まっしろな闇











小説トップ
ウォルタにて
Page 6 : 暗転
 テーブルの上にあったリモコンに手を取り電源ボタンを押せば、急に死んだように静かになる。途端に部屋の中は涼やかな静寂に包まれた。姉に頼まれていた鍵を閉めた後は惰性でテレビを見ていたが、番組を変えてもどうにも気乗りしないままだった。
 何となく辺りを見回す。小さな壁掛時計に目を向けると七時二十分を示していた。そういえば買い物に行ってたな、と思い出し浅く短い溜息をついた。
 テーブルの上に出されたままの食材達の存在に気付くと顔を顰め、渋々椅子から立ち上がり、全て紙袋の中に入れ直す。小さな身体には重たげな荷物であったが、台所へ運んで早々冷蔵庫を開け、野菜や豚肉など食欲を一層そそる色とりどりの食材を慣れた手つきでしまっていく。
 最後に残ったのは箱入りのクッキー。それを見つけるとセルドのしかめ面は明るくなる。冷蔵庫の扉を閉めると、厚紙の箱を開けて中で小分けされたクッキーを一つ取り出した。
 仕事を終えると満足そうにセルドは笑って、小分け袋を開ける。バニラクッキーで、表面は綻ぶような柔らかさを予感させる、繊細なアイボリーの色合いだ。夕食前にお菓子を食べるといつもラーナーに怒られるので普段はしないが、育ち盛り食べ盛りの男児の腹の虫はとうに大合唱を続けているのだ。もう我慢はできない。半分程かじり、奥歯でゆっくりと噛む。噛みしめる程まろやかな甘みが口の中に溶け、幸せの渦へ誘う。この柔らかな味がセルドは大好きだった。
 味わいながら椅子に戻る。そこでようやくテーブルに置かれたひまわりに気付く。
 夏の代名詞とも言えるその大きな花は、黄色い花びらを堂々と広げ、エアコンの涼しい風に微かに揺れていた。セルドは目を細める。力無く手を膝に乗せ冷静になれば、窓の外から小さな夏の虫の声が彼の耳に届いてくる。
 今日が特別な日であると、改めて実感する。ラーナーが朝早くから外出した理由もセルドはよく知っている。
「母さんと、父さんの、命日か……」
 ひまわりは彼等の両親――ニノ・クレアライトとリュード・クレアライトの好きな花だった。黄色い花びらを持つその堂々たる姿は、世界中を照らしだす太陽を連想させる。
 セルドにとってはその煌びやかさがむしろ鬱陶しく、正直に言えばそれほど好きな花ではない。どうしてこの花が好きだったんだろう、そう思ったことが今まで何度あったか。けれど尋ねることはできない。訊いても答えてはくれない、もうこの世の人ではないのだから。
 ただ一度ラーナーに訊いたことがある。けれど彼女は少し面食らった顔をして、すぐに薄い笑顔で、わからない、と言葉を濁した。その時の目がセルドには印象的だった。淋しそうに揺れるその栗色の瞳が、セルドを拒絶しているようにも見えた。怖くなって、以後は話題にしていない。
 その時の様子を詳細に記憶しているわけではないが、子供心に踏み込んではいけない境界を感じ取ったのだろう。
「なんだかなあ」
 急に孤独に煽られて、胸の奥が狭まってしまう。虚ろな視線をひまわりに向けたまま一枚目のクッキーを食べ終えて、二枚目にかじりつく。
 外は暗闇に包まれていて、そろそろラーナーも帰ってくる頃だった。むしろ少し遅いくらいだった。恐らく商店街に行っているだろう、それならばさほど時間はかからずに着くはずだ。早く、帰ってきてほしい。今日のような日は妙に心がざわついてしまう。寂寞にとらわれたセルドの手に力が籠る。

 その時、鈴が鳴った。訪問者を示す音だ。外のドアの横にあるインターホンを押すと、この音が部屋中に高らかに鳴る。
 漸く帰ってきたか、と思い慌ててクッキーを全て口の中に入れると、急いで胃に流し込む。
 リビングから出ると、エアコンのかかっていない廊下は相変わらず暑かった。彼を急かさんとするようにもう一度鈴が鳴る。慌てなくてもいいのに、と半ば思いつつ鍵を開ける。
 が、扉の前に居たのは、ラーナーではなかった。
「宅配便です」
 夜の暗闇をバックに、緑と白を基調とした専用服に身を包み深く帽子をかぶった男性だった。若いとも老いてるとも言えない微妙な顔つき。体つきが良く、腕で大きな段ボール箱を抱え込んでいる。
 なんだ姉ちゃんじゃないのかと胸の裏で残念がりながら、応対する。
「サインよろしいですか?」
「あ、ちょっと待ってください」
 すぐ傍にある靴入れの棚の上に手を伸ばしペンを手に取る。お願いします、と男性は笑顔で言って段ボール箱を突き出す。
 ちらと確認するとラーナー宛ての荷物のようだった。シーザー・アボットという人かららしい。セルドには心当たりのない名前だが、ラーナーの知り合いなのだろう。サインを書く場所を探す。
「ここです」
 男性は人差し指である場所を指す。点線で四角く区切られた空白があり、セルドは導かれるまま自身の名前を書き込もうとする。
 早く姉ちゃん帰ってこないかな、そんなことを頭の片隅で思い浮かべながら。
 男性は、ニッコリと笑みを浮かべた。


 *


 結局こんなものに何の意味があったのだろう。いや意味がないのは最初から解っていたけど。ラーナーは心の中で自身に毒づく。
 ラーナーの手のひらには、朝に自分がポケットに乱暴に入れた赤い星のキーホルダーがあった。
 運命の出会いがあるかもなんて言うし何より十二位という悲惨な結果だったし、信じてはいないと思いながらも何となく占いを気にしていたのだろう。
 重い足取りで彼女は深い溜息をついた。道を行く人が思わずラーナーに視線を寄せる程大きな溜息であった。馬鹿みたい、ぼそりと呟いて、再びポケットに戻した。
 本当に今日は彼女にとって、十二星座中十二位という結果にぴったりな一日だった。寝坊。花の買い忘れ。米の買い忘れ。おかしな少年。買い物だってこんなに時間をかけるつもりはなかったのに、米屋の主人の妻と時間を忘れて話をしていたのだった。主婦の話はためになる。特に両親のいない彼女にとっては、家事全般の大先輩でもあるのだが、話が間延びする傾向がある。おかげでこんな暗い夜道を歩くことになった。
 夜空には星が煌めいている。市街地の中心ならもっと明るいだろうが、住宅街は街灯も寂しげで、随分と暗い。
 暗い静寂に腹の虫が鳴る。五キロの米は重い。いつもよりやけに重く感じるのは、普段に無い疲労感によるものだろう。
 漸くアパートの前に来る。米の入ったビニール袋を持ち直し、自分の扉へ向かおうとしたその時目を丸くする。自分の部屋のドアが開いている。零れた室内光に照らされて、ユニフォームを着た男がいた。段ボール箱を持っていることから、宅配便だと気付く。
 セルドが対応しているようだ。急ぐ必要もない。ラーナーは米を運ぶのを最優先に、重い足取りで廊下を進もうとする。

 瞬間。

















 セルドは目を見開いた。
 帽子の下、男は笑みを浮かべた。
 何が起こったのか視認できたのは遠くだったからだろうか。近ければ、灯台下暗しという言葉が示すように、見えなかったかもしれない。
 段ボールで隠されているようにさえ見える。けれど確かにその茶色い箱の下から見えたのは、赤いもの。噴き出しているようだった。彼の口を男の手が抑え込んでいる。無骨で大きな手に比べれば無垢な弟の顔など赤ん坊のようだった。セルドの顔がだんだんと蒼白になっていく。そして彼の口から垂れているのは、赤い、赤い、血。
 ラーナーの息は止まり全身が硬直する。
 セルドは前かがみに倒れ始める。ラーナーには全てがスローモーションで動いているように見えた。
 何が。
 目に映る状況を完璧に把握できない。脳が状況についていかない。ただ呆然としていた。
 何が、起こっている。
 床に、落ちた音がした。セルドが一度ダンボール箱にぶつかってから、床に崩れ落ち、血が弾け跳んだ。
 男は段ボールをセルドの手前側に置く。
 彼の右手には、明りに煌めく大振りのナイフが一本、血塗れになって握られていた。持つ手も赤黒く染まっている。男性は相変わらず笑っている。その横顔の恐ろしさにラーナーは声を失ったままだ。
 どうやら男はラーナーには気付いていない様子で、セルドの横を通り抜けると、室内へと素早く入っていった。
 姿が完全に見えなくなったところで、弾かれたようにラーナーの眼に意志が戻り、乱暴に荷物を傍に投げ捨て駆けだした。こんなにも廊下が長く感じたのは初めてだった。走る、走る。息遣いは荒い。声が出ない。セルド、そう叫ぼうとしても悲鳴をあげたくても、何故か彼女の喉から声は出てこなかった。肺を引っ掻くような呼吸が耳に響き、心臓は彼女の体を内側から破壊しようとしているかのように凄まじく脈打っている。嫌な予感が、どうしようもない予感が、胸をよぎって離れない。
 そしてドアの前に来る。肩が上下し、震える右手で口を押さえた。
 その光景は、彼女には重すぎた。
「せるど……?」
 辛うじて出てきた声だった。誰が聞いても明らかなくらい、震えた言葉だった。
 横に向いた顔は血の気がなく、目はどこか彼方を見ているよう。
 口から流れている赤い血。刺された胸から飛び出しているのもまた血。赤く煌めいて、生温かい。床に弾かれたような返り血がいくつもあって、彼女の踏んでいる場所もまた血があって、少し捻るとぬるりと気味が悪い感触が襲う。背筋に寒気が走る。思わず跳ね上がる肩。異臭が辺りを漂っていた。真夏の生温い空気に絡んで鼻を突く血の匂いにラーナーは激しく咳込んだ。直後に猛烈に襲いかかってくる吐き気を抑え込もうと口と鼻を強く塞ぐ。そして、再び、セルドの顔をゆっくりと見る。
 何度見ても、同じだった。
「あ…………あ……、あ」
 首を軽く振りながら、しゃがみ込み弟の顔を覗き込む。見開かれて意志の無い瞳はどこも見ていない。どうしたらいいのか分からなかった。思考がついていかない。目の前が揺れている。目眩か、自分が揺れているのか、分別がつかなかった。どちらでもあるように感じられた。血塗れのセルドは少しも動かない。ただ、少し開かれた口から虫のようなか細い呼吸をしているように見える。まだかろうじて生きている。まだ助けられるかもしれない。それでも、彼女は動けなかった。目の前の緊急事態をそう簡単に受け入れられるほど、ラーナーは肝の据わった人間ではない。ただのごく普通の人間に過ぎない。そんなラーナーには、刺された弟の姿など毒そのものであった。
 脳裏に光ったのは、少年の瞳。暗転、氷が背中に突き刺さったような感覚。
「殺されるよ」
 何度も響き渡る声。
 頭が痛い。ラーナーは手で頭を抱え込む。髪を握る様に乱した。目から涙が溢れだす。
 こわい。









「なんだ、こんなところにいたんだ」
 低い声。ラーナーは反射的に顔を上げた。顔中に流れている涙が、部屋の明かりに光る。恐怖と驚愕に歪んだ表情は彼には甘い餌のようだった。
 逆光、帽子の下に浮かんでいる不気味な笑みはラーナーには化け物の顔そのものだった。服には返り血と思われる赤い斑点が幾つも付着している。右手に握られたナイフは血を拭きとったのか、刃が鮮明に光っていた。
 彼は唇の横に付いた赤い液体を、舌を伸ばしそっと舐めた。舌先についた血が口内へ潜り込む。ラーナーの心臓が跳ね上がり背筋が凍った。
 男とラーナーの視線が合う。
 逃げないと。彼女は本能でそう感じ、素早く立ち上がり覚束ない体勢で後方へ走りだした。
 廊下を駆ける。足跡として血が残るが構わなかった。無我夢中でアパートを飛び出した。
 走らなければ。逃げなければ。
 そうしなければ、確実に殺される。

( 2012/03/03(土) 19:29 )