The Lin Records - 登場キャラクター・地域・用語など
地域
・イーブイ村
イーブイとその進化系が住む村。木の実と草原がたくさんあり、最近はニンフィアという、
新種が現れ始めた模様。
・星の遺跡
夜になると星が全て見えるという、あたかも神秘的な遺跡。星の遺跡に行ったポケモンは、
輪廻を作り変えてもらえる。本当に実在しており、イーブイ村より遠い所にある。
伝説のポケモンが住む場所であり、生まれる場所でもある。
・幻の遺跡
星の遺跡のすぐ隣にある遺跡。幻のポケモンが住む場所であり、生まれる場所でもある。
・季節の森
イーブイ村のすぐ隣にあるシキジカ、メブキジカ、ポワルンなど季節や天候、自然現象に、
関するポケモンたちが住む森。シキジカ、メブキジカがこの森に住む他のポケモンより、
多いことから「季節の森」と昔から呼ばれている。
・レジスタンスのアジト
レジスタンスの活動拠点。植物がとても多く、それらは人工物や養殖ではない、天然のもの。
プールがあるなど、公共施設が多い。そのため、基本的にゆったりしており、
のんびりしている。紀元前1000年より存在している。
・ダークマターのアジト
ダークマターの活動拠点。かなり機械的で、緊迫的な雰囲気である。植物も少数ながら、
存在しているがそれらは全て人工物や養殖の物。那由多のメカ、コンピュータがある。
・暗黒の社
伝説のポケモン、幻のポケモンしか場所を知らない闇のポケモンを祭る社。レジスタンスに、
とっては「異端」であるという。
・ムーンライト村
枯渇の神殿があることで有名な村。様々なポケモンが暮らしている。
・枯渇の神殿
ムーンライト村の村長たちに紀元前10000年から作られ、紀元前9980年に完成した神殿。
雨を降らせるポケモンに祈りをささげる神殿で、星の洞窟と繋がっている。
・星の洞窟
枯渇の神殿から繋がっており、星の遺跡にもまた繋がっている洞窟。ここでも伝説のポケモンや、
幻のポケモンが行き来している。ジガルデの居住地でもある。
・カロス地方
紀元前1000年に発見された地方。上空から見ると星の形をしている。セントラルカロス、
コーストカロス、マウンテンカロスの3つの地域に分かれている。
・ロード地方
シュウたちの出身地である地方。観光客が一番多い地方でもあるという。
・カントー地方
紀元前100000年に発見された地方。レジスタンスの活動がかなり多い。

六花P ( 2013/10/31(木) 07:20 )