まっしろな闇











小説トップ
ウォルタにて
Page 9 : 炎
 刃の炎はクロ自身をも包み込むばかりに燃え上がっていた。季節は夏、加えて荒れ狂う炎。気温は跳ね上がり、しっかと気を保たなければ熱気に倒れてしまいそうだった。
 ラーナーも更なる身の危険を感じていた。吸い込む空気で喉に火がつくような感覚であった。灼熱の炎に巻き込まれる前に近くの建物の陰に隠れ、しかし動向が気になりそっと顔を出して様子を伺う。
 尚も刃から炎は噴き出している。燃える物などないはずだ。何故絶えず炎が暴れまわり、刃は無傷なのか。ラーナーには何もかもが解らない。
 熱風が唸る中、クロだけは異色だった。涼しい顔で、汗も一切流していない彼だけを見ればまるで熱の気配が無い。
 男の脳裏にはちある人物像が浮かぶ。目の前にいるのはその姿と全く同じ外見、そして同じ武器。しかし同一ではないと彼は断言する。違う、と発した、あの瞬間剥き出しになった感情は憎悪ととっても違和感は無い。
 嘘をついている可能性も充分に考えられる。むしろそう考える方がまともなほど、似通っている。
 だが迷っている場合ではない。邪魔者は殺す、相手が誰であろうと結論は変わらないのだ。男は腰のウェストバッグから数本のナイフを取り出し両手に構えると、一気にクロに向かって投擲した。
 空に描く線は直線的で躊躇いがない。刃先は真っ直ぐにクロへ向かう。クロは冷静にそれを見、左へ素早く避ける。が、その間にまた男は同様の武器を用意していた。回避した先へ向けてすぐさま投げる。今度は若干ずらしながら。男の動きもまた洗練されたものであった。だがそれもクロは避ける。
 しかし、足元に一本突き刺さり、動きは狂わされる。
 チャンスを男は見逃さなかった。今だと言わんばかりに男は左手に残っていたナイフを一斉に飛ばす。
 一方クロは冷静で且つ俊敏だった。避けきれないのならばと、その右手に握る武器、火閃で、横に一閃。火閃の刃とナイフの刃がぶつかる、彼方まで響く金属音が三度。そしてクロの足元に力を失ったナイフが三つ、音を立てて落ちた。
 気が付けば、クロの後ろ側で猛威を奮っていた炎の渦が収束に向かっていた。光に潰されていた影がだんだんと長さを伸ばしていき、夜は暗闇を取り戻していく。炎の回転は弱くなっていき、何事も無かったように死んでゆく炎の中から、全身に大火傷を負い、か細い呼吸をして気絶しているザングース達が次々に姿を現す。完全に力を失ったようにだらりと地に伏せ、逞しかった白い毛並みは焼き払われて元の色も解らなくなっていた。
 渦が全て消え去ったとき、ポニータは頭を軽く振る。
 和やかな風貌とは裏腹の力量を秘めたポニータに、猛ったザングース達の自慢の爪が届くことはなかったのだった。
「……ザングースは皆気絶。武器もかなり減らしたはずだ」クロは細い息を吐いた。「まだやるか?」
 挑発するように言い放つ。
 男は気を落としたように肩を落とした、と見せかけて、その肩が震え始める。
「ふ」
 不敵に口元が上がってすぐに高笑いを始めた。闇夜に不釣り合いな下品な嘲笑であった。不利な形勢にも関わらず狂気の渦は止まらないのか。異様な光景は少年少女の心を妙にざわつかせる。クロは不快げに眉間に皺を寄せ、その口をひとおもいに裂いてしまいたくもなったが、ほんの狼狽がその手を止めた。
「……藤波黒といったな。子供ながら、その力は認める。だが、少々油断が過ぎる」
 男の意図を読めずにいると、クロは何か不審な音に気付いた。何か迫ってくるような音だ。小さい。だが、少しずつ近づいてきている。ポニータは駆け寄るようにクロに近付く。音は大きくなっていく。ポニータが地を蹴る軽快な音ではない、もっと重く底からくるようなもの。
 下だ。
 瞬時にその仮定を肯定し、血相を変えて振り向いた。
「来るなっ――」
 忠告は遅過ぎた。
 ポニータの足下から、何かが石畳を突き破る。
 新手の白く巨大な爪がポニータの白い腹を切り裂いた。ポニータは悲鳴をあげつつも、クロの咄嗟の指示を聞いていたおかげか急所は避ける。が、続けざまに敵は背に重なるように生えている大振りの針を剥き出しに、ポニータの前足に力強く体当たりをする。
 大きくつぶらな黒い瞳を持つそれは、サンドパンだった。穴を掘るで相手の動きを止めてから、背中を覆う針を使った攻撃。加えて地面タイプの技である穴を掘るは、炎タイプのポニータに対し効果は抜群だ。ポニータは勢い任せに地に倒れた。攻撃を受けた腹部と右足からは出血が見える。
「ポニータ!」
 冷静沈着な少年が最も感情を露わにした瞬間であった。悲鳴にも近い叫びをあげ、愛馬の元へ駆け寄ろうとした。
 が、瞬間男の方から殺気を感じ火閃を振り回す。直後に金属音と共に腕にまで重い衝撃が伝わる。
「砂かけだ!」
 男はすかさず命令し、サンドパンは鋭い爪で自らの飛び出た穴へ爪を添えてすぐ、クロへ向けてまきあげた。石畳を砕いた所からぶちまける砂かけは石の破片も混ざり、充分な凶器であった。クロは咄嗟に身体を捻り回避しようとしたが、すかさずサンドパンは懐へと飛び込み体当たり。相手が人間であろうとその動きに躊躇は無く、見守るラーナーの悲鳴があがった。容赦のない一撃にクロの身体が吹き飛び、すかさず男は用意していたナイフを素早く投げた。
 転がりながらクロは無理矢理身を捩りナイフを回避したが、僅かに左腕を掠る。が、掠っただけでも刃先はクロの黒い服を引き裂き、浅い傷を残していった。
 建物の壁にぶつかる寸前で静止する。硬質な石畳の上、クロはゆらりと起きあがる。サンドパンの攻撃がよく効いた。鋭利に研がれた投げナイフも当たりどころが悪ければ危なかったろう。
 恐らくサンドパンが彼の本命のポケモンだ。男との呼吸がよく噛み合い、動きに乱れが無い。ポニータが動けずにいる今、状況は二対一。
「油断は戦場では命取りだ。持っているポケモンはポニータだけか?」
 男は形勢逆転したことで声が上ずっていた。
「……」
 クロは左腕に出来た傷を暫く見つめていた。表情は静かだった。風も波紋もないただ平らな湖のように、落ち着き払っている。
「おい、なんとかいったらどう」
「黙れ」
 氷のような声が男を強制的に黙らせる。
 凛とした空気が流れ、クロは火をまとった刃の片方を地に荒々しく打ち付けた途端、素早くそれを回す。クロ自身がコンパスとなったように、彼を中心とした歪な円を描く。地面に傷が付き、描き始めと描き終わりの線が重なった時、円は完成した。その時、線から火花がちらつき始める。
 男の背に悪寒が走った。笑みが張りついたような表情は凍りつき、足は動かなかった。
「一気に終わらせてやる」
 その声は怒っているようにも笑っているようにもとれた。

「炎渦鳳来(えんかほうらい)」

 呪文のような言葉を呟いた。
 直後、彼の傍をちらついていた火花が消え、途端同じだけの大きさの炎を纏った円が男とサンドパンの足下に周囲に現れた。気付き逃げようとした時には時既に遅し。その円は一気に発火、地面から火柱が天へ伸びる。勿論彼等はその中に巻き込まれた。
 あまりの急速な出来事に男は悲鳴をあげた。手が足が頭が腹が全てが炎に在り、視界の全面が暴力的な光で焼けている。耳の中を轟音が暴れまわり世界は一変した。
 が、すぐに気が付いた。致命的に、おかしい。
 ――熱くない?
「ポニータの炎を知ってるか」クロは男の入っている火柱に近付きながら問う。「ポニータの背は常に炎が燃えている。だけど、自分が信頼を置いた奴にはその炎を熱く感じさせない。それとこの炎の原理はよく似ている」
「っ」
 男は何か言おうとしたが言葉には出来なかった。
 クロは火閃を反回転させて改めて持ち直す。
 熱風によって帽子の下から覗く髪が弾けるように舞う。炎の光に照らされれば、漆黒のような瞳に宿る深緑が暗く輝いた。
「俺は、自分の意思で対象を燃やすか燃やさないか、操ることができる。だから今あんたが入ってる火柱は見かけ倒しってとこだ。だが出ない方がいい。外側は本物だ。サンドパンも同じ」
 その声は男の耳にはっきりと届いていた。だんだんと荒くなっていく男の呼吸。胸の中に何かどす黒いものが滝のように流れてくる。
「戦いで自分の手の内を明かすのは死活問題。なのに何故あんたに話したか……解るだろ」
 男の全身が震えあがった。目が見開き、呼吸が今までになく激しくなる。すぐ起こるであろうことに対する焦りと恐怖と苦痛をはっきりと予感した。
 炎の壁が遮っていても、外から絶望に駆られる男の姿がよく見えた。クロは檻に囲まれた動物を眺めるように、極めて冷ややかな表情でその様子を見つめていた。
「さよなら」
 直後、クロは大きく一歩を踏み出し右腕を大きく振った。刃が火柱に突き刺さりすぐにまた姿を現すと同時に炎の中から鮮明な血飛沫が弾けて、二つの火柱の威力が増したかのように炎が膨らんだ。
 炎のいきものに喰われた男の姿はもう外からは見えない。声も聞こえない。無理矢理掻き消された二つの悲鳴の余韻が、荒れ狂う熱風の中に溶けていった。

( 2012/03/03(土) 19:29 )