カティラ学園 〜ガルバの学園生活!〜
外伝! 〜リイン、暴れる〜
ガルバが新しい仲間を加えて数週間後の話である。

健康診断。
身長・体重を計るだけの行事。

「背ぇ高くなってっかなぁ・・・・・・?」

シンエンは呟き、階段を下りていた。

「それは計ってもらわねぇとわかりゃしねぇよ。 マジ眠い」

ガルバは欠伸を噛み殺しながら、シンエンに言った。

「んな事より・・・・・・リインのほうは大事か? 昨日からずっと落ち込んでいるが?」
「ん? ああ、あれか・・・・・・」

シンエンは頭を掻きつつ、呟いた。

「全然駄目だな。 立ち直る可能性ないわー」
「『ちゃんぽん券』で釣ってみたの?」

アトマはシンエンに聞いてみたが・・・・・・――

「惜しい。 もうちょっとで立ち直れそうだったんだがなぁ」
「そっか・・・・・・」

ガルバ達は喋りつつ、どんどん下へ下へと降りていった・・・・・・。――

◆リイン側◆
「嫌だ〜〜〜〜」

リインは机に突っ伏していた。

ここは『多種組』と呼ばれる教室。

シンエンやリインは、多種多様なタイプを使う為、創られた組である。

「なんで男子はあんな軽いの? 馬鹿なの? 死んじゃうの?」
「リインちゃん少し落ち着いて」

一緒に居たカミナは、リインを宥めていた。

カミナとリインは、ガルバとシンエンが『ドーム』に行ってる間に知り合ったのだ。

「だって私小さいんだよ? 乙女なんだよ? 健康診断なんて嫌だよ〜」

リインが唸ってる間に・・・・・・――

「オイ、次はお前等の番だぜ?」

――シンエンが来た。 と、同時に。

「うなあああああっ! ビルド、『きあいだま』!」
「リキイイイイイッ!」
「うぉぅっ!?」

いきなり攻撃を放ってきた。

「テメェゴルァッ! ヘルケーノ、いけ!」
「ブバァァァンッ!」

シンエンはボールからブーバーンを出し――

「ヘルケーノ! 『サイコキネシス』だっ!」
「ブゥゥ・・・・・・バアアアアアアアアアアアンッ!」

――壁をビルドに投げつけた。

「やったなコノー!」
「ウッセェ!――」



――・・・・・・後ほど、この2人が指導室で3時間絞られたのは言うまでもない・・・・・・――

■筆者メッセージ
リインが壊れた瞬間である(笑)
ガオウ ( 2011/09/17(土) 12:03 )