ポケットモンスターズファンタジー〜導かれし者達の軌跡〜

















小説トップ
The way to hope
異国の技 - 後編
Side リファル

「...あ、れ? 私は一体...って、なっ...身体が勝手にっ!? 避けて! 避けてっぇ!!」

 くそっ...あの野郎、心だけアーシアにして身体だけ操ってやがる。最初に話していた事がまさか現実になっちまうとは...とても戦いにくいったらありゃしねぇ。早くアイツからダークライを引き剥がすか短剣を手離せなきゃならねぇ訳だが、怪我無しにやる事は不可能だろう。それにアーシアがおかしくなってかどんどん気温が下がってきてやがる...急がねぇとホントにやべぇ。コレは最悪な手段でも良いから止めないとな...せめて殺さない程度には。
 でも取りあえず今は...

「リーフブレード!!」
「きゃっ! リ、リファル...さん......」
「テメェ...なに簡単に身体を乗っ取られてんだ...。お前はお前だろ、そんな奴は早く...追い出しちまえ...」

 動きを止める方法を考えなきゃだ。コイツはチームの中で一番にスピードが速く、トリッキーな動きをする奴だ。まぁ、そのトリッキーな動きは置いておくとし、厄介なのはスピードだ。しかも力はダークライのせいで倍増されていて、素早い短剣捌きをされちゃ簡単に切り刻まれちまう。千切りなんかなりたくねえ。
 それにしても力が強すぎだ...このままじゃ押し切られる...。どうにかこの状況を覆したくて、試行錯誤していたが結局は最初の時のようにパワーで抑え込まれちまう。しかも今回は最初よりだいぶ密着した状態で剣を交えている事もあって、シルク達が手の出しように困っていやがる。更に心だけアーシアをむき出しなのも手が出せない理由だろう...多分だが俺も心の奥底では力を抑えているかもしれない...。

「ア、アーシア...もっと手の力を抜いてくれ...このままじゃ.........」
「やめたかったらとっくにやめてます...でも身体が......身体がっ!」
「ぐぅっ!? さ...さらに強く......くっそ...アーシア、少しばかり痛むぞ...許せ.........」
「へっ...? ぎゃぁぁあっ!?」

 俺はあんまり使っていない技であるエナジーボールを身体の奥底で蓄え、溜まった感覚後に容赦無しでアーシアへと口から放った。流石にゼロ距離の攻撃に回避する時間などあるわけが無く、直撃を受けてアーシアは吹っ飛び、俺は直ぐに距離をとった。悲鳴にとても心が痛いが...動けない程度まで攻撃するか、ナイフを奪えば良いだけだ。勝たなければ俺たちの世界は壊れ、導かれし者達の世界だって無くなっちまう。

「はぁ...はぁ......」
「リファルお兄さんだいじょうぶ...?」
「な、なんとかな...けど、もう一度やられちゃ持たないだろうな...。 それよりも出鼻を挫かれたが全員、行けるか?」
「僕は行けるよ。やっぱり最初は抵抗あったけど、一番苦しいのはアーシアだから」
「私も同意見よ。早くアーシアちゃんの苦しみを取り除きましょ!」
「悪く聞こえるかもしれんが、死なない程度に攻撃すれば良いだけだ。それにシルクと娘の回復があるんだ。どうにかなるだろう」

 確かにそうだったな...っと言うことは手加減無しで良い訳だ。そう思うと少々やりやすくなる。それに二人が行った通り、アーシアは無理矢理体の自由を奪われて俺たちを攻撃していて苦しい筈だ...。

「...いたた。おねがい...止まってよ...止まってよ私の体......」
「アーシアちゃん.........ううん、やらなきゃ。私たちが止めないと、世界がダーくらいの望むものに、ドリームメイカーズが望むものになる。それだけは阻止しないといけない。 だから...シャドーボール!」
「僕も、もう迷わないよ。心は痛むけど、何よりつらいのはアーシアなんだからっ! 水鉄砲っ!」
「ホントに面倒くさい奴だ。鍛え直してやるから覚悟しとけよ? エナジーボール!」
「ひっ!? み、みなさ...にゃっ!? ぐぇっ!?」
「...ダークライの奴、アーシアをどう操ってやがんだ? 見た目的に観察するに、まるでサイコキネシスで動かされているような感じだが...」

 サイコキネシス...確かにスガマサが言う通り、動きに振り回されているのを見ると身体と心の疎通と言うか、上手く言い表せないがそんな感じなのが出来ていない。もしかして俺たちは何かを見誤っているのか?
 もし仮にあの短剣が対象を操る為の仲介をするアイテムだとしたら?
 人を操るというのが噂の話だとしたら...?

「シルクっ! 恐爆の種は幾つ残ってるっ!?」
「えっ!? えっと...残り一つあるわ!」
「なら上に投げろ! タイミングはこっちで合わせる!」
「ちょ、ちょっと待って! ...いくわよっ!」
「全員目瞑っとけ! エナジーボールっ!」

 シャドーボールを打ち出す瞬間に言ったせいで、技が自動失敗したのを少々申し訳ないと思いながら、俺はシルクに質問をした。答えはあると帰ってきて、直ぐに投げるように指示をして、投げた恐爆の種が高い位置に来た辺りで俺はエナジーボールを打ち出して破裂させる。すると途端に猛烈な熱量を持った爆風が俺達を襲い、包み込んだ。
 身体が焼けるように熱い...だがコレはちょっとした賭けだ。もし先程の仮説が本当ならば、何処かしらにダークライが浮遊している場合がある。違ったとしてもこの暑さと痛みだ。正直意識が遠のき始めそうだ...。

「ぐっ! ...ぜ、全員大丈夫か!?」
「ぼくは何とか...」
「こっちも大丈夫だよ。でも何でこんな事を...」
「あっちぃ...てめぇリファル! いきなりなにしやがる!」
「仲間割れしている場合じゃないでしょ! アーシアちゃんが!」
「...た、倒れてる。そうだ早く短剣を!」

 仮設が合っていたのか分からんが、アーシアは仰向けで倒れていて、けれど短剣は右手に軽く握られたままで倒れていた。俺は直ぐに駆け込んで握られた短剣を足で解いて遠くに蹴り飛ばし、一応何があっても良いようにリーフブレードを出して目覚めるのを待った。その間に全員アーシアの周りに集まり、

「ね、ねぇ...アーシアお姉ちゃんだいじょうぶだよね...?」
「多分...でも、爆発する前に避けてたとは言えど、何発か直撃してたし、割とダメージが蓄積してたとは思うわ」
「さっき逃げる為に押さえ無しで全力で放っちまったのも考えると想定以上かもしれんな。取りあえず連れて行くぞ。コレだけで奴を倒せたとは思わんが...仕切り直した方が良いだろう」
「賛成だな...ん、思えばさっきの短剣どうっ!? な...うそ、だろ...?」
「ス、スガマサ! 短剣が...1人でに動いてる!?」
「あっ...やべぇ......意識が...すまん...気、抜いちま......た.........」
「スガマサさひゃっ!? な、何この息苦しい突風は!?」
「な、なんかヤバい! アーシアは俺が担ぐから全員スガマサから離れろ!」

 俺はそう指示を飛ばしながらエナジーボールをスガマサを中心として起こった竜巻に向けて放った。けれど簡単に技は弾き跳び、代わりに風が強くなったような気がし、逃げるのに専念する。
 途中何度もアーシアが背中から落ちそうになるが、その度に調整している暇はなく、最終的にはシルクにサイコキネシスで抑えて貰いながら迫る竜巻から逃げて、

「皆さん! って、アーちゃんどうしたのっ!? それに父さんは!?」
「説明は後だ! 逃げるぞ!」
「で、でもリトちゃんの回復がまだナノ!」
「私が連れていくから、スイレンちゃんも走って! もう、いったい何なのよ次から次へと!」
「まさか...間に合わなかった...?」
「だとしたらボクたちの世界とポケモンたちの世界はどうなっちゃうの!?」
「分からない...。けど、そうだとして一つだけ言えるのは...この世界は崩壊するっと言うことだよ......」

 さっきよりも更に気温が下がってきている...少々無駄話が多かったのが問題か。やはり何かをやりきらなきゃいけない場合は好くない方が良い。暫く一緒に居たせいで感覚が狂っていたが、ようやく戻ってきた。戦闘はどうでアレ、結果が全て。例え誰かが死のうが、負けたら最悪の結果が有ると言うなら、負けてはならない。

「...お前ら、先に逃げてろ。それと、手出しはするんじゃねぇ。目障りだ」
「い、いきなり何を言い出すの!? ココまで来た仲間なのに!」
「...ウォルタ、黙れ。やはり仲間は俺には邪魔で、面倒な奴だ。コレが最終警告だ、全員行け」

 そう言い残して俺は逃げていた竜巻へと突っ込んで行った。飛び込んだ途端に身体が吹き飛ばされそうになるが、根性で耐えて、中心部へと歩みを進めると...台風の目に当たる場所で、今までアーシアが持っていた短剣の柄を口で咥えて佇むスガマサの姿が...。

「...次はスガマサに身体を乗り換えか。そいつは生きてんだろうなぁ?」
「コレか? はは、どうだろうな。知りたかったら俺を止めてみろ」

 奴はアーシアに匹敵する凄まじい早さで一気に俺まで迫りって俺に迫り、短剣が身体ギリギリの空を切る。風を切る音がアーシアの時よりも鋭く、切られたら致命的なのは確か。俺はリーフブレードを発動し、そのままエナジーボールを何発か放ちながら斬り込む。だがそれ位じゃまだまだと言いたげに奴は笑い、短剣で左のリーフブレードを抑え、頭の鎌を振り下ろして攻撃してきた。
 その攻撃に若干反応が遅れ、頭の葉っぱが軽く散った。因みに痛みは特に無い。けれども、進化の課程で出来た物は復元することは無く、ずっとこのままだ。そして気にする時間もあんまリもなく、再び奴は俺へと突っ込み、短剣を右へ左と振り回すが、俺はそれ全て避けるだけに集中し、思いっ切り振りかぶった所で緑色のバリアを展開して弾き飛ばす。
 よろめいたところにバリアの中で発動していたリーフブレードを使って奴に連撃を加える。普通ならヒット&アウェイで戦うのだが、それじゃ時間が掛かりすぎる。だが、俺の連撃は予想より早く弾かれ...

「うぐっ!?」
「はは、死ねリファル!」

 予想以上の力に俺はよろけ、そのせいでリーフブレードの効果が切れた。それを見逃すまいと奴は急接近し、短剣を空中で離して左手に持ち替え、俺めがけて振り下ろしてきた。バリアは使ったばかりで使えず、しかもバリア含めて技を発動するまでに間に合わない...。
 それに気が付き改めて奴を見ると、俺の目には何もかもがスローモーションに見え迫っていた。もう避けたとしても致命傷は間のがれない...俺は来るだろう痛みに身構えるしかなかった......。

■筆者メッセージ
どうも、今年も一年宜しくお願い致します。何かやろうかしたけど、時間なくて駄目だったよ^ q ^

2017年1月5日
正月ボケミス訂正
ティア ( 2017/01/01(日) 22:01 )