ポケットモンスターズファンタジー 彼女の願いと一つの宝石











小説トップ
Other
光への轍道
ー前書きー

 使おうとしていた自作歌詞。駄作ですが載せておきます。
ーーーーー
【Aメロ】
忘れることが寂しくて 今夜も無理やり昔の記憶 思い出すの
でも何度とも 思い出そうとしても 黒い靄が掛かってる
霧払いでも晴れない 濃い霧が・・・
【Aサビ】
私という光 凄く小さいけれど 未来を照らす光
1人ひとり持ってる 小さな希望という光を
そして私は その光を明るくする星クズ
それを繋ぐのが 私達の使命だから・・・

【Bメロ】
繋ぎ合っては離してた 手の温もりが 疼きだす
失くしたことに 気づいたら揺れた心が 何か溢れる
それは当たり前だった 毎日の記憶
もう戻らない 大変だったけど 楽しかった記憶
【Bサビ】
みんなという光 凄く大きいけれど 散らばってる
大きくても ただ大きいだけじゃダメ 大きくても繋がらなきゃ
一人ひとり手を取り合うように

【Cメロ】
だけど私たちは 繋がることを忘れてる
故意に忘れてるのではない 繋がれないだけ
だから作るの 私がそのキッカケを
未来を照らす光の繋がりを

【ラストサビ】
みんなという光 繋がったのなら 怖いものは無い
さぁ行こうみんなで 闇を解き放つ為に
みんなが繋いだ光 だから途切れることはない
光の矢になって 闇に切り傷をつけるの
光への轍道という 壊れない結束の光の矢で・・・
BACK | INDEX | NEXT

ティア ( 2018/03/31(土) 01:08 )