第一章   『チカラのハナシ』
01
「うわあああ!!」
ばっと飛び起きた拍子に寝わらが中をまう。
まだどきどきと打っている心臓に前足をおき、深く深呼吸をした。

「また、夢か。」

そう、夢。
だけど、それは恐ろしいほどに鮮明で、実際に起こっていることのように感じられる。
音は、まるで耳元でささやかれた声のように。
光景は、くすみの一つも見えない、これでもかというほど鮮やかで。
あのときのことが・・・ビデオのように巻き戻されたような。
「まあ、夢は夢さ。君もそう思うだろう?」
なにもない空間へささやく。
気のせいか、空気が揺らいだ気がした。


しんと静まった部屋の中で、いつものリボンを首へ。
茶色いボタンと金色の飾りがあたり、少しだけ音が鳴った。
ここまではいつも通り。
だが、いつもは用意しないもの。
カバン。薄茶色の肩掛けカバン。
ところどころすり減って、年期が入って見える。
中にはパンとジャム。・・・あとぬいぐるみ。
か、かわいい趣味なんて言うなよ!

ドアを開けると、春の暖かい風がほおをなでた。
『いってらっしゃい』
そう言ってくれる家族はいない。
もうなれてしまった自分に腹がたつ。
目の前に現れたのは、いつも通りの庭。
いつも通りの風景。

いつもと違う、ブースターという存在。

「うっわああああ!!」
ブースターは倒れた僕を見下ろす。
そして、耳に当てていたヘッドホンを外し、首にかけた。
ブースターは垂れ耳で、その上に当てることでヘッドホンの形状でも音が聞けるようだ。
・・・ってそんなことどうでもよくって!
「お前がそうか。」
ブースターは口を開く。
ボクがなんだって!?
ブースターは慌てふためくボクの手を握り、引っ張った。
かなり乱暴に起こされたボクは改めてその相手を見る。
ボクより頭一つ分高い背。
気の強そうな目は、確かにボクを見つめていた。

だめだ。
ボクのそばにいては―――

まだ握られている手を、ボクは自分の方へひっぱる。
「やめて・・・!だめだよ、ボクに関わっちゃだめ!」

「お前に関わったら・・・死ぬんだろう?」

予想もしていなかった。
このブースターは。
なぜ知っているのだ?
「・・・あ・・・。」
ブースターはおとなしくなったボクを引っ張り、庭の外へ歩く。

「俺についてこい・・・大丈夫だ、たぶん、死なないから。」

今度も気のせいだろうか。
開けっ放しにされた家のドアの前で、空気が揺らいだ気がした。


ティス ( 2014/05/03(土) 21:46 )