はみ出し者は自分だけ(ポケモン不思議のダンジョン空)








小説トップ
りんごの森と
第五十六話:決意
 「…………そんなに泣かれちゃったら、あたし、何も言えないじゃない…」

 「……うぐっ…。…ひぐっ……。うぅ…。ご、ごめぇん……」

 気がついたら、涙が止まらなくなっていた。
歪んだ視界の中のチコは、気のせいか、怖い目じゃなくなっていた。
 頭の中がごちゃごちゃしてて、何を言えばいいか分からない。それなのに、なぜか気持ちは収まらなくて。次から次へと出てくる感情が、言葉としてかたちになることもなく、ただただ涙になって流れてく。
 すると、不意に頭に柔らかい感触を感じた。ぐにゃぐにゃに歪んだチコが、優しく笑っていた。
 頭にのっていたのは、チコの蔓だった。


「……そんなに泣くのなら、もう答え、決まってるじゃない」

 チコの言葉が、溶け入るように聞こえてくる。混乱した頭では、それがどういう意味なのか、理解できない。
 さっきみたく、恐ろしい言葉なのかもしれない。あたしは目を伏せて、頬を伝っていく涙を見つめた。
 でも、チコの声は暖かだった。

 「別れたくないんでしょ?……シンくんと」
「……え?」

 思わず顔をあげた。チコと目が合う。チコは少し目をそらしたけど、もう一度、あたしの方を見て、はっきりと言った。

  「……どうなの?」

「……う…」

 重みのこもったその声に、あたしはたじろいだ。このまま目を伏せていたくなる。
 ……でも、駄目だ。

 「……あたしは、」

 答えなんて、決まってる。

「……シンくんと、……別れたく………ない」




 嗚咽を抑えながら、チコを見つめて。まっすぐ、そう伝えた。声は震えていたかもしれない。呂律が回ってないかもしれない。でも、出来る限りはっきりと、自分の気持ちを伝えた。

 「…………」
 
 チコは、口を半開きにさせて、目を少し見開いた。それから、ゆっくりと口を動かす。

「……なら、すること決まってんでしょ?さっさと仲直りしてきなさい」

「え?」

 気がつくと、その顔はいつもの勝ち気なチコだった。

 「『え?』ってなによ。……何?シンくんと仲直りしたくないの?」

「そ、そんなことないよ!…仲直りしたい!」

「じゃあしなさいよ。いくらシンくんが優しいからって、グズグズしてると愛想つかされちゃうかもしれないわよ?」

「いや、…うん。…そうなんだけどね……」

「……じゃあ何よ」

「……だってチコ、さっきまでシンくんと別れろって言ってたし……」

 今じゃまるっきりさっきと逆の立場だ。あたしは、戸惑いを隠せなかった。
 チコはなんとなしにこう返した。

 「あれ、冗談よ」

 「え?」

 涙と熱が、急に引いていく気がした。

 「あぁでも言わないと、あんた、喧嘩をうやむやにしそうな気がしたから」

 「そ、それは……そうだけど……」

 体の力が抜ける。騙されたのか、あたしは。ていうか、他人を信じれないとか言っておきながら、チコのことはころっと信じちゃって。……なんというか。


「あたし……なんのために……泣いたんだろ」

「さぁ?」

「あのさぁ……」

 抵抗の意思を表すかのように、重い顔を上げてチコをにらむ。けれど意味がなさそうだから、がくん、と肩と共に下ろした。思わずため息が漏れる。だけど、ついさっきよりは何倍もましだ。

 「そもそもね」

 チコが話を切り出した。あたしは顔を上げてチコを見る。

「そんなとこでいじいじしてる暇があるなら、シンくん探して謝ってこいって話なのよ」

「…………でもさ」

「なによ?」

 つんけんとした返事。けれど、聞き返したその声色は、セリフとは裏腹に優しく聞こえた。チコなら……もしかしたら…。あたしは、ごくりと唾を飲み込んだ。

 「……あたし、よく分からなかったの。今まで、ずっと。シンくんのことは、大切なパートナーだと思ってるし、離れたくないよ。でも、時々わからなくなるの、シンくんは何を考えているのだろうって。変な感じがするの。」


 一言一言、こぼすようにあたしは言った。チコは黙って、こっちを見ている。
 あたしは続けた。

 
 「……それで、ドクローズにやられたとき、思ったの。シンくんが、本気を出してなかったんじゃないかって」

 「……」

 「……そんなわけない、そう思いたかった。だから最初は、ゆっくり話すつもりだったの。自分の思い過ごしだってことを、確認するために。でも、話し出すと止まらなかった。沸き上がる感情を、抑えきれなかった。気がついたら、全部言っちゃってた。シンくんへの不満、全部。………だから……」

 「自分が何を言い出すか分からないから、話すのは怖い……と」

「………まぁ…うん」


 首をかしげ、チコは細目であたしを見た。のびをするように、蔓で首もとをさわりながら吐息を漏らす。
 
 「それくらいでビビってんじゃないわよ」

「え?」

チコの語気が、強まった。

「じゃあずっと、うわべだけのおしゃべりで済ますつもりなの?それじゃああんた達、進歩しないままよ」

 「そ、そんな……」

「『そんな』…じゃないわよ。ていうかね、あんた、シンくんに対して思ってることは不満だけなの?違うでしょ。シンくんを信じたい。シンくんと離れたくない。シンくんを大切に思ってるその気持ちの方が強いんじゃないの?だからさっきから、めそめそ泣いてるんでしょ?違うの?」

「違わない…」

「じゃあやること決まってんでしょって。不満も全部、ぶちまけちゃいなさい。それでいて、話せばいいのよ。あんたの、シンくんに対するほんとの気持ちを」

 怒濤に捲し立てたチコは、それから、ひとつ息をついてゆっくりと、腰を下ろした。
 目の高さが一緒になる。

 「……シンくんが何を考えているのか、その答えは、彼とちゃんと話してみないと分からないわ」

 シンくんは、何を考えているのだろう。…話してみないと分からない。……当たり前だ。テレパシーが使えるわけでもないのだから。
 怖かった。シンくんのことを知りたいくせに、それと同時に知るのが怖かった。だから話せなかった。

 でも。

 チコの言うとおりだ。
 話さないとダメだ。
 このままじゃダメだ。
 シンくんを信じたい。今はどうしてもできないけれど、信じたい。

 だから。

 「……話す。あたし話すよ、シンくんと。思ってること、全部言う。それで、……シンくんに、ちゃんと……謝る」

 視界がはっきりしてきた。
 チコはまた、緩く笑っている。

 涙はもう、流れてなかった。

 








 
 


 

 

      




 
 

 

 

 






■筆者メッセージ
〜分かったこと〜
メアリー…決意を決めたようだ
チコ…カマかけてました
つらつら ( 2018/06/08(金) 23:13 )