ポケットモンスターズファンタジー〜導かれし者達の軌跡〜

















小説トップ
Reincarnation
光と闇
 ところ変わって、セントラルパークの西エリア。オシャレなお店や、奇抜なファッション店、電気屋、雑貨屋が軒を連ね、様々なポケモンで賑わっていた。
 しかもここに入ってから気がついたのだが、服を着ている人を結構見る。店員や従業員はもちろんの事、子供からお年寄りまで様々な服を着ていた。当然服なんて着ないノーマルの姿の人たちも半分くらいは居るが(三人も含まれる)。
「レ、レイエルさん。分かってると思いますが、あんまりこのあとの事に時間は無いと思いますよ?」
「分かってるわよ。大丈夫、30分で終わらせるから。ついでにアーシアちゃんもねっ」
「そうですか・・・って、私もですか!!? 嫌ですし、恥ずかしいです!!///」
「違うわよ。楽しみの方じゃなくて、その紋章をずっと見せびらかしておくつもり?少しは隠さなきゃ」
「あっ・・・」
 アーシアはこの世界に来てから前右足に付いているマークを咄嗟に隠したが、バランスが崩れて倒れそうだったので直ぐに手を引っ込めて、崩れたバランスを戻す。四足には慣れたとは思っていたが、片足だけあげるのはまだバランスがまだ取れないらしい。それに何で一日経ったか経ってないかで四足歩行に慣れたのか疑問した。
 それと、かなり今更なのだが、アーシアの身体の体色はちょっと焦げ茶色で、基本のイーブイの色より茶色が濃いと言われれば濃いし、普通と言われれば普通程度の色。そして、マークの色はその茶色に白色が何滴か入った茶色で、マークの形は丸二つに、その間を一本の波線が入っているマークをしていた。
「あー、そういう事だったんだ。確かに目立つから隠さないとだね じゃあ、リストバンドだね。紋章自体もそこまで大きいわけでも無いから多分隠れきるかな」
「・・・そうね。確かにマークが小さめだったのが幸いね」
 アーシアの右前脚をサイコキネシスで自分の顔に寄せながら、ついでに全身にもサイコキネシスを掛けて倒れないように支えながら見ていたのだが、その行動はアーシアにとっては気分を損ねた。だって、支えている=動けないということだということなのだから、
「それにしても不思議なマークよねー・・・丸が二つに、それを分けるように波線が一本・・・マークって案外意味があるものなのよねー・・・多分コレって『丸が世界、波線がその世界を分ける境界線』ってことじゃない?」
「あ、ありえるかも・・・っで、さ、レイエル。考えるよりも、早くサイコキネシス解いてあげて・・・アーシアが涙目になってるから・・・」
「えっ? あっ・・・ご、ゴメンねアーシア・・・ちゃん・・・・・・」
「ううぅ、酷いですよぉ・・・なんかじわじわ痛みとか、体全身が締め付けられて来まひっく・・・一番に動けないですしぃ・・・」
「だ、だからごめんごめん!! 泣かないで・・・泣かないで、ねっ!!?」
 レイエルが今にも泣き出しそうなのを必死に慰める。だが、どんどんアーシアの目尻に涙が溜まっていき、少しでも顔を動かしたら垂れちゃいそうだった。
 でもモルクが横から、いつ取り出したのか分からないハンカチを渡してあげ、アーシアはそれに気がついて目尻を拭いた。
「ふぅ・・・モルク、ありがとっ。本当にゴメンね・・・アーシアちゃん。今度からは絶対に気をつけるから・・・」
「はいぃ・・・」
「レイエル、本当に気をつけてね? 前に、ボクもそれがあってすごく痛かったんだから」
「そ、そうだったわね・・・本当にごめんねアーシアちゃん・・・」
「い、いえ・・・も、もう大丈夫です。 その事より、早く探しませんか?面会時間少なくなりますし」
「そうだねー。あっ、あそこの店にあるリストバンド良いんじゃないかな? ほらっ、あそこにある水色の水玉模様と黄色の星模様が入ってる物とかさ?」
 モルクは今、自分たちが居る場所の反対側のラグ関係のお店を指差しながら言った。
 その店には木で作られた食器・果物を入れるのにちょうど良さそうな編みカゴ・南国のホテルや客室にありそうな家具・守護石のストラップなど、様々な物が置いてある店で、雰囲気はすごく良さそうだった。
「ふーん、結構落ち着いたお店ね。あっ、このライトとかテーブルの手元光りにはもってこいかも。にしても、アンタにしては良い店見つけたわね」
「・・・なんかそれって、ボクは見聞きが悪いみたいに聞こえるんだけど・・・まぁいいや。っで、確かこの辺の引っ掛けにあったはずー・・・・・・」
「この辺なのね? えっとー・・・あっ、コレね。モルクやアーシアちゃんじゃ取れそうにないから、ワタシがサイコキネシスで・・・"サイコキネシス"!!」
 モルクが見つけた物は高いところに掛かっており、その他にも様々なリストバンドがぶら下がっていた。でも、モルクが見つけた物は他のと違ってラグっぽいものではなく、手編みしたような毛糸で出来た普通のリストバンドで、色は全体青色に、水色の水玉が点々としているシンプルな物だった。そして、さっそくアーシアはそのリストバンドを右手にはめてみると、妙にしっくりとし、サイズもきつく無く、緩くも無くベストサイズで、しかも残りは今アーシアがはめているこの一つだけらしかった。
「うん。似合ってると言うか、ばっちりね。何かおしゃれだけどピシッとしてる感じで、アーシアそのものって感じ。 っで、本人は気に入った?」
「・・・はいっ!!シンプルで、さりげなく飾る感じで気に入りました!!」
「シンプルねー・・・。覚えておくわ、アーシアちゃんの好み。 じゃっ、さっそくお会計しましょ。値段はー・・・あった、えーと500ポケね。じゃあ買ってくるからモルク、宜しくね」
「分かったよ」
「あの・・・ポ、ケとは?」
 レイエルが言ってしまったあとにアーシアは聞いたことも無い言葉をモルクに尋ねた。でも、何と無くこの世界のお金だと言う事は分かったのだが。そして、案の定、説明はお金のことだった。

 どうやらこの世界のお金単位はポケで統一されているらしく、コイン状に金製。だが今はデジタルマネー化し、給料も封筒の中に入って渡されるのではなく、直接銀行に数値だけカウントするシステムを取っている為、ほぼ無くなってしまったらしい。
 それと、一箇所に何万人分の銀行預け入れのお金がデータ管理されていて、しかも災害対策とバックアップに、そのバックアップを外部記憶媒体に保存、及び、その記憶媒体自体を本人も持っている為、もし何かあっても金額が0になるという被害を未然に防いでいる。それに、強力なアルゴリズムが組まれている為、中の数値をいじって預金を増やそうものならば、データがリセットされる機能と、誤って無くしたり、落としたりして誰かが拾ったとしても、指紋認証システムで持ち主でないと使えず、遠隔ロック機能付きっと言う、ある意味強力すぎるマネー通帳なのだ。ちなみに残高を調べるには、その機械に組み込まれているディスプレイに表示されており、機械の大きさも財布に簡単にはいる位の小ささになっているを
「じゃあ、私が買ってきちゃうわね。モルクとアーシアちゃんはちょっと二人で見て回ってて」
「分かりました」
「分かったよ。 ・・・さ、さて、なに見る?ボクは何でも良いよ?アーシアが行きたいとこにボクはついてくから」
「そう・・・ですか?でしたら、このお店の中をクルッと一周して見てみたいですね」
「この中? うん、そうしよっか。あっ、ちょっと待ってね」
 そう言い、チラッとレジをモルクが確認するとレイエルの前に五人ほど並んでおり、その中の一人はカートにいっぱい入っているのが見えた。あんなに買ってどうするつもりなのかっといった量だったが、そのカートにもう一人の人が近づいて来て話してるのを見ると、どうやらちょっとした家財道具をココで買い揃えたらしい。
「あんなに買うって事は、ココって有名な店という事ですか?」
「分からないけど、もしかしたらそうかもね。ボクはセントラルパークに来たのは久しぶりだから、店舗が入れ替わってて見応えあるかも。 えっーと、じゃあ色々見よっか?」
「はいっ。うーん、なに見よっかなー・・・あっ、なんか良さげなイスがある。なんか、涼しげと言うか、暖かみがあると言うか・・・ほら、モルクさんも見てみてっ?」
「・・・えーっと、アーシア?///」
「うんっ?どうしましたモルクさん?」
「いま・・・もしかして、素? 素のアーシアの振る舞い・・・なの?///」
「えっ、えっ? 私、何か変なことでも・・・?」
「えっ・・・な、何でも無いよ。 えーと、このイス?確かにこのデザインは良いね。木で編み込んであって、座るところはイスの色にあった色と菱形模様のクッションと・・・しかも軽いよ、これ。サイズもボク達には丁度いいね」
「うん。ちょっと座ってみても良いのかな、これ・・・店員さんに聞ければ良いのですけど。でも、ダメですよね。次見ましょうモルクさんっ」
「う、うん。あのさ今、敬語・・・外してくれてたね?敬語無しの方がやっぱり・・・良い、かなっ。 なんか接し易いと言うか・・・なんと言うか・・・うん///」
「・・・モルクさん、本当に大丈夫? さっきから顔が赤くて、もしかして熱でもあるんじゃ・・・ちょっと失礼します」
「ちょ、ちょっとまっ・・・!!///」
 そう言うとアーシアは自分の額をモルクの額に合わせてきた。急なことだったので流石に反応が出来ず、っと言うより動けなかった。
 そして額がくっついている本の数秒の間、モルクは完全に固まっていた。当然である。だって目の前に異性の・・・いや、アーシアを見ると自分でもよく分からない感覚に陥っている状態でこんなに接近されれば、誰でも固まるだろう。
 もし、会って間も無い人がこんなシチュエーションになったらどんな反応になるだろう。男だった場合は「や、やめろよ!!」とか言いながらも心の中では「こいつ、俺のこと好きなんじゃないか!?」「俺に惚れたのか・・・」とか、想像すると思う。一方女の子の場合は直ぐに払いのけたり「っ!!?/// いきなりなに!!?///」とか。心の中では「え、なにこの人・・・」とか「いきなりなに・・・怖い」とか、最初に防御本能が働く。
 でも、実行者がまず女の子だった時は少なからずきごちなくなったり、照れたり、ちょっとツーンとなったりするはず。だけど、アーシアはそんな事無しで普通に額を当てて、体温を測った。つまり、アーシアはモルクの事を好きでも無く、嫌いでも無く、ただ心配しただけと言う事になる。
 それはともかく、しばらくしてアーシアは額を話した。
「・・・うーん、少し体温が高いような気がしますね。やっぱり、あの時の戦闘の疲労で・・・」
「ちっ、違うよぉ!! ただ・・・!!///」
「な、なんでそんなに必死に?・・・それにただ、なんなのですか?」
「・・・/// ふぅー・・・ううん、なんでもないよ。多分少しだけ疲れてるだけだと思う。この位少し歩き回ってれば治るよ。心配あ、ありがと」
 そう言うとモルクはアーシアから目だけをそらしながら、自分の右手でアーシアの頭をポンッポンッと軽く撫でた。その事にアーシアは、ちょっと照れながらも気持ち良さそうな顔をした。
「なんか恥ずかしいですよ、撫でられる事・・・/// でも、悪い気もしないですね」
「あはは・・・/// あっ、レイエルおかえり!!結構レジ並んでたね?」
「そうなのよ!!でもレジ打ちは始めてだったらしくて・・・まぁ、新人に教えてなかった店員が悪いけど。それはともかくアーシアちゃん、さっそくバンドはめてみる?」
「はいっ!! あっ、出来れば"サイコキネシス"はやめて下さい・・・。ですので、どこか座れる場所でお願いします」
「分かったわ。店舗の外に出ればどこかに座れるところあるからそこで、ね」
 そうレイエルは言うと、袋から取り出していたリストバンドを一度しまい込んだ。そして店舗を出て少し歩くとちょうど良く席が空いたのでさっそくアーシアを座らせて、リストバンドを紋章が描かれてる手の方にはめた。
「うんうんっ、結構似合ってるよアーシア。マークも隠れてるし、バッチリなんじゃないかな?」
「うんっ、選んで下さってありがとうございますです!! 始めての友達からのプレゼント、大事にしますね!!」
「・・・わ、私も喜んでもらえて良かったわ。じゃあ、そろそろライトに会いに行くわよ!! 何がどうなってるのか片っ端から聞いてやるんだからッ!!」
「あはは・・・レイエル、お手柔らかにね・・・」

〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜

 ところ変わり、何処かの室内。が、室内は部屋中に大小のコードが壁・天上・床に這っており、色々とすごい事になっていた。だがちゃんと人が通れるようにはコードがカバーで踏んでも大丈夫にしてあったり、通れるようにアーチ状になっていたりと、工夫もちゃんとしてあった。
 そんな部屋の中に人影が二つ。端末にひたすら文字を打ち続けている人と、画面とにらめっこしている人だった。画面と言っても自分の目の前にある小型のモニタ、その前にある壁を覆い尽くすサイズのモニタが正面に一つ、サイドに小さめのウィンドウが幾つか点在していた。どちらにせよ、どのウィンドウも普通人には全く意味不明な羅列が並んでいた。
1「・・・はぁ、そっちの理論データは今どんな感じだ?」
2「ほぼ終了よ。・・・ったく、はやくしてよね。そっちのハードシステムが無いとワタシが作ったソフトウェアを試せなじゃない」
1「そうカリカリするなよ・・・コッチだってかなり必死なんだ。少し間違えただけでお釈迦になっちまうんだからな。っと言うか、そっちには俺が作っておいた仮想デバッカーがあるだろうよ・・・」
2「はいはい、分かりましたよーっだ。えっと、あとはここをエラー解析用のにシステムフラグポイントをコピー&ペーストしておいて、一応全部のソースコード確認・・・『調子はどうだ?』-----様っ!! はい。あとはハードが完成した後にテスト稼働をし、データを算出後に送信ミス、エラーを確認するだけです」
『そうか、二人ともよく頑張った。すまない、大変な事を頼んでしまってな』
1「滅相もない!! 私は-----様から直々にやる事を頂き、嬉しい限りで御座います。必ずしもハードを完成させます」
2「ワタシも同様です。-----様、重要な担当をやらさせて頂き、ありがとう御座います」
『成果と、その言葉を聞いてやっぱりお前らに任せて正解だった。また何か頼む事があるかもしれないが、その時はまた頼むぞ』
1&2「かしこまりました」
1「ところで-----様、明日の計画はいかがなさいましょう?」
『そうか、明日だったな。そこで必ず見つけ出して捕まえる。そしてその者たちの記憶を全て引き裂く。そして《人間だった奴らをそのまま人間世界の歴史を書き換えの為の手駒》とするッ!!!!』

■筆者メッセージ
はい、やっと二章目完結です。うーん、だいぶ抜けてた分を入れましたから長くなり、書き方も均等に直したので読みやすくはなったと思います!
そして今回の回で Reincarnation(転生・生まれ変わり) は終了し、新しい章に突入します。

では第三章 Collaborator をお楽しみにです!
ティア ( 2013/09/13(金) 18:33 )