Database
使用用語集
【導かれし者達】
元人間達を指し、普通なら技の制限が四つのところをほぼ無限に覚える事が出来たり、ふと頭に技のイメージが浮かんでその通りに動くと技を覚えられると、奇妙な体質を持つ。特徴として左前足にパーセントの紋章がある事を確認している。

【導かれし者達の軌跡】
DM事件の出来事をシルクとウォルタが纏めて書籍にしたもの。ライトが居る諸島はもちろんの事、他の諸島にも出回っている書籍となっていて、入手は意外と簡単である。

【DM事件 / あの事件】
諸島全体、周辺諸島まで巻き込んだとても大きな事件。度重なるコンタクトにより時空の狭間や不思議のダンジョンの発生を起こし、数千人が被害にあったと報告されている。

【ドリームメイカーズ】
ギルドのバックやアイテムを作成していた、知らない人はまず居ない程の超大企業。ギルド協会と密接に関係があった事も確認されており、導かれし者を世界を壊す侵入者として情報を流したり、何らかの方法で従業員を拉致し、人体実験や技を無理やり放出させ、それを工場のエネルギーとして使っていたなど、裁判じゃどうにもならない程の事をしていた。そして、歴史の本を禁止にしていたのもこの企業だが詳細は不明なままである。

【ダークライ】
ドリームメイカーズのトップであり、最高権限を持つ人物。その権限は諸島の大企業まで手駒にしてしまう程で、人間世界の歴史を書き換えようとした。因みにいつ現れ、いつトップになったのかも不明で、ライトによると導かれし者達が来る三年から四年前からでは無いかとされている。因みに、その導かれし者達とその仲間達によって倒されている。

【時空の狭間】
人間世界へとハードコンタクトによって引き起こされた時空の歪み。見た目はその場所に穴が空いてしまった状態になっており、仮に触れてしまうと闇に捕われし者へと変貌してしまう。確認しているのはその場に現れて勝手に消えるもの、吸い込みをするもの、突然現れて吸い込んで消えるさんパターン存在し、吸い込み型は爆発の種などで衝撃を与えると消滅する。

【闇に捕われし者】
吸い込まれた者の成れの果て。記憶を全部失い、意思疎通が不可能になり、非常に攻撃的になる。不思議のダンジョン内での遭遇確率がとてつもなく高いが、たまにダンジョン外でも存在する場合がある。

【ダークアイテム】
身に着けると攻撃力が大幅に上ったり、技の使用回数に制限が無くなるアイテム。但しデメリットがかなり大きく、もしそのアイテムに損傷があった場合自分の命が危険になったり、技のタイプに制限が掛ったり様々な影響を及ぼす。出処が全く不明で、予測では時空の狭間に関連しているのではと噂されている。



【様々なギア】
コレらはこの世界で使われる時計型の多機能ツールで、音声通話や地図表示と目的地案内や辺りを照らせるライトが初期インストールアプリとして入っている。アプリは使用者が自由にインストールしたり、初期アプリを除きアンインストールする事が可能。

【Pギア】
初期版と言える立場で、常用するなら問題ない性能と値段を持つ。因みにPはポケットとかポータブルと意味で、ギアは歯車から来ている。

【Cギア】
コチラはちょっと特殊で、救助隊や探検隊に支給されるモデル。耐久性と長持ち持たせつつ、周囲をスキャンする能力を持つ。更に通話が二人から六人までの同時通話が可能となり、テレビ通話も二人から四人まで可能へと強化されている。名前の意味はクランから来ているそう。

【CギアMasterModel】
Cギアをギルドマスター(以後CMM)のみ使用可能な機能を追加した限定モデル。それを使うと弟子が装着するギアを遠隔操作出来るようになり、通信不可能や不安定な場所でもCMMがルーターとなって通話機能やメールなどが使えるようになる。

【Mギア】
CギアMasterModelのギルドマスター版を主体に可変したモデルで、性能と記憶容量が二倍の性能を持っている。他の違いは遠隔操作が何か合った時用に無くし、複雑したのでライト以外に扱えない。名前の意味はマスターから来ているそう。

【Gギア】
CギアMasterModelにライトが可変を加え、大幅に耐久性とバッテリー能力を向上させながら、スキャン距離と出力、更にライトの明るさを向上させたモデル。特徴として導かれし者達しか持っていなく、後はウィアのメインプログラムを組み込んでいる為、制限無くサポートが可能となっている。名前の意味はグランドやグレードの高い物として付けた。

【Zギア】
ライトが開発したGギアをソフトウェアベース、ハードウェアはMギアを使って様々な問題を解決したPギアのハイグレードモデル。Gギアでは機能を積む為に安全装置を無理に外して性能を上げた為、連続使用で火傷するほど熱くなる欠点があったが、その問題を解決しながら一般向けに発売された。ちなみにスキャン機能は外されている。名前の意味は特に無く、最後のモデルという意味で付けたとかなんとか。

【ZギアExperienceModel】
導かれし者達が付けているGギアをライトとウィアが調整した専用ギア。その為に一回り小さいが、Zギアと全く同じ事が出来き、問題だったスキャン機能による発熱も出力調整である程度解決してある。

【ZギアAdministratorModel】
ZギアをMギアと同じような加工を施したライトとウィア、そしてフィリアだけの専用ギア。因みにソフトウェアベースはZギアExperienceModelであるが、ハードウェアベースはZギアなのでスキャン機能は強力にされている。

■筆者メッセージ
2018/09/29 - Cギアの説明を変更してCギアMasterModelを追加。それに伴ってMギアとGギアも若干変更。
2017/12/09 - 大幅可変
ティア ( 2018/03/29(木) 13:41 )