カティラ学園 〜ガルバの学園生活!〜
初めての仲間
「メタグロス! 『バレットパンチ』で牽制しろっ!」
「メタァッ!」

ガルバのメタグロスは『バレットパンチ』を放ち、エアームドの右翼を狙ったが・・・・・・。

「ギュエエエエッ!」
「なっ!?」

エアームドは『こうそくいどう』でメタグロスの『バレットパンチ』を回避。
さらに『こうそくいどう』のスピードアップを上乗せしたことにより速くなった『ドリルくちばし』を放つ。

「メタグロス! 『アームハンマー』で押さえろ!」
「メタァッ!」
「ギュワッ!?」

しかし、上からエアームドを押さえつけて地面に叩きつける。

「今のうちだっ! モンスターボール!」

ボールはエアームドにぶつかると、エアームドが赤い光に包まれた。
そしてエアームドがボールに入り、激しく揺れだした。

「いかんな・・・・・・異常なまでの防御力が『アームハンマー』を易々と耐えていた・・・・・・これでは逃げられる可能性が高いぞ」

シンエンは冷静にそう告げると、ガルバは答えた。



「それでも・・・・・・それでも、可能性が少しでもあれば捕まえられる!」



真っ直ぐな瞳でガルバは、シンエンに言い放った。

「・・・・・・ならば、賭けていろ。 見ていてやるからよ」

シンエンはそっぽを向いて言った。――

――暫くボールは揺れ、いきなり震えると・・・・・・・。

・・・・・・カチッ!

「「!」」

エアームドを、手に入れた。

「やった・・・・・・やったぞおおおおおおおおっ!」

ガルバはボールを掴み、上に投げた。

ボールからエアームドが出、ガルバの目の前に降り立った――

■筆者メッセージ
2匹目の手持ちとして、エアームドが仲間入りしましたっ!
ガオウ ( 2011/09/02(金) 21:58 )