ポケットモンスターズファンタジー〜導かれし者達の軌跡〜

















小説トップ
Collaborator
対面
 あれから直ぐに、アーシアは買ってもらったリストバンドをはめてもらった。でも、アーシア自身ではめることが出来なかったので、モルクがはめてあげた。そして、モルクに可愛い服を着させるメインイベント(レイエルが決めた)の事だが、結局時間の都合上無理だという事で、明日に回す事になった。
 っで今回の話は、リストバンドをはめてからナルト病院に向かう場面から始まる。

「ところで、今から向かう病院はどこにあるので・・・あるの?」
「セントラルパークの前、バスで来た反対側よ。今は西館のファッション関係のところに居るから、北館奥入り口まで。 ・・・アーシアちゃんはそこまで無理して敬語から離れようとしなくてもいいわよ?なんか敬語がアーシアちゃんそのものって感じなような気がしてきたのよね」
「は、はぁ・・・分かりました。でも、なるべく敬語は外すようにす、するね?///」
「うーん・・・もしかしてアーシア・・・恥ずかしいの?敬語使わずに普通に話す事が」
「えっ!!?そそそ、そんなことないゃないですか!!何いきなりそんなことをっ!!? そ、それにこうして普通に話せてますしっ!!!!///」
 アーシアが耳をピンッとし、顔を赤くしての慌てっぷりをクスッとレイエルは小さく笑って見ていた。
「ほ、本当ですよ!!信じてよっ!!///」
「あー、うん。し、信じるよ」
「あっー!!絶対モルクさん信じてないっ!!目が泳いでましたもん!!」
「・・・はぁ、そんなことよりそろそろ着くわよ。軽く説明いる?」
「うぅー・・・へっ?いま何か言いましたか? ちょっと今聞いてませんでした・・・」
「・・・えっと、ナルト病院は北館・東館・南館・西館・中央館の五つの練があるの。その館の中でどこなのか分からないけど、多分北館か東館だと思うわ。北館は入院患者の練だし東館も同じだけど、小さい子達や集中治療・特別患者が入ってる。南館はエントランスで個々から各連に行くことができる連絡通路と、生活上必要な外科・内科・眼科・皮膚科・耳鼻科まで一括で入ってて、それにプラスして《旅館》も入ってるのよ。西館は基本的に患者のカルテとか治療するところ。北館は大掛かりな検査とかするところで、ここの事は知らないわ。ふぅ、ざっとこんな感じね。最後に中央棟だけど、ここはファミリールームとか談話室とか、患者と患者の交流をするのを目的とした部屋や、患者と家族との話せるホームルームがあるみたい」
 後ろ向きに浮遊してアーシアとモルクの歩く速度に合わせながら説明してくれた。そして、旅館の事も多少と大体大きい全病院の事をある程度教えてくれた。
 どうやら旅館は遠方から来た患者の家族用と、純粋に泊まれる旅館があるらしく、しかも驚く事に一日だけならお金が取られないらしく、探検隊がよく使用しているのだとか。そして今回は早速利用するともレイエルは付け足しした。
「ところでさ、レイエル?何でそこまで知ってるの? それも知り合いからの情報?」
「そうよ。ちょっと面倒くさい人だけど・・・まぁ、いい子なのはいい子なのよ、うん。ちょっとおっちょこちょい過ぎるだけ・・・たぶん」
「たっ、たぶんって・・・別にどうでも良いけど。っで、病院どこ?いつの間にかに外に出たけど」
「目の前、さっきも言ったように五つの練になってるのよ。 エントランスは目の前だから、さっさとフロントでライトの場所を聞いて、さっと私たちの世界とアーシアちゃんの事を聞いちゃいましょ」 
「はい・・・行きましょう」
 胸の前に右手を添えながら「これで、やっと・・・分かる。私がここに来た詳しい理由と記憶がない事、私の他に居る方々の事が・・・」っと心の中で思う。やっと・・・っと言ってもあまり時間は経っていないが、モルクの家で目覚めてからずーっと考えていたものだから、もう考える必要が一応解放されたから、やっと、っと言った理由。最初に目覚めた時はいきなり海岸で倒れてて、どんどん視野が狭まっていく感覚と凍るような寒さに心底怖かった。次に目覚めてからはこれからどうすれば良いのかと悩み、モルクとレイエルが協力してくれるっと言ってくれた直後ははっきり言って怖かった・・・会って始めての人にいきなり一緒に行動しよう等と言い始めるのだから。そして次は、イーブイになってからの初戦・・・逃げてばかりだったけど、サーナイトさんの一言のおかげで技も使えるようになった、不安になってる自分にムチを打つこともできた。そして何よりも嬉しかったのは私と同じ、人間が居たこと・・・でも、記憶の消え方が私と違っ・・・
「アーシアちゃん?いつまで見上げてるのよ? そろそろ行くわよ」
「アーシア早く早くっ!!」
「あっ、はーい!!」
 レイエルとモルクに呼ばれて小走りに病院の中に入ってみると、屋上まで吹き抜けの開放感のあるエントランスに、その吹き抜けのど真ん中に木と囲うように花が植えられ、それを中心に入って左側が待つ為の5人がけのロングチェアーがずらっと、正面に受け付けとちょっとした売店があった。だが、そんなことよりも驚いたのは《空中に透けて浮いている病院案内図》っで、それをなんのためらいも無く操作して、身体が小さい種族が近づいたら案内図がその種族に合うように高さを自動調整したことも驚きだった。だが車椅子を乗った人に限っては、そのウィンドウが目の前に浮いている状態ではなく、車椅子を乗っている人の手の中に収まったことの方がもっとすごい。考えてみれば扉は自分からすると遥かに大きい物だったし、入り口の目の前は段差なしの全部スロープだったし、バリアフリー化に力を入れている事と、緑化にも力を入れている事が分かった。
 そんな事にアーシアと何故かモルクが驚きつつ、レイエルを先頭にフロントへと向かい、早速レイエルがなんの躊躇いもなくライトの病室の場所を聞いた。受け付けの人はデンリュウだった。
「すいません。ここにライトと言うピカチュウが居ますよね?お話したい事があって来ました」
「ライトさん?・・・しょ、少々確認致しますのでお待ち下さい」
「分かりました。えっと、1749番ね」
「はい。その番号券でお呼びしますので、呼ばれたら必ずその券を持ってお越し下さい。券が無かったり、三回呼んでも来なかった場合は次に回しますので、その場合は案内まで時間が掛かるのでご注意下さい」
「分かりました、お願いします。 さてと、時間までアーシアちゃん、モルク、ちょっと売店でも見てく?」
「ボクはいいよ。ちょっと疲れてるから少しだけ寝てたい」
「私もつ、疲れちゃったから・・・休みたい、かな・・・?」
「そっ、じゃあ私だけ行ってくるわね。呼ばれたら起こしにくるから」
 そう言い残しながらフワッとその場から浮き上がると、売店の方へと飛んで行った。そして、入る前に二人を確認して軽く微笑みながら入ったレイエルであった・・・・・・。

〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜

Focus レイエル


「さてと・・・なに買おうかしらね。取り敢えず始めて会う人なんだから何かしら渡すのが礼儀ってもんよね。お菓子が良いと思ったけどー・・・それしかないのが現状なのよね・・・しょうがない、オレンクッキーでいいわよね」
 考えながらも結局お菓子にした。お菓子なら小袋に入ってる物も多いし、オレンの実が嫌いな人はまず居ないだろうっと考えた結果である。ちなみオレンクッキーとは、クッキー生地にオレンの実の果汁を加えたクッキーで、爽やかな後味とサクッとしてるのにしっとり感があるのが売りの商品である。
「さてと、他に何か買う物は・・・無いから会計済ましちゃおうかしらね。それにしてもモルク・・・アーシアちゃんの事好きになっちゃったみたいね。あえて二人にする環境を作ったけど・・・」

〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜

Focus モルク


「レイエル行っちゃったね・・・・・・あ、あのさ・・・」
「はい?なんですか?」
「ア、アーシアって・・・本当に色々忘れちゃってるの?」
「はい・・・。覚えているのは、ポケボードと言われる掲示板での私の名前、誰かが泣いている声、夜空、そしてサーナイト」
「サーナイト? えっと・・・サーナイトってラルトスの最終進化の♀派生の?」
「はい、その人にこの世界を救って欲しいと。それと、技を使えるようになったのもその方のおかげで、会ったのは私がキレイハナさんに眠り粉を・・・ああっ!!」
「うぁっ!!?な、なに!?どうしたのいきなり立ち上がって!?」
 大声をあげたものだから、周りから冷たい視線を感じてすぐに二人は座って下を向いた。しばらくして視線が無くなったので話を再開する。
「えっと、私がキレイハナに眠り粉で眠らされていたのは知ってますよね?あのキレイハナさん・・・自我がきちんとあったんです・・・。それで、私が囲まれた時に割って入って来て「私だけでなんとかするからあっちに行って」と私に軽く眠り粉を振り掛けながら周りに強い視線で言ったんです。そして居なくなってから私の頭に軽く手を載せて撫でてくれて、気が付いたら・・・」
「眠り粉の効果で夢の世界。その世界でサーナイトに会ったんだね?」
「はい。なのでもしかしたらあのキレイハナさんは、サーナイトさんの変身なんじゃないかって。あの時はモルクさんとレイエルさんを助けることで必死だったのですっかり忘れてましたけど・・・」
「うーんー・・・っと考えると、そのキレイハナか、サーナイトにも接触した方がいいかもね。でも、場所が分からないから探しようが無いのが現状だけど・・・」
「そこなんですよね・・・。また戻るのはちょっと気が引けると言うか、怖いと言うか・・・」
「・・・だ、大丈夫だよ。何か無いようにちゃんと守ってあげる、から・・・///」
「えっ、最後なんて言いました?」
 徐々に小さくなる声に、最後は口が動いてるだけの言葉となった。真横に居ても全く聞き取れず、結局アーシアが聞き取れたのは「大丈夫だよ。何か無いようにちゃ・・・」までである。その先がとてもアーシアは気になっていたが、なんとなく聞かないことにして話を戻す。
「えっと・・・なので、あそこのダンジョンを探すのは・・・。それと、もしかしてなんですが・・・また、会えるんじゃないかって私は思うのです。それとも、夢の中で現れてくれたりとか」
「そうだと良いね。それだったら会いに行く必要もないし。あと、ずっと気になってたんだけど・・・なんで技をポンポンと覚えられるの? "電光石火"や"体当たり"と"アイアンテール"ならまだ分かるけど"守る"なんて技マシン使うか、あとは歳を取るって言い方もおかしいけど・・・成長の過程で増えていくのが普通のはずなんだよ。だけどアーシアはそんな事に縛られてない・・・本当不思議だよ。どうして?」
「ど、どうしてと言われましても・・・。ただ、護りたい・傷つけたく無いという気持ちが強ければ強いほど、力が出るのだと思います。一言で言うと言霊ですね」
 言霊・・・言葉に宿ると言われている霊的な力のこと。例えばこんなことが無いだろうか?
 応援や声援でいつも以上の力が出せたり、逆に悪口を言われたり、気にしてることを言われていつも以上の力が出せなかったり・・・言った言葉によってメンタルに影響すると言われているのが、言霊ということである。アーシアはそれをバネにして技を覚え、使ったと言いたいのである。
「そっ、かぁー・・・言葉の力は確かにあるね。火事場のバカ力もその例かな?っとなると」
「そうですね。多分そういうことだと。そう言えばさっき寝るっと言ってましたが、寝ないのですか?さっきは顔が赤かったですし」
「あ、あぁ・・・それは・・・た、たぶん暑かったからじゃないかなっ? ほ、ほらっ、あのお店の中は暑かったし・・・」
「うーん・・・そう言われれば確かに暑かったですね」
 モルクの意見に確かにそうだったと首を傾げながらアーシアは答える。そして、ふと気になってた事を思い出して聞こうと口にだそうした瞬間、
「お待たせー、ライトさんへの差し入れをちょっと買って来たわ。アーシアちゃんとモルクの分もあるのよ。はい、どうぞ」
「うわぁー!!ボクが好きなオレンクッキーだ!! ありがとレイエル!!」
「オ、オレンクッキー?オレンの実の味がするクッキーっと言う事でいいのです? あっ、クッキーありがとうですっ」
「どう致しまして。まぁ、アーシアの言葉で正解っちゃ正解ね。食べてみて?」
「う、うん・・・・・・っ!!?お、美味しいっ!! 何かしっとりしてるのに、サクサクしててなんか不思議・・・なんだか癖になっちゃいそうですね!!」
「でしょー?コレならライトさんも・・・食へるかふぁってっと思ふぁのよ」
 口の中に放り込んで食べながら喋った為、ちょっとなんて言ってるか分からなかったが、その言葉を聞いてる時に二袋目の袋の封をアーシアとモルクは切っていた事に、二人でクスッと笑った。

〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜

 それから三十分ほど経った頃だろうか、自分たちの番号が呼ばれてカウンターに向かった。だが、やっと会えると思って期待と不安が交差していたが、現実は甘くなく、フロントの人に言われたのは、
「ごめんなさい。現在はライトさんに会うことは出来ませんので、お引き取りください」
「えっ、じゃあせめてこの子、アーシアだけでも話させてあげて下さい」
「レ、レイエルさん・・・?」
「そうだよっ!! ボク達は別にいいけど、アーシアだけは聞きたい事があるんだよ!!知らないといけない事があるんだよ!!」
「・・・だ、ダメな物はダメなのです。だって、ライトさんの家族やいとこでは無い部外者ですよね?」
「そ、それは・・・」
 聞かれた事に三人は返すことが出来なかった。ここで嘘を付いても良かったのだが、後が大変そうなのと、いずれバレるから嘘は付かなかった。その後は色々な案をレイエルが出して言ったが、
「いい加減にして下さい、何が何でもダメです。帰って下さい!!」
 等々怒られて、ガードマンに外に連れていかれる事になった・・・。ガードマンに連れられながら、周りに見られながら歩き、病院から出よう扉に差し掛かった時に後ろから不意に呼ばれた気がして振り返った。声の主は左耳が丁度真ん中からちょこんっと折れていているピカチュウがアーシア達の方へと息を切らして四つ足で走って来た。
「そのっ、子達を・・・はぁ、はぁ・・・連れて行くのは、はぁはぁ・・・ちょっと待って!! ふぅ・・・僕の名前はライト。僕に会いたいって言ってたのは君たちでしょ?」
「ラ、ライトって・・・えっ!? 本当にライトさんなのですかっ!!?」
「こ、ここで嘘ついてどうなるのさ・・・っと言う事でガードマンさん、この子達は連れていかなくて良いです。 さてと、とにかくココでは話しづらいからー・・・フリールームでいいかな、付いて来て。ムウマとマイナンの君たちもね」
 そう言うとライトは歩き始めたので、その後ろを三人は付いて行く。エントランスを抜けて、中央棟に行く為の連絡通路を通って中央棟へと入った。こちらはこちらでエントランスとは違う趣を放っていた。
 天窓から太陽の光が降り注ぐのは変わらないが、一階はまるで公園をそのまま中に持って来たような感じになっていて、床も短くて綺麗に草が手入れされていた。
 ちなみに、二階・三階・四階・五階とあり、真ん中に生えている大きな木を囲んでドーム型になっており、同じく囲うように透明な螺旋階段の手すり付きが備え付けてあり、床の点字ブロックも透明で作られ、木を見れなくなるのを防止して作られていた。
「す、凄い・・・ドームの中ってこんな感じになってたのねー・・・」
「いつ見てもココは僕も凄いと思うよ。何か考える時もここがもってこいだしね。さっ、空いてるフリールームを探さなきゃね・・・116号室が多分空いてると思うんだよね。あまり使われてるの見た事ないし」
「いま思い出したけど、116号室って・・・予約や使用許可書を取らないと使えないと私の友達から聞いたのですが?」
「あれっ、そうだったけ?まぁ、良いや、後で誤っとくよ。 さっ、入って」
「「「失礼します」」」
 ライトに案内されて中に入ると、至って普通の畳張りの部屋だった。ローテーブルがあって座布団があってエアコンがあるだけの。でも普通と違うと言ったら、ウォータークーラーが入ってすぐのところにどーんっと置いてあることだった。
「ふぅ、さてまずは導かれし者のマークがあるかどうか確かめさせてもらうよ。えーと、多分リストバンドにちょうど隠れてるはずだよね? あと、三人とも座って。僕だけ座ってるのも嫌だと思うし、外すのに座らないと外しにくいでしょ」
「あっ、はい。・・・・・・あれっ・・・うぅんっ・・・取れない・・・」
「アーシア、外してあげようか?」
「お、お願いします・・・///」
 着いていない反対の手で外そうとアーシアは手を動かしてみるが全く外れなく、四苦八苦してるとモルクから助け舟。
「えーと・・・よし、取れた。一応ぼくが持ってるね」
「お願いします。このマークはやはり、元人間だった者に付くマークだったのですね」
「ちなみに丸が世界を示していて、波線がそれを隔てる壁になってる。あと、見た目は風車みたいになってるでしょ?これは意味があって『風を纏いて主を守護せよ』って意味があるんだ。よーく見ると風車に見えなくもないでしょ?」
 アーシアは自分の右手の紋章を左手で摩りながら確認する。確かに風車の羽に見えなくもない。
「じゃあ、とりあえず自己紹介から始めようか。改めて僕の名前はライト・エナフールって言うんだ。君たちの名前は?」
「わ、私の名前はアーシアで、あなたが言う通り導かれし者です。あとこの名前は本当の名前ではなく、思い出せずに咄嗟につけた名前です・・・レイエルさんお願いします」
「私っ!!?・・・私の名前はレイエル。アーシアちゃんと会ったきっかけは、海岸で倒れている所を見つけたのがきっかけです。最後モルク」
「ボクの名前はモルクで見ての通りマイナンだよ。アーシアとのきっかけは、レイエルがボクの家にむ・・・連れてきたのがきっかけだよ」
 三人はそれぞれ自己紹介。アーシアは少し恥ずかしがりながら自己紹介したが、最後の方で声が小さくなったがその他は普通だった。
 レイエルはアーシアとは逆にポンポンと話し、至って普通の自己紹介だった。
 一方モルクは敬語無しのタメ口で話した。最後になにか言いたかったらしいが、強烈な視線を感じために言えずに変に切れて終わった。

 そして、ウォータークーラーから人数分の水をライトとレイエルが用意して紙コップに入れてテーブルの上に置くと、改まった顔をしてライトは語り始めたのだった・・・・・。

■筆者メッセージ
・1
はい、投稿が遅くなってしまい申し訳ありません。
途中に中間テストやら鬼畜料のレポートと課題と戦闘中だったので全く執筆できなかったのです(; ̄ェ ̄)
ちなみに今回のお話は元々一本だったのですけど、あえて二つに分けて投稿しますとのお知らせと、二日で7000文字夜中に書き上げました・・・。これ以上待たせるのは読者にどうかと思いましたので・・・・・。

・2
気が付いたかと思いましたが@さんのキャラクターとのコラボ小説<絆の軌跡 〜過去と未来の交錯〜>が開始され、短編小説も開始されました。
絆の軌跡は現在七割ほど昨日で書き上げました。
短編小説の<一匹子狐の儚き願い>は三割です。


では、待っていた方、新規で読んでくださった方(居ないと思うけど一応)、ありがとうございました!
ティア ( 2013/10/18(金) 08:07 )