ポケットモンスターズファンタジー〜導かれし者達の軌跡〜

















小説トップ
Reincarnation
強さとは?
ナルトシティへ向かい始めて一定時間後のこと。エメラルド海岸、先程自己紹介した場所から北方向に歩いて行き《養老の森》へ。養老の森とはポートタウンとナルトシティの間にある森で、西東に長く連なっている。それとこの森には不思議のダンジョンになっている影響で迷ったり、強い者が敵意むき出しで現れたり、迷子になったりして、救助隊に助けて欲しいと依頼要請が多発しているらしい。なぜなら最近不思議のダンジョン化してしまった為に情報がまだ届いていなかったからである。ちなみにもう話が広がって当初より八割も減っており、当然モルクとレイエルも今から行くところは不思議のダンジョンだということは知っており、しかも戦闘は慣れていた。
でも今の言葉で ん? と思った方がいるだろう。じゃあ戦えない者はどうするかと。
それはちゃんと安全に行く方法がしっかりと取られており、ダンジョンには必ず入り口があってそこには人口的に分かれ道が作ってある。一つはいうまでもなくダンジョンの入り口で、もう一つが不思議のダンジョンを迂回するルートである。なのでこちらを通れば安全にナルトシティに行けるという事である。

そして今回からはその分かれ道から話は始まる・・・。


「ふぅー・・・ここが噂の分かれ道だね。看板にも・・・って、矢印しかない」
「しかもコレ・・・私は信用まったく出来ないんだけど。ほら、なんか風でカタカタ動いてるし・・・」
「風で反転したとしたらアウトですね・・・」
三人は看板を見て本気で悩んだ。なぜならモルクが言った通り、突貫工事で木を矢印っぽくした物を地面に突き刺してあるだけなのだから。そうなると選択肢は1/2・・・どちらかが安全で、どちらかが危険なダンジョンかという、大げさにいうと生死を分ける選択・・・。
「ど、どうするモルク・・・?」
「ボ、ボクに聞かないでよ!! こういうの苦手だし、看板があるとしか聞いてなんだから・・・」
「あはは・・・それ私も同じだしー・・・じゃあ矢印が差してない方に行きましょ。なんかあってもそこまで敵意むき出しは無いでしょ。 それになんかあったら私の"サイコキネシス"で遠くに吹っ飛ばしてやるんだからっ!!あっ、当然アーシアちゃん優先で守るからモルクは守れる時に守るわね」
「うん・・・頼り甲斐あるよ・・・・・・。あっ、そういえばアーシアってなんか技使えるの?」
「えっ?えーとー・・・」
モルクに聞かれて考えてみるものの、まず前提にどうすれば技が発動するかも知らないし、何が使えるかも知らない。使えるとしたら・・・
「たぶん"体当たり"かなっと思いますです」
「体当たりね・・・確かに基本技だからそれなら大丈夫のはずだけどー・・・まぁ、使わないようにカバーするわね」
「ボクも得意の電撃でフォローするよっ!! じゃあ何かあっても大丈夫なように行こう」
「それは分かってるわよ・・・っというかなんで私が選んだ方が外れって思ってるわけ!? いつも予想が当たってることはモルク知ってるじゃないのよっ!!」
レイエルはそこで始めて信用されていないことに気がついた(自分もなんらかんらで話してはいたが)。だが次のモルクからの一言と、アーシアからの一言に逆に突っ込まれ、
「そんな事無いよ?安全っと言っても保証が分からないから保険ってことだよ?」
「私もそう意味で言っていたと思います。それに私はレイエルさんの事、疑ってはいませんよ?」
「あっ、そうだった・・・?だったらごめんなさいね。ともかくそろそろ行きましょ。抜けるの意外と掛かるんだからね」
「りょうかーい。 それじゃレッツゴー!!」
最後のモルクの一言で三人は矢印の方向に入って行くのであった。
それからしばらくして、
「これって・・・私やっちゃったかもねー・・・この階段って完全に不思議のダンジョンにあるフロア移動階段よね・・・・・」
「う、うん・・・。でもこれは実体験した人から聞いたんだけど全部で《3フロアしか無い》から大丈夫だよ。そこは絶対に保証するし、ここの敵は戦えれば問題ないってさ」
そうです。結局不思議のダンジョンの方を選んでしまった三人だった。もう起きた事は仕方が無いので進んで行くんだが、その間に何と出会わなかったかった事から、抜けるのは簡単と踏んだ。しかも急ぐならばダンジョンを抜けた方が圧倒時になぜか早いらしい(当然ダンジョンにもよるが 養老の森 は明らかに迂回するよりも遥かに早いとの事)。
「ホントに3フロア?まぁだとしたらあと2フロアって事ね。さっさと行けばにお昼過ぎるくらいには着くから、そうしたらご飯どこかで食べちゃいましょ」
「賛成っ!!流石にりんご一個じゃ足りないからね。 でも今回はオレンの実とか、色々な実を持ってるからある程度は大丈夫だけどね」
「そうよね。 それにしともトレジャーバックて凄いわよねー、何でも入っちゃうんだから。まぁこれはレプリカなんでしょ?」
「そうだよ。 だからアイテム上限は20個までだし、これ以上増えることもないよ」
モルクは背負っていたバックを前に回してアーシアに見えるように説明する。形は普通の肩掛けバックで、止め金具(ボタン)のところには卵型に羽がついたデザインで、真ん中には白い宝石みたいなものがはめ込まれていた。
「20個ってどんなに大きいものでもですか?」
「そうだよ、不思議だよね。しかも本物はランクが上がればバックの大きさが自動的に上限アップと、バッチの宝石の種類も変わるんだよ。でもこれにはまってるのはガラ・・・」
モルクがガラス玉だよっと言おうとした瞬間、近くの草むらから ガサッ と音が聞こえて言葉を切る。その音はレイエルにも聞き取れていたらしく、アーシアを自分の後ろに回す。それを横目で見ていたモルクは守るように後ろに回り込み、アーシアの前後ろを守った。守られた本人はブルブルと震えていた。
「・・・モルク、何か絶対居るわよね?」
「絶対に居る・・・レイエル、ちょっとお願い・・・"サンダーボール"!!」
モルクは不明な技名を言うと、上空に黄色くて丸いものを自らの電気で生成する。それをレイエルはサイコキネシスを発動してそのボールを操って音がした方向に飛ばして爆発させると、ビリビリっと音と共に ドサッ という鈍い音が。それが合図になったようにし方の茂みから様々のポケモンが飛び出してきてしまった。
でも何だか様子がおかしい。怒ってるなら怒ってるならで分かるのだが、なんか最初から戦う気満々の血が飢えた獣見たいのだから・・・しかもよく見てみると目に光が無いではないか。
「なんか変じゃないこいつら・・・この人達から、酷い言い方だけど生身の気がしない。 簡単に言うと身体だけで心が無いみたいな気がする」
「・・・それってゴーストタイプだからなんと無く分かるっていう勘? だとしたら話は通じなさそうだね・・・」
「うぅ・・・」
レイエルとモルクの会話を聞いている間も震えが止まらないアーシア。だがそれをさらに加速させるように、
「・・・っ!!? モルク、ジャンプ!!」
「うわぁ!!?」「え・・・ひゃっ!!?」
とうとう敵が攻撃を放ってきたのだ。技名は葉っぱカッター・ミサイル針・火炎放射・・・。その攻撃をモルクはジャンプで間一髪、レイエルは浮遊で回避、アーシアはレイエルのサイコキネシスで浮かせてもらって回避出来た。だか着地して一息付く間も無く次の攻撃が迫ってくる・・・。
「あーもうっ!!"サイコキネシス"!!」
前から放たれた三つの技を、またもやサイコキネシス発動して難を逃れる。しかもその放たれた技を活用し、放った張本人に同時に押し返した。
「モルク、戦うわよ!!」
「えーっ!!?こんな大群をボク達三人だけで!!?」
「無茶ですよレイエルさん!!」
「・・・無茶でもやるのっ!!"マジカルリーフ"!!」
その一言にモルクも もう、分かったよ!! と言いながら10万ボルトを繰り出して三体一気に仕留める(ちなみにレイエルは五体一気に仕留めた)。アーシアは回避し続けて、その敵をレイエルかモルクが攻撃して倒して行く。要はアーシアが囮になっているわけで、
「ひゃあっ!!・・・危なっ!!?」
「・・・避けるのうまいからどうにかなりそうね。って、言ってるそばから危ない危ない・・・」
「・・・"10万ボルト"!! ふぅ、それにしてもどうしようかなこの大群・・・」
「え?あっそうね、逃げれるなら逃げたいから突破口を無理やり開くー・・・あっ、ちょっと試してみよ・・・"マジカルリーフ"!!そして"サイコキネシス"!!」
レイエルはモルクにそう言うと、少しでも敵が群がっていない場所に技を放って敵を一掃した。その影響で抜け道が出来たので、発動したサイコキネシスを使ってモルクとアーシアを引っ張って次の階段を駆け上った。だが登ってすぐにはすでに敵がたむろしていた・・・。
ちなみに何故レイエルがマジカルリーフを使えるのかと言うと、そこらへんに落ちている葉っぱ(木の枝、石ころも含む)を高速回転させ、更にサイコキネシスで硬く生成させてからの高速で飛ばしていているのだ。そんなことはともかく、
「・・・今度は大きいやつが多いわね。じゃなくて!!なんでもう身構えてるのよ!!?」
「そんなのボクに聞かないでよっ"10万ボルト"!!」
「うぐぁ・・・」「きゃあぁっ‼ ・・・ちょっと!!私がサイコキネシス発動中に電撃放たないでって、来たぁーっ!!!!」
今度はエナジーボール・水鉄砲・電気ショックなどが浮遊している三人に襲いかかってきたものだから、又もやレイエルはサイコキネシスで対処する。ちなみにさっきのモルクの電撃で多少痺れたレイエルは、誤ってサイコキネシスを解除してしまいそうになり、もし解除してしまったら地面に落とすところだった。
そしてレイエルは開けた場所に二人を下ろすと、
「どうしようかこの軍団・・・」
「やっぱり戦うしかないね・・・アーシアは・・・酷いかもしれないけど、なるべくフォローするから頑張ってっ!!」
「そっ、そんなの無理で・・・ひゃあうっ!!?」
言ってるそばからいきなり横から攻撃が飛んできたので、紙一重で飛んできた技をジャンプで避け、そのまま体当たりをする。だが今回は不意打ちで、しっかり発動出来なかった為に全くダメージを与えられずにかえってこちらもダメージを受けてしまった。
「はぁうっ・・・あ、頭が・・・・・」
「な、なにクラクラしてんのよって危ない!! モルク援護っ!!」
「了解っ"10万ボルト"!! アーシア大丈夫!!?」
「な、なんとか・・・っ!! モルクさん後ろ来てま「"マジカルリーフ"!! 次来るわよっ!!」は、はいっ!!」
アーシアが体当たりでクラクラして居るところに敵が突っ込んできたのでレイエルが近くにいたモルクに助けを。そして助けたのは良いのだが、モルクに居た敵がアーシア達の方に一斉に集まったので、マジカルリーフで10匹程一気に倒した。

〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜

そんなギリギリの戦闘が事がしばらく続くと、当然こちらがもっと不利になってきた。なぜなら相手は三人しか居ないのでそんなに技を撃つ機会が少ないが、逆にコチラは一度に何匹の敵を相手しなくてはならない関係で技のPPが切れるかは時間の問題だったのだ。しかもモルクに至っては、電気ショックや十万ボルト等の電気技系統は最初溜めてから放っていたが、今は貯める事も放つ事も失敗することが多くなってきた。そして攻撃をそのままガードにも使っているので不発すると、敵が突っ込んできたり、技が飛んできたりしてダメージを食らってしまう。
そして、とうとう恐れていた事が・・・
「"10万ボルト"!!・・・あれ?出ない!!?」
「モルクっ!! "マジカルリーフ"!!」
敵の技がモルクに当たる寸前でレイエルのマジカルリーフで技を相殺。だが目の前で相殺したので多少の爆風がモルクを襲い、ダメージを受ける。もう全身傷だらけで、それはレイエルも同じだった。ちなみになぜ10万ボルトが発動出来なかったのかを言うと、PPを切らしてしまったから。普通切れたら《PPマックス》っと言う非情に甘い液体を飲んで回復する事ができるのだが、結構な値段がするので買うとしたらお金に余裕がある時にしか買えない代物なのだ。
「うぐぁ・・・・・・はぁ、はぁ・・・レイエル、ボクそろそろ限界だよ・・・」
「私だって・・・そろそろ限界よ・・・あれ、アーシアはちゃんは?」
「え・・・っ!!?あ、あそこで倒れてる!!」
「う、うそっ!!?」
それを聞いて慌てて周りを見渡すと、ぐったりと地面に横たわるアーシアの姿が・・・。だが苦しい顔しているのではないし、近くにキレイハナが居るので"眠り粉"を浴びたのであろう
「・・・取り敢えず大丈夫、あのキレイハナは倒れてるアーシアに手を出す気はないみたい。にしても・・・やっぱりこの森おかしいよ」
「え、どうしたの・・・?」
レイエルは戦闘態勢を崩さずにモルクの話を聞く。どうやら単刀直入に言うと この森とポケモンの強さが合ってない ということ。試しにモルクがフラフラしている敵にマックスパワーで雷を落としたのだが何事も無かったかように起き上がったらしい。

しかも水タイプに対してなのに・・・

だから向こうがレベルが高いと推測したらしい。そしてそのまま話を続ける。
「それに色々な種類のポケモンが襲いかかって来るのもおかしいと思う。だってこの場所って
スピアーの縄張り のはずだし、それと最初に気がついたんだけど、やっぱりみんな 目に光が無い
まるで操られているように・・・」
「やっぱり私の予測は合ってたっということね・・・・・・」

〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜

「・・・ここは? あれ、モルクさん!!?レイエルさん!!?」
アーシアが目が覚めると全方向が真っ暗の空間に一人自分の身体が浮いており、そしてこの空間に見覚えがあった。それはこの世界に導かれたとき・・・
「(私は確か 戦闘中 だったはず・・・っと言っても避ける事しか出来なかったけど・・・。・・・私は何のために来たの?ドリームメイカーズの野望を阻止するためにこの世界に来たんじゃないの?なのに私は・・・)」
『気が付いたようですね・・・』
不意に声がして聞こえた方向を見てみると、白いロングスカートを着たようなエスパータイプのサーナイトがこちらを見ていたのだが、何と無く普通のサーナイトとは少し容姿が違うとアーシアはそんな気がした。
「え・・・あなたは・・・?」
『私は この世界にあなたを送り込んだ者。いえ、助けてもらう為にあなたを含めあなた達の 行動力、精神力、そして仲間を思う気持ち が高い子達を私と今、病院で治療中のピカチュウ ライト と共にこのことを』
「ライトってあの巨大雷の被害者のですか?」
『そうです。ライトさんはこの世界に導くいわば 架け橋 を作った人です』
「え?架け橋を・・・作った?・・・」
『そうです。ライトさんが居なければこの世界に貴方達を導くことも出来ませんでした。そして助けてもらう事も・・・』
少しの沈黙が流れ・・・また話し出した。が、それは少し衝撃的だった。
『・・・貴方、技が使えないって思っていますね?しかもそのせいで仲間に迷惑を掛けていると』
「え!?何故それを!?」
そう、心を読まれた?事だった。
ばれた事に少しほほを赤くしてあせっているのを見てサーナイトは少し笑いながら・・・
『ふふ、驚いていますね?理由を話したいですが無駄話はこれまでです』
笑っていた顔が一気に真剣になった。最後の言葉でアーシアも。
「・・・どういうことですか?」
『貴方の仲間が危険です』
「え!?二人がですか!!?・・・でも私は何も力は・・・」
『いいえ、そんなことはありません。信じればきっと報われますが、それは 諦めない心、信じる心と仲間への思いです。それが強ければ強いほど大きな力になり、自分の隠された力が解放されるのです』
「・・・自分を信じる心と仲間への思い・・・確かに私はこの世界に来てから今ひとつ信じる事が出来なかった・・・・・」
その言葉を聞いて考え出すアーシア。しばらく考えるとまた声がして、
『さぁ行きなさい。自分を信じて』
最後の一言の時に手を振り下ろした直後にアーシアは身体から力が溢れ出たような気がした。そしてまた少しすると、前のように視界が狭まりサーナイトの姿が見えなくなり始め、そして意識が切れる直前に あなたならやり遂げられる と聞こえて視界は完全に闇に閉ざされた・・・

〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜

閉じていた目をゆっくりと開ける。ぼやけていた視野がだんだんと鮮明になりしっかりと見えるようになると視線の先に居たのは壁を背にして戦っているレイエルとモルクの姿が見え、アーシアは直ぐに起き上がってから地面を思いっきり蹴り出し二人の下へ。そして敵の壁をジャンプで飛び越えて二人の前に着地した。
「ア、アーシア!!?」「アーシアちゃん!!大丈夫なの!!?」
「はい、大丈夫です。レイエルさん、モルクさん、私の後ろに居てください」
「え!?なにする気!!?」
いきなり敵を飛び越えて現れたアーシアを驚きながら、そして言葉で更に驚いた顔をしてレイエルは顔を見る。それはモルクも同じことだった。
「一人じゃこんな量の敵は無理だよ!!しかも技も使えな・・・!!「使えます」え・・・?」
そう言い前に出て、地面を後ろ足で力強く蹴りあげて空へと飛び上がり目を閉じた。するとイーブイの尻尾が光りだし、そのまま光っている尻尾を敵一体にたたきつける。そして当たった瞬間宙に浮いていた スピアー は地面に叩き落とし・・・砂煙が晴れるとスピアーの他にぴくぴく痙攣していて 戦闘不能 になっていた。
「アイアンテール・・・」
レイエルは今、尻尾を叩き落とした様子を見てこの技だと判断した。
「アーシアどういう事!!?いつ覚えたの!!!??」
「覚えた訳ではありません。私自身を信じたからです」
モルクの質問を答えるとまた目を閉じた。今度はさっき走っていた時に出来ていた白い光がアーシアを包み込んだ。それを確認するとアーシアはすごい勢いで敵一体、二体、三体とぶつかっていく・・・ぶつかると同時に敵は遠方に吹っ飛ばされて目を回していた。そう、アイアンテールの他に高速で移動して体当たりする技 電光石火 も習得したのだ。

しばらくしてアーシアは電光石火をやめて元の位置に戻る。周りを見渡すと4匹程戦闘不能にしていて残りは四人になったが、連続でアイアンテールや、電光石火で走り回っていたので体力とスタミナを大量消費して肩で息をしていた・・・・・・。

ティア ( 2013/05/28(火) 23:40 )