ポケットモンスターズファンタジー〜導かれし者達の軌跡〜

















小説トップ
Collaboration-story
M_02 真実と絆の英雄
Ties and a true bonds


「・・・うーん? あれれ、いつの間に寝ちゃってた〜・・・。あっ、シルク起きて。日が傾いちゃうよ」
「・・・・・・すぅ・・・すぅ・・・」
「あー・・・すごく気持ち良さそうに寝てるよ・・・これ、起こしちゃうの可哀想だな〜・・・。でも、起こさないとギルドしまっちゃうし・・・」
 シルクも眠りに落ちてから約二時間後、ウォルタが起きた時の空は薄ら夕焼けもようになっていた。これほど深く眠れてスッキリしたのは、多分飲まず食わずで六時間も図書室で調べっぱなしの、書き出しぱなしだったからだろう。っとは言え、図書室は元々飲食は禁止だが。
 そして、ギルドが閉まるっていうのは見張りがいなくなるから開けられなくなるっという事。この位ならまだ、扉は空いていると思うが、これ以上遅くなってしまったら面倒くさい検査をし、ここの親方からきた許可書を提出し、本人と断定出来る証拠を答えなければならなくなる。・・・そんなところまでする理由は一つの事件からである。
 メタモンのお尋ね者がとあるチームの団員に化け、ギルド内をめちゃくちゃに荒らして行ったっという事件がここで発生したのだ。それでナルトシティーの警戒レベルが上がり、必然的に他のギルドも危ないという事になり、島全体のギルドがセキュリティをあげたのである。
 今までは下から覗き込んで足型を判別し、団員メンバーの足型である事の確認か、予定で入ってくる人である事の確認と判断、最後に知っている人なのかの判断など、いろいろな項目がある。それと・・・ギルド入団したいか。おもにこれらだった。
 でも今は、足型検査が無くなったものの、ライセンスが何重のプロセスによって守られたセキュリティキーが必要になって近代化した事。見た目は今までのバッチと同じなのだが、その中にメンバーの顔写真やランク情報と、こなした数と救助した回数にお尋ね者退治回数、GPS機能と申し訳ない程度にコンパスが付いている。ともかく、このセキュリティーキーが絶対必要と大事なものになり、配布させるのは《ルデラ諸島》の全ギルドだけである。その他の諸島だけは今までと変わらず。

 っで、何で早く行かないといけないのかと言うと、ここの親方がそのライセンスキーを封筒にうっかり入れ忘れたからである。入るためには必ずバッチが無いと入れないため、入場書だけあっても無駄なのだ。・・・なんとおっちょこちょいな・・・重要なものを入れ忘れるなんて・・・・・・。
「ごめんねシルク。・・・シルク!!起きて!!もう夕方だよ〜!!?」
「・・・・・・うぅ?おはよ・・・あっ、ちょっと!!夕方じゃない!! どうしてもっと早く起こしてくれなかったのよ!!?これで今日は入れなかったらただでさえお金少ないのに宿屋になっちゃうじゃない!!」
「ボクだって今さっき起きたんだよ〜!! ここからギルドまで直線距離で10kmはあるんだから、この際しょうがないからバス使うよっ!!」
「・・・分かったわよ。乗ればいいんでしょ・・・はぁー・・・」
 バスと言う言葉を聞いて、シルクは耳がピクッと立ったと思ったら、今度は垂れ下がった。実はシルク、ナルトシティーの外れにある図書館にくるまでに一度ポートタウンに船で来た後、バスでナルトシティーに入ったのだが・・・揺れで大変気持ち悪くしてしい、バスが嫌いになってしまったからである。いや、嫌いと言うか、苦手になった。
 結局、シルクは渋々来たバスに乗り込んでギルド目指してが、案の定気持ち悪くなり、もう二度とバスなんかじゃなく、自分の足で歩いて帰ると誓ったシルクだった。

〜〜〜〜〜☆★☆〜〜〜〜〜

Side シルク


 ・・・はぁ、ひどい目にあったわね。結局私たちはギルドが閉まる時間ギリギリに滑り込みで入る事が出来たものの、色々な事は聞かれてしまったわけ・・・。あまりにもの押しで、入場書を出す事が出来ずに、結局散々聞かれて最後に入場書が有るのかと聞かれてやっと出せたわ・・・次は気をつけなきゃ。


 そして、私たちの自己紹介は夕ご飯の時にしたわ。始めてのギルドのチームとの顔合わせ・・・っと言っても、色々聞かれてる時に見られてるからなんとも言えないわね・・・。

「えー、始めまして。私はラスカ諸島から来た、考古学者をしてるエーフィーのシルクよ。一週間のギルド滞在の間よろしくお願いします」

 まずは、簡単に。考古学者のワードに多少ざわめいたけど、まぁ、あまり居るはずが無いから驚くのは当然よね。でも、情報を知ってるはずのギルド長のプクリンが目を丸くしたのが心配だわ・・・あっちの、ギルドと同じ感じで・・・なんだか、見た限りは。

「それで、ぼくがウォルタ。同じくよろしく〜!!」

 っで、相変わらずの自己紹介ね・・・逆にえっ?と、周りがざわめいたわ。

「遠い場所からわざわざ来て下さってありがとう御座いますね。私がナルトタウンのギルド長のシュエリ。本当に申し訳ないことをしました・・・コレも、私がライセンスキーを送付し忘れたせい・・・」

 このシュエリさんと言うプクリンがギルド長の人。まさか女の子だとは思ってなかったし、第一印象はあっちと同じだったものだから、声と喋り方を聞いた時にウォルタくんと共に腰抜けしたわよ・・・。

「そして私はギルドの副長及び、ギルド管理兼外来担当のリンネ。先程は質問責めしてしまって申し訳ありませんでした・・・」

 ぺこりと頭を下げながら話して来たトゲキッスのリンネさんね。本当に申し訳ないことをしたと言う顔をしてるわ・・・悪いのは早く来なかった私達にもあるのに・・・。

「貴方達が客人の方ですね?疲れてると思うので、疲労回復のメニューにしておきましたよ。 遅れましたが、私の名前はキルリアのルリです。一週間の朝・昼・晩の食事は任せて下さい」

 この人は食事用意担当みたいね。非常に落ち着いた性格で、エプロン姿がよく似合ってるわ。

「俺は掲示板担当のアグアだ。困ったことがあればなんでも相談乗るからな」

 んで、このラクラージが掲示板なのね。にしても体が凄い鍛えられて、腹筋割れてるわ、腕と足も太いわで、パワーは脅威的そうね・・・。
 そして、この後は幾つかのチームの紹介がリンネさんからしてもらったけど、どうやらベリーとラテのギルドと同じ大きさだけど、所々に点在してるから実質は凄い大きいと説明してもらったわ。食事に入っても色々なことを聞かれたけど、話す話し全て聞いてくれて色々と意見を出したり討論したりして本当に楽しかったわ!!

 食事が終わった後はアグアさんに一週間使う部屋に案内してもらったけど・・・凄い。冷蔵庫もあればテレビもあって、しかも完全に部屋。えーと、なんと言うか、ちゃんと玄関があって、私達がもと居た時代の部屋って感じだったの現代的な部屋。・・・元の時代、なんだかもう懐かしいっと言うより、この時代が好きで、みんなとの絆を繋いだのに、元の時代に戻ったらなくなっちゃうんじゃないかって心配なのよね・・・。だから、イマイチ戻れるとしても考えちゃう。ラテくんの事もあるし。でも・・・ユウキも・・・心配してるわよね・・・。

「・・・っという感じでここの説明は以上だ。ここの食事は基本的に勝手に決まるんだが、オーダーする事もできる。メニューはここにある冷蔵庫の上に注文用紙と一緒に置いてあるから、書いておけばそれが晩御飯になる。朝ごはんはパンかご飯か選べっから好きな方にチェックを入れてルリに晩御飯前を食べ終えてから渡してほしいらしい。あと、取り敢えず今日は今決めてくれとの伝言だ」
「へぇ〜、オーダー制なんて始めてだねっ!! シルクはどうする?ぼくはパンに決まったよ〜!!」
「えっ、私はー・・・ウォルタくんと同じくパンで良いわ」
「分かった。二人ともパンで良いんだな?じゃあルリに伝えてくるからな。 ちなみに、消灯時間まで30分を切ってっから気を付けろよ」
「分かったわ」「了解だよ〜!!」
 30分切ってるって・・・あっ、10時半をいつの間にかに回ってたのね。気が付かなかったわ・・・楽しい時間はやっぱりあっという間ね。

 そして、ここまで来るのに長く疲労した身体をベットに預けると、直ぐにあくびが出た。でもそれはウォルタくんも同じだったわ・・・・・・。

■筆者メッセージ
今回はちょっと少なめです(; ̄ェ ̄)
時間がちょっと色々と足りなかったもので・・・。

あっ、今回は本家作品通りにシルク視点から執筆しました。途中から。
多分こんな感じで良かったかなσ(^_^;)
ティア ( 2013/10/21(月) 19:56 )