ポケモン王国〜限・天・地・宝〜
あらすじ
ほんの十年前の出来事
・・・また、会えるさ・・・

ふと、この言葉を思い出す。もうこの世には存在しない者の言葉。それでいて、懐かしく、愛しくもある。
馬車に揺られて三時間。鎧を着用している五人の騎士。その一人はこの言葉を嘆く。

?「?、また・・・会える?」

?「!んにゃ、なんでもない。ほれ、そろそろ見えるぞ!」

?「おほぉ、あれが大陸で一、二を争う大王国っすか。でかいねぇ〜〜」

?「そんな興味ありそうなこと言って、内心めんどくさがってるくせに」

?「ありゃ、気づいた?」

?「そんなことより、もう着いたぞ。正門だ。」

?「うっし、いくぞー!」


城下町

?「お〜またまたいい酒がありますな!」

?「俺と飲み比べるつもりか?いいぜぇ、受けてたつ!」

?「お、やるか?」

?「二人ともいつも飲み比べするねぇ〜、飲んで飽きないわけ?」

「「まったくもって飽きる気配がしない」」

?「ああそう・・・」

?「ついたぞ、城だ」

?「お〜でっかい」

?「で?これからどうする?」

?「確かに、城に入るまでは言ったが入ってからどうするかは言ってないな」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

?「さて、王にでもあってくるか」

?「だな♪」

?「未計画だがそこからの脱出案がすばらしすぎる・・・」

?「これが唯一の取り柄だね」

王室

「「うぃーーーーっす!」」

?「こら、ここの王は病んでるんだからそんな声出したら・・・」

?「ん?ああ、派遣騎士団の者かな?私はこの国の王、リスカノール・エレミットだ。よろしく。」

?「あ、あのぉ、病に侵されてるんじゃ・・・」

「・・・治った」

「「「「早ッ」」」」

「まあいい、メリー、こっちに来なさい。」

?「・・・・」

「おっほっほ、うちの娘のメリーはかなり人見知りでね。すまん。ほら、こっちにきなさい。」

?「は、はあい・・・」

・・・・



■筆者メッセージ
なぜか途切れる記憶(?)!、これからお楽しみに。頑張りますよ。
シャミセン ( 2015/04/27(月) 16:22 )