ポケットモンスターズファンタジー〜導かれし者達の軌跡〜

















小説トップ
Reincarnation
今までに登場したキャラクターと街の設定
Character setting data


メイン主人公

名前:アーシア
種族名:イーブイ
分類:元人間
性別:女の子
年齢:推定15才
性格:好奇心旺盛及び明るくて仲間思いな子
好きな色:オレンジ色 
好き:仲間と一緒に居ること 青空 リンゴ
嫌い:仲間が傷付くこと 暑いところ すっぱい食べ物
外見:どこにも居そうなイーブイだが少し大きさが小さいのが特徴で、導かれし者には共通だが 右手か前右足に紋章 が刻まれている。
口調:普通の女の子の口調だか結構言葉の最後に です を入れ、基本的に目上だろうが目下だろうが敬語を使うのも特徴のひとつ。
一人称:私 自分
二人称:あなた(始めてあったとき&敵にも) 〜さん(名前が分かる時) 
三人称:あの方 あの人

現時点で使える技
体当たり 電光石火 アイアンテール

条件発動技[発動条件を満たせばいつでも使用可]
??る(仲間を守りたい気持ちが強いと発動可能)
?がい?と(仲間を助けたい気持ちが強いと使用可能)

バトルスタイル:ヒット&ウェイで戦うが、後半になるにつれ変化が起きる。

サンプルボイス
「私の名前は アーシア と申しますです。よろしくお願いいたしますです!!」
「仲間と一緒だと楽しいですし心強いですね」
「どんなときにも落ち着くのが一番だと思いますです。落ち着けば見えなかった道も見えるようになるはずだから・・・」
「困っている人が要れば助けるのが当然だと思います。だからその思いがあったから私は、ここに導かれたのだと思うの」

備考
 どこにでも居そうな明るくて元気で仲間思いの女の子で好奇心旺盛で何にでも興味を示す。だが、行きすぎてトラブルを起こすこともしばしばある・・・。
 元人間だったことと ポケボード で使っている名前しか覚えておらず いつになったら記憶が元に戻るのだろうかと いつも考えている模様。
 実はポケモンに成れた事に少し喜びを感じていたりする。



名前:レイエル
種族名:ムウマ
分類:ポケモン
性別:女の子
年齢:推定15才
性格:気強い 大胆
好きな色:薄い緑(若草色)
好き:日の光 夜の散歩 紫グミ 
嫌い:熱い場所 しつこい人 辛い食べ物
外見:首からオカリナをかけているムウマの女の子
口調:基本普通の女の子の口調(初めて合う人には敬語を使う)
一人称:私
二人称:あんた 〜さん あなた
三人称:あいつ あの人

現時点で使える技
サイコキネシス リーフショット(特殊) 癒しのメロディー(特殊)

条件発動技[発動条件を満たせばいつでも使用可]
?きみ??(体力の危険を感じ、仲間の危険も感じた時に発動可能)
?にび(周りが熱いと使用可能。猛撃のタネ仕様で技の使用可能)
?ャ?ジ??ム(猛撃のタネ仕様で技の使用可能)

サンプルボイス
「私、レイエルって言うの。よろしくね」
「ほら、さっさと行くわよ。まだやることはあるんだから」
「リーフショット!! ふぅ、これで進めるでしょ?」
「あんたがドリームメイカーズの奴等ね?あんた達の思い通りにはさせないわよ!!」

バトルスタイル:サイコキネシスを器用に扱いその場にある葉っぱや、石、後は仲間の放った電気、炎などを操って攻撃する少し変わったバトルスタイルで戦う。

備考
 首からオカリナを掛けているムウマの女の子。まだレベルが低いが"サイコキネシス"が使え、しかもPPに縛られずに使えるというかなりチート級のレイエル。その理由は、どうやら彼女が持つ オカリナ が関係しているらしいっと言う噂で、しかも演奏すると人の 怒り・憎しみ・悲しみ を抑える力と、対象者を鼓動させる力もあるらしく、その力は彼女しか効果を発揮することが出来ない。
 そしてモルクとは幼馴染のようであるらしく、かなりの頻度で家に遊びに行っていて、姉ちゃんと弟の関係みたいに結構仲が良い。



名前:モルク
種族名:マイナン
分類:ポケモン
性別:男の子
年齢:推定16才
性格:純粋 わんぱく
好きな色:濃青色
好き:木の実集め 遊ぶ事 イアの実
嫌い:雨 渋い食べ物 
外見:首に濃青いバンダナを付けている事以外は普通のマイナンの姿。
口調:「なんだ〜!!」とか「だよ!!」とか青少年?のような話し方
一人称:ボク
二人称:君 呼び捨て 
三人称:あの人の

現時点で使える技
電光石火 電気ショック 十万ボルト サンダーボール(特殊)

条件発動技[発動条件を満たせばいつでも使用可]
?みな?(怒りに身体が捕らわれている時に使用可能)

バトルスタイル:回り気をにせず一人ずつ着実に倒すバトルスタイルで、ちまちまレイエルのサイコキネシスで助けられる場合が多く、完全に突っ込んでいくバトルスタイル。

サンプルボイス
「ボクの名前はマイナンのモルクって言うんだよ。君の名前は?」
「君は何してるの?面白いこと?」
「ドリームメイカーズ!!君らはこんな事していいって思ってるの!!?」
「バトルは少し苦手だけど邪魔にならないようにがんばるよ!!」

備考
 とにかく元気なマイナンの男の子。ムウマのレイエルとは幼馴染でよく一緒にあそんでいるが、レイエルのわがままでいつもの世話を焼いているらしい。そして首に濃青いバンダナを付けていて、これには特別な思い出があるらしく、ほとんど毎日着けている。
それとモルクは"10万ボルト"を習得していてバトルではかなり重宝するが、PPが少ないためにPP切れを起こす回数が多い。なので"電気ショック"と交互使い分けて使用している。



名前:フィリア
種族名:グレイシア
分類:?
性別:女の子
年齢:推定18才
性格:負けず嫌いで明るいが、少々ドジな一面もある。
好きな色:黄色
好き:リファル 酸っぱい物 冷たい食べ物(アイス等が一例)
嫌い:辛いもの グミ(食感が駄目)
好きな食べ物:ナナシの実を使ったアイス
嫌いな食べ物:辛い食べ物
外見:首にパワーバンダナを身に着けている。(素でも強いのに着けてます)
口調:基本的に普通の女の子の口調だが、初対面にはしっかりと敬語も使う。
一人称:私
二人称:あなた あんた(敵には)
三人称:あの人

現時点で使える技
完全不明

条件発動技[発動条件を満たせばいつでも使用可]
完全不明

バトルスタイル:リファルとの息の合った見事な連携プレーで戦うが、さっきも言ったとおり素でも強いのでほかの子を守りながら戦う攻撃も守りも高い中立タイプ。

サンプルボイス
「始めまして、私はフィリア。見ての通りのグレイシアです」
「私に喧嘩売る気?やめておいたほうがいいわよ」
「私は弱くなんかない!絶対こんなの間違いよっ!!」
「・・・おいひぃーーー!!やっぱりアイスはすっぱいナナシの実を使ったアイスが一番ね!!」

備考
 アイスが大好きなグレイシアで、性格としては人付き合いが良くて誰にでも明るく振舞う子。なので話していて嫌になる人は居ないだろう。
そしてこの娘は リーフィアのリファルの恋人 らしく、いつも一緒に行動していて、無論リファルもレベルが高い。



名前:リファル
種族名:リーフィア
分類:?
性別:男の子
年齢:推定18才
性格:勇敢 慎重
好きな色:緑色
好き:フィリア 走ること 酸っぱい物 アイス(フィリアの影響)
嫌い:苦い食べ物 夜
好きな食べ物:何でも食べる
嫌いな食べ物:苦い食べ物
外見:普通の姿のリーフィア
口調:ちょっとそっけない言い方。だが自分はこれが普通の話し方だと思っているらしい。
一人称:俺
二人称:お前 あんた(敵には)
三人称:あいつ

現時点で使える技
完全不明

条件発動技[発動条件を満たせばいつでも使用可]
完全不明

バトルスタイル:回り気にせずに突っ込んで行って道を切り開くタイプ。

サンプルボイス
「俺はリファル。よろしくな」
「やめときな。俺とお前のレベルは桁違いだぜ?」
「ドリームメイカーズ!!俺はお前達がやっていることはいいことだとは思えない!!今すぐそんなことやめて前までの通りの夢を作る場所に戻ってくれよ!!」
「フィリア、お願いだからそんなにくっつかないでくれ。恥ずかしい・・・」

備考
 フィリアといつも一緒に居るリーフィアのリファル。フィリアとは昔からの中で二人を知っている人は 本当の兄弟みたい っと言われるほどいつも一緒に居る。そしてフィリアを泣かしたやつ には大変なことが降りかかる・・・。
 フィリアもリファルも相当のパワーの持ち主で コンビネーション攻撃 は大きな岩も崩す強さ。



【名前】ミミアン
【種族】ミミロル
【役割】元人間
【性別】女の子
【年齢】推定14才
【性格】冷酷で、かなり大人しい。
【好きな色】空色
【好き】星見 シチュー エレナ(好きと言うか、落ち着くと言うか)
【嫌い】特に無し?
【外見】普通の外見のミミロル。
【口調】敬語を主に使って話す。だが、少しでも自分の気持ちを信じてくれたり、認めてくれると分かると、敬語を徐々に緩くしていく。
【一人称】私 
【二人称】あなた 〜さん(初対面・目上)
【三人称】あの人 あの方

【現時点で使える技】
完全不明

【条件発動技[発動条件を満たせばいつでも使用可]】
完全不明

【バトルスタイル】
完全不明

【サンプルボイス】
「私の名前はミミアンと申します」
「・・・うんっ。エレナさーん!!シチューの下ごしらえ終わりました!!」
「やっぱりこの丘から見る星達は綺麗・・・それに手が、届きそう・・・」
【備考】
 二人目の導かれし者。色々なことを忘れているのはアーシアと同じだが、ポケボードで使っていた名前すら覚えていないらしい。
それと、助けてくれたミミロップのエレナとお店のお手伝いをしながら自分の記憶をいつも辿っている。

〜〜〜〜〜☆〜〜〜〜〜

Town setting data


☆街の名前:ポートタウン

街の説明:海に囲まれている六つある町のなかで四番目に大きい町で、航海便の到着も多く、北側以外全て海に囲まれているとても豊かな港町。名所も少しばかり多くて観光客も多いのもこの町の特徴だろう。

星の灯台は夜に漁をする漁師にとって必要不可欠な建物でもし仮に海で迷子になっても灯台の明かりを頼りにすれば必ず戻ることが出来る。そしてその灯台に登ることが出来る。

テヌラ神殿はかなり昔に作られた神秘的な神殿でまだ明かせれていない謎が多くある為に探検隊がこの中に入っていくところを見るが、探検隊では無い人は危険な為に入る事は出来ない。(監視員が居る)

エメラルド海岸はゴミ一つ落ちていなくて、砂浜がまるでエメラルドの様に薄い緑色に輝いている為にこの名が付いた。毎年夏になると多くの人達で賑わいを見せる無くてはならない場所であろう。


☆ポートタウン方角詳細

北側:養老の森 ナルトシティー
南側:海.海岸
東側:海.海岸
西側:海.海岸

ポートタウン方角施設詳細

北側:テヌラ神殿 
西側:エメラルド海岸
南側:エメラルド海岸 星の灯台 船着き場

主な施設

ポケモンセンター 船着き場 アイテム&道具ショップ カフェ 銀行 郵便局


主な観光施設

星の灯台 テヌラ神殿 エメラルド海岸



☆街の名前:ナルトシティー

街の説明:ポートタウンのほぼ真北にある二番目に大きな街で有名な プクリンのギルド がこの街に存在するために探検隊が多く、木の実や少し変わった道具などが売っている。その変わった物を買う為に遠方から来る人が多いのももう一つの特徴だろう。
そしてこの街にはとても大きな病院(ポケモンセンター)があって探検隊が大怪我したり、病気になったり、もちろん個人も見てくれるとにかくオールマイティーな病院があり、普通は一つの街に一軒なのにも関わらずこの街は三軒ある。
そして、街自体がかなり自然と共存していて、結構美しくて、クリーンな大都市である。

街の西側のナルト駅は、エシュゼタウンの下町部分に接続される路線で、これにより行きづらかったエシュゼタウンに簡単に行く事とが出来ることから、地元民に凄い期待されている。
現在作成中だが、もう少しで完成するとのこと。
ちなみにエシュゼタウンとナルトシティーの間にエルドタウンがあるが、こちらも同様に途中駅としてつなぐ。

この街の南東には 星の降る丘 と呼ばれる空に一番近い場所があり、そこから辺りを見渡すとナルトシティー全体を見渡すことが出来る。
そして日が沈み、夜にその場所に訪れるととても綺麗な夜景と夜空を楽しめて絶好のデートスポットでもある。


☆ナルトシティーエリア方角詳細

北側:探検隊集中エリア(ギルドも含む)
南側:ポートタウン
東側:アファクトの森
西側:エルドタウン エシュゼタウン 養老の森

ナルトシティー方角施設詳細

北側:プクリンのギルド
南東側:星の降る丘
西側:ナルト駅
街中央:セントラルパーク ナルト総合大病院


主な施設

ポケモンセンター アイテム&道具ショップ 大型ショップ  

銀行 郵便局 プクリンのギルド


主な観光場所

星の降る丘 

■筆者メッセージ
こんなもんかなー?
ネタバレが含むので載せないようにしていたのですけど、やっぱりあったほうが読者が作品に親しみやすいので入れさせてもらいましたー。
ティア ( 2013/10/13(日) 22:23 )