時代を越えて










小説トップ
第三章 滝とリンゴと遠征と
第三十話 マルvsカイト〜ウロコを賭けた戦い〜



side マル



「そこのペンギン…俺と勝負だ。俺に勝ったらリーダーにウロコを渡そう。」
「ボクなの!?」
「ああ。見ていて1番実力がわからないからな。弱いのか…それとも強いのか。」


…ボクは今まであまり戦ったことがないしフーコ達の方が圧倒的に強い。でもガバイトのカイトは自分を指名した。強いのか弱いのかわからないという理由で…。選ばれたからには…やるしかない!


「わかった! 勝負だ!」
「マル……頑張れよ!」
「マル、しっかりな!」


ショウは真剣な目でボクを見て言った。フーコ達も応援してくれている。その上依頼主だって待っているはずだ。だから……勝たないと!


「やるみたいだな…負けんぞ…」
「こっちだって負けるわけにはいかない!」
「よいな? 他の者の手出しは無用だ…勝負開始ッ!」


ヤイバの声でバトルが始まった。


「ふっ…まずはこれだ!」


カイトが地面の砂を巻き上げた。視界が悪くなった。砂嵐だろう。


「バブルこうs……ゲホッゲホッ!」


口の中に砂が入って技が出せない…。


「きりさく!」
「ぐっ…」


…なんとかよけられたけど、砂嵐のためカイトを見つけるのが大変だ。多分カイトの特性は砂がくれだから。するそれなら砂を吹き飛ばす! でも…どうやれば…。


「ダブルチョップ!」
「つ、燕返し! 痛ッ…」
「ふん! たわいないな! ウロコは諦めろ」


1発目は燕返しで相殺できたけど2発目はもろにくらってしまった。諦めろと言われたってウロコを諦めるわけにはいかない。待っている依頼主のためにも!


「ボクはまだまだ諦めないよ!」
「それなら次で楽にしてやるよ」


そうカイトは言うと再び砂に紛れて消えた。砂嵐は自分を中心に渦を巻いている…渦!? そうか! わかったぞ! この砂嵐を壊すには…。


「渦潮!」
「な、なんだとッ!」


砂嵐が晴れてカイトが見えた。


「くっ…! それならもう一度…」
「させない! アイスフィールド!」


冷凍ビームで地面全体を凍らせた。これでしばらくの間は砂嵐を起こせないはずだ。


「なかなかやるじゃないか! でもな…砂嵐がなくたって負けないぜ! ドラゴンダイブ!」


なるほど、氷の床を滑ることによって威力が増すのか…それならボクもポッチャマらしく滑るよ。


「燕返し!」
「くっ…流石に分が悪いか。」


そういうとカイトは地面に潜った。


「あなをほる!」
「…ぐっ…い、痛い…っ!」


どうやら腹に直撃したみたいだ。ボクの身体はもうボロボロ。あちこちの傷からは血が滲んでいる。


「とどめッ! ドラゴンクロー!」
「ま、負けない…っ! たきのぼり!」


ボクとカイトはぶつかって砂埃が舞う。ボクはもう限界…。砂埃が晴れるとそこにカイトが倒れていた。


「終了だ! マルの勝ち! 」


ヤイバが静かにそう言うとボクの元にショウ達が駆け寄ってきた。


「マル! 大丈夫か? オレンだ!」
「うん…ありがとう。」
「マルのことだから負けると思ったわ!」
「ボクだってやる時はやるんだよ…」
「マル…いい勝負だった。これが万能薬……ガバイトのウロコだ。」


ショウからもらったオレンを食べていると起きたカイトがやってきて箱を渡した。それを開けるとウロコがきちんと入っていた。


「ありがとう…カイト。」
「ふん…負けたから渡した。ただそれだけだ。」
「探検隊よ…良い勝負を見せてもらった。我からのプレゼントだ。受け取れ」


また箱を渡された。いったいなんだろう?


「こ、これは? 」
「もちろんガバイトのウロコ。お主らの為に役立ててくれ。」
「依頼完了だ! 帰るぞ!」
「おおーっ!」
「ありがとう。ヤイバ、カイト。」
「礼には及ばんよ。」
「それじゃ脱出!」


バッヂの黄色い光に包まれてボク達はギルドへ戻る。依頼主にガバイトのウロコを渡す為に。

■筆者メッセージ
ショウ編終了。次回は親方様代理が登場!残りのコラボキャラはもうしばらくお待ちください!
緑のヨッシー ( 2015/05/24(日) 12:53 )