありありと出ていた。金髪の少年は小さな溜息を吐いて、力強い眼でバジルを睨む。
「僕はずっと会いたかったんです。白さんに」
 少し間をあける金髪の少年。
「僕は白さんに生きていてほしいんです」
「ふざけるのも大概にしろ」
「僕は本気です」拳を握りしめる。「たとえ貴方に背いても」
 怒りで高い声をあげたピジョットをバジルは見やると、腰につけたモンスターボールを出してその中に戻した。かき消えた鳴き声。途端に静かになる周辺には、川の音だけが響く。
 ボールを元の位置に戻し、また金髪の少年と向かい合った。
「俺はお前の努力を知っていたし、気にかけていたつもりだ。出来損ないであっても」
「その事に関してはとても感謝しています」
「だからこそ、今回のことは許せない」
 バジルは手首の骨を鳴らす。
 金髪の少年に、首筋に刃先を当てられたような錯覚が襲いかかった。流れ込んできた恐怖を振り払おうと頭を振る。
「お前はこの場で俺が始末する。ブレット・クラーク」
 その言葉に金髪の少年――ブレットは唇を噛んだ。

( 2012/03/13(火) 17:15 )