はみ出し者は自分だけ(ポケモン不思議のダンジョン空) - 霧の湖には
第六十五話:メンバー発表
 「……緊張、してきた……」

 すでに、全員揃っていた。メアリーは結局、ドゴンの声で跳ね起きた。一番最後は、案の定イブゼル。不機嫌な様子だったが、多分、昨日の今日で決まりが悪いのだろう。
 いつもと違うのは、その静けさ。こんなにも皆が集まっていると、いつもはガヤガヤと騒がしいものだ。そこをペラオが怒鳴って黙らせる。
 しかし今、ペラオは黙っていた。
 その羽には、一枚の紙が握られている。二重に折り畳まれた紙。皆の視線のいくつかは、その紙に向けられている。
 おそらく、あれが遠征メンバーの名前が書かれた紙だろう。

 ペラオが、厳かに俺達を見回した。そして、プクリルの顔をうかがう。プクリルはゆっくり頷いた。どうやら、今日ばかりは起きてるらしい。
 緊張の糸が、ピーンと張っていくのが分かる。弟子の数匹が、その姿勢を少しただした。メアリーも、すっかり押し黙った。口元を、きゅっと一文字に結んでいる。
 早朝にチコと話していたときと比べ、太陽は高く上ってきた。窓から差し込むその光は、ちょうど、ペラオの持つ紙を狙っているように見える。

 「それではこれから、遠征メンバーの発表を行う」

 ペラオの言葉が、投げ落とされた。

 













 「…まずは、ドゴン」

「……っ!?よっしゃああああああ!!ま、まあ?ワシが選ばれるのは当然だがな!!」

 ……予想通り。





 「……次に、キマルンとレレグ、それにヘイポー」

「やったですわーー!」

「……ケケッ」

「イエエェエエエエーーーイ!!やったぜ、ヘイヘーーーイ!!」

 ……これも、シナリオと同じだ。

 「後は……フウラと、デッパ……」  

「あ、私もですか!よかったぁー…!!」
 
「あ、あっしですか!?………ヒ、ヒック……!!うぅ……」

 えっと。ここら辺から結構記憶が怪しくなってくるが、まあ予想通りだろう。
 ここまで淡々としていられるのも、問題はここじゃあないからだ。ここまでの発表で、俺達リユニオンが選ばれることはない。





 そして次、ペラオはこう言うだろう。

 「………よし。これで以上だ」


 案の定、喜びの空気が急速に冷えていく。笑顔を浮かべていた者達は、表情を少し濁らせた。残りの者達は…………無表情。……まだ、受け入れきれてないのかもしれない。
 ペラオは、きりっとした目付きを作ってこちらを一瞥したあと、もう一度紙を見直した。ペラオなりにも、これだけでは少なすぎると思っているのかもしれない。
 そんな固い空気の中、淀んだ笑顔が三つ。誰かなどは言うまでもない。さっきからドクローズが、俺達に不快な視線を送ってきているのだ。もちろん無視。どうすれば、あのような汚ならしい目付きができるのだろうか。
 沈黙は続く。皆、何か言いたげだが、ぐっと喉の奥に押さえ込んでいるようだ。普段なら、ペラオがこの空気を切り裂くものだ。しかし彼はさっきから、読み終えたはずの紙に釘つけになっている。
 大丈夫。シナリオ通りだ。気になることは何もない。
 俺は、黙ってただ一点を見つめていた。それは、選ばれたメンバー達でもなく、ドクローズでもない。隣にいるはずのメアリーも、その視界にはなかった。その一点は、ペラオ。そう、こいつがあの事に気づけば。メンバー達の名前が書かれた紙。その端の端にある、小さくて汚い殴り書きされた文字に。
 食い入るように紙を見つめるペラオを、目で急かす。勿論ペラオは、俺を見ていない。だからそんなことをしても意味がない。それでも、目は自然とペラオを責め立てている。
 
 メアリーが、何かを呟いたような気がした。俺の目線は、それでもペラオに向いている。首筋の毛が、変にざわつく。















 ……もし、選ばれなかったら。
 ………メアリーは。







 思わず眉間にシワを寄せた。

 その時、音符の頭が動いた。



 「えーっと……。やっぱり、まだなんか書いてあるな……。どれどれ………。えー…っと」

 やっと、見つけたか。

 「……まだ、メンバーがいるみたいだ。……言うぞ?……イブゼル、…トニー、…ディクトル……」
  
 おずおずと、それでいて単調なリズムで呼ばれる名前。












 「……そして、メアリー、シン、チコ……!」



 「え?」

 隣のメアリーの吐露した言葉が、今度ははっきりと聞こえてきた。だが、それきりで、メアリーだけでなく、他の誰もそれ以上言葉を発しない。 
 それは、紙を読み上げていたペラオについても例外ではなかった。(俺からは見えないが)汚くて小さい難解な字を読みきった彼は、狐に包まれたような目をして、紙を見つめている。
 再び、場が凍りついたような沈黙。
 だがしかし、それはさっきまでのそれとは明らかに短かった。

 最初に声をあげたのは…………


 「や、やっ……「ちょっと!!これ!全員じゃないですか!……お、親方様!?」」

 メアリー…………ではなくやはりペラオだった。羽で紙を握りしめ、プクリルにまくし立てる。対するプクリルは、あっけらかんとした笑顔で返事した。

 「うん♪全員♪」

「うん♪全員♪………じゃないですよ!……これじゃあ、メンバーを選ぶ意味が……」

「選んだよ〜♪全員を♪」

「いやだから……」

 暖簾に腕押し。ペラオの追求を、プクリルはそのまま吸収してしまう。ペラオは言葉をつまらせた。
 そんな二匹のやり取りに、皆はすっかり飲み込まれていた。ちょっと前までにやついていたドクローズも、例外ではない。表情は、真顔とも嘲笑ともつかない中途半端なもので、ペラオ達を見つめている。
 少しして、この奇妙な状況をある程度理解したのか、スカタンクが口を挟んだ。

 「お、お言葉ですが…………」

「ん。どうしたの?ともだち〜♪」

「わたしも……全員でいくことには反対です。……機動力も落ちますし…、何より、これでは選んだ意味が……」

 ちらちらとこっちを見ながら言葉を繋ぐスカタンク。俺達をメンバーから外したいがためだろう。だが、説得する相手が悪かったな。

 「だって、全員でいった方が楽しいじゃない♪」

「ほぁ?」

 思わず変な声を出す。そう、プクリルはそういう親方なのだ。まず、楽しい探検。他のことはそれからって感じの親方なのだ。ゲームでも、大体確かそんな感じだったし。
 「ですが……」だのなんだの、スカタンクは、さっきのペラオみたいにボソボソと言葉を漏らすが、やはり何故か言葉がでない。ちなみに、ペラオはもう諦めて、疲れた目でプクリルを見ている。
 当のプクリルは、もう話をしめにかかっていた。

 「とりあえず♪そういうことだから、みんな、遠征、頑張っていこうね〜♪」

 「お、おー……っ」

 プクリルにつられ、戸惑いながらも掛け声をあげる。いかんせん、他の皆はまだ状況を飲み込めていないらしい。プクリルは、そんな俺達を特に気にすることもなく、るんるんと自室に戻っていってしまった。
 彼の背中を呆然と見送っていたペラオは、こちらに向き直り、

 「…………まあ、そういうことだ。……えーっと、出発は昼前にするから、皆、しっかりと準備を整えてくるように」

 と言い残し、そのまま親方の後を追った。






 残された皆が、「全員メンバー」という素晴らしき事実をようやく理解できたのは、ペラオが立ち去って、数分後のことだった。


 「…………つ、つまり……選ばれたんだよな?俺達、全員……」

 もとから選ばれていたはずの、ヘイライがその第一声。

「はい……。多分…」

 自信なさげに応答するは、ディグダのトニー。


 それから、各々顔を見合わせて。だんだんと口角が上がり始め。

「…………や……っ」
 

「「「「やったーぁぁあーーーー!!!!!」」」」

 今日、一番大きな歓声がギルドを激しく揺るがした。









 「騒がしいな、お前らは。選ばれて当たり前だっつーの」

「イブゼル、しっぽは嬉しそうですよ?」

「えっ……?い、いや!違うよフウラちゃん!……これはだな……」

「がっはっは!!良かったなぁ、イブゼル!選ばれて!」

「う、うるせぇ!黙ってろ!!」

 イブゼルは、そのままドゴームに飛びかかった。ドゴームは笑いながらそれを軽々受け流す。悔しそうな顔をしながらも、イブゼルの表情は、スカッと明るくなっていた。
 周りの皆も、そうだ。発表前までの重い空気は何処へ、と問いたくなるほど歓喜に沸いている。口々に称賛の声を挙げ、喜びのダンスを踊っている。

 「メアリーちゃんの言った通りでゲシたね!」

 いつも以上に目を細めたデッパが、こっちに向かってきてそう言った。
 そうだ、メアリー。
 俺は、隣にいるメアリーの表情をうかがった。




「うん……。よかった、よかったよ…………!!」

 落ち着いて、静かに、それでもなお込み上げてくる喜びを噛み締めるように、メアリーは何度もうなずいた。はちきれんばかりの笑顔…………とはすこし違う。泣きそうな、堪えきれないような笑顔。だけど、それは、おそらく最も幸せな微笑みなのだろう。瞳を涙で潤ませるその表情は、これまでの苦難が、浮かび上がっては静かに空へと消えていくようで。
 だんだんと引き込まれそうな泣き顔が、こちらへと向けられた。

 「シンくん…………っ!あたしたち……あたし、たち……っ!!」

 「……あぁ、選ばれた。……選ばれたんだよ。…………本当に……よかった……」





 俺は、胸を撫で下ろした。




 

 







 

 









 

■筆者メッセージ
やらかしました。
この文章、久しぶりにすごく書くのが難しかったです……。
次はもう少し早めに出します!

〜後日談〜

デッパ「あっし、今朝選ばれない夢を見てたんで、すごく不安だったでゲス」
つらつら ( 2018/12/12(水) 13:59 )