まっしろな闇











小説トップ
ウォルタにて
Page 1 : 本日は快晴なり
 太陽が長い時間を経てようやく顔を出す。朝の気配が暗闇に淡く侵食し、薄らと明るさが滲み出していた明朝。日輪が姿を現した途端、眩しい光が辺りを照らして、世界はまぶたを開いていく。
 ちょうど、少年の視界を直射した。
 あまりの眩さに彼は気怠そうな表情を浮かべて、キャップ帽のつばを下げた。濃くなった影の下、深緑の瞳を細くする。夜中に冷えた空気が創り出した凪風が僅かに露出した肌に沁み、身を震わせる。
 何の音もない。いや、音はある。
 彼の乗っている、真っ白に美しい毛並みのポニータが、乾燥した地面を優しく歩いている蹄の音だ。
 そのポニータの瞼も彼と同じように少々閉じた加減をしている。太陽のせいか、あるいは眠気によるものか。欠伸をする様子を見れば、後者の原因が深刻であるとうかがえる。疲労の滲んだ足取りは重く、時折何かを訴えるように振り返っては少年に大きな瞳を向ける。立ち止まることもある。ポニータの訴えは背中に乗る主にはひしひしと伝わっているが、彼は無視を貫く。そのまま逃げるように視線を右の方へ逸らした。
 朝の光に照らされているのは、なんとも平凡で静かで、絵に描いたような田園風景だ。
 四方どこを見回しても、歩いている道の脇には田圃ばかりがひたすらに一面に広がっており、青々と豊かに伸びた穂は力強く、ほんの凪程度では微動だにしない。遠景に聳える木々の繁みまで余すことなく続いている姿は、目前を穂の海が広がっているかのようだった。民家というのも時折一軒、しばらく歩いてまた一軒ようやく見えてくるという具合だ。変わったものは何もない。延々と代わり映えの無い道を進んでいく。それが尚一層眠気を増幅させている。
 道は舗装されておらず、細かい砂の道だ。人の足や、タイヤで踏み固められてできたのだろう平らな道。ポニータにとっては硬質なコンクリートで固められた道や情緒豊かな石道よりも、砂や草原などの自然のままの道の方が足への負担が少なく好ましいので、好都合である。だがそんな流暢なことも言っていられないくらい、ポニータはいよいよ不機嫌に鼻息を荒くしている。
 しかしやはり少年は見て見ぬふりをし、眠たげに小さな欠伸をした。
「何もないところだな……」
 改まった感想に賛同するように、ポニータは細々と喉を鳴らし、ゆっくりと頷く。
 少年はそっと微笑んで、ポニータの柔らかな頭を撫でる。柔らかい耳を巻き込んで、長い首の後ろまで下ろす。手つきは指の先までとても優しい。もうすぐだから、と宥める声もまた穏やかだった。
 不満げな様子のポニータだったが、そうされては返す言葉も無いかのように――尤もポニータは人語を話せないが――諦めを含んだ溜息をついた。
 安心したように少年は再び視線を上げた、そしてふと、ある民家が目に入る。地震が起これば、あるいは突風が起これば抵抗なくすぐさま倒れてしまいそうな、乾ききった掘建小屋のような小さな木造の家である。近付けば風で軋む音が耳に届くだろうという気配が遠目でも感じ取れる。
 だが、正しく記すならば彼の目に留まったのは、死に際の建築物ではなく、その家の前にいる人間である。
 子供だった。
 七、八歳といったところか、幼い女の子である。黒い髪の毛は整えておらず自由奔放に伸びきって跳ねまわっていた。泥や埃で汚れ草臥れた服を着ていて、靴も靴下も履かず、素足である。洗っていないのか、可愛らしい童顔も遠くから観察しても分かるほどに汚れている。真剣な顔つきでせっせと小さく細い身体を動かしているようだが、具体的に何をしているかまでは少年の瞳に明確に映らなかった。
 けれど自然と理解はできた。深い溜息をつく。

「ここも、か」
 その声は憐れみでも悲しみでもなく。
 諦め、に近かった。


 *


『今日もウォルタはとても良いお天気に恵まれ、絶好のお出かけ日和となるでしょう―』
 小さな部屋の机上に鎮座する小さなラジオから毎朝お馴染みとなっているお姉さんの声。爽やかな朝を象徴するようなはきはきとした喋り口からは、スピーカー越しに満面の笑みを浮かべている姿すら想像できた。
 そしてその声に呼応するように、窓からのぞく空は雲ひとつない青空が広がり、太陽は燦々と地上を照りつけている。確かにあまりに絶好調な天候だ。既に気温はぐんぐんと上昇しはじめ、時計の針はもうじき朝の九時を指そうとしていた。
 一方、部屋の中は騒然としていた。
 部屋の主である少女、ラーナー・クレアライトは背中まで伸びた栗色の髪を懸命に櫛で梳かしていた。赤いラジオの隣で鏡を立てかけ、必死に身だしなみを整えている。その動きは慌ただしく、覚束ない。
「ああーもうっ時間がきちゃうじゃんっ」
 寝坊をしてしまったのだ。昨日夜遅くまで部屋で遊んでいたのがいけなかったのだ。
 世間一般では休日だけれど、ラーナーには朝早くから予定がある。壁にかけてある人気キャラクターの時計が気になって仕方が無い。
 無情にもそうしている間にも時間は過ぎていく。秒針は小さく音を立てながら時を刻む。
『―それではおまちかねの、今日の占いにいきましょう!』
 ラーナーは赤いゴムを取り、鏡を見つつ急いで髪を高い位置で一つに束ね、結ぶ。
『今日の一位は! 魚座のあなた!』
 残念ながらラーナーは魚座ではない。耳をちらりと傾け、自分の星座が何位かを気にする。
 女性キャスターは次々と駆足且つ滑らかに星座の名前やらラッキーアイテムやらを読んでいく。何故そうも早口で舌を走らせられるのか、ラーナーにとっては昔からの疑問であった。
 しかしなかなか自分の星座は出てこない。まさか。嫌な予感が脳裏を走る。急がなければならないのに耳を立ててしまう。いやそんなことあってたまるか。そうは思うもいよいよ十二番目まで出てくることは無かった。
『残念ながら最下位のあなたは、双子座のあなた!』
 思わず彼女はぴたりと動きを止め、ラジオに釘付けになる。
『いろんなところで転んじゃう日。足元には気をつけて! 家の中にいた方が安全かもしれません』
 どういう意味だ、と心の中で叫ぶ。今まさに家を出る準備を進めているというのに。
『そんなふたご座のあなたに、もやもやを吹き飛ばすラッキーアイテムをご紹介!』
 一時身支度を投げ出したまま、全神経をラジオに集中させる。お姉さんはやや間を置く。
『赤いキーホルダーを常に身につけて! そうすれば運命の出会いがあるかも』
「……」
 ラーナーは決して占いを信じているわけではない。けれど勧められてしまえば信じていなくともやっておいてみたくなるたちであった。
 彼女は以前友人とお揃いで買った赤い星のキーホルダーを机の引き出しから出して、デニム生地の短パンのポケットに乱暴に入れる。
「……出会い、か」
 ふと我に返ったようにしんみりと呟く。俯いた瞳が朧気に光る。
 ラジオ番組はエンディングへと入っていった。とても近くで聞こえているはずなのに、彼女にとってはどこか遠くで発せられているような電子音が部屋に空しく響く。
 数秒、彼女の中で、時間が止まる。
 現実の時は、しんと過ぎてゆく。
 賑やかな番組は終わりコマーシャルが流れ始めると、唇を軽く噛んで、叩くように主電源を切った。
 と同時に時計は九時を指し、ほとんど同時に、彼方で鐘の音が鳴り響いていた。ウォルタ市内中心にある名物の古い時計台の鐘だ。浪々と街のすみずみまで音の波動は伝わっていき、それに呼応するように窓の外で小鳥達が可愛らしい鳴き声と共に青空へ羽ばたいていった。窓の傍で植えられた、青々とした木々が揺れる。
 風の音。


「……行かなきゃ」
 絶対に間に合わせなければならない。一年に一度だけ来る大切な日。大切な時刻。
 椅子に置いていたベージュのショルダーバッグを取る。小さく簡素で使い古されているその中身を軽く確認してから、まるで逃げるように部屋を飛び出した。そう、止まっている場合などではないのだから。


 外の世界は朝から活気づいていて、人々の笑顔が溢れんばかりに走り回っていた。
 水の町と呼ばれるウォルタは今日も大勢の人で賑やかで平和。それは日常的な景色。今日もいつもと同じような平凡な休日になる。そんなこと、当たり前すぎて誰も考えてすらいない。

 それでも物語は、既に始まっているのだ。
 例えそれが、どんなに先の見えない暗闇の中に歩いていく道だったとしても。
 それでも物語は、既に始まっているのだ。
 例えそれが、どんなに涙を止めることのできない道だったとしても。

( 2012/03/03(土) 19:28 )