ポケモン不思議のダンジョン 星の探検隊 12の光に導かれし者








小説トップ
第4章 試される絆の力
キャラ紹介(2〜4章)
ここまでに出てきたメイン&サブキャラ達の紹介です。
4章まで読んでいない方はネタバレ注意です。


★フロールタウン

・チルム(クチート):♀
ミラの知り合いにして元同居人。幼い頃のミラを知っており、サファイア達のことを何かと気にかける。戦闘となると物凄く強い。

・レイシア(ムウマージ):♀
フロールタウンの訓練所の主。強くなりたいと願う者には積極的に手を貸す。面白そうなことが大好き。

・イグリス(ニドキング):♂
ハーブの旧友。ふらわーぽっとの昇級試験の手伝いをしている。試験の時はかなり手を抜いているが、本気を出せばハーブすら余裕では勝てないとのこと。

・ラクシィ(ププリン):♀
ある時ふらわーぽっとの入口で発見された子供。完全に情報不足の迷子のようで、一時期エスターズが預かっていた。

・ティレン(ピクシー):♂
ふらわーぽっと専属の治療士。後に平行してラクシィの面倒を見るようになった。治療の腕は確かで、面倒見がよい。

・謎の二人組(???)
伝説のエスパータイプのポケモンの連続蒸発事件に関わっているらしい。彼らの目的は未だ不明のまま。

・レオ(ドンカラス):♂
サファイアの前に現れ、ペリドットを渡していった。見た目のイメージに反して陽気な性格。人間時代のサファイアに会ったことがあるようだが……?

・アクシア(サーナイト):♀
プロテア在住のミラの母親。いつも笑っている割にはミラに恐れられていたり、エレッタとミラの関係に特大の起爆剤を投げ込んだりと行動の真意が読めない人物。

すずらん ( 2014/02/25(火) 00:21 )