Chance Des Infinitude〜ムゲンの可能性〜










































小説トップ
Chapitre Une Des Light 〜新たなる大地〜
Neuf 不穏な空気
  Sideティル



 『…、私達が聴いたのは、こんな感じかな』
 『なるほどね』
 『だが、やはり状況はあまり良くはないようだな』
 ところ変わって、ここは三十番道路東街道。舗装された片側一車線の道路では、大型のトラックが轟音をあげて行き交う。ヨシノとキキョウを結ぶ路線バスもまた、両者の間での架け橋を担う。また、この道の両側で沿うように伸びる歩道も、様々な想いを誘っている。車道程ではないけど、そこそこの道幅。人間三人ずつが横に並んで歩いても、十分にすれ違えるほど…、だと思う。ポケモンの俺達にとっても、これだけあったら、十分だね、俺達三匹なら。しかし、バトルをするのには、少し狭い。…でもそこは、問題ない。何故なら、適当な間隔で路側帯みたいな感じで広いスペースが設けられている。簡易的なバトルフィールドになっていて、トレーナー達が自らの実力を熱く示し合っていた。
 そんな中で俺達は、一度進む足を止め、情報を整理する。今この場にいるのは、メンバーの中では最年長で、グラエナのラグナ。最年少でチルタリスのラフ。そして、ライトのパートナーで、マフォクシーの俺、ティル。俺達はライトとテトラと別れてから、陸と空、その両方から調査をしていた。内訳はこう。空からは、経験豊富なラグナと、飛べるラフ。正確には、超が付くほどの方向音痴なラフに、ラグナが付き添うかたちになるのかな。二匹には、空からの様子と、この地方の情報屋への聞き込みを頼んだ。陸の俺は、地元のポケモンへの聞き込みと、トレーナーからの盗みぎ…、いや、聴きとり調査。トレーナーもそこそこいるから、バトルを兼ねてね!
 で、それぞれがある程度調査が終わったから、西側の道との合流地点の手前で待ち合わせ。陸路の俺が少し遅れて、落ち合ったって感じかな。その後は、交通の邪魔にならない道の脇に逸れて、情報交換。ラグナ達も、そこそこ成果があったみたいだね。
 翼をたたんで地に足をつき、人通り話し終えたラフは、『ふぅ』と一息つく。時々翼で身振りを交えながら、何とか話し終えていた。その彼女に、俺は相づちを打ちながら、聞き入る。自分なりに頭の中でまとめながら、こう頷いた。調査中はラフに乗せてもらっていたラグナは、聞き耳をたてながら、右前脚をその場でせわしなく動かしている。短い指の間に細めのペンを挟み、スラスラとノートに情報をまとめていた。その彼はラフが話し終えると、そのペンを地面に置き、同じく置いているノートを、左の前脚でパタンと閉じる。彼なりに分析してから、苦い表情を浮かべていた。
 『そうだよね。最近この辺では、特定の種族が進化系も含めてみんな姿を消している…』
 『それがジョウトの色んな所で起きてるみたいだもんね…』
 何か物騒だなぁ…。一匹二匹なら、トレーナー就きになった事が考えられるけど、今回は、ある種族、一匹残さず…。俺が聴いた話では、三十番道路では、マダツボミとその進化系が一晩でいなくなったらしい。確かに、ヨシノに着いてから、今こうして話している間に、マダツボミ達は一匹も見かけなかった。来る前には、『この辺に沢山いる』って聴いてたのに…。
 二匹の話を聴きながら、俺はこう考える。情報と実感の両方を照らし合わせたら、事の重大さが浮き彫りになってきた。この事が色濃く感じられると、俺の気分は自然と重くなってくる。右手で頭を抱え、少し俯きながら、こう呟いた。
 ラフも俺と近い事を想ったらしく、普段と比べてかなり暗い声をしている。ショックが大きかったのか、いつもの明るさが全く見られなかった。
 …ラフには、ちょっと刺激が強かったかもしれないよね。だって、ラフはまだ十四歳。旅立つのが他のひとよりちょっと早かっただけだから、相当辛いだろうね…。僅差だけど、ラフが一番最近まで野生だったし。
 『それだけでなく、トレーナー就きのポケモンでさえ、狙われているという噂だ。傾向としては、俺達のような、ジョウトにはいない種族。他に、カイロスやミルタンクの様な、一部の地域にしか生息しない種族や、個体数が少ない種族、だ』
 “プライズ”と“プロテ―ジ”、どっちの仕業かはまだ分からないけど、ただ事じゃないよね、この状況は…。
 『トレーナー就きも狙われてる、って事は、私達も油断してられないよね』
 『うん。一人だけならまだ対処は出来ると思うけど、二人から三人…、複数で強奪しようとしてくるみたいだし…』
 ライトが“エクワイル”に入ってから知った事だけど、二十何年か前に、カントーとジョウトで、これと似たようなことがあったらしい…。でも、ここまで過激じゃなかった、って聴いてるよ。
 この調査で一番重要な事を、ラグナは重々しい表情のまま、呟く。そこに俺が、自分に言い聞かせるように、こう付け加えた。
 『何か、思った以上に深刻だよね』
 『うん。複数で奪う、って言うのが、特にね…』
 「やっ、やめてください! この子は私のポケモンなんです! だから離してください」
 「そういう訳にはいかないんでね」
 「おじさん達がちゃんと育ててあげるから、大人しく渡しな」
 『そうそう、こんな感じでね…』
 本当に、深刻だよ…。
 ラフの言葉で、俺は再び事態の深刻さを実感する。自然と辺りの空気は、空に輝く太陽とは対照的に、暗く、重くなっていた。
 と、そこに、そう遠くない場所から、一つの叫び声が聞こえてくる。少女らしい一つの声が、大人と思われる二つの太い声に…
 『えっ、なっ、何だって! 』
襲われていた。
 それを俺は、辺りに響く大型車の騒音のように、聞き流す事は…、出来なかった。何気なく聞こえてきた声に、気付くと俺は自然な流れでチラッと見、反応していた。でも俺は、数秒の間が空いたけど、大変な事だと気付く。その方に慌てて振り返り、声を思わず荒らげてしまった。
 それはラグナとラフも同じだったらしく、俺の驚く声と感情が重なっていた。ラグナは『マジかよ』と、信じられない、というニュアンスを含ませながら、ハッと見、ラフは驚きのあまり、両方の翼を名一杯広げ、後ろに飛び下がっていた。
 『「噂をすると…」とはよく言うが、まさかこんなに早く遭遇するとは』
 『とっ、兎に角、、早く何とかしないと』
 『じゃないと、“エクワイル”の名が廃るよ』
 ここからだと、あの二人が邪魔でどんな種族かは見えないけど、もう時間の問題、といっても過言ではなさそう。そもそも、女の子一人に対して、相手は大人二人、しかも、両方とも男。俺達、ポケモンで例えるなら、子供のフラべべ一匹に、カイリキー二匹が襲いかかるようなもの…。極端な例えだけど、これだけの力の差がある。…なら、一刻も早く、助け出さないと!
 その光景を改めて見た瞬間、さっきまで支配していた暗い空気がどこかへ行ってしまった。それに代わって、決意、使命感が、俺の感情の大部分を占める事となった。
 『ティル兄、私は言われなくてもそのつもりだよ』
 『俺達はライトがいなくとも、“エクワイル”の一員であることに変わりない。当然の事だ! 』
 ラグナにラフも、そのつもりみたいだね。
 当然この状況に、辺りの空気は一気に張りつめる。ラフは気合十分、と言った様子で翼を大きく羽ばたかせる。ラグナも、その相手を威嚇するように牙をむき出しにし、鋭い目つきで睨みつけていた。
 『もちろん。 じゃあラグナ、ラフ。テトラがいないから、プランBでいくよ』
 一応トレーナーって事になってるライトがいないから、パートナーの俺が、指揮を取らないと! まして、一組のトレーナーのこの先がかかってるんだから、尚更だよ!
 俺は一度、ラグナとラフ、両方に視線を送ってから、瞬時に策を練る。一秒に満たない時間で作戦を導き出し、手短にこう言い放った。
 『うん』
 『ああ』
 俺の呼びかけに、二匹とも大きく頷く。二つ返事で了承してくれて、すぐに行動を開始した。


 ラグナ、ラフ、この地方での最初の任務、絶対に成功させよう! そして、襲われてるあの人たちを、絶対に助けよう!



  Continue……

■筆者メッセージ
シルク『“絆のささやき”第二十一回目は、今回も告知をさせてもらうわ。

まず初めに、今までの放送で何回か話している、@の別作品の件。どうやら、その話には、エーフィの私、ユウキ、それからフライも登場するそうよ。それから時期としては、〜導き〜と〜ムゲンの可能性〜…、〜CDI〜の間、って言ってたわ。私もまだ確認してないんだけど、どんなふうになってるのか、楽しみね。

続いて、この作品について。@が言うには、もうすぐこの章が完結するみたいだわ。こうして振りかえってみると、コット君とライト、両方とも、物語の導入、って感じだったわね。もしかすると、次の章ではコット君とライト達が出逢ったり、物語が動き始めたりするのかもしれないわね。こっちの方も、楽しみだわ!

今回のお知らせは、こんな感じかしら? …あっ、そうそう。皆様の応援もあって、総拍手数が百五十を超えそうだわ。これからも、応援よろしくお願いしますわね!

というわけで、今回はこの辺で終了よ! 次回、またお会いしましょう!
Lien ( 2016/04/14(木) 22:22 )