まっしろな闇











小説トップ
バハロにて
Page 21 : 頑な
 クロは右手を腰にかざす。指先が触れた鞄には火閃が入っている。いつ何時でも取り出せるように、手元を定位置としてある彼の相棒はいつでも刃を向ける準備ができている。
 金髪の少年は軽く跳びあがると、川の中央に出張っている岩に足を乗せる。軽やかな動きであった。表情もつい先程までの硬いものではなく、柔らかな無邪気な笑顔にはまるで悪意が無い。
 しかしクロは尚も警戒を解こうとしなかった。
「白さん、僕です! 覚えてますか?」
 まるで親しい仲をなぞるように、明るい声が響く。クロは火閃を手に持つ。鈍い質量が掌に収まった。
「こんなところで会えるなんて……ウォルタのあれもやっぱり」
 金髪の少年は足を動かす。石の上を跳ね、あっという間にクロ達の傍へとやってくる、その瞬間。
「火閃!」
 クロは金髪の少年が跳んだや否やその言葉を発し、持っていた火閃を突き出した。刃が筒から素早く出てきて、炎が刃を包む。ラーナーは武器の突然の出現に驚き、顔を引き攣らせた。
 刃先が金髪の少年へ向けられ、相手はたじろぐ。高揚していた金髪の少年も流石に表情を引き締め、自分に向けられている刃とクロとを見比べるように視線を動かす。
「勘違いするな」
 クロは低い声で言い放つ。
「俺は笹波白じゃない」
 温い風が通り抜ける。金髪の少年の瞳が丸くなり、縦に伸びた動向が更に細くなる。
 緊迫した時間が彼等の間に訪れている中で、金髪の少年は軽く息を吐いた。
「嘘をつくのはやめてください」
 クロは眉間を歪める。金色の瞳は憐れみを込めている。思わずクロは目を逸らしてしまいそうになった。
「その武器は……火閃は、白さんしか扱えないもののはずですよ」
「それは勝手にお前が思ってるだけだ」
「嘘だ!」
 金髪の少年は一蹴するように大きな声をあげた。それに動揺したラーナーだったが、緊張を氷のように固めたクロは微動だにしない。
 嫌悪感を滲み出したまま、クロはポニータに一瞥する。それに気付いたポニータは軽く頷き、ラーナーの肩を鼻で叩くと、ラーナーははっと振り返る。大きな黒い眼がラーナーを見て、次に自分の背中の方に必死に眼球は動いた。
 クロは口をきつく締め、強い眼光を金髪の少年に放った。その視線の強さに金髪の少年は思わず身体を震わせた。
 瞬間、クロの身体が動く。火閃を軽く後ろにそらせて金髪の少年の懐に体勢を低く飛びこんだ。炎を突き破ってくるような火閃の鋭い槍のような突き――しかし、金髪の少年はすぐにその場を後ろに跳び川の向こうに移動ししゃがみ込んだ。刃から出た炎が大きく円を描く。間髪入れずにクロは勢いよく後ろを振り向いた。
「ポニータに乗って逃げろ!」
 張り上げられた声に、硬直していたラーナーの背筋が伸びる。振り返った先で、ポニータは深く頷き、素早く足を畳んだ。迷いがあるのかラーナーはクロを見やるが、既にクロは再び金髪の少年と対峙することに集中している様子だった。
 力を持たない者は邪魔なだけ。両手を強く握る。早く乗るよう促すようにポニータは一声鳴く。やむを得ず、遂にラーナーはその片足をポニータの身体の向こうに投げると、腰を柔らかな背中に乗せ紐を持つ。すぐにポニータは立ち上がり、すぐさま今まで来た道を辿るように走った。
 彼女がラーナー・クレアライトその人であることを金髪の少年は理解していたであろう。しかし、金髪の少年にはまるで追いかける様子は無い、そもそも端からラーナーには目も暮れず、きっと彼は笹波白にのみ関心を寄せている。それは、クロにとっては少々厄介であった。
 どんどん遠くなっていく地面を走る音。数メートル先にいる金髪の少年を見るクロは火閃を振った。地面に刃で円を描く。それに気付いた金髪の少年は目を見開く。
「炎渦鳳来!」
 叫んだ途端に金髪の少年の周りに炎がちらつく。しかしその直前に金髪の少年はその場を離れる。空中に炎の柱が上がった。
 クロは舌を打ったが攻撃の手は緩めない。炎の柱が金髪の少年の逃げる先々にいくつも上がる。その攻撃に段々と足のスピードをあげていく金髪の少年。炎は金髪の少年に掠りもしない。何も無い場所から噴火が起こったようなその攻撃は、数度繰り返したら疲れたように一度止まった。
 スピードを緩めた金髪の少年だが、ふと呼吸を整えようとした直後、クロがすぐ傍まで間合いを詰め、息を止めた。クロは躊躇なく火閃で風を切る。しかし金髪の少年の研ぎ澄まされた反射はクロの速度に負けず劣らず、懐に潜めていたナイフを咄嗟に掴み、受け止める。二つの刃がぶつかった。鋭い金属音。炎が二人の間で膨れる。
 お互い譲ることなく刃を交わらせて、暫く硬直していたが金髪の少年は途中で後方に跳ぶ。
 大きく息を吐いた金髪の少年は、ナイフを握っていた右手を軽く叩く。衝撃で筋肉が硬直して痺れた感覚が腕にかかっていた。あのまま刃の均衡を保っていれば、いずれ押し切られていた。
 熱い汗が額を流れる。炎による攻撃は金髪の少年の体力を奪う。攻撃は当たらなくとも熱は嫌でも受けるのだ。
 明らかに疲労を見せる金髪の少年を前に、クロは再び地を蹴ろうとした。


 瞬間、クロの身体中に衝撃が走った。
 痺れと痛みが、一瞬だけ。
 それで十分だった。クロは目を見開き、同時に身体は揺らぐ。火閃の炎は勝手に消えて刃は円筒の中へと吸いこまれる。
 突如武器を収めたのだから、金髪の少年も驚いた。だが何よりこの状況に驚いているのはクロ自身の方だった。身体が、おかしい。膝を地面に折る。
「白さん!?」
 叫ぶ金髪の少年はナイフを腰にある革の入れ物にしまい、駆け寄る。
 その言葉に弾かれるように顔を上げたクロは金髪の少年を睨みつけた。が、それに怯むことなく金髪の少年はクロの元に辿りついた。
「白さんじゃなかったら誰なんですか! こんな……白さんそのものじゃないですか」
「黙れ!」
 あらん限りに叫んだ。素早く体を捻じり、左手で腰の鞄から素早く出したのは、小さなナイフだ。それを大きく振る。一体どれだけの武器を手元に潜ませているのか、油断も隙も無い。金髪の少年は咄嗟に頭を真横に滑らせる。直後、顔に痛みが走った。右の頬から赤い血が滴り落ちる。
 息を荒げているのはクロの方だ。切っ先を少年の前から動かさないが、手元の揺らぐ様がどこか痛々しい。
 金髪の少年は手で血を拭うと、首を軽く振った。まるで力が無くなった様に静かに、落ち着いて。
「出来損ないの僕を見てくれた白さんは、じゃあどこに行ったんですか……」
 ひどく悲しそうに震えた声。切実であまりに素直な少年の感情が凝縮された言葉に、クロは息を止めた。
 行きようも無い動揺を逆立てるように、微風が流れていく。
「笹波白は死んだんだ」
 平坦に言い放ったその言葉は、クロ自身はもう使い古したものだった。一体幾度そう言って、告げた相手を殺めてきたか。
 過ぎった痛みの気配は無い。クロはゆっくりと立ち上がる。
 身体を固まらせた金髪の少年。突如として何か重いものが金髪の少年に圧し掛かったようだった。
「僕は」呟いた声が金髪の少年から漏れた。顔は俯いたまま。「信じない」
 その小さくも芯の通った声にクロは目を細めた。
 そっと顔を上げてクロを見上げる金髪の少年。拳は強く握られている。
「白さんは今僕の目の前にいる、そうでしょう」
 頑なにそう言う少年は、口元で笑ってみせた。優しい表情はやはりその服装に合わないのだ。
 これだけ拒絶しているというのに、どうしてこいつは笑っているのだろう。クロは頭の中で問う。さっきクロは金髪の少年に攻撃を仕掛けたのだ。思い出してみれば、金髪の少年は常に逃げるか防御の姿勢であった。最初バハロで会ったその時以来、攻撃はまるでしようとしなかった。あれは、挑発であり確認でもある攻撃だったのだ。
 彼は笹波白を信頼しすぎている。
 クロは深い溜息をつく。
「お前、黒の団だろ」
 金髪の少年は頷いた。
「何が目的でそこまで笹波白に拘る」
 気怠そうな問いに、金髪の少年はそっと笑う。
「自分でもよくわかっていません」
 訊いた手前、阿呆らしくなってクロはまた一つ小さな溜息をつく。なんだか振り回されている気がしてならなかった。
 何時の間にか、頭上に灰色の雲が空に広がってきていた。
「でも、白さんがいなかったら今の僕はいない。だから僕はずっと、白さんに会いたかったんです」
 相変わらずクロを見たままの少年。やはりクロを笹波白と断定しているのだろう。クロは火閃に力を入れる。距離は離れていない。踏み込めば余裕で斬れる。
「僕、あれから随分速くなったと思うので、避けれますよ」
 見透かしたような言葉には自慢げな色がありありと染み込んでおり、クロの心を引っかいた。
「随分自信があるんだな」
「僕にはこれしかないんですよ」
 自分を卑下するように吐きだす表情は、ひどく自嘲的であった。
 クロはじっとその姿を見つめた後に火閃に精神を傾ける。その途端また頭痛が走った。小さなものだが、脳内を叩いて響きわたる。明らかに自分の身体が異常事態だと悟る他無かった。いつまで均衡しているかどうか分からない。
 洋酒屋の主人の言葉を思い出した。少なくともバハロにはまだ三人黒の団がいる。その三人がどんな人間かは分からないが、クロの目の前にいる少年のような生温い心をもった人間ではないだろう。目の前にいるこの少年は、笹波白に執着しすぎて、団員にしてはあまりに甘い。
 時が経てば経つほど危険性は高まってくる。高鳴るクロの心臓の音。
 火閃は使えない。
 これ以上使えば結末がどうなるか、クロは解っているからだ。

( 2012/03/13(火) 17:15 )