Chance Des Infinitude〜ムゲンの可能性〜










































小説トップ
Chapitre Deux Des Light〜草連の塔〜
Seize 議論からの説得
 Sideライト



 『ライト、これはタダの火災ではなさそうだな』
 『…そうみたいだね』
 駆けるラグナを背中に乗せたわたしは、黒煙が治まりつつある塔、マダツボミの塔の天守閣を目指す。青い空を目指すように高度を上げ、同時に中の様子を確認する。わたしの背中にしがみついているラグナも、同じことをしていたらしく、こう口を開く。神妙な様子でこう語り、わたしの意見も伺うのだった。
 『柱とか壁でよく見えないから何とも言えないけど、この時間帯の塔にしては騒がしい気がする。時期的に修学旅行とか、そう言うのは考えられないし…』
 これが夏とか秋なら、団体で来ててもおかしくないけど、今は春。しかも、まだ始業前だから、尚更だね…。限られた情報だけで推測したわたしは、彼の言葉にこう答える。あと数メートルまで迫った天守閣に目を向け、さらにこう考える。
 『仮に火災だとしても、俺達で鎮火させるのは無理だ。せめて、中の観光客を外に誘導する、それだけだな』
 だよね…。わたしが冷凍ビームで氷を作って、ティルに溶かしてもらう、っていう手もあるけど、それだと効率が悪すぎる…。だから、とにかく今は、中の人を避難させるのが最優先だね。
 『うん』
 確かにその通りだよ。彼の分析に納得し、わたしは頷く。その頃には、わたしの高度は目的の天守閣まで達していた。中が騒がしいのは、きっとこの火災で逃げまどっているからだろう。そう結論をだしたわたしは、天守閣の窓と高度を合わせるように、反時計回りに旋回する。翼をたたんで滑空し、突入する体勢に入った。
 『ラグナ、いく…』
 『ライト、まだ待ってくれ』
 『えっ? 待つって、何で』
 いくよ、だから、しっかり掴まってて! そう言おうとしたけど、言い切る前にラグナに遮られてしまった。彼はまるで、今は行くべきじゃない、そう言うかのように、わたしを制止させるのだった。
 それにわたしは、慌てて急停止する。その場で浮遊しながら振り返り、疑問符を浮かべながらその真意を問いただした。
 『匂いを探って分かった事だが、これは恐らく、自爆の煙だ』
 『じっ、自爆? でも何で自爆を発動させる必要が…』
 自爆の? バトルだったとしても、そこまでして勝ちにこだわる必要がある? いや、そもそも、こういう木造の建物の中では、炎タイプとか、爆発するような技を使うのは禁止になっているはず。だったら、何故…? 考えられるとしたら、自爆を使わざるを得ない状況になった…。普通に考えると、そのくらいしか思い浮かばない。でも、これはまずあり得ない。自爆を使うぐらいだから、どこかに閉じ込められた…。そのレベルじゃないと使わない。そもそも、自爆は、使ったら戦闘不能になっちゃうから、好んで使うトレーナーなんて、滅多にいない。第一に、今日旅立ったばかりだ、っていうカナちゃんのメンバーが、自爆を使える段階に達しているはずがない。もっと言えば、メンバーのイーブイとポッポ、両方とも、自爆を覚える事ができない…。
 っていう事は、自爆を発動させたのは、カナちゃん以外の誰かのメンバー、って事になる。常識的に考えると、ここで使うはずがない。だとしたら、こう考えるしか…。
 『ラグナ、まさか…』
 彼の言葉で、わたしは短い時間でこう思考を巡らせる。案を挙げては否定し、別の可能性を考えては取り下げる…。その繰り返しで、自分なりの答えを導き出していく。その結果、何とかそこに辿りつくことが出来た。出来たけど、それは決して良いものではなかった。
 だから、わたしは恐る恐る、それを口にし始める。できれば、そうであって欲しくない、そう、願いながら…。
 『“プライズ”か“プロテージ”、どっちかの仕業…』
 『そうでなければ、救出して、ラフが出てきていてもいいはずだ。だが、まだ中…。そう考えるのが、自然…だ』
 やっぱり、そうなるよね…。彼の発言で、わたしの結論は、悪い意味で確信に変わってしまう。それはラグナも同じだったらしく、チーゴの実を何十個も食べ終えた直後のような表情をしている。こう考えざるを得ない、そい言いたそうに、言の葉を絞り出していた。
 『なら、すぐにでも助けに…』
 『だからライト、待つんだ! 』
 『待つ? 待ってられないよ! “エクワイル”として、助けに…』
 『“エクワイル”以前に、ライト、お前は伝説の種族…。ジョウトにもラティアスとラティオス、両方がいる可能性がある以上、ライトも捕獲対象になる可能性が高い。よく考えてみろ、“プライズ”と“プロテージ”、どちらも密猟組織。“グリ―ス”がそうであったように、目的の為なら手段を選ばない。予定を変えて、ライトを捕まえようとするのは目に見えているだろぅ? 』
 『たっ、確かに、言われてみれば』
 ひたすらわたしをいかせまいとするラグナに、わたしは猛反論。でもそれは、吐き捨てるように説得する彼に遮られてしまった。
 その彼は、おそらく焦りながら根拠を挙げていく。でもそれを表には出さず、続けていく。わたし達に加わる以前…、三年半ほど前まで、今は解散した密猟組織の幹部のパートナーだった彼…。それ故に、彼の言葉にはかなりの説得力があった。
 彼の経歴を知るわたしは、この説得に反駁する事ができなかった。それどころか、筋の通った主張に、納得していたのだった。
 『そうだろぅ? だからライト、お前は…』
 『わたしはステルスで潜入して、敵を殲滅する。テレパシーで、気付かれないようにみんなに指示を出す…。それでいくよ』
 わたしも対象になる可能性があるなら、姿さえ見せなければいい。折角わたしはラティアスなんだから、使わないと。同時に、わたしは“エクワイル”の一員でもある。わたしがいない今、イーブイを連れてるカナちゃんが狙われているに違いない。だから、それを阻止するためにも…。
 今度はわたしが彼に割り込み、主張する。言うや否や、自らに言い聞かせ、意を決する。正面に視線を戻し、彼にこう呼びかけた。
 『だがライ…、はぁ、これ以上言っても聞かないか…。…ライト、くれぐれも掴まるなよ』
 『当たり前でしょ! 』
 とうとう彼は、わたしの考えに折れてくれた。意気込むわたしにこう忠告し、彼も気持ちを切り替える。
 当然わたしは、それに大きく頷く。その後すぐに加速し、彼を降ろすために目的地へと接近し始めた。


  Continue……

■筆者メッセージ
シルク『“絆のささやき”第三十六回目は、内容の補足と近況報告をお送りするわね。

ええっと、コット君側の方も読んでくれてる人は何となく察してるかもしれないけど、この話は、ちょうどラフちゃん達が塔に潜入したぐらい、かしら? ラグナさんのセリフから考えても、あながち間違いじゃないかもしれないわね。…当のコット君がどうなったかも気になるけど、とりあえずは、今後の展開に期待ね!

さて、この辺りで、近況報告に入らせてもらうわね。

前にも話したかもしれないけど、私は今、コガネ大学で学生実験の補助をしてるわ。もちろんそれだけじゃなくで、間時間を見つけて、自分の研究もしてるわ。今の私のテーマは、いかにして、特定の属性の威力を減退させる装備品を創るか…。一部の属性は試作段階まできてるけど、他は上手くいってない、っていうのが現状ね。研究は失敗のくりかえしだから、仕方ないわね。

文字数も迫ってきてるから、今回はここで終了とさせてもらうわね。
Lien ( 2016/04/15(金) 23:52 )