はじめに
登場人物 その一
 水無月 不知火(ミナヅキ シラヌイ)/ピカチュウ

オス/十八歳

一人称 俺



物語の主人公のピカチュウ。
自分の名前と人間だったという事以外覚えていない。通常のピカチュウでは使えない技(幾つかの専用技等は除く)を全て使えるらしいが、本人は滅多な事で使わない。ここぞとばかりに発揮される発想力には、誰もが予想の範疇(はんちゅう)を超えた行動を取る。人間の時に着ていた白いコートを着ている。
服を着る習慣がポケモン達にないおかげか、一時「白いピカチュウがギルドに来た」という町の噂によって有名になった(主にメスポケモン達から黄色い声が上がるほど)。
ピカチュウなのに走る時は四足ではなく二足でしか走らないという変わった部分がある(本人は四足が歩きにくいとの事、しかも結構速い)。






 ミレイナ=ハバグ/イーブイ

メス/十四歳

一人称 わたし



探検隊『エクストリーム』の一員。
チームのサブリーダーという立ち位置に付いてはいるものの控え目な性格故、中々サブリーダーとしての行動を発揮できないで困っている。密かにシラヌイに対して恋心を抱いているが理由が見当たらず悩む日々が続く。新入り当初は、クルスと共にチームを組み、同時期にアビス、メイル、コルム、フィスナと入った。






 クルス=セロ/リオル

オス/十四歳

一人称 僕



探検隊『エクストリーム』の一員。
ミレイナと同じ街の出身であり、幼い頃からの仲もあってか、二人で探検隊になった。明るく真っ直ぐな性格で、とてもフレンドリーなチームのムードメーカー。だが、強敵を前にして怯えたり、緊張感から技の狙いを外したり、ドジを踏みまくる一面もある。苦い物が好きという変わり者。






 シリア=ヴァリエ/ツタージャ

メス/十五歳

一人称 私



探検隊『エクストリーム』の一員。
シラヌイが『エクストリーム』に入る少し前に入隊した。実力は申し分ないが主軸になるのが苦手である為、チームの中心になっての指示はしない。それでも、縁の下の力持ちといった立ち位置から、あらゆる場面への応急措置を心掛けている。稀に赤の他人に対して冷たい一面を見せる時がある。






 アビス=グランド/ヒトカゲ

オス/十五歳

一人称 俺



探検隊『ブレイヴ』のリーダー。
熱血的な性格の故か、辺り構わず猪突猛進な戦い方をすることから『ディザスター』の間では『特攻隊長』というアダ名を付けられた。しかしその性格上、仲間思いで情に厚くもあり、特にメイルの事は自分の子供ように大切に思っている。






 メイル=ソルテ/アチャモ

メス/十歳

一人称 わたし



探検隊『ブレイヴ』の一員。
『ディザスター』の中で最も最年少のメンバー。戦闘では主にサポートとしての役目を果たしており、手助けや道具で味方の支援をしたり、自らを囮にしてカウンターを使い隙を作る等様々な面で役に立っているが、道具の整理が苦手でいつもアビスに手伝ってもらっている。





 コルム=サイフォス/サンド

オス/十三歳

一人称 ぼく



探検隊『サハラ』のリーダー。おっちょこちょいで臆病な事もあるせいか、同チームのフィスナには日常茶飯毒を吐かれる。同期達に追い付きたいという願望の下、陰でひっそりと努力を積み重ねる姿が見られる。アビスとは、常に幼い頃からの親友のような関係を築いている。






 フィスナ=シアル/クチート

メス/十五歳

一人称 私



探検隊『サハラ』の一員。
大人っぽくて、年上の異性に好まれることも多々見受けられる。しかし、クールな上に、決まった時には毒を吐くことからメンバーの中では『バラのフィスナ』と呼ばれる。自分を子供扱いされることを非常に嫌っており、勝手にそういう扱いを受けると、相手が誰であろうと遠慮なく毒を吐く。






 ラミナス=フラン/フローゼル

メス/三十六歳

一人称 私



『ディザスター』のギルドマスター兼ライトタウンの町長。
メンバー達を常日頃見守り、日常の中で見せる彼女の笑顔には、誰もが心から癒しを受ける。その事もあり、本人には黙っているのだが、『ギルドの聖母』という隠しアダ名がある。しかし、そのアダ名に似つかわしくない寝相の悪さで、メンバー達の間では評判が悪い。






 ティラ=ヴルツェル/ムクホーク

オス/三十二歳

一人称 私



『ディザスター』の親方代理。
ラミナスの仕事の手伝いをする一方、欠落している部分をカバーしたり、ギルドのメンバー達を影から見守ったりと、ここぞとばかりの心配性。ラミナスの寝相の悪さの被害に、よく被りやすい運の悪さ。






 ルーク=ソレイユ/ロズレイド

オス/二十歳

一人称 僕



『ディザスター』の見張り担当兼『アルヴリート』の一員。
貴族間では有名な一家ソレイユ家の第一子。チームの一員として所属しているが、主な役目は見張り番なので、時々しかチームの活動に参加しない。自らを救ってくれた探検隊に深く興味を持ちレベリオと共に『ディザスター』へ加入した。







 レベリオ=ルダレル/カイリュー

オス/四十三歳

一人称 私



探検隊『アルヴリート』のリーダー。
『ディザスター』の中で最高年齢のメンバー。紳士のような口調で話をしているのは、元々彼がソレイユ家に仕えていた親衛隊隊長でもあり歴年の実力者。現在はルークの父の命により親衛隊を抜け、彼を見守っている。






 ジャイロ=ゲイル/エアームド

オス/二十五歳

一人称 俺



チーム『アルヴリート』の一員。
いつもやる気の無いような口調で話しているので、度々リーダーのレベリオに私語は慎むようにと注意されては「そんな堅苦しいことなく、お気楽に行こうぜえ」と言っては、レベリオが頭を抱えるという毎度のやりとりを行っている。昔の事に触れられると態度が豹変し、目を疑うような殺気を放つ事から、下手に近寄ろうとする者は少ない。






 睦月 莇喝墾(ムツキ アシド)/ピカチュウ

オス/年齢不詳

一人称 俺



シラヌイの中に潜んでいたもう一人の人格と証言しているが謎の多い人物である。
彼の精神世界の中で、密かに外の世界を見守っており、彼に関する力や秘密を隠し持っているが話そうとはしない。彼の体を借りて内面上ではあるが外の世界に出る事が出来る。
毎日の日課は、一日一回シラヌイへの嫌がらせ。



Nazelu ( 2014/07/26(土) 09:12 )