はみ出し者は自分だけ(ポケモン不思議のダンジョン空)








小説トップ
キャラ紹介やお知らせなど
キャラクター紹介:イブゼルとチコ[二十九]
 
 イブゼル オス 19歳

  「まあ、信じるか信じねぇかはてめぇら次第だぜ。俺はイブゼル、探検隊だ。」

 「はぐぅあ!お、おお、親方様!?……いたっ!」 

 湿った岩場にて、シンとメアリーに出会った種族ブイゼルの男。基本一人で探検隊活動を行っていたが、リユニオンと出会ってからは、時折リユニオンと共に探検をしたりするようになった。
 自分の気持ちに正直に生きることをモットーとし、そのためなら他のポケモンのことなど考えなくてもいいとしている。事実、彼は依頼人から探してくれと頼まれた水晶を、盗もうとまで考えていた。
 だが、リユニオンと出会ってから、そのモットーにブレが生じているように彼は感じている。
 ギルドを一度脱走した過去があるが、戻ってきたときはとくにお咎めなしに復帰することができた。プクリルと接しているときのビビりようから、過去に何かあったのではないかとシンに疑われている。
 女好き。メアリーを筆頭に、気に入った女の子にはグイグイと声をかけるが、チコにだけはひどく反発している。気の強い女は嫌いらしい。ただし、チコと不仲であるかというと疑わしく、喧嘩するときも息は驚くほど合っている。
 戦闘の腕は大したもので、前編終了段階ではメアリーやシンよりも余裕で強い。ただ、いまいち真剣さにかけており、そこをシン達に突かれて一度敗北している。

 


 チコ メス 17歳

 「久しぶりね!メアリー!!」 

 「メアリーは、シンくんのことどう思ってるの?」


 トレジャータウンにてリユニオンの二人と出会い、ほたるの森にてリユニオンのメンバーになった、種族チコリータの女の子。だが、常に行動を共にしているわけでもなく、シンとメアリーが彼女を誘う形で探検には参加している。
 メアリーとは古くからの友人である、と彼女は言うが、メアリーは彼女のことを全く覚えていない。だが、二人のやり取りは、流れるように滑らかなもので、会って二、三ヶ月とは思えないことから、やはりメアリーが忘れているだけなのではないか、とシンは思っている。
 勝ち気な性格。自分のペースを持っていて、それに準じて行動している。故、不快なことはすぐにノーと言うし、好きなものははっきり好きという。ただし、イブゼルと同じようにノリで生きてるわけではなく、彼女は基本考えた上で行動している。  
 イブゼルのことは嫌っているというよりはどうでもいいと思っている。ただし、ムカついたら反抗する。
 基本、怖いものなしのように見えるが、ギルド前の鉄網は苦手らしい。あと、リユニオンの中では最も強い。イブゼルよりも数段強い。


つらつら ( 2018/06/16(土) 06:18 )