まっしろな闇











小説トップ
バハロにて
Page 19 : 女の子
「クロ、いつ帰ってくるんだろ」
 バハロの中で何が起こっているかを露程も知らず、ラーナーは大きな木陰に入り、木の根元に腰を下ろしていた。
 先程一台白い車が出ていったっきり、何も町から出てくる人も車もない。車体はどことなく危なっかしい動きで出ていき、そのうちガス欠かパンクでもしそうな気がしてならない雰囲気だった。
 のどかで、耳に入ってくるのは鳥の鳴き声や風の音だけ。ウォルタの隣だから近くに川でもありそうなものだが、水の音は聞こえてこない。
 ポニータはラーナーから時々目を離し遠くの方を見つめている。それはバハロ市内であったり、青い空の向こうであったりする。
「暇だなあ。もう入っちゃっていいかな」
 ラーナーは不満げに言うが、ポニータはすぐにラーナーを軽く睨む。
 何もすることがないのだ。時間はただ進むばかりで、勿体なく感じられる。手持ちの懐中時計を出して確認すれば、数十分過ぎようとしていた。警戒しているとはいえ、どれだけ待てばいいのか知らされていないままでは永遠のようにも感じられる。
「クロのばか、自分だけ! そのまま忘れてたら承知しないんだからー!」
 不満を爆発させると、慌ててポニータは彼女の傍に寄る。唇を尖らせたままラーナーは背中の木にゆっくり体重を乗せ、一つ深い溜息をついた。
 時間を弄ぶように不意に自分の横髪を軽く掴む。自分で切ったおかげで雑になっている髪。滑らかに指から落ちると、肩を落とす。
「分かってるよ。クロが何で一人で行ったかくらい」
 青い木の葉がさわさわと揺れる。
 ラーナーは傍に置いていた青い鞄の外ポケットに手を入れ、中を探ると数秒後に手を出す。その手には母親の形見が握られていた。軽く上に持ち上げて、下から見上げてみる。太陽の光を反射してきらきらと白い石達が光る。
「それ、隠しておいたほうがいい」
 クロから今日の道中で忠告され、渋々とバッグの中に入れた。理由は解らないが、これも黒の団が狙っているらしい。何もかも狙われてばかりで、うんざりする。
 ブレスレットはよく目を凝らすと随分と傷がついていて、母親が使い古したものであることが伺える。
 何も知らないんだ。彼女は心の中で呟く。母親のことを自分は何も知らない。どうして母の大切にしていたものが狙われているのだろう。母と黒の団が関係とは一体何なのだろう。頭の中でもやもやと思い描く。
 だが、考えたところで答えが掴めるものでもない。
 俯き加減だった顔を上げて、無造作にブレスレットを戻す。
 クロが来る気配は一向に無い。そもそも人が出てこない。観光で集客を狙うウォルタでは到底考えられない光景だ。勿論ウォルタにおいても自身の両親の眠る墓地の周囲は似たように人気の無い場所だが、町全体が寂れているというのは目に新しい。
 それほどウォルタから離れていないはずなのに。
 ポニータが顔を上げる。直後、どこかから道を擦る足音がした。
 誰かが来る。
 足音は軽いが少しずつ近づいてくる。思わず木から背中を離しポニータに寄り添う。
「!」
 ラーナーは目を見開く。バハロに林立した建物の隙間から顔を出すように訪れてきたのは、ラーナーと大きく年齢が変わらなさそうな女性だ。茶色の髪を高い位置でポニーテールにしている。近付いてくるほどにだんだんと明確になっていくその姿は、女性にしては背が高い。何よりも足の長さが際立っている。程良く筋肉が引き締まっていて、滑らかな体型をしていた。半袖にホットパンツという露出が目立つ姿をしているおかげで、体型の良さがはっきりと目に見える。
 バハロから出てすぐ、彼女はラーナーが穴をあけるのではないかという程自分を見つめているのに気付き、笑った。
「珍しい、ポケモン持った女の子じゃん!」
 明るく気軽な調子で声をかけられ緊張したラーナーを見て、声をあげて笑いながら早足で近付いてくる。
 眼前にするとやはり整った全体像だと改めて実感し、ラーナーは心臓の鼓動が早まるのを感じた。
「バハロに用があるの? ぶっちゃけ何もないよ。お婆ちゃんにでも会いに来た?」
「え、あ、まあそんな感じです」
 へぇと女性は肩を揺らした。黒と白の太いボーダーの服の上に、黒の半袖の上着を着用している。薄手で肌の色が透けてみえるような生地だ。両手首にはオレンジのリストバンドをはめて、モノトーンを貴重とした服装の中で引き立つ色だ。
「そんなにじろじろ見られてもなあ」
 くくっと喉の奥を鳴らすように笑われ、ラーナーの頬は一段と紅潮する。
 相手はポニータを見ると、にっこりと笑った。ポニータは大きい黒い瞳を更に見開いていた。
「このポニータ、すごくよく育てられてるね。毛並みが綺麗だ」
 感嘆する女の子に対し、ポニータの息は通常よりも荒くなっている。女の子は目を細めた。
「あたしの友達にもさ、いたんだ。ポニータ持ってる奴」
「そうなんですか」
「そうそう。超曲がってて腹立つ奴だったけどね。もうずっと会ってないし。いやあ、なんか触ってやりたいけど、火傷するからやめとこっと」
 ラーナーは思わず苦笑する。ポニータの炎はポニータが認めた者だけが触る事ができるのだ。
 曲がった奴。クロみたいな人だったのかもしれない。
 女性は少し視線を逸らしてバハロを一目見やる。その瞬間に茶色の瞳が冷たくなった様な気がした。睨むような目つきだった。些細な変化を嗅ぎ取ったラーナーだったが、すぐにそれは無くなり、ふぅと息を吐く。
「なんだろうな。あなた不思議な感じがするなあ」
「え?」
 女性は優しく微笑む。視線は再度ラーナーの方に向いていた。
「気にしないで」
 首を傾げるラーナーを見て、軽く笑った。
「可愛いね」
「え、いやっそんなことないです!」
 慌てるあまり、首が飛んでしまいそうなほど激しく首を振ると、また女性はからからとした太陽のような弾ける笑い声をあげた。
「あなたみたいな子は、狙われないように気を付けなよ」
 その言葉の意味をラーナーが理解する前に、さて、と呟き彼女は後ろを振り返る。
 女の子がラーナーに背中を見せた時に、ラーナーは女の子が肩に鞄をかけているのに気付く。紫色の鞄だ。中身が多いのか膨らんでいる。もしかしたらこの人も旅をしているんだろうか、と考えが過ぎりすぐに払う。
 と、珍しくポニータが声を出す。軽く呼びとめるような声だった。女性はポニータを見やると、軽く微笑んでみせた。慌ててラーナーはポニータの背中を撫でてやる。そういえば、このポニータは自分のものではないと告げていない。
「まああなたには関係無いだろうけどね。ちょっと変な奴がこんな田舎にもいるみたいだからさ」
 不意に表情を崩し、複雑な表情を見せた。口元は笑っているけれど、顔全体を見れば本心から笑っているようにはとても見えない。
「じゃあね」
 軽く右手を振られ、そそくさとした別れを察しラーナーはハッと引っ張られる。
「あ、さよならっ」
「固い固い」
 くすくすと苦笑する。ラーナーはかえって頬の熱さが抜けていくのを感じた。
 女性は木陰の外へと出て、強い日光の晒される。目映い白い光と、遙かの鮮やかな青い空の背景が妙にしっくりとくるのは、彼女の持つ華やかな雰囲気がそうさせるのだろう。ポニーテールが光を受けて上下左右へ自由に揺れる。
 ポニータがまた鳴く。ラーナーは落ち着かせるように慌てて首をさすってやる。気のせいか、炎の色がどこかいつもより赤い。
 段々と遠くなっていく背中は、バハロの宅地の隣に茂る林へと突入していく。整備された道ではなく険しい道の方を選んでいったのは不思議であったけれど、ラーナーにそれ以上追いかけるような義理はない。
 一瞬のことだった。社交的で親しげな口調で話しかけてきた彼女は、一体なんだったのか。
 クロは一向に帰ってこないが、あの苛立ちはいつの間にか消え失せ、ラーナーにはすっきりとした心が残った。あのからからとはっきりとした笑い声にあてられて、不安の類も吹き飛ばされてしまったようだ。
 静けさがゆっくりと戻ってくる。木々はまた揺れ始め、木漏れ日が躍っている。
 不思議な人だ。
 と同時に足の長い人だ、とラーナーは思うのである。



 彼女はちらりと横目で小さくなっていくラーナーを見やる。
 木の葉の間を縫ってきた日光が強く彼女を照らし、影が色濃く足の下で動く。目を細めて、考えるように眉を顰めた。
「似てたなあ」
 ぼそりと呟いた声は彼女の口元で消える。脳内で残像が掠める。
 重みのある鞄の紐が肩から落ちかけて、慣れた風に持ち直す。しかし凛と伸びた姿勢を平然と保っている彼女の様子を見ていると、決して重いようには見えない。
「流石にな……気のせい気のせい」
 一人で無理矢理に自己完結させると、後ろ髪を引かれるように遅くなっていた歩みを速める。足の長さ故に元々歩幅は大きいが、そこにスピードも加わる。まるで早くバハロから遠く離れたいとでも言いたいかのように。
 顔を上げると丁度日光が視界を刺した。痛みに似た感覚が瞳に走る。
 本当に束の間のひと時であった。

( 2012/03/13(火) 17:15 )