はみ出し者は自分だけ(ポケモン不思議のダンジョン空) - りんごの森と
第五十五話:チコの説得
 「シンくんと組むの、止めたほうがいいわ」











「……え?」

 反応ができない。意味がわからない。……シンくんと組むの、止めたほうがいい?どういう意味だろう、それは。
 チコはゆっくりとあたしの前に座り、こっちを見据えてきた。体がこわばる。

 「……メアリー、あなたさっき、シンくんと喧嘩したでしょ?」

 どきりとした。目も腫れてるだろうし、シンくんはいないけれど……。見抜かれるなんて思ってなかった。……それに、見抜かれたくもなかった。変な気を遣わせて、変な言葉をかけられるのは嫌だった。

 「……え?別に……してないよ?」

「……さっき、メアリーが怒鳴ってる声、聞こえたのよ」

 「え、嘘……」

「嘘よ」

「!?ちょっと!」

 やられた。少し声を荒げてしまった。
 でもチコは、笑ってなかった。いつもならゲラゲラと笑うのに。刺すように鋭い眼差しが、別におふざけで言っている訳じゃないと知らせてくる。

 「……カマかけてごめんね。でもまあ、今の表情を見て分かったわ。やっぱり、喧嘩したのね」

 もう、嘘ついてもダメだろう。

「……うん。…ごめん」

「いや、なんで謝るのよ」

「え?……んんぅ…。なんでだろう」

 自信がなくなる。…どうも目をそらしたくなる。自然と下を向こうとする顔のまま、なんとかチコのほうを見る。 
 さっきの鋭い眼光は、少し緩まって、穏やかになっていた。

 「まぁ、いいわ。……あたしが聞きたいのは、なんで喧嘩になったのかって話よ」

「そ、それは……」

 分からない。短く答えればそうだった。あの時は、本当に無我夢中で。……急激に登り上がってくる感情が抑えきれなかった。
 なんでそうなったのか?……チコが来る前も、ずっとそれを考えていた。答えは、…………。……多分、まだ出てない。  

 それに、………あの話はしたくなかった。

 「……分からない」

 「……そう。……まぁ、当の本人ってのはなかなか気づかないものでもあるわよね」

 …怒られるって思ったけど、チコは冷静だった。
 でも、目はまた鋭くなっている。

 「あたしは、なんで今、このタイミングであなた達が喧嘩したのか、何となくわかるわ」

「……え?」

 あたしは、うつむいていた顔を上げた。

 「えっと……あたしとチコが、二回目に会ったとき……あるわよね?」

 「……うん」

 あの日はよく覚えてる。いろいろ、はじめてが重なった日だったから。
 チコにはじめてあった日。
 あたしたちに、はじめて仲間ができた日。
 シンくんが……はじめて自分から探検に行きたいと言い出した日。
 それに………あの日は……。

 「あの時、あたしがメアリーにした質問、覚えてる?」

 「質問……」

 「そう、質問。多分覚えてると思うけど、もう一度言うわね。





………シンくんのこと、どう思ってる?」

 …そう、これだ。この質問。……今だから言える。あの時、この質問をされてから、あたしのなかで何かが変わった。何かは分からないけど、確実に。

 …チコは続ける。

「……あの時、メアリーは答えられなかったわよね。そして多分、今も答えられないでしょう?」

 「……」

 返事ができない。イエスとも、ノーとも言えなかった。

「……答えられない理由はね。



 あなた達二人が、今までにひとつも『会話』をしたことがなかったからよ」

 「…会話?……ううん。会話なら、あたし達、毎日夜に……」

 いつも寝る前に話してた。……いろんな話をした。だから、チコの言っている意味が、あたしには分からない。
 でも、チコは首をふった。

「……いいえ。…あれは『おしゃべり』。あたしが言ってる『会話』っていうのはね、心と心を通わせることよ」

「……心と…心?」

「そう、心。……あなた達の本心。本当の気持ちを相手に打ち明けて、分かりあったり、時にはぶつかり合ったりすることよ」

「そんなの………」
…………。





  






 ーーーーーーーーー出来てない。

「………出来てないわよね」

 ……そうだ。あたし達はいつも。

 「会って1、2週間とかならまだしも、もうあなた達、1、2ヶ月はチーム組んでるんでしょ?……普通なら、本心で話す機会が一度はあってもいいはずよ」

 ……しゃべってる、だけだった。

 「…話してないから。…不満が溜まりに溜まってたから。だから今日、喧嘩になったの」

 信じるのが怖いから。……シンくんと少しでも向き合おうとすると、どうしても、信じる、信じないを考えてしまうから。

 「……もちろん、喧嘩が駄目とは言わないわ。…喧嘩も一つの『会話』だから。でもね、いまのあなた達だと、本心を隠して、喧嘩して、それでも隠して、また喧嘩して……の繰り返しになると思う。……そうなると、もう未来は見えてるわ」

 適当に流すこともできなくて。結局、……自分の本当の気持ち、一言も言ったことなかった。シンくんがどう思うかもそうだし、シンくんがどんな言葉を言おうとも、あたしはそれを受け止められる自信がなかった。

 「……だからね。…これは一つの提案なの」

 シンくんは、あまり自分から話さなかったから、それも都合がよかった。あいまいなこの関係を続けられた。……シンくんのこと、どう思うも何も、多分、どうとも思いたくなかった。
 あの時、海岸で、あたしを助けてくれたシンくん。輝かしくて、カッコいい。……多分、それだけでよかった。
 シンくんをこれ以上知ってしまうと。…あたしをこれ以上教えてしまうと。……多分、考えてしまうから。

 ……本当に、信じていいのかって。

 「……組むのを止めるってのは言い過ぎたけど。少し、距離をとってみない?別々だったほうが、いいって思うかもしれないし……」

 ……なんで、こんな性格になってしまったんだろう。……いつからなのか思い出せない。…生まれたときから、こうだったのだろうか。これからもずっと、こうなのだろうか。

 「……どうかしら?」

 ………分からない。

 「ねぇ、メアリー………っ!?」

 ………でも。………でも。

「ひぐっ………。うぅっ……。ぐすっ……。」

 ……あたしは。









 ……………別れたくない。シンくんと。







■筆者メッセージ
遅れもうして申し訳ございません!!大事なとこなので何度も書き直してたらこんな感じになってました!あと大学がすごく忙しい!はい、言い訳やめます!
〜分かったこと〜
チコ…???
メアリー…シンくんとは別れたくないらしい
つらつら ( 2018/06/05(火) 19:25 )