僕は、ポケモンを燃やした
【五】
 今日も、バイトが終わるとすぐに綾子の家へ向かった。
 彼女は友達と朝まで飲んでくるとのことなので、部屋には僕だけ。冷蔵庫には朝作ってくれた味噌汁の鍋が冷蔵庫に入っていた。明日の朝、また飲みたい。
 僕はベッドへ腰掛け、ポケットからモンスターボールを取り出した。学校の授業で手に持って以来だ。使い方は、うろ覚え。
「えっと、確かこのボタンを押して、と」
 小さかったボールが、手のひら大に収まる。
「この状態なら、投げるか、手で開けられたはず、だけど」
 部屋は狭く、下手な事はできない。僕はボールの上下をもって、ゆっくり力を入れてみた。有名なトレーナーが、かっこよく片手で掴んだままボールを開けていたのを思い出す。卵を片手で割るようなものだ。
「お、おお」
 赤い光がぐにゃぐにゃと揺れ動き、やがてポケモンの形に形成されていく。
 ケーシィが、丸テーブルの上にポトりと落ちた。足を延ばした態勢で、どさっと座っている。
「こ、こんばんは」
 咄嗟に挨拶してしまったが、特に反応はない。寝ているのかと思い、おそるおそる触ろうと手を伸ばしてみると、ケーシィはびくりと身体をビクつかせる。その反応に僕の方がびっくりしてしまって、思わず手を引っ込めてしまった。
「ごめん。いきなり、怖いよね」
 深夜だというのに、外に出すのはまずかったのだろうか。そういえば、今日はケーシィに何も食べさせていない。
 僕は絶望的なまでにポケモンのことを知らなかった。とりあえず、触れ合うにしても何かきっかけが必要だ。
「綾子が料理をする人でよかった」
 男の一人暮らしみたいな、ビールとお茶しか入っていない冷蔵庫ではなく、それなりに生活感のある冷蔵庫。何かケーシィが食べられそうなものはないかと漁っていると、ビニール袋に入ったモモンがあった。
「ほら、お腹空いてないか?」
 取り出してきたモモンをケーシィの前にそっと置いてみる。すぐに手は出さず、ケーシィはじっとその甘い実を見つめていた。
「もしかして、モモンは駄目?」
 携帯を取り出して、僕はすぐに「ケーシィ」の文字を検索欄に放り込んだ。色々調べていると、どうやらモモンは食べそうだと分かった。ついでにケーシィのことを色々調べてみよう。
「あ、食べた」
 気づけばケーシィがモモンを手に取り齧っていた。咀嚼し、飲み込むと、嬉しそうに一鳴き。その姿に、思わず微笑みかけてしまった。携帯を放り出して次の瞬間をじっと見ていると、ケーシィはモモンを置いてまた眠ったように固まってしまう。恥ずかしがりやか、警戒されているのか。よくわからないが、僕が見ていると食べ辛いのかもしれない。
 携帯を見る僕とケーシィのだるまさんが転んだが何回か続いた頃、ようやくモモンはなくなった。ペロ、と手をなめると、また元のだらんと座った状態で固まる。
「おいしかったのかな。明日もうちょっと色々揃えるから、今日はモモンで我慢してくれよ」
 まだ冷蔵庫にあったモモンをいくつかもってきて、ケーシィの前に置いておく。

 ケーシィの情報をネットから拾えるだけ拾ってみた。エサは木の実でもいいが、基本は好みのポケモンフーズを与えるのが良いらしい。明日タマムシデパートで買おう。
 とにかく睡眠時間は長いようだが、警戒するとテレポートで逃げてしまうため、ケーシィのトレーナーは苦労する事が多いらしい。果てしなく不安だ。
 超能力を使えば使う程睡眠時間も長くなり、バトルもしないのに寝ている時間の長いケーシィ程そのトレーナーの力のなさを露呈するらしい。ケーシィってそんなに難しいのか、と頭を抱えた。
 更には眠っていても警戒状態は続いているらしく、危険が迫るとテレポートしてしまうケースもあるようだ。
 事故ケースの一つに、トレーナーを警戒したケーシィが、テレポート先を誤って家の外に出てしまい、車に轢かれるというケースがあった。これは読むんじゃなかった、と後悔。
 とにかく、いろいろ調べてみてわかったのは、ケーシィは育てるのが難しいということだった。
「僕でごめんな」
 モモンの実をすべて食べ終えて、又元の体勢に戻っている。おそるおそる近づくと、まだ身体をビクつかせる。どうしたらいいのかわからず、とりあえず僕は手を差し伸ばし続けることにした。一体僕はどう映っているのか。エサをくれるいい人、くらいに映っていて欲しい。
 ケーシィが僕の事を何も知らないように、僕はケーシィの事を何も知らない。どういう経緯であのゲームコーナーにいたのか知らないし、どこで生まれたのかも知らない。どういう扱いを受けていて、そもそも誰のポケモンで、
「……誰のポケモン?」
 そういえば、このケーシィは誰のポケモン?
 おや、という意味では僕なのか? それとも、最初にケーシィをボールに入れたトレーナーがおやか? いろいろ考えていると、ケーシィがおそるおそる僕の方へ寄ってきて、その眠そうな顔をペトンと僕の手のひらへ乗せてきた。ああ、よかった。いろいろ考えることはありそうだけど、一先ず考えるのはよそう。ゆっくりと抱き寄せ、僕達は一緒に布団へ入った。弱弱しい力で頭を寄せ、小さく鳴いたケーシィに、お礼を言われた気がする。
 感想は二つ。
 かわいい。
 これは僕の素直な感想。それともう一つ、バイト先で見ているから分かった気でいた。
 ポケモンとは、生き物だ。
 人間にも大して明るくないが、ポケモンにはもっと明るくない僕だからこそ、そう感じる。ケーシィを抱いていると、ざわついていた心が、落ち着いていく気がした。鼓動が聞こえる。生きているんだ。
 眠ったのかどうか、そんなこともわからない僕だが、ケーシィが心地よさそうに寝息を立てているのを見届け、僕も目を閉じた。

早蕨 ( 2019/05/02(木) 21:38 )