時代を越えて










小説トップ
第三章 滝とリンゴと遠征と
第四十話 鍾乳洞の奥底にて



遠征の前夜でショウ達が部屋で話しているのと同時刻。南のジャングルの奥にある鍾乳洞で…。
その鍾乳洞の中に2人の人影があった。2人の見つめる先には緑色の光を放つ時の歯車。


「本当にいいのか?」
「ええ。構いません。あなたの言うことが本当であれば…」
「すまない。もらっていくぞ…二つ目の時の歯車を!」


2人は時間が止まってゆく鍾乳洞を急いで脱出するのであった。時の歯車はこうしてまた取られたのです。誰にも知られずに……。


■筆者メッセージ
これにてこの章のはおしまいです! いよいよ遠征へ! 更新は遅くなります。
緑のヨッシー ( 2015/06/01(月) 23:35 )