設定
オリジナル設定いろいろ
  ポケモンレンジャー

 人とポケモンの安全と、かけがえのない自然を守るべく、日夜活動をしている人々。
 クラス制であり、C<B<A<Sの順に昇格していく。
 モンスターボールに収めての連れ歩きは禁止されており、原則的には野生のポケモンの助力をえて事件・事故の解決を図る。ただしクラスが高くなるにつれて仕事の難易度も上がり、危険度も増すため、申請・登録さえすればパートナーポケモンを連れていくことができる。
 また、Aクラス以上になると、緊急時のみポケモンと直接戦うことが許されるようになるのだが、戦いに突入するか離脱するかの判断も決められるため、ほとんどの者は無駄な労力を費やすことはない。



  ポケモンブリーダー

 育成に重きを置いている。そのため、バトルに参加させることはほとんどない。ポケモンごとに味の好みや状態を考え、エサの調合・管理を要求される。
 ポケモンレンジャーのような徹底したルールがあるわけではないが、手持ちのポケモンをモンスターボールに収めることはせずに、つねにいっしょに行動させている者が多い。



  鮫肌(さめはだ)

 ムロタウンのゆいいつの居酒屋。毎夜、酔漢(よっぱらい)の声が絶えない。
 創業者は彼の父・鮫蔵(さめぞう)であるが、55才の若さで他界。母・(うしお)も後を追うようにして亡くなったため、鮫吉ひとりで店を切り盛りしている。



  ケースボール

 形状・デザインは、上半分が木目模様(もくめもよう)のモンスターボール。中にいれられるのはアイテム。かばんよりも利便性(りべんせい)が高く、ものの大きさには制限がないが容量は10種類まで。むろん非売品。
 ちなみに、作中では5つ登場し、C1、C2、C3という表記であらわれるが、読みかたはケース1、ケース2、ケース3といったぐあい。



  波導(はどう)

 設定のほとんどは、映画「波導の勇者ルカリオ」のものと変わらない。『龍星譚』には身体能力を強化したり傷口をふさいだりする効能もある。発動させると使い手の瞳がコバルト・ブルー一色になる。ちなみに、スマブラX以降のドM設定はない。



  月精術(ムーン・フォース)

 姓名に「月」の字を(かん)する人々が、代々受け継いできた特殊能力。力の源は三日月ポケモン・クレセリア。波導使いと同様、この力を発動させると、術者の瞳の色が黄金色になる。癒しの効果がある。



  キャプチャ・スタイラー、キャプチャ・ディスク

 従来のキャプチャ機能はもちろん、オリジナルには追跡ナビ機能がついている。スタイラーで行き先をさだめて、ディスクに目的地のデータを入力させるとレンジャーの前方5m先について、距離間を保ちながら先導してくれる。レンジャーが立ち止まると停止する。



  警察

 ポケモンレンジャーとちがい、なるべくポケモンには頼らずに人間の力で捜査をおこなう。明確な線引きはしているものの、別に対立しているわけではない。
 ちなみに、第4世代以降に出没するうさんくさい国際警察のように、さまざまな地方を駆けずり回るわけではない。変装もしない。



  波導拳法(はどうけんぽう)

 読んで字のごとし。波導をからめた武術。その者の生命力を使用しているため、長時間の発動は困難をきわめる。(ただし)、それに見合った力はえられる。
 通常の体技(たいぎ)より攻撃力や命中率が増す。また、回復することも可能だが、あくまで傷口をふさぐていどのもので、疲労度の増長(ぞうちょう)(まぬが)れられない。



  ポケモンセンター

 おなじみポケモン専用の医療機関。1階には、受付・テーブル&椅子・地図・ポケモン預かりシステム専用パソコン(テレビ電話付属)があり、2階にはいくつかの個室が用意されている。無料で借りることは可能だが、さすがに食事まではついていない。

野村煌星 ( 2015/04/01(水) 20:55 )