Chance Des Infinitude〜ムゲンの可能性〜










































小説トップ
Chapitre Deux De Cot 〜帰する郷里〜
Quatorze 行き違い
  Sideコット



 『えっ、マダツボミの塔に、ってことは、野生なの』
 『うん』
 場所が変わり、今ぼくたちがいるのは、春の暖かな日差しが差し込む屋外。心地いい風が吹き、ぼくのフサフサな毛を靡かせていく。イグリーの羽毛も弄ばれていて、若干風で乱れていた。
 そんな中、ぼくがあることを言うと、彼は豆鉄砲を食らった時のような声をあげる。驚きやすい彼は如何にもって感じで、感情を露にしていた。
――あの後のことを一言で言うと、少しだけ話してから別れた、って感じかな。カナ達は何の話をしてたのか分かんないんだけど、ぼく達は出身の場所のこと。ラフさんは生まれはホウエンって言ってたけど、色んなところに場所を変えてたみたい。確か春と夏はホウエンで、秋と冬はカントー、だったはず。それから、ぼくも言われるまで確信がなかったんだけど、ラフさん、カナと同い年なんだよ。カナが十四でぼくが十三。一つしか違わなかったから、本当にビックリしたよ。…で、それからは、ラフさん達と別れて次の目的地へ。目的地、って言ってもすぐ着くから、大それた移動はしないんだけど――
 『お母さんはトレーナー就きなんだけど、お父さんは野生なんだよ』
 『でも、何でマダツボミの塔に? オイラにはさっぱり分からないんだけど』
 先頭を歩くぼくは、横目でイグリーをチラチラ見ながらこう話す。もちろん、前に注意を向ける事も忘れずに。幸い近くにはいなかったから、ぼくの注意は杞憂に終わった、今のところ。
 『お父さんは元々ウバメの森の出身みたいなんだけど、街が気に入ったからこっちに移ってきたみたいなんだよ。中でも町中を見渡せるのがマダツボミの塔で、そこに住みつくようになったんだって』
 ぼくの少し上で羽ばたくイグリーに、ぼくはこう答える。見上げながら喋ってるからちょっと首が痛いけど、気にせず説明を続けていった。
 『ウバメの森かぁ。ウバメの森って、一日中暗い森だよね』
 『うん。行った事ないけど、そのはずだよ。で、お母さんは生まれた時からトレーナー就き。今のぼく達みたいに、トレーナー…、カナのお母さんとなんだけど、旅してた事があるんだって。結局リーグは制覇出来なかったんだけど、働くようになってから会うようになったんだって』
――お母さんの馴れ初めはあまり聞いた事ないけど、こんな感じだったかな――
 話の途中で、イグリーは羽ばたくのを止めて、地面に降りてくる。疲たのかどうなのかは知らないけど、ぴょんぴょんと両脚で跳びながら、ぼくの話しに相槌をうってくれた。
 『へぇー』
 『でね、お母さんのトレーナーが働いてるのが、塔の下の売店。イグリーは飛行タイプだから、見えるんじゃないかな』
――これは後で聴いた事だけど、飛行タイプは他のタイプよりも目がいいみたい。ノーマルタイプのぼくにはそう言うのが無いけど、他のタイプにもそういうのがあるらしい。ぼくが知ってるのは、お父さんの草タイプ。草タイプは晴れてると、調子がよくなるって言ってた――
 隣で聴いてくれてる彼に、ぼくは視線でその方を指す。ぼくにはまだ塔しか見えないけど、その建物がある場所を、彼に教えてあげた。たぶん、行く事は無いと思うけど。
 『塔の下、って事は、あの瓦屋根の建物? 』
 『うん。塔の下に木でできた建物があるでしょ? あれが…』
 「ねぇコット? イグリーも、マダツボミの塔に行ってから、スクールの方に行ってみない」
 『えっ、すっ、スクールに? 』
 その建物を見つけてくれたのか、彼は嘴でその方向を指す。ぼくにはそびえ立っている塔しか見えないけど、何の事かは分かっているから、『あってるよ』っていう意味を込めて大きく頷いた。
 確認の意味を込めて、その建物の特徴を言おうとしたその時、突然後ろからカナが割り込んできた。彼女は徐にぼく達に話しかけると、たぶん塔の右側を指さしてこう提案してきた。
 もちろんぼくは、まさか割り込んでくるとは思ってなかったので、変な声をあげてしまう。中途半端な返事になっちゃったけど、彼女の方に半分だけ振りかえった。
 「コットのお父さんに会いに行っても、まだ時間が余ると思うし、どうかな。久しぶりに先生の顔も見たいし」
 完全に彼女の方を見ると、何か懐かしそう。「みんなもげんきかなぁー」って小さく呟きながら、スクールがある街の東側に目を向けていた。
 『うーんと…』
――まだ昼だし、お父さんに会いに行っても、絶対に時間余るよね。だから…――

  ぼくはそれでいいとおもうよ。

 パートナーの提案を聴いてから、ぼくは一度空を見上げ、考える。どこまでも続く青い空を見ていると、何故かいい案が浮かんでくるような気がした。案の定、すぐに考えが頭を過ぎる。それを文字にして、注意を向けてくれているカナにそのまま伝えた。
 「うん、コットもそう思ってたんだね? イグリーはどうする? 初めてだと思うけど」
 『おっ、オイラも? 』
 完全に油断していたイグリーは、驚きのあまり飛び上がっていた。その彼にぼく自身も驚きつつも、何とか立ち直る。そして、彼の言葉を代わりに伝えるために、ぼくは耳をそばだてた。
 『うん』
 『おっオイラは…、特に見たいところはないから、それでいいよ。そう伝えてくれる? 』
 『任せて! 』
 彼から伝言を託されたぼくは、その通りに前足を躍らせる。その軌跡が意味を為し、ありのままに彼の発言を伝える事となった。
 そしてその後ぼく達は、お父さんがいるキキョウの古塔へと、話題の華を咲かせながら、歩みを進めていった。


――――


  Sideコット



 『お父さん、来た…、あれ? お父さん? 』
 雑談を交えながら進んでいたぼく達は、あれから数分かけて目的の古塔に辿りついた。四層構造になっているマダツボミの塔、その中をぼくは一段ずつ登っていく。小さいぼくにとってはちょっと大変だけど、何年も通ってるからもう慣れている。身軽に跳び上がりながら、お父さんがいる天守閣を目指した。
 イグリーは飛んでだけど、登りきったそこには、見慣れた光景。部屋の真ん中に、太い柱が空間を貫いている。お坊さんとか観光客が中で行き交ってるから、真ん中の柱はゆっくりと揺れている。そのせいもあって、この建物自体も、ちょっとだけ左右に撓っていた。
 そんな中で、ぼくはいつもの様にお父さんを呼ぶ。でもその途中で、ぼくはふといつもとは違う事に気付き、その声を途中で止める。疑問を感じながら、ぼくは頭の上にハテナを浮かべ、首を傾げた。
――あれ? お父さん、今日は下に降りて来てるんだね。いつもは屋根裏にいるはずだから、誰かと会ってたのかな? ――
 ぼくの視線の先には、来るときはいつも屋根裏にいるはずのリーフィア。何て言ってるのかは聞き取れなかったけど、お父さんは誰かに大声で話しかける、その瞬間だった。
 「ん? コットのお父さんがここにいるなんて、珍しいね」
 カナもこの事に気付いたらしく、「あれ? 」と不思議そうに声をあげてから呟く。それからぼくの方に視線を落とし、確認するようにぼくに訊ねてきた。
 『あのひとが、コットのお父さん? 』
 そこにイグリーも加わり、ぼくに訊いてくる。理由は違うけど、同じようにぼくに話しかけてきていた。
 『あっ、うん。あのリーフィアがぼくのお父さん。さっき話したよね』
 『うん。野生、って言ってたね』
 ほぼ同時に話しかけらたから、まずぼくは、カナの方から受け答えする。イグリーを待たせる訳にはいかないから、ぼくはまず、カナの方を見上げる。直接は伝わらないけど、『何でだろうね』って声をあげ、同時に身振りでもそう返事する。その後すぐにイグリーに向き直り、とりあえず頷く。右の前脚でお父さんを指さし、彼の質問にもすぐに答えた。
 『そうだよ。…お父さん! 下に降りて来てるって珍しいね。誰か来てたの? 』
 『そっか、仲間に…ん? コット、来てたんだね』
 彼にこう頷くと、ぼくはすぐにお父さんがいる窓際へ駆けていく。声が届く距離まで近づいてから、大声で呼びかける。いつもと違う点を言いながら、気付いてくれるのを待った。
 窓から見える空を見上げながら何かを呟いてたけど、お父さんはぼくの声にすぐに気がついてくれた。ちょっと取り乱してはいたけど、それでも何とかぼくの方に振りかえってくれた。
――空の方を見てたって事は、飛行タイプとか虫タイプの知りあいかなぁー。ドラゴンタイプも来れなくはないけど、この辺にはいないしね。だから、そうかもしれないね――
 『うん。ついさっき登ってきたところだよ。…ねぇ、お父さん、何か話してたみたいだけど、誰か来てたの? 』
 ぼくはこんな風に予想しながら、お父さんの言葉に頷く。イグリーの事とか、色々話したい事があった。でもその前に、いつもとは違ったお父さんの事を訊ねてみた。
 『ええっと、あぁ、うん。…それがコット、大変なことが分かったんだ』
 『えっ、たっ、大変なこと? 』
――おっ、お父さん? そっ、そんなに慌ててどうしたの――
 ぼくに話しかけられて、お父さんは一度、深呼吸する。何でしたのかは分からなかったけど、たぶん、落ち着こうとしていた。そして彼は、何とか言の葉を発し、その事を伝えようとする。でも、よっぽどその事に驚いていたのか、すぐに平生を失ってしまっていた。
 『そうだよ。コット、父さんには姉がいたことは知ってるよね』
 『うん。確か、ブラッキーだったよね』
――昔聞いた事あるけど、コガネに住んでた、って言ってたっけ? ぼくが生まれた時には、もうこの世にはいなかったみたいだけど…――
 『そうだよ』
 『二十年近く前の地震…だっけ? 』
 『そう』
――その時にお父さんのお姉さん…、ぼくの叔母さんが、巻き込まれたらしい。叔父さんとその娘さん…、ぼくの従兄弟も…、って言ってた――
 『その子供…、コットにとっては従兄弟になるね。その彼女が…、実は…、生きてたんだ
 『えっ、いっ、生きてたって…。生きてたって、本当に? 巻き込まれちゃったんじゃなかったの』
 『それが辛うじて助かったらしいんだよ。彼女は言うには、震災の少し後に一人の少年に拾われたらしい。その少年に育てられたお蔭で、生き延びたそうだ』
 『でっ、でも何で急に? 一昨日来たときはそんなこと、一言も言ってなかったのに…』
 『父さんもついさっき知ったばかりなんだ』
 『さっきって…』
 『コットと入れ替わるように帰っていったんだ。種族はエーフィで、名前はフィフ。この後用事があったらしくて、すぐにここを発ったんだ』
 『エーフィ、なの? 』
――エーフィといえば、ラフさん達の知りあいも、同じ種族だった気がする。そのひとの名前はこれじゃなかったから、別のエーフィだとは思うけど…――
 次々に明かされる真実に、ぼくは言葉を失ってしまう。思いがけず飛び込んできた従兄弟の情報に、ぼくは何も反応する事が出来なかった。だって、これまでずっと、いないって思ってきたんだから…。


  Continue……

■筆者メッセージ
シルク『皆さん、お久し振りね。私と@の都合で一週間 空いてしまったけど、“絆のささやき”、第三十回目、始めさせてもらうわね。今回は、ええっと、特に伝える事はないから、ちょっとした雑談でもお送りしようかしら?

ということで、皆さんは、誰かと行き違った事はあるかしら? 私は…、何回もあったわ。最近は、大学内で、かしら? 学生実験の件で教授に訊きたいことがあったんだけど、その時はいなかったのよ。代わりにいた、私と同じTAの人が言うには、「五分前に別の講義に向かった」らしかったの。生憎その日は会えなくて、後日伺う羽目になったわ…。ユウキが顧問をしてるバトルサークルで暇を潰せたのが、不幸中の幸いだったけど…。私のは、こんな感じかしらね。

…あっ、そういえば、今思い出した事なんだけど、コット君側とライト編、その両方で、物語が大きく動き始めるらしいわ。

今回はこの辺で終了ね。次回の放送をお楽しみに!
Lien ( 2016/04/15(金) 23:33 )