「心からの…―」
1 ・ありがとう
前編
わたしはロコン。
このお屋敷でご主人と暮らしているの!
エーフィとルナトーンも一緒なんだよ!
ご主人は優しいんだよ。
捨てられていたわたしを助けてくれたんだ!
だからわたし、ご主人が大好きなの。
ご主人はよく昔の話をしてくれる。
エーフィたちと“でんどーいり”っていうのをしたこととか、いろいろね。
でも、今日のご主人はなんか変なんだ。
ご主人だけじゃない、エーフィもルナトーンも変なんだ。
エーフィはとても寂しそうだし、ルナトーンはいつも以上に無口だし…。
なんでだろう?
わたしはご主人をジィーッとみることにした。
「どうしたんだい、ロコン?」
ねえ、ご主人顔が真っ青だよ?
ねえどうしてつらそうなの?
その時

ドサッ

ご主人が倒れた。


ご主人は”びょーいん”っていうところにつれて行かれた。
『ねえ、エーフィ。ご主人いつ帰ってくるかな?』
『……。』
エーフィは何もこたえなかった。
でもエーフィの目からポタポタと涙が出ているのか分かった。
『エーフィ…?』
あ、そっか!
エーフィもご主人が帰ってこなくて寂しいんだ!
きっと、ご主人が帰って来たら元気になるよね!!
『ねぇ、ルナトーンご主人はいt『ゴ主人ハ帰ッテ来ナイ…。』…え?』
何を言ってるの?
帰ってくるよ!
だって…―
『ご主人は“びょーいん”に言ったんだよ!帰ってくるよ!』
『ロコン、あのねご主人はルナトーンの言った通り帰って来ないのよ。』
『エーフィも何言ってるの…?絶対帰ってくるよ!』
『…いい?私たちには寿命というものが存在するの。それは人間にもあるものなの。寿命が尽きれば人もポケモンも死んでしまうの。』
『しぬって何?』
『…遠く、帰って来れないところまで行ってしまうことよ。』
『どうしてそんなことがわかるの!?』
『私たちエスパータイプには未来予知の力があるの。それは“死”を見ることも出来るの。』
『うそでしょ?』
『…。』
わたしね知ってるんだよ。
エーフィがだまるときは本当のことを言ってるときだって。
『でもね、その人のことを忘れない人がいたらその人はまだ生きているのよ。』
『え?』
『心の中で生きてるのよ。だから、ロコン。ご主人のことを忘れないでね…。』
『うん。』
わすれないよ。
ぜったい。
『わすれない。』

その時流れ星が一つ流れた。





■筆者メッセージ
つまらなくてごめんなさい。
でもこの話で少しでも感動してくれる人がいたらいいなと思っています。
( 2014/05/18(日) 15:37 )