ポケットモンスターズファンタジー〜導かれし者達の軌跡〜

















小説トップ
[完結]Footpath Story
崩れ始める次元
ー前書きー

 この前投稿していたお話ですがパラレルストーリーとして置き換えました。
  理由として執筆不可になりかけているので...。

ーーーーー

「...うぅ......おはよぉ...」

「あ、おはよっ。アーちゃん凄いぐっすり寝てたよ? だから寝た方がいいって言ったのに...」

「ごめんごめん...くぅー......」

 布団から出るとゆっくりと伸びをして、身体を解していく。その姿はまさに四足歩行族特有の伸び方で、人間なら立ち上がって腕を上へ持っていき、足はつま先立ちをするような感じでしていた。
 けれど今は、まずお尻を突き出すようにして前足を伸ばし、次に顔を突き出して今度は後ろ足を伸ばす動きをしている。それに加えて前を片手で支えながら、支えていない手で目を擦るなどしていた。コレだけを見るならばまさか元人間だなんて分からないだろうなとスイレンはふと思った。

「アーちゃん、落ち着いた?」

「...うん、バッチリ。ところで二人は?」

「二人ならもう起きて朝風呂に行ったよ」

「へぇー、あの二人で行くなんて初日とはかなり距離変わったね。 あれ、今って何時?」

「七時半かな。あと三十分でご飯とかレイエルさんが言ってたかな。なんかちゃっかり馴染んだみたいで、料理の手伝いしているみたい」

「や、やっぱりレイエルさんって凄い...。 んー、ちょっとそのへん歩いてこようかな」

「あたしも良い?」

「うん。行こっか」

 そう意見が一致すると、二人は部屋を出て左側の中庭方面へと歩いていく。ちなみに廊下の床は温もりのある木で、所々で軋むような音がする。だが、決して劣化しているわけではなく、わざとそのような作りにしてあるらしい。
 理由として、部屋には鍵自体が無く、貴重品は部屋にある金庫にしまうという仕組みを取っている。だからもし忍び足で部屋に進入しようとしても、音が鳴るのでちょっした防犯になるのだ。それと、夜の出歩きを抑制できるメリットもあって一石二鳥などとスイレンはシルクから教えてもらった。

「うん、だいぶ大きな音が鳴る。そっと歩いても鳴る...なんか、鳴らさずに行けないのかな?」

 歩くごとにギシギシ言うので、アーシアに訪ねてみるが「スイちゃん、多分それは無理だと思う。そういう作りになってるから」と返されてしまった。けれど悔しい気がして、鳴らないであろう壁側を歩いてみる。
 それでも、やはり鳴るものは鳴る。なんだか悔しい気がして、今度は扉側を歩き始めてみるが、こちらは更に音が大きなった。スイレンは、なんだかんだで一番静かなのは普通に歩く事なんだと実感していると、

「ひゃあっ!?」

「きゃあっ!? ...って、ココミさんビックリさせないで欲しいナノ!」

「それはこっちのセリフよスイレンちゃん...って、アーシアちゃんも居るのね。 貴方達さっきからギシギシうるさいわよ。どうしたら逆にそんな大きな音が出るのよ...」

「あっ...ごめんなさい...。 なんか鳴るのが悔しくて...」

「気持ちは分かるけど、浮遊できる子じゃないと無理よ。 わたしもや...何でもないわ...」

「やはりそうですよねって、あれ? ココミさん眼鏡なんて掛けていましたっけ?」

 アーシアはココミが見える場所まで歩くと、ふと赤いメガネを付けていることに気が付いた。
 それも妙に似合っていて、しっくりしていた。

「へ? あー、ちょっとギアの調整というか修理してたのよ。昨日ウォルタ君のギアが壊れたから。それと、ライトが外しちゃった装置の変わりになるシステムの開発よ。終わり次第全員に入れてもらうわ。 ほんっとに、改造するのは勝手だけど重要なパーツを外さないで欲しいわよまったくもうっ!」

「あはは...」

「話してた事ですね...」

「そうよ。あ、立ち話も何だから中に入ってきて。 でもちょっと待っててね。あと少しで作成物作り終えるから」

 そう中に招き入れると、ディスプレイ前の座布団に座り、カタカタと打ち込み始める。その姿よりスイレンが気になったのが机にペタペタ貼られた付箋の数と、既に用済みの付箋が沢山ゴミ箱に捨ててある事だった。

「す、凄い付箋の量...」

「これ?いつの間にかにこうなっちゃってたのよ。内容は新アプリのアイデアや、やることのリストとかね」

「忙しいの?」

「そうね。わりと。けれど付いて来たと言うか、一緒に行動したりするのは悪くない感じよ。違う環境でリフレッシュ出きるし、何よりいつも出来ない体験、新しいことに気が付いたり色々あるしね。 スイレンちゃんやアーシアちゃんはこの世界に来てからどう?もう慣れてる?」

「すっかり慣れちゃった。それに毎日が楽しいの。 元の世界じゃ体験出来ない感覚や出会い、発見とか」

「私も同じ感じですね。ちょっと戻りたくないと思っちゃうくらい」

「そう言って貰えると嬉しいわ。 ...よし、コレで多分いけるはず。多分コレでこの前の熱暴走は起こらないはずだから、次は代わりのシステム...だけど、もうそろそろ食堂行きましょ。あと20分あるけど、集中しちゃうと直ぐに過ぎるから」

「確かに...そうだっ! アタシ昨日の夜に新技思い付いたのっ!見てもらってもいいかな?」

「えっ? スイちゃんいつの間に新技覚えたの?」

「いつも通り、ふと頭にイメージが出たの。それでやってみたら使えるようになった!」

「へー。なら、じゃあ中庭で見せてもらっても良いかしら?」

「うんっ!」

ーーーーー

「おう、どうした」

「少し話したいなっと思ってさ。こうやって話す機会が欲しかったんだ」

「まぁ、病院出てから全く音信不通にしてたからな」

「ホントだよもう。自分から番号渡しといて出ないなんて」

「基地に進入時に電源落とした後入れるのをすっかり忘れちゃってな...通知何も来ないなと思ったら電源が切れてたってわけだ」

「通話出来たのは確か分かれてから一カ月くらいだったよね。そして急に一週間前に通話...無事で良かったけどさ凄い心配してたんだからね?」

「すまんかったな…。 そうだ、ドリームメイカーズの情報掴めたか?」

「ほらそうやって直ぐに話題そらす。まあ良いけど。 えーとね...ごほんっ、みんなが持ち帰った情報、調べた情報、ギラファの情報も合わせると...やはりメインはココじゃない。やっぱりナルトシティーだよアイツらの拠点」

「やっぱりか...けど、どうするんだ? 全員には今日突撃する基地が本拠地と思ってるわけだろう?」

「そうだね、そう伝えてる。けれど、一度逃げる事に関しては良いことだったかと思うよ。時間は稼げたし」

「まぁ、そうだな...。アイツ等側からのハードコンタクト、ギアに対しての大規模強制スキャニングだったか。それを使って導かれし者達の反応を見つける方法...それを傍受して慌てて用意し、ココミにコンタクトを取り、倍額でココを貸し切った。 ほんとにアイツ等やるとこが汚ねぇったらありゃしねぇ」

「まあ、傍受してた僕も言えないけどね。そのために幾つかのネットワークプロバイダーもハッキングしてニュースになってるし」

「アレ大変だったんだぞアイツ等にコッチが検知されないように常時セキュリティー設定を書き換えて入ろうとする穴を全て塞ぐの...ウィアが居なかったら確実にバレてたぞ」

「確かにやり過ぎた感はあるよ...けど、早く見つけた方が長引かせるより安全かなと思った結果だよ。ダミーを作ってたとは言え、レベル4まで突破されてたし」

「なかなか突破されてたな...確かレベル1が簡易的なセキュリティー設定。レベル2が企業用のセキュリティー設定。レベル3とがライトが作ったセキュリティーパターン。レベル4がアタックパターンでセキュリティー設定を手動変更、尚且つコチラもアタックを仕掛けるパターン。最終レベル5がウィアによる完全動的防衛システムか。流石強力だったな...」

「パターンやセキュリティーに関することは全て教え込ませたからね。突破するならウィア自身じゃないと無理だよ。だって自分で進化しちゃうんだもん。僕でも突破はもう無理」

「...思ったのだが、ウィア自信はクラックされたりしないのか? それにこの前に感情プログラム強化したんだろ?そうしたらより人らしい振る舞いが出来る事とイコール隙も出ると言うことだぞ?」

「ふふ、言うと思ったよ。今、時点のウィアはバックアップで本物のウィアじゃないよ。本物はココ」

「...え、ギアの中だと?」

「そう、僕のマスターギアの中に居るんだよ。ウィア」

〈はい、マスター。ご用件は何でしょうか〉

「...感情プログラム乗っけてないのか」

「うん。当然その辺のバックアップも意味もないダミーコードに埋め込んでるから復旧も容易だよ。それに、感情プログラムは完璧なシステムの上では邪魔になるから」

「そうか...ん、この声はココミとスイレンか」

「だね。なら話しは終わりにしよう。聞かれても困るしね」

「ああ」

ーーーーー

 ...もはやここまでか。これほど運命が変はるといふ未来が見えば、この先なるは確実に崩壊のみ。ならばその前に処理を施すべし。
 運命を本来への道へ、僻事をする前の道へ、少なくともこの星が救はるる轍道への方向へと...世界を戻さずと駄目なり。

ティア ( 2016/05/19(木) 14:02 )