*序章*The story of space-time and darkness
*プロローグ*
ある嵐の夜のことだった………

雷鳴が轟き、激しく地面を叩きつける雨。

そんな中、とある海岸の近くに雷が落ち、不思議な穴から出ようとする二つの影を照らす。

「着いたぞ、ここが……!」

嬉しそうに響く、男の声がした。

「…はしゃぐな、何が起こるかわからない。それにこの天気だ、気を抜くな」

「ああ、わかってるよ」

男の声に対し、冷静に忠告する凛と響く声。

どうやらまだ青年らしく、それに似合った声をしている。

「そろそろだな」

「…せっかち」

「ん?なんか言ったか?」

「…別に」

次の瞬間だった。青年の方がいち早く何かを察した。

「……っ!?」

その瞬間、青年は男に体当たりした。

刹那、大きな漆黒の球体が三発、男のいたところ、つまりは青年のいるところへ飛んできた。

「……っ!?」

「お、おい!?」

「平気だ、離れてろっ!!」

青年の鋭い叱声に、思わず男は身を引く。

青年は腕に漆黒の力をまとわせ、かぎ爪状にする。

瞬間、飛んできた球体を切り裂いたが、体制がぐらりと揺れた。

そのまま青年は後ろに倒れそうになった。つまり、落ちそうになった。

男は咄嗟に穴の端に手をかけ、落ちそうになった青年の腕を掴んだ。

「おい!大丈夫か!?」

「…ああ、なんとかな…」

男の胸に希望が灯った。

     
     ――よかった!!俺のパートナーはまだ無事だ!!――



だが、男の希望の灯火を消すかの如く、無情にも雷が彼らを直撃した。

「ぐあああぁぁぁぁ!!!」

「…ぐっ…!?」

「!?お、おい!?大丈夫か?」

「………っ」

返事は声にならない声で返ってきた。

「もう少し…なんとか頑張るんだ!」

男の声に、青年は静かに首を振った。

「…もういい、俺の手を離せ」

「なっ!?」

男は衝撃を受けた。

「何バカなこと言ってんだ!?」

「…時間がない、急げ。せめて、お前だけは……」

「ふざけるなっ!!」

男は青年を叱咤するが、青年は話せ、と言って聞かない。

「…早くしろっ!俺のことなど気にしている場合かっ!!」

青年が男を叱咤した瞬間、痺れを切らしたかのように雷が二人を直撃した。


『うわあああぁぁぁぁーーーーー!!!』









男が気を失う前に最後に見たのは、青と銀に輝く青年の瞳だった――

■筆者メッセージ
駄作になるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。
レイン ( 2012/07/05(木) 01:11 )