短編
後書き
**あとがき

 マグナゲート短編、終わりました。はい、タイトル詐欺ですね!
 と、いうのも……このお話の元になった『ポケモン不思議のダンジョン マグナゲートと∞迷宮』は、空の探検隊と比べると世界観があまり素敵と思えず、すべてのイベントを事細かに書く気になれなかったというのが、短編形式にしようと思った原因だからです。
 探検隊シリーズは、主要人物4人の状況がコロコロ変わり、それによって心情も大きく移り変わっていくために、とっても書きがいがあるのですよね。例えば未来組がこの世界に訪れて順応するまでの期間とか、ジュプトルがお尋ね者になってからの期間とか。マグナゲートはそこんところ、少々メリハリがなく、また敵との交流もほぼないために、敵側の心情を書くのもあまり面白くないという状況で。そのせいか、キャラに萌えたりCPが出来たりという事もかなり少なく、イラストサイトでのこのゲームに関する絵の少なさは探検隊と比べて非常に悲惨なものとなっています。
 そんな感じでいろいろと残念なところがあったので、ゲームのエピソードのすべてを書こうとせずに、日常生活や、掛かれていないエピソードのねつ造、そして各キャラの掘り下げやパラダイスで起こる事件などを中心に書いていきながら、一つの流れを作ってゆき、そして最後の冒険へとつなげようという事で、こんなタイトルになったのです。だから短編集の予定だったんです、嘘じゃないです。

 思い返せば、2話のあたりですでにキュレムとの戦いの構想は出来上がっており、『キュレムは氷触体の影響で弱らせられたところで倒す』という筋道を立てて、色々と書いてきました。第5話で明らかになりましたが、ティーダがこの世界に来て真っ先に文字を学ぼうとしていた理由もそこにあって、日誌をつけるために文字を学んでいたというわけですね。
 その後も、パラダイスを発展させるためにいろいろ頑張ってきて、だからこそキュレムを言い負かすだけの理論武装は出来ました。多分、彼でなければキュレムを弱らせる方法までは発見できても、倒すまでには至らなかったでしょう。卑怯な手段を使っても、おそらくその程度では弱っていないキュレムは負けませんでしたし。
 主人公のティーダが農業開発に携わる職業に従事しているという設定も、一つは私自身が学生の時に学んだ経験をわずかでも生かしたいという理由はありましたが、それ以上にキュレムとの戦いに臨むための意味合いもありました。あとは、私がゲームで初めて農場を立てた際に、2回連続ヤブクロンが店主として出たせいもありますがね。なぜヤブクロンにしたし。

 さて、今回のお話を書いてみて思ったのは、途中で主人公がビリジオンかと思ったなどと……そんなこともありました。肝心の主人公はムンナ戦では地味、キュレム戦では卑怯な手段で勝利、氷触体戦ではチートVSチートで、彼の強さが分からないのは大きなマイナスだったかもしれません。
 
 また、伝説のポケモンがあまり活躍していないので、ビクティニを強引に活躍させる機会を作ったり、普段は活躍できないキャラに活躍の場を設けたりなど、色々とがんばりました。その結果、スターミーのプラチナやスワンナママさん、ヨーテリーとクルマユなど、主要キャラ以外で気にいったキャラも多く、今回の経験を生かして、また好きになれるキャラを創作してゆきたいものです。

 このゲーム、クリア後のボリュームがあまりに少なすぎるせいか非常に不評で、二次創作も少なめという感じなので、私の完結からまた何か引っ張って行ければいいと思います。
 今回もまた長い作品になってしまいましたが、長いことお付き合いいただきありがとうございました。また次の長編で出会いましょう。

BACK | INDEX | NEXT

Ring ( 2015/07/26(日) 22:02 )