まっしろな闇











小説トップ
ウォルタにて
Page 14 : 行先
 朝日は高くまで昇っていた。照りつける日差しは痛い。
 市街を出て最初の方こそ舗装された道だったが、今はもう自然の乾いた地面の道。歩くと砂を蹴る音がする。この道に入ってから、ラーナーは何度水の町を振り返ったのだろうか。その度に悲しげな瞳をするのを、クロは見ていられずにいつも目を逸らしていた。
 街の中心にそびえる高い時計台だけが見えて、それも随分小さくなり、遠くまで来たと物語る。きっと今頃街の中は活気に溢れているだろう。町を流れる川は子供たちで賑わっているはずだ。
 クロとラーナーが現在歩いている辺りには、真っ直ぐに伸びる道の外側には草原が広がっていて、木々がぽつぽつと点在している。それぞれが生温い風を受けて、引いては寄せる波の動きのようにうねっている。
 またラーナーは振り返った。その瞬間、遂にクロは大きな溜息をついた。
「なに、そんな溜息ついて」
 ラーナーはクロを軽く睨む。
「あんたさ……いい加減そうするのもやめたらどうなんだよ」
 クロは帽子を深く被り直しながら、苦々しく言う。
 その途端、クロの背後に控えたポニータが彼の背中を鼻で押し、うわっ、と声をあげて前につんのめる。ポニータは怒っているのか鼻息を荒くして、じっとクロの方を見ている。
「お前、あいつの肩持つのかよ」
「故郷を離れるんだよ。これくらい分かってよ」
「故郷ねえ……」
 また溜息をついて、クロは両手を頭の後ろで組んで空を見上げつつ歩き始めた。
 ラーナーは唇を尖らせ、小走りでクロを追いかける。
「初めて会った時から思ってたけど、クロはデリカシーないよね」
「別にどうでもいいだろ」
 唾を吐き捨てるような物言いだ。
 ラーナーはこれからに不安を抱えた。ある程度予想はついていたが、想像よりうまくいきそうにない。ポニータは寄り添おうとしている気持ちが伝わるが、人間の言葉を喋れない。
 不安が襲いかかる。けれど一人で旅をするのは比較にならない程恐ろしい。
 終わりのない旅は長くなるだろう。今は少しでも溝を埋める必要がある。
「あと、あんたっていうのもやめようよ。ラーナーって呼んで。ラナでもいいよ。友達にはよくそう呼ばれる」
「よく喋るな……」
「なに?」
「いや、何も」
 それから数分間、暫く二人は何も喋らなかった。お互いに語る言葉を見つけられなくなった。
 太陽が熱い。気温がみるみる上昇していくのが体中で感じる。照りつける光、風の無い道。ラーナーは後ろ髪を両手で束ねて、少しでも首に空気に触れさせる。暑気に加えて長い歩行は、慣れないラーナーの足取りをだんだんと重くしていく。
 先ほどまで隣同士にいた二人だったが、ラーナーが徐々に後退していく。
 ポニータはクロの頭を軽く突く。クロは相変わらず苛立ったような顔で振り向き、視線をポニータに移す経過で、漸くラーナーの顔色と足取りの悪さに気付いた
 頭を突いたのはクロにラーナーの疲れを気付かせるためだった。
 溜息をつき両手を腰に当ててさり気無く周りを見渡せば、木陰の元で休めそうなたた大きめの木が目に留まる。数十メートル先にあり、距離はさほどではない。
「あそこで休もう」
 ラーナーは若干俯いていた顔を上げ、クロが右手で指さす方向を見て、安心したように頷いた。自然と彼女の足取りは軽くなり、彼の隣に戻った。
 後ろから風が押し始めてくれる。ぬるい風だがどこか心地よく感じさせられる。一休みできる目的地が明確化されるだけで心が躍るものだ。ラーナーはいち早く草原へと足を踏み入れた。堅い地面ばかり歩いていたおかげで、草の絨毯は柔らかく感じられた。花がちらほらと咲いている草原。夏の日差しは更に生き生きとした眩しい青さを演出させている。
 道から離れていない場所にその木はあった。ラーナーは木陰に入る。瞬間に体中が急に涼しさに襲われる。特別涼しいというわけでもないが、これまで直射日光に当たっていた分、日陰というだけで心地よいものだ。
 遅れてクロも木の下に入る。寝不足のクロも疲れが無かったわけではない。涼しさのあまり溜息をついた。
「涼しー」
 ラーナーは鞄を下ろして身体を伸ばす。
 クロも鞄を置き、木の幹に背中を当てて座りこんだ。遠くから予想していたより大きな木は、身体を伸ばしても充分ゆとりがある。クロは帽子をゴーグルがついたまま取った。塞ぎ込んだ髪に新鮮な風が通り抜け、何ともいえない心地よさが撫でる。
 帽子を取ったクロを見るのが初めてのラーナーは目を見開いて、座りこみ、まじまじと彼の髪の毛を観察する。
「すごい、本当に深緑なんだね。綺麗な色」
「そんなじろじろ見なくても」
 不快気にクロは目を伏せる。ごめんごめんとラーナーは笑った。
「でもこんな髪の色、初めて見た。地毛だよね。外国の人みたい」
 ラーナーは言いながら微笑んで、服の襟元を手で掴んで扇ぐ。
 顔を硬直させたクロを余所目に、ポニータはその隣で四足をゆっくりと畳んだ。
「ね、これからどこにいくの」
 顔色が徐々に良くなってきたラーナーは、ずっと気になってはいたがなかなか口に出せなかった質問をした。
 ああと思い出したかのように声をこぼし、クロは脇に置いていた鞄のファスナーを開け、折りたたまれた紙を出し、それを広げて草原に置いた。それはこの国――アーレイスの地図だった。
 右側と下側、つまり東側と南側は海に面し、北と西はまた別の国と面している。
「今がここ」
 ウォルタの南に外れたところを指さす。ウォルタは東の海に沿った町だ。もう少し南に位置していたら、南の海にも面する位置にある。要するに角に近い。
「ここからこう行って、――バハロに向かう」
 指が左――西へゆっくりと動く。それはこれから歩いて行く軌跡。再び止まる。そこには一つの町がある。
 小さな町だった。というのも、書かれている文字の大きさでわかる。
 ふぅん、とラーナーは喉の奥で声をだす。
「バハロならここからまあ割と近いし、小さいから奴らの手も薄いはずだ」
「……うんっ」
 言葉の弾みの良さに、クロは自分では気付かず安堵した。


 *


「緊急任務、ですか!?」
 彼は驚きを隠せず、思わず大きな声を張り上げた。その後すぐに、自分の口を塞ぎ辺りを見る。
『すみません。一番近くにいるのが貴方なんです』
「でもさっき僕……」
『バジルさんから話は聞いてます。でも、あの辺りは派遣人数も少ないですし、手薄なんです』
 話しているのは黒の団の一員である金髪の少年だった。古いポケギアごしに通話をしている。
 彼はウォルタ市内の人のいない暗い場所で壁に背を寄せていた。壁の高い建物に囲まれ、日があまり入ってこない。おかげで暑さはあまり感じない。けれど彼の中では何かたぎるものがあった。
 少年は改めて辺りに人がいないことを確認すると、深い溜息をついた。
『そんなあからさまに溜息つかないでください』
「すいません……」
『ココ・ロンドを見かけた、という情報が入りました』
 その瞬間、金髪の少年の表情が引き締まる。
『偽情報かもしれないですが……行ってくれますか』
 金髪の彼は唇を噛む。本心は、あまり気が進まなかった。バジルから笹波白に関する任を受けたばかりだというのに、タイミングが悪い。けれども分かっている。立場を考えれば断ることなどできない。自分は、所詮“できそこない”なのだから。
 沸き上がる不満を抑え、唇を開いた。
「――どこですか」
 緊張の糸が張られる。金髪の少年の声は低く、真剣なものだった。彼の気持ちが緊張に走るほど、少年の目はより獣に近くなる。
 暫く返事はなく。代わりに紙をめくるような音がした。何秒かしてから音が消える。
『バハロです』

( 2012/03/03(土) 19:30 )